スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルに考える
震災の日。
震災時の映像が繰り返しニュースで流れる。
昨年までは映像を直視できずにテレビを消していたが、
今年はだいぶん見ることができた。息苦しいような喉の奥に
固まりでも詰まったかのような感じはしたが。

インタビューされた女性がコメントを述べた。
「原発の事故さえなければ復興できたでしょ。」

お亡くなりになった方々はほとんどが津波が原因だったと聞く。
家族を亡くし住み慣れた家を流され
それでも前を向いて生きなければならない人達に
故郷に戻れないと言う現実が続く。

戻れたとしても、事故の影響は多岐に渡り、
何が正しいか、何が安全か、誰の責任か、今後どうなるんだ。
電気は必要か否か、代替電力はどうするんだ。
色んな思いが複雑になって、お互いが疑心暗鬼になり
本来一致団結して復興に向かうはずが、対立する構造になる。

もし事故が起きなかったならば。

住み慣れた地域の人達ともう一度力合わせて頑張ろうという気持ちに、
全国の人達ももっとシンプルに応援の力を発揮できたであろう。

食べ物を安全かどうかと不安になりながら検査せずに、
もう一度田畑を堂々と耕す気持ちになれるだろう。
子供を病気にならないかと不安にかられて
検査に連れて行くこともないだろう。
空気中のモニタリングデータを見ながら、
窓を閉めたりマスクをしたりと神経質にならずに済んだであろう。
そして何より住み慣れた場所に戻れないなどということはなかっただろう。

転勤族で社宅暮らしの私でさえ、あの日色々な近所の方に
助けてもらい支えられていたから安心して頑張れた。
長く地元でコミュニティを作っていた方々にとって、
地域社会を失うことの重大さは計り知れない。

もし事故が起きなかったならば。

地震や津波が起きなかったならば命を落とす方もいなかっただろう。
ただ、その後辛く悲しく寂しい5年を過ごして来た方々の
希望を閉ざしたのはなんだったのか。

シンプルに考える。
もし事故が起きなかったならば。

悲しいかな、地震や津波はまた日本のどこかでいつか起きるだろう。
起こさない術は現代にはない。
今後、自分自身や自分の家族や親しい友人達に同じことが
絶対に起こらない日本に、あの震災から変わったんだろうか。

シンプルに考える。
なぜ家族や家や仕事や地域社会を失い、
そして希望までも奪われなければならないのか。
また同じことを繰り返すのか。

もし子供達が、なぜ家に戻れないのか、どうして病院で
検査が必要なのかと問うたら、きちんと答えられる社会に
向かっているだろうか。

震災で大変辛い思いをした人達がいたから、
日本は考えを変えたんだよ、と
答えられる社会になったらいいのに。

事故の影響や対策、詳しいことは何が正しいのか、
私には5年経ってもますますわからない。
そして、辛くても頑張っている人達が
生きて頑張ってきてよかったと思える社会って
どうあるべきなのか。わからない。

だからこそ、私は自分も含め生きている人の未来を
考える。考える。考える。

5年前の夜。停電して真っ暗な駐車場で夜空を見上げたら、
見たこともない数の星が天の川のように瞬いていた。
人は亡くなったらお星さまになるというのは本当だと思った。

お亡くなりになった方々には、どうか安らかにと
あの日の星空を思い出して祈る。

色々言って行動はできていないが、
唯一それが私なりの震災を忘れないという意思だ。


スポンサーサイト
春はまだ遠し
ご無沙汰です。
ここ数日、積もりはしないものの雪が降り続き、
まだまだ春は遠いなと感じる札幌です。

さて、かなり日にちが空いちゃいましたが、
すこぶる元気な毎日を過ごしております。
そろそろ私もブログ冬眠から目覚めようかしら~

そうそう、思うところあって突然mixi退会しちゃいました。
私が勝手に人のことを心配したり、気に病んだり、
そしてそんな自分にイライラしたり、自己嫌悪になったり・・・
あぁ~。そんなネガティブなことにエネルギー使うのは、
もうや~めたっと思って。退会。

便りがないのが良い便り。
これが学生時代から私と友達のルールだった。
なんかあればお互いに連絡すればよし。
会ったときに積もる話があるのもいいもんです。
ま、結局、私にはmixiが向いてなかっただけですな。

