3度目の台北旅
GWにもかかわらず、空いている新千歳空港の国際線
そして同じく空いてる台湾
入出国もスイスイで助かります

今回も食べて食べて食べ尽くしたのはもちろん
色々と新しい発見があった旅でした








初めて行った雑貨屋さんでは、
スタッフの子がとっても気さくで
一目でこの人と気があうな。と直感
次回また行こうと思ってる。

LOOPYさんというお店だが、コンセプトや作品が
本当に自由で、物作りの楽しさがビシビシ伝わってきた

楽しいから作る
そしてその作ったものたちが
誰かをhappyにする

綺麗にとか、ちゃんととか、つい考えてしまう私には
目から鱗な作品ばかりで、もっと自由にやろうと
勇気がでたお店でした



次は、これまた初のお店。
水源市場2階のクレームブリュレのお店 索菲烤布蕾.
自転車販売からスタートしお店を構えたという
ステキな女性のお店。

クレームブリュレも美味しかったし、店主さんの雰囲気が
ステキだった。今度はタルト食べたい!



その水源市場でカントリードールの教室を見つけた。
すごく印象的なドール達。思わず目を奪われその場を離れられない。
気さくな店主さんが一緒に作っていかないかと
声をかけてくれたが、その日は時間がなく退散。

やっぱり気になると、翌日旦那とは別行動にして一人で行って見た。
が、休み。しかもシャッターが閉まっているお店が多く、
どの店だったかもシャッターがどれも同じでわからない。

もじもじしてると声をかけてくれた女性。
私は英語もカタコトで相手も台湾語。
でも、連絡先を探してやるから着いて来いと、
開いてるお店に次々と聞きに行ってくれる。

お互い意思の疎通が曖昧なので、その女性が自分のスマホの
翻訳アプリに日本語でしゃべれと言うが、それでもうまく通じない
なんやかんや、身振り手振りで理解し
結局私が最初に見てたお店は別の店で、
探してたお店を見つけてくれ、
午後からしか開かないということがわかった

こんなに親切にしてくれて本当に感謝
次回行くときはお土産持って行こうと思っている
これまたステキな女性だった

そして、札幌へ帰る飛行機の中。
ガラガラの機内だったが、なぜか私達の席は3人並びに。
隣には外国人の女性。

ふとしたきっかけで言葉を交わし、
その後着陸するまでしゃべり続けた。
ほぼ、日本語ができる短期留学生だった。

お互い意味がわからない時は、
彼女の翻訳アプリでお互いに確認。
札幌に2ヵ月滞在するとのことで連絡先を交換し
時々英語でやり取りしている
↑私の勉強のために付き合ってくれてる

一連の旅の話を札幌の友達にしたところ
私が翻訳アプリを入れたらいいということに気づいた

本当にそうだ

そしたら、雑貨屋さんの子とも
お店を探してくれた女性とも
帰りの留学生とも
はたまた何度か道を聞かれた地元の人にも
もっと対応できたはず

行く前に気づけば良かった…
と、早速アプリ取得完了

次回はもっとスムーズにコミュニケーションしよう


色んな楽しい出会いに恵まれた台湾旅だった


2017 GW 台湾旅 1日目到着
今日は、台湾旅の続き。
新千歳空港から直行便で約4時間。台北桃園空港ターミナル2に到着。
空港に着いてまずすること。3つ。

まず両替。
これは、最後の海外旅行だった韓国のウォンが余っていたので、
空港の両替所でウォン→台湾ドル(元)に両替。

日本円は両替所で両替するとレートが悪いので、
両替所の近くにあったATMでクレジットカードで
海外キャッシングして残りの必要な現金(元)を調達。

次、悠遊カード(EasyCard)を購入。
MRT(地下鉄)、バス、コンビニ、
他にもあちこちで使えるICカード。移動手段の必須アイテム。
カードは100元で購入。購入時は残高0元なので、
必要な分だけチャージして使う。

ちなみに駅の機械でチャージするとお釣りが出ないらしいと
事前情報で見ていたので、必要な分だけの金額を投入していた。

で。スムーズに購入したかと思いきや、
この販売カウンターがなかなかわからなかった。
偶然隣のカウンターの人に聞いたが、
英語で「イージーカード」は通じなかった。
後で調べたら、「ヨーヨーカー」が通じるらしい。
次回試してみよう。

