スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気になる秋のイベント in 宮城
今日も秋晴れの爽やかな朝で嬉しい限りです。
10月も明日まで、いよいよ11月に突入のこの時期、宮城県内のあちこちで秋のイベントが
行われるようです。特に今週末は面白そうなイベントがちらほらと・・・・

今週末早速行ってみようと思っているのが、

蔵王高原大根狩り 平成21年10月31日(土)~11月1日(日)
遠刈田温泉の七日原高原の大根畑に植えられた10万本の大根を自分で引っこ抜き、
1000円で購入する専用ビニール袋に詰め放題!というイベントだそうです。
楽しそう~♪なんでも七日原高原の土壌が大根に適した土だそうで、甘みが強くて
とても美味しい大根なのだとか。うまく詰め込む人は一袋に15本~20本ぐらい詰める
というのだから、主婦にはたまらないイベントですゎ。しかも自分で収穫したばかりの大根なら
新鮮さに加えてさらに美味しさが増しそうです。今年で24回目となるイベントだそうですが、
初参加しに行きたいと思います。
※イベントの詳細は下記問い合わせ先もしくはHPでご確認くださいませ。

◆開催日/平成21年10月31日(土)・11月1日(日)
◆時間/9:00~16:00
◆場所/蔵王町七日原特設会場
◆料金/大根狩り1,000円
◆駐車場/有(無料駐車場 約100台)
◆問い合わせ/蔵王高原大根まつり実行委員会 0224-34-3447 
           蔵王酪農センター 0224-34-3311 
◆蔵王町観光協会ホームページ http://www.zao-machi.com/index.html


続いてこちらも気になるイベントが・・・・

蔵ing村田新そばまつり 平成21年10月31日(土)~11月1日(日)
岩沼市から遠刈田温泉に行く途中にある村田町でも、今週末は気になるイベントが。
新そばが食べれて、そば打ち体験道場、村田町特産品展示販売コーナーなどがあるそうで、
大根狩りを終えて、帰り道に新そばを食べれるかも・・・と計画中です。
体力が残っていれば、そば打ちも体験してみたいところです。こちらも楽しそう♪

◆開催日/平成21年10月31日(土)・11月1日(日) 
◆時間/10:00~15:00
◆場所/村田町蔵の町並み通り(村田町中心部)
◆問い合わせ/村田町商工会  0224-83-2267 
◆村田町商工会ホームページ http://www.murata.miyagi-fsci.or.jp/
  村田町ホームページ http://www.town.murata.miyagi.jp/

その他で気になったイベントは・・・・

松島紅葉ライトアップ 平成21年10月31日(土)~11月29日(日))
昨年の12月に松島へ訪れた際に、瑞巌寺と円通院へ行きましたが、この時期は
紅葉をライトアップで楽しめるそうです。これは、カキ小屋と合わせて、
松島で1泊して楽しみたいようなイベントですゎ。来月行けたらいいなぁ。

◆開催期間/平成21年10月31日(土)~11月29日(日)
◆開催時間/17:30~21:00
◆開催場所/円通院、瑞巌寺洞窟群、比翼塚・三聖堂、天麟院、観瀾亭
◆料金/円通院は500円(他は無料)
◆問い合わせ/とっておき松島実行委員会事務局( (社)松島観光協会)  022-354-2618
◆(社)松島観光協会 http://www.matsushima-kanko.com/

ハナトピア岩沼 秋の収穫祭 平成21年10月31日(土)~11月1日(日)
わが町岩沼のイベント。目玉は仙人鍋で、12時30分からふるまわれるようです。
他にも地元農産物産直販売、ミニSLの運行(10月31日(土)のみ)等、様々な催しが
予定されているようです。詳しくは岩沼市ホームページからハナトピアをご覧くださいませ。

◆開催日/平成21年10月31日(土)・11月1日(日)
◆場所/ハナトピア岩沼 岩沼市三色吉字雷神7-1
◆問い合わせ/ハナトピア岩沼 0223-23-4787 
◆岩沼市ホームページ http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/

第11回全日本石投げ選手権大会 平成21年10月31日(土)
なんだか面白そうなイベントが。石投げの全日本選手権です!
斬新なイベントで思わずチェックしてしまいました。(参加申し込みの締め切りは過ぎています)
阿武隈川と丸森町は一度行ってみたい気になる場所です。

◆開催日/平成21年10月31日(土)※雨天中止
◆時間/10:00~13:30(集合9:45)
◆場所/宮城県丸森町 阿武隈川河原 丸森橋下流左岸(舘矢間側)
◆参加料/600円、昼食付(いも煮汁・きのこご飯)
◆申込み先/(財)阿武隈ライン保勝会(お電話・FAXでも可)
〒981-2171 宮城県伊具郡丸森町字下滝12 TEL 0224-72-2350、FAX 0224-72-2361
※締切りは平成21年10月21日(水)、または各部門30名に達した場合
◆問い合わせ/阿武隈ライン保勝会 0224-72-2350 
◆阿武隈ライン保勝会ホームページ http://www.marumori.net/index.html

他にも宮城県内市町村各地で秋のイベントが予定されています。
蔵王の大根狩りを調べていて、宮城県のイベントが掲載されているホームページを発見。
上記内容もそのホームページ↓で見つけたものです。
宮城県のイベント情報が一目でわかって、便利でした。



「宮城まるごと探訪」トップページへ>>

さぁ~!週末は大根掘って、新そば食べるぞ~!!