さてさて。最近の私が気になっているのは「瓦礫」です。
色々不思議なことがあるんですよね~これって。

神戸の震災時の瓦礫と、今回の東北の瓦礫の比較をすると、
瓦礫の総量とか、引き取り価格とか、処分場の処理能力とか、
処分計画とか・・・
被災地ではない誰かが利益を得てると疑わざるを得ないんですけどねぇ

それと、放射性物質とかその他の有害物質についても、
「メルトダウンしていません」ってのが
数ヵ月後に「してました」って言うような人達に
いくら「安全な瓦礫です」と言われても、
私は到底信じられませんけどねぇ
数ヵ月後に「問題ありました」ってオチじゃないですよね

そんななか、札幌市長の意見には久しぶりに拍手でした。
ちらほら同じような意見の市町村長さん達もでてきてて、
その中でも同じ北海道の黒松内町のメッセージは、かなり共感できました。

リンク↓
2012年3月20日(火)
黒松内町は、震災がれきの受入れをいたしません。 町総務課


放射性物質や有害物質があるならば、そこで暮らす人々の健康にも
いいはずがない。だから早急に対処するには、全国にお金をばらまかずに
被災地にお金と技術を集約させて、瓦礫の処理場を作り、
対処する方がいいんじゃないの~と思うのです。
なぜお金を運搬業者や他の県の処分場建設に使うのか、不思議ですわ

そして次に急いでやらないといけないなぁと気になるのが、
放射能汚染からの健康面対策。

先日、チェルノ事故後ベラルーシの汚染地域で活動をしていた博士の
講演会があったので、話を聞きに行ってみました。
気になったのは低線量被ばくでの健康障害。あらゆる臓器に影響がある
ことを、直に話を聞いたことで、改めてリアルに感じることができました。
講演を聞いた上で、私が想像した検査内容。

心電図、甲状腺検査、WBC(ホールボディカウンター)、尿検査。

札幌市内の内科で福島の子供達の甲状腺検査してる話とか聞きますが、
上記の内容を複合的に検査できる体制とか、聞いたことないので、
被災地以外の汚染が少ない地域ほど、がれきを受け入れることよりも、
そういう子供たちを検査する体制作りをやってくれたらいいのに。
瓦礫で繋がるより人と人がつながる方が、被災地支援になるのでは。

福島はもちろん、宮城や岩手もSPEEDIのデータとか見ると
場所によって汚染度が高いところがあるので、
まずは3県の子供達を優先に、検査体制を整えて欲しいなぁ
修学旅行とか、夏休みで保養を兼ねて受け入れるとか、
それに合わせて検査するとか、方法は色々あると思うんだけど。

当然のことながら被ばくのデータ集めのためでなく、
何かの病気が発病する前に、子供達の健康のための検査体制を
&へんな圧力のかからないちゃんとした検査を
各市長村長さん達は知恵をだして頑張って欲しいものです。

私も地道にメールや電話でお願いしてみようと思います。
これは、ポジティブなエネルギーだわ。うんうん。



東北支援
札幌の路面のツルツルにはびっくりの毎日です。
ビクビクしながらソロソロ歩いています。とりあえず、まだ転んでないけど。

先日のブログへのコメントで、
ボランティア団体のことを教えてもらったので、
そこから色々調べたり、考えたりしてみました。

これまでも支援金を寄付したり、物資提供に協力したり
微々たるお手伝いをしてきました。

けれど、私の中にずっとわだかまっていて
すんなり協力できない気持ちがあったのです。
それは、放射能の影響です。

放射能の数値が高い場所にいる方が他へ非難されるための支援ならば
よし!と思えるのですが、支援することで危険な場所に
留まらせることになるのならば、将来その方々に健康被害が出たときに、
支援した私はどう責任をとればいいのか、
それは嘘をつき続ける政府や東電と同じ立場に
私もならないのだろうかというジレンマでした。

それについての答えはまだでていませんが、
教えていただいたボランティア団体のHPや知り得た他の団体の様子を
改めてよく読んで、現在困っている人達がいるから支援をしたいという
当たり前のことが、ようやくすんなり心に響きました。