台湾に行ってみてわかったが、英語はほとんど通じない。
(私ではなく、英語は旦那担当。)
日本語も日本人観光客が押し寄せる所は、それなりになんとか。
他は単語でカタコト。

それ以外は、ほとんど会話は通じなかった。
スマホで画面を見せて対応、もしくはジェスチャー。
お互い完全には理解していないが、不思議となんとかなる。
漢字で書いてあれば、なんとなく意味が推測できるのが大きい。

話は戻って。悠遊カードをゲットしたら、
帰りのお土産のためにパイナップルケーキで有名な
サニーヒルズ(微熱山丘)のショップをチェック。
ターミナル2の2階。お土産売り場の近く。朝7時から開いてると。よし。

はい、最後。
地下に降りてセブンイレブンで、注文しておいたポケットwifiの受け取り。
どこのwifiだったのやら…旦那が注文したので、ごめんなさい。
わかったら追記しときます。

wifiさえ手に入れば後はどーにでもなる。
セブンイレブン横のフードコートで一休み。

ATMで下ろしたお金は5000元とかばかりで、小さなお店では出しにくい。
フードコートのお店ならと、この際現金を崩しておく。
嫌な顔はされず、細かく崩せた。

さて。タピオカミルクで有名な春水堂。
旦那はタピオカミルク。私は翡翠檸檬茶。
翡翠檸檬茶がなんなのか知らずに頼んだが、酸っぱくて美味しかった。また飲みたい。



一休みしたら、MRTで台北駅まで移動し
地下鉄を乗り変えてホテル近くの駅まで。

悠遊カードだとMRTは通常運賃より2割引になる。
ちなみに桃園空港から台北駅までは160元。

滞在中の私達の移動区間はだいたい20元だったので、
悠遊カードだと16元。後は路線バスもたくさん乗ったが1回15元。
滞在中のレートが3.7円ぐらいだったので、60円以下で安い。
悠遊カードがあれば、いちいち運賃を確認して切符を買わずに済むので
どこでも気にせず行けて便利なこと。

MRTは綺麗。それもそのはず、飲食絶対禁止。
ガムさえダメで、係の人に見つかったら罰金らしいので、
かなり気をつけていた。車内はもちろん改札入ったら、ホームもダメです。

ちなみにMRT(地下鉄)=「捷運(ジエユィン)」と書いてある。
看板を探す時の参考までに。

入国時に自撮り棒を没収されたおかげで今回の旅は写真が少ない。
やっぱり自撮り棒が必要だ。

これにて台北の旅、ホテルに着いて1日目が終わった。
毎度毎度のことだがざっくりした情報ばかりで、
参考にならず申し訳ない限り。

私も参考になった詳しいブログやHPがわんさかと溢れているので、
どうぞ、あとはよしなに。

ではまた。



帰りに寄ったサニーヒルズ


※今回の情報は2017年5月1日から5日までの情報ですので、ご注意下さい。


2017 GW 台湾旅 自撮り棒事件
今年のGWは、台湾へ行きまして。
新千歳空港から4泊5日。
料金がリーズナブルなチャイナエアラインで。


久しぶりの海外旅行。


最近、旅荷物はめっきり少なく軽量化する私達夫婦は、
預け荷物なしで、機内持ち込みサイズのバッグのみでGO。
機内持ち込み荷物はエアライン毎に規約が面倒なので、
サイズとか液体とか重さとか念入りにチェックして準備。


堂々と手荷物検査場を通り抜けたら、

「バッグの中身を拝見します」とな。はて。

「自撮り棒入ってませんか?」「入ってます」

「機内持ち込み荷物では受け付けられませんので没収します」

「⁇…はい…」従うしかない…


国内を出てもいないのに、その場で自撮り棒はポイ。
あとで調べたら自撮り棒に関しては、
チャイナエアラインには規定があって、機内持ち込み可能は、
収納時に25cm以内、直径1cm以内のものだってさ。


きっと直径1cm以内に引っかかったと思われる…
他に理由が思いつかない…


ほとんどのLCCでは持ち込み可能らしいが、
自撮り棒はエアライン毎に規約が違うとは。
(気になる方はご自身が利用するエアラインをご確認下さいね。)


そんな細い自撮り棒ははたして売ってるのか!


