人間ドック
年に一度の人間ドックの日が来た。
今回は函館に来て初めての病院なので、
数日前から緊張が高まっていた。
なぜならば、大の病院嫌いだから。

記憶にはないが、乳児の時に大病を
したらしく、3日3晩点滴を打つために、
ベッドに紐で括り付けられていたらしい。
恐らく、その時の恐怖心が体に残って
いるのだろう。物心ついた時から、
診察する医師の手を逃れようと、
暴れまくり、医師を蹴り倒す始末。

さすがに今は暴れはしないが、
年に1回の人間ドックと、半年毎の歯医者は
毎回恐怖心との戦いである。

そして今回は初めてのことが2つあった。
それは婦人科検診でのこと。
子宮がんの検査には、子宮頚部がん検診と
子宮体部がん検診という2種類があるのだ。
子宮体部がん検査は今回始めて知った。

今まで頚部がん検査しか受けたことが
なかったので、念のため両方受けることにした。
先生が「体部がん検査は少し痛いですよ」
と言ったので、嫌な予感がした。

私は痛みにはめっぽう弱い。
虫歯だと思い歯医者に行ったら、「まだ虫歯にも
ならないくらい小さいですよ」と笑われたくらいだ。
なので、他の人はどうかわからないが、
検査は「ちくっとしますよ」と言われた一瞬とは
言えども、正直ちょっとどころの痛さではなかった。

そして検査が終わると先生が
「小さなポリープができていますので、
取っておきますねー」と軽い口調で言った。
(ポリープを取る???)内心恐怖の絶頂に
あるが、突然のことで驚き、「はぁ」という返事が
やっとこさ。それも一瞬で終わった。
痛みはなかったと思うが、呆然としていて
よく覚えていない。

ちなみにこれは子宮頚管ポリープというものだった。
良性のポリープであることがほとんどらしいが、
念のため検査に回しておきましょうということだった。

検査終了後、空腹のためか、恐怖にやられたのか
わからないが貧血を起こして倒れた。
そのまま病院のベッドで休むこと2時間半。
午前中に終わると思っていたのが、1日潰れてしまった。
しかもその日の夜から2日間熱がでて寝込む。
検査着一枚で長時間うろうろしたので、
風邪を引きかけたのかもしれない。

年に一度の自分の体のメンテナンス。
病気は早期発見早期治療。
健康維持のため、検査は大切だ。
しかし、大人になっても診察への恐怖心と
痛みは克服できないでいる。

友だちって
相変わらずの図書館通いの日々。
先日は図書カウンターの人から顔を
覚えられたようで、顔を見るなり
リクエストの本を出してきてくれた。

さて、久々に心が温まった本に出逢った。
どちらも友情っていいなぁと思った。
『切れない糸』 坂木司
『きみの友だち』 重松清

『切れない糸』は、
大学生の男の子同士の友情。
コミカルで笑える。ほのぼのした内容。

『きみの友だち』は、
小学生時代の女の子同士の友情が
メインの話になっている。
ラストは涙で先が読めないくらい、
のめりこんでしまった。

大人になると、「自分は自分」
「人には人の考え方がある」と
割り切って考えることが多くなった。
それはそれで、相手を尊重する点では
よい部分でもある。

一方で、自分が傷つくのが怖くて、
人と距離を置いていることに気付く。
この2冊の本を読んで、そんな
今の自分が少し残念に思えた。


函館山を歩く
道内では最低気温が氷点下のところもちらほら。
天気予報にも雪マークが出てる。
しかしながら、函館は道内では暖かい方。
とは言っても、朝晩は10度以下だ。

今日はいよいよストーブを出した。
九州で言えば「まだ10月」なのに。
これからの寒さを想像するのが恐ろしい。

寒くなると運動不足になる。
せっかくの秋晴れだ、山へ行こう。
うっすらと色づいた函館山を目指す。

落ち葉を踏みしめ歩く。
ふれあいセンター前登山道1


久々の山の空気にほっとする。
大木を見上げて、わくわくする。
のんびり歩いて、山頂まで1時間。
ロープウェイや車からは望むことができない景色。
展望台


やっぱり山歩きは楽しいぞ。
どんぐり



函館山
秋と言えば、鮭。スーパーでもやたらと鮭、筋子が目立つ。
そんな鮭が川を上ってくる様子が、函館でも見れるらしい。
午前中のだらだらした気分を吹き飛ばそうと車に乗って
川の様子を見に行ってみる。いまいち詳しい情報がないのだが、
汐泊川で見たというのを頼りに川沿いを走ってみる。
時期が早いのか、場所が悪いのか鮭を見ることはできなかった。
もう少し調べてから再度挑戦してみよう。
川を探して走っている最中に、沿道の牧草地?畑?に
馬&ポニーを数頭発見。あまりにも普通に和んでいる。
なんとも北海道な風景である。

さて、せっかく出かけたので函館山へ足を伸ばす。
あいにく霞がかかっていたが、見晴らしは最高だ。
一般車は夕方5時から10時までは立ち入り禁止なので、
マイカーで夜景を見ようと思ったら、10時以降に
来なければならない。今回は、夕映えの函館市街を楽しんだ。
函館山1風景


函館山の麓の「谷地頭温泉」へ行く。
駐車場から、休憩室、浴室までやたら広くて驚いた。
市営だが、管理が行き届いている様子で、風呂上りも
ゆっくりできた。またお気に入りの温泉が一つ追加された。
谷地頭温泉


夕食前にすこし近辺を散歩していたら、突然目の前に
ライトアップされた建物を発見。旧函館区公会堂というらしい。
とてもきれいで思わず足を止めて見入ってしまった。
はたまた公開堂を背にすると、函館市街の夜景が見渡せる。
なんとも贅沢なポイントであった。
旧函館公会堂



『市営谷地頭温泉』
◇函館市谷地頭町20番7号 0138-22-8371
◇午前6時~午後9時30分(通年)
◇定休日 1月1日、毎月第2・第4火曜日
◇小人(6歳未満) 70円
 中人(6歳以上12歳未満)140円
 大人(12歳以上)390円
 
『旧函館区公会堂』
◇函館市元町11-13 0138-22-1001

  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