親兄弟友人が寒い、困っている、と知ったら、
何か送ってあげようか、これ送ったら喜んでもらえるかな・・・
そんな単純な気持ちなんですよね。
ごちゃごちゃ考えすぎる私なので、
こんな当たり前のことを理解するのに9ヵ月もかかってしまった・・・

動けるものは早速と気持ちばかりの支援をしました。
継続が大切なので本当に少しづつですが、
これからも何かの縁があったところには私なりのお手伝いを
していこうと思ってます。

ちなみに今回私が知ったボランティアのグループは


SAVE IWATE 東日本大震災 被災地支援チーム 
活動拠点は岩手県盛岡市。

塩竈市民ボランティア (希望)
活動拠点は宮城県塩釜市。

YaReRuKoTo実行委員会
活動拠点は北海道小樽市。塩竈市民ボランティア (希望)と連携。

SAVE WATARI KIDS
活動拠点は福島市渡利地区。


何かお手伝いしたいと思ったときに、
物資の送り場所(住所・連絡先)の明記の仕方や送金のしやすさ(口座情報)など、
それぞれのボランティアによって様々だなという印象ですが、
支援金については、SAVE WATARI KIDSなど
使用目的が明確なので、何に使ったのか不明瞭な寄付に比べて
支援しやすいなと思いました。

本当であれば、現地に行ってどんな生活をされていて、
日々どんな気持ちでいるのか、何に困っているを知るのが一番いいのですが、
こうしたボランティア団体を介して知ることも一つの手段かなと思います。

話は逸れますが、鹿児島で瓦礫受け入れを検討しているという
情報を見たので、早速電話したのですが・・・・

鹿児島市や鹿児島県がそのような表明をしたのではなく、
県議員の方が定例議会で意見を言ったようです。

瓦礫受け入れについての内容をよく理解していなかったので、
鹿児島県議会の方には丁寧に内容を教えてもらい、
改めて、HPの議事録から陳情書の内容を読み、
当議員の議会での意見内容に目を通して、ようやく経過が理解できました。

今回の件で、瓦礫受け入れについての質問をするのならば、
誰が・どこで・どんな発言をしたのかをきちんと調べて理解してから
電話なりメールをしなければ・・・と反省しているところです。

結局、当議員に直接話を聞きたかったのですが、
連絡がとれなかったので、他の議員の方に質問メールを出しておきました。
私が鹿児島県人じゃないので、返事はどうなるかわかりませんが。

質問内容は3点。
その1.
当定例議会の陳情書には瓦礫受け入れ反対の意見が市民から2通出されているが、
瓦礫受け入れ賛成の意見はどこから出てきたものなのか。
その2.
瓦礫受け入れ表明に際して、放射能の影響など放射能の専門家を交えた勉強会等を行ったか。
その3.
当議員、および当会派において、震災以降何か直接的な東北支援は行ったか。

あんまり頭の良くない私なりの質問なので的を得ていないかもしれませんが、
こんな感じの質問です。

ボランティア団体のHPを見れば、瓦礫受け入れをする以外にも支援することが
山ほどあることがよーくわかったので、
是非、支援金、物資の支援、避難したい人への支援など色々な支援を検討して下さいと
締めくくりました。

読んでくれるかな~。

それにしても、「陳情書とは・・・」から私に説明をしなければならなかった
鹿児島県議会の方には、手間取らせたな・・・
40にもなろう大人が物を知らなすぎて、申し訳ないっ。







外は一面の雪
朝カーテンを開けて外を見ると吹雪。
今日は朝からずっと雪が降り続いている。
外はあっという間に一面真っ白になり、そして静寂。
雪が降ると車の往来や生活音がしなくなるので、本当に静か。

外に出ると、寒いし滑るしやっかいなことが多い雪だけどね・・・
家の中から温かいカプチーノを飲みながら見る雪は
心を落ち着かせてくれる。

札幌市内間で引越しをして、まもなく1カ月になろうかと言う頃。
ようやく生活のペースがつかめてきた。

同じ札幌市内でもなんだか全く別の街に来た気分。
4月に岩沼から札幌に来て、11月にまた引越しだったから、
「あ~、久しぶりにあのお店に行きたいな」と思ったら、
よく考えたら仙台のお店だった・・・
・・・という頭の混乱も未だに時々ありますが。