出鼻を思いっきり挫かれ、自撮り棒はなく、
風景写真ばかり撮っていたが、台湾旅行は楽しかった。
ボチボチと旅の記録を書く予定。





では、また。


#台湾旅行 その1 自撮り棒事件



沖縄旅 うまいモノと宿 2016 続き
今日も吹雪の札幌。
外が寒いと家の中の暖かさが快適で家にいるのが楽しい。
はあ、快適だなぁーと伸びをすると、
旦那からは、北海道だろうが沖縄だろうが、
はたまた地上だろうが、空の上だろうが、
編み物してるといつでもどこでもご機嫌だし、
基本的にいつも快適そうにしてるから場所は関係ないよね。
と、笑われた。

たぶんそう。
お気づきか、旦那さん。

さて。
沖縄旅の続き。

書き忘れてたけど、2日目の昼。
名護球場で午前中の練習見た後だったので、
とりあえず球場から歩いて行ける沖縄そばの店へ。
「宮里そば」

券売機で券を買っておばちゃんに渡す。
ソーキそばと三枚肉そば。





お肉はどちらも甘辛な味付け。
久しぶりかと思ったけど、札幌でお気に入りの沖縄そばのお店が
あって時々行ってるから、思いの外久しぶり感がなかった。
普通に美味しかった。
食べたらすぐに球場に戻って午後の練習を観た。
近くて便利。


食べログの宮里そば↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470201/47000154/


2日目、3日目の宿は
本部町の「星のテラスもとぶ山里」



とにかくひたすら山を登ったところにあるホテルなので、
1日目の那覇と違い本当に静か。
ホテルに着く時はいつもキャンプ観戦後で、
疲れ果てて部屋の写真を撮り忘れた。

参考までにじゃらんの星のテラスもとぶ山里→


お部屋はジャグジー付きなので雨に濡れて冷えた身体には天国。
旦那はいつも10時ぐらいには寝るので、
私はいつものようにiPad miniを防水袋に入れて、
ジャグジーでゆっくりお風呂に入って海外ドラマ見てた。
Wi-Fiは言ったら貸してくれる。
朝食も美味しかった。

初日と2日目。





食材はなるべく本部町近郊の物を使っているそうで、
パンは近所にある八重岳ベーカリーの天然酵母の黒パン。アツアツで。
ソーセージやベーコンはアグー豚。
ジャムは自家製でりんごとタンカンのジャムだった。
どれも美味しくてお腹いっぱい。
お天気が良かったら星空や、朝日が大きな窓から楽しめただろうが、
あいにく雨や曇り。
2日目の朝だけちらりと朝日だった。



那覇の喧騒とのギャップに最初は静かすぎて落ち着かなかったけど、
慣れてくると自然だらけだし、静かさがほっとしてやみつきに。
よく寝れた。

初日の夜、偶然月に1度のライヴの日で、
沖縄民謡やオリジナルの唄をリラックスして楽しんだ。
少し前に記事のタイトルにしたチムドンドンという言葉は、
唄に出てきた言葉だったのだ。種明かし。
今回の沖縄旅に音の思い出が加わった。
素敵なサービスでした。


お次は。
旅行で言うと3日目の夜ごはん。星のテラス2日目の夜。
国頭で雨の中の紅白戦を観たので
くたくただったので、ホテルから歩いて行けるお店へ。
「花人逢」



こちらは予約不可。待つしかない。
ピザのお店。人気だとは聞いていたがすごい待ちの人だかり。
疲れて並ぶ気になれずテイクアウトにした。
待ってる間にお店の周りを見る。







いい眺めだけど、やっぱり曇り。

ピザを買ってホテルでオリオンビールを買って部屋で乾杯。
ビールがよく冷えててうまい!



どちらかと言うとアメリカンタイプのピザで、
食べ応えあるもちもちした生地。
出来立てといえど歩いて持って帰る時間あるし
アツアツの味がわからないが、私達がナポリタイプのピザが好きなので、
好みによるだろう。普通に美味しかった。
待ち時間少なくテイクアウトできるのもホテルが近いから。
みんな遠くから山を登ってきて並んで食べるから、ラッキーなことだ。

食べログの花人逢↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47000232/


そして、4日目の昼。
オープン戦だったので、本部町のホテルを出発し途中のパン屋で
お昼を調達しに立ち寄る。
「パンドカイト」



こちらも朝から混雑しててショーケースの写真を
お願いするタイミングなし。
どれも美味しそうだった。

野球見ながら食べたパン。



選手は目の前。




全粒粉のベーコンチーズエピと、ポテトのタルティーヌ。
どっちもパン生地に旨味があって美味しかった!
ここもまた来なくちゃ。

食べログのパンドカイト↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470201/47002576/