スポンサーサイト
遠刈田温泉 ベルツ
山形蔵王への旅行(その1その2)を終え、帰り道は笹谷峠を越えて
遠刈田温泉へ寄り道することに。前から行きたかったお店のランチへGO!

「森のソーセージレストラン ベルツ 」

土曜日の12時半頃お店に着くと、駐車場もほぼ満車で順番待ちの人で入口はいっぱい。
しばし待つことに。13時半を過ぎたあたりからは、順番待ちもなく席に案内されていたので、
次回はピークの時間を外してこようと思いました。

ベルツ1

ベルツ2

私はバイエルンプレートランチ。オットは佐助豚肩ロースステーキを注文。

ベルツ3

ベルツ4

ベルツ5

ベルツ6

ソーセージから添えられている野菜のひとつひとつまでどれもおいしかったです。
オットの佐助豚も柔らかくて癖がなくて豚とは思えない美味しさでした。
佐助豚はおすすめメニューだったので、常時あるかどうかは不明です。

ちなみに、ベルツのブログをチェックしていたら、最新情報を発見!

今月29日オープンの「三井ショッピングパークララガーデン 長町」 の
「Vie FUJISAKI ララガーデン長町店」に
蔵王セレクションという売り場ができるそうです。

そちらでベルツのハム・ソーセージ達を販売するそうです。

・宮城野Lポーク 熟成ロースハム(限定)
・バラベーコン
・荒挽きスパイシーソーセージ
・にんにく風味ソーセージ
・リオナーフランスソーセージ

クリスマスは自宅で食事をすることが多いので、
ベルツのソーセージを取り寄せするか、遠刈田まで買いにこようかしら~と
思っていた私にはGOOD NEWS!でした。

※詳しくは ベルツ公式ブログ http://baeltz.exblog.jp/ をチェックしてみてください。



*********************************

   「森のソーセージレストラン ベルツ」
   宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字遠刈田北山21-12
   0224-34-2001   定休日 木曜日
   11:00~19:30 ランチ営業、日曜営業
   ベルツ公式ブログ http://baeltz.exblog.jp/





山形蔵王 温泉&散策 1泊2日 その2
山形蔵王トレッキングを楽しんだ後(その1)は、予約していたホテルへチェックイン。
今回の宿は、蔵王温泉 ホテル松金屋アネックス
偶然にも蔵王ロープウェイのすぐ近くで、楽々。

松金屋1

松金屋2
部屋はトイレ付10畳和室、部屋からの眺め↓
松金屋3

お茶菓子は、食べてみたかった蔵王名物の稲花餅(いがもち)が!↓
ウェルカムフルーツ(ぶどう)も冷蔵庫に冷やしてありました。

松金屋4

温泉でさっぱりしたら、夕食へ。私達が利用したのは、
メインは山形牛・三元豚・海鮮のしゃぶしゃぶ、デザートはチョコレートフォンデュというプラン。

松金屋8
松金屋7
松金屋5
松金屋6
松金屋9

山形の芋煮を初めて食べたのですが、お醤油味&牛肉で
あっさりとしたいいお味でした。全体的にどれもおいしかったです。

そして翌日の朝食は↓こちら

松金屋10
松金屋11

朝から満腹に食べた後は、蔵王温泉街を散策しに出かけました。
ホテルは温泉街のはずれにあり、紅葉が目の前の道路から始まります。
蔵王中央ロープウェイの前を通って、酢川温泉神社を目指して歩きます。
朝の8時半ごろだったのでお店も開いておらず、
他に歩いている人もあまりいないので、一人気ままに歩きます。
ちなみに、オットは前日の疲れで部屋で二度寝してました。

蔵王温泉散策1

蔵王温泉散策2

蔵王温泉散策3

温泉街に入ると、硫黄の匂いがしてきました。
川に温泉が流れ込んでいます。上湯共同浴場のすぐ脇に
酢川温泉神社の鳥居がありました。思ったよりも階段が多そうな・・・・

蔵王温泉散策4

蔵王温泉散策5

蔵王温泉散策6

上まで登ると息が上がってしまいました。結構しんどかった 汗

蔵王温泉街7

蔵王温泉街8

酢川温泉神社でお参りした後は、車道を降りて温泉街に戻ります。
途中、見晴らしがよく、山間には雲海が見えます。

蔵王温泉街9

温泉街に戻ってくると、足湯の看板を発見。
地図を見ると、温泉街には2か所の足湯があるようです。
私が訪れた時は、朝早すぎてまだお湯がたまっていませんでしたが、
無料のようなので、散策途中に楽しむとよさそうです。