夫の休みの日には札幌ドーム内のトレーニングルームで汗をかき、
一人でいる昼間にはクッキーを焼く余裕もちらほら。

ここ最近の出来事で言うと、よかったこと1つ。悪かったこと2つ。

よかったこと1つは、友人のお母さんの病気が快復に向かっていること。
悪かったこと2つは、知り合い2人にガンが見つかったこと。

それぞれ異なるガンだけど、幸いどちらも初期発見で
ガンと闘う心身がしっかりあるので、
悪かったことだけど、これから良いことにできること。

私にできることは、病気なんかに負けないで!と応援し、
全快をひたすら祈るのみ。きっと勝てると信じてます。

なんだか最近(原発事故以来か・・・)、
自分がこんなに命に執着する人だったんだなと我ながら驚き。

若い時はみんなそんなもんなのかもしれないけど、
長くても50歳ぐらいまで生きられたらいいや~と
ぼんやり思ってたけど、いざ50歳まであと10年と思ったら、
今ある命をもっと大切に生きたいという欲がメキメキと湧いてくる。

かといって、特になんの変哲もない毎日を
のんび~りと過ごしてますけれど。

でも、確かに以前にはなかった闘志が心の隅で燃えているので、
普段勇気が出せなかったことに行動したりするんです。

ネットでニュース見てたら、
佐賀県の武雄市長が東北3県の瓦礫受け入れを要望する表明を出したと。
土壌調査の結果を見ても、放射性物質の汚染が少ない九州。
安全な食住はこれからの日本には貴重な命綱。

普段メールでの要望書を出すことが多い私が、
いてもたってもいられなくて、市役所に即電話。

まずはどういう状況なのかを説明を聞いて、食の安全への不安、
近隣住民、及び瓦礫運搬経路の住民の汚染への不安を伝え、
瓦礫受け入れではない方法で東北への応援をしてほしいとお願いした。

なぜかわからないけれど最後の方は、九州に住む親せき友人達の顔が
浮かんできて、感情が高ぶって涙声になってしまった。
市役所の人は、とても丁寧な対応で話をしっかり聞いてくれた。
ひとまず言いたいことは言えたので電話してよかった。
私の闘志の小さなエネルギーからできた、小さなこと。

私も被災地がこのままでいいとは思っていない。
放射能のせいで、故郷を奪われ、生活を奪われた人達には
あなた達ばかりに辛い思いをさせてごめんなさいと謝りたい気持ち。

けれど、政府が公表している情報を見ても
放射性物質は確実に存在する。

それが人体にどれほどの影響を及ぼすのか、
発言する人(の立場)によって、言い方の加減が様々だけど、
影響が目に見えるようになってからでは、すでに手遅れ。

今生きている人は放射能にどれだけ対応できるかを知る為の
実験台ではないのだから。

チェルノブイリの様子を聞くと除染にどれほどの効果があるのか
今では疑わしいけれど、日本の技術でそれが可能になるならば、
放射性物質を全て取り除いて欲しい。

その前に瓦礫の処理が必要だから、お金と知恵と技術を総動員して
放射性物質を拡散させることなく瓦礫を閉じ込め管理する方法を
本気で考えて欲しい。

同時に、身体の異変が早く見つかるように検診体制を整えてほしい。
身体の中に放射性物質がどのくらいあったとわかったからと言って、
ウイルスのように薬で退治、排泄できるわけでもなく、
いつどこにどんな不調をきたすかわからないなら、
今こそ日本医療の大好きな「早期発見」でしょ。

多くのお医者さんは放射能について
「幻想」とでも思っている人達が多いようだから、
せめてどんな病気が起こるのかを予想して、
早く発見できるように努力してほしい。

まだ良心が残っているいろんな立場の人達が、

「お金」が欲しい

ではなく、今ある、そしてこれから繋がる

「命」に執着を持って判断行動してほしい。

私もそうありたい。

久しぶりにブログ更新したら支離滅裂またまた熱血長文になってしまった。
とにかく自分なりにできることをして、楽しく生きる!