調べたお店は全部で30軒ぐらいはあったけど、
球場に足止めになるとどうしてもテイクアウト優先になったから、
今回行けなかったところはまたいつか。
まぁ、そんなに食べれる訳ないとは思ってたけどね。
と言うことで、沖縄旅で満喫したお店と宿であった。

今回はちゃんと続きを書き終えたぞー!
yeay♫




















沖縄旅 うまいモノと宿 2016
昨日の帰り道、まぶしいくらいのまんまるなお月様が出ていた。
今日は朝から吹雪。
こんな日は旅の後片付けをのんびりとする。

さて。
今回の沖縄旅で訪れた美味しいお店。
それと良かった宿。
忘れないうちにupしとこ。

まずは1日目の夜
那覇に宿泊。
行ったのはすでにブログにも書いた 「旬菜処 びいどろ」さん。



沖縄料理のお店で旬の沖縄の食材が楽しめた。
お店の方も気さくで親切。
前回書いた料理以外にも、
ソーキの燻製、もずくのぼろぼろじゅーしー、
アグー豚の豚トロ塩焼き、ジーマミ豆腐のアイスと
どれも美味しかった。全体的に一皿の量は
二人分でちょうどいいくらいなので、何種類も食べれちゃう。
日曜日に那覇に戻ってくる予定だったので、
再訪したかったがあいにく定休日。
那覇を訪れたらまた行きたいお店。
席数は少ないので予約が確実かも。

食べログの「旬菜処 びいどろ」↓
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47002122/


1日目の宿が那覇県庁前駅近くの「アルモントホテル那覇・県庁前

新しいホテルで綺麗でお部屋も広かった。







部屋とは別に男女それぞれ大浴場もある。
あと朝食が種類が結構あった。









タコライスを自分で作れるって沖縄ならではかも。
このホテルのパジャマがアロハ柄で私がそれを着たら、
沖縄限定キティみたいだと旦那が大爆笑。
普段黒、紺、グレーの無地しか着ないからかなり面白かったらしい。
写真撮らせてって言ったけど、ずっとネタにされそうだからお断り。
思い出し笑いは沖縄にいる間ずっとしてたけど。
何より新しいので設備はよくて、テレビもでっかかったなー。
居心地いいホテルでした。

楽天トラベル「アルモントホテル那覇県庁前」↓
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/149360/149360.html?cid=tr_af_1632


2日目は那覇を出て、名護の球場から本部町のホテルへ移動。
2日目の夜は完全予約のお店「ちゃんやー」
メニューのオーダーも済ませておかなければならない。
この日はとりあえずアグー豚のしゃぶしゃぶ。





しゃぶしゃぶの前に、前菜で海ぶどう、ミミガー、もずく、
ソーミンチャンプルーが少量で出てくる。
車で来たのでドリンクは本部町アセロラフレッシュ。
これが本物のアセロラなのかと初めての味にびっくり。
いちごのようなぶどうのような、まあ、アセロラなんだけど、
酸っぱさは控えめですっきりとした甘さ。
しゃぶしゃぶはアグー豚のお肉と沖縄野菜、沖縄豆腐。
それにごはんとアーサー汁が付く。

どれも説明したら長くなるので、とにかく全部うまい。
お肉の前に青パパイヤの千切りを先に山盛り入れるんだけど、
パパイヤの酵素でお肉がさらに美味しくなるとか。
パパイヤ自体も美味しくてお肉なしでもりもり食べてたけど。

お店も沖縄の古民家で味がある。あいにくの雨でお店の様子が
暗くて撮れなかったけど、雰囲気も落ち着く。
ここも次は陶板焼きを食べに行かなくちゃ。
完全予約、事前注文にご注意を。
あと、お店にたどり着くまでがめちゃくちゃ狭い道なので、
でかい車は大変。ご注意。

ちゃんやーHP ↓
http://www.chanyaa.com

3日目の昼。
こちらもすでに書いたパン屋さん「Coo クー」
この程よいふんわり感はトングでパンを掴んだ瞬間に、
「これ好き!」と思ったパン。







夕方帰り道に店の前を再び通ったら、車がぎっしり止まってた。
やっぱり人気のお店のようだ。

食べログの「Coo クー」↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47013728/


今回の旅は事前調べがばっちりだったので、1回で書き切れないな。
続きはまた次回に。




  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