外の吹雪はさらに激しくなってきた様子・・・。




目標か、はたまた決意か
ここ数日、歩いて買い物にでかけると雪虫がわんさと飛んでいて、
家に帰るとどこにくっついていたのか、
雪虫が数匹家に入り込むので、雪虫退治に格闘中。めんどくさい・・・

さて、引越し準備はまだまだ続いてますが、
放射性物質についての政府へのパブリックコメントや、札幌市への意見など
無視できないことも多く、できる限り声を伝えるようにしている日々です。

関連ブログをチェックするのも、食材を気にするのも最初はストレスでしたが、
数ヶ月同じことをやっていると、慣れるもんですね。

日々、そうやって色々考えて自分なりに対策しているわけですが、
先日ランニングしていて、突然ひらめいたことが。

「これからまずは10年健康に生きてやるぞ」

目標というか、ある意味私には決意に似たひらめきでした。
突然、言葉がどぉーんと頭に降ってきたような感じ。

もちろん原発による放射性物質が原因でない病気になることもあるでしょう。
はたまた不慮の事故に遭うかもしれない。
命は、いつどんな理由で絶えるかはわかりません。

けれど、放射性物質が原因で命を縮めたくない!と
走りながら、その時強く思ったのです。

だって悔しいもの。

自分が不摂生して、病気になるならまだわかる。
けれど、愚かな政府の対策で、外部ひばく&内部ひばくし、
病気に気づいた時には、放射性物質によるものか因果関係がわからないと
無視を決め込み、泣きを見るのは自分。

放射性物質については、私自身まだまだ知識不足でわからないことが多く、
対策としては不十分なことばかりだとと思うけれど、
だからできることは、自分が納得できるようにやるしかないと。

悪あがきしてやる。
だって本当に悔しいから。

ちなみに今は、食品の暫定基準値が高すぎて、全く安全なものと、
グレーなものの範囲が広すぎて判別がつかないので、
公表されている食品の放射性物質検査結果や、
食品に書いてある製造工場、生産地で判断するしかない。
きっと私が除外しているものの中にも、
安全なものもあるんだろうな~と思いつつ、グレーである以上は選べない。

だから、まずは基準値を平常時に戻してほしい。

私は子供がいないけど、それでも世の中の子供たちの将来のことを考える。
そして、その子供達の親のことも考える。

私は子供がいないから、まずは10年健康に生きたいと思った。
私は来年40歳。10年間夫婦楽しく生きれれば、そこそこ満足だ。
10年過ぎたら、さらに10年欲を出して頑張ればいい話だ。

けれど、子供の年齢によっては最低20年は健康に生きなければならない親もいるはず。
だから、子供達と同様にそのお母さん、お父さんも健康であってほしいと
願わずにはいられない。

これはあくまでも私の予感にすぎないが、
放射性物質は「知らなかった」では済まされない出来事だと思う。
政府が安全と言ったから、マスコミが何も言わなかったから・・・は、
言い訳として通らない気がしている。

自分の家族を守るのは自分。
何も知らないことが一番怖い。

だから、声を上げ、情報を集め、対策する。
健康に楽しく夫と10年を生きるために。
そんな熱いことを考えながら走っている私です。ふふふ。




******************************

 ~気になった記事やブログ~

岩手県南部、四歳の男の子の尿からセシウムが3Bq/L検出。一関市の土壌で1771Bq/kg。
 (放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」)


水道水中の放射性物質に関する検査の結果(厚生労働省)
 (2)のPDFをチェック。
 データが大量にあるのですが、北海道から下に都道府県別になっています。
 さらに3月から下に10月へと数値を見ていくと10月7日から数値に変化があります。 
 どう判断し、何を意味するのかまでは私にはわかりませんが、注意が必要だと理解してます。 
 ちなみに図表の134Cs=セシウム134、 137Cs=セシウム137、 131i=ヨウ素131です。
 [訂正10/28]
 上記の内容について他ブログをチェックしていたら説明がありました。
 検出限界の表示だとありました。↓よかった。まだまだ知識不足です・・・すみません。
水道水からヨウ素!大警戒(おわび)(チェルノブイリへのかけはしの公式サイト)


 


  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。