蔵王温泉街10
蔵王温泉街11

温泉街から上の台北通りへの抜け道へ出てみます。
バスターミナルへつながる車道から見た山の紅葉が素敵でした。
ご近所の方は、毎日この景色を眺めているんですね~。

蔵王温泉街12

樹氷通りに戻ってくると、行きに開いてなかったお店がちらほら開いていたので、
ちょっと寄り道。昨日食べた稲花餅(いがもち)の出来立てを並べています。
昨日のはぺったんこだったのですが、こちらはふっくらとしています。
なんでもこのお店のお餅はこのふっくらした形が特徴なんだとか。
二度寝しているオットへのお土産に稲花餅とチーズまんじゅうを購入。
お茶のサービスをしていたので、散歩で乾いた喉にお茶を頂きました。
どちらのお菓子もとてもおいしかったのですが、稲花餅は生地がもっちり&しっとりしていて
さすが出来立て!って美味しさでした。

めいゆう庵
稲花餅
チーズまんじゅう

次の寄り道。新左衛門の湯では地元の朝採れ野菜が置いてありました。
おいしそうだったので、プチトマトとブロッコリーを購入。
家に帰って夕食のおかずにしましたが、新鮮でおいしかったです。
そして、こちらの駐車場にも足湯があり、足湯を楽しんでいる観光客の方がいました。
お湯は熱すぎず、ぬるすぎずでちょうど良かったです。

新左衛門の湯
新左衛門の湯1
新左衛門の湯2

1時間半ほど蔵王温泉街をぐるぐる歩き周り、お土産を抱えてホテルへ戻ってきました。
それでもまだ10時。チェックアウトが11時だったので、
部屋でオットと稲花餅とお茶でのんびりと寛いだ後、チェックアウトしました。

さらに温泉好きな方には、温泉街のあちこちにある日帰り湯巡りも楽しそうです。
ゆっくりと過ごせた1泊2日の蔵王温泉でした。


(山形蔵王 温泉&散策 1泊2日 その2 終わり。)

  ■関連記事
   ・山形蔵王 紅葉狩り&お釜トレッキング 1泊2日 その1



*********************************

   「蔵王温泉 ホテル松金屋アネックス」
   山形県山形市蔵王温泉1267-16  023-694-9706
   (楽天トラベル) 蔵王温泉 ホテル松金屋アネックス

   「蔵王めいゆう庵」
   山形市蔵王温泉904-7  023-694-2003

   「湯の花茶屋 新左衛門の湯」
   山形県山形市蔵王温泉川前905   023-693-1212
   ホームページ http://www.zaospa.co.jp/oyudoko.html

  蔵王温泉観光協会 http://www.zao-spa.or.jp/
   ※蔵王温泉街の案内地図は、私はホテルのフロントでもらいましたが、
     お土産物屋さんの店内にも置いてありました。簡易地図でしたが十分活用できました。



山形蔵王 紅葉狩り&お釜トレッキング 1泊2日 その1
先週末、残り少ない紅葉を楽しもうと山形蔵王へ1泊2日で行ってきました。
蔵王温泉でのんびりすることと、蔵王ロープウェイで山頂へ行き、
軽トレッキングを楽しんでお釜を見ることがこの旅行の目的です。

岩沼市から蔵王温泉に行くには少々遠回りになるのですが、
冬季は閉鎖されていて通ることができないので、行きは蔵王エコーラインを通ってみました。
ちょうどお天気も良く、まさに紅葉日和。

蔵王エコーライン1

蔵王エコーライン2

蔵王エコーライン3

蔵王エコーライン4

途中、不動明王の左手に下へ降りる階段があり、滝を見るスポットになっていました。
昨シーズンに何度かすみかわスノーパークを訪れた際に、
不動明王の前を通ったことはあったのですが、車から降りてみたのは初めてだったので、
嬉しい発見でした。秋保大滝に続き、こちらも圧巻の滝です。

岩沼を出発し、蔵王ロープウェイの駐車場に無事到着(所要時間、2時間)。
ちなみに私達は少々手間をかけてお釜を見に行きましたが、
蔵王エコーラインが通行可能な間は、途中の蔵王ハイライン(有料道路)を通ると、
刈田岳の山頂近くまで車で行けるので、お手軽にお釜見学ができるようです。

蔵王ロープウェイ1

蔵王ロープウェイ2

蔵王ロープウェイ3

蔵王ロープウェイ4

到着時、駐車場付近が8℃で、山頂付近が4.6℃(山麓駅に表示がありました)。
準備運動をして、ダウンJK等の上着類もザックに入れて出発です。
ロープウェイは、山麓線と山頂線の2本に乗り、地上から20分ほどで一気に山頂へ到着。
ロープウェイからもすでに山肌に広がる色とりどりの紅葉が楽しめます。
地蔵山頂駅では2階の展望台へ行くと、ガスがかかっていましたが、
鳥海山、月山、朝日連峰が望めました。

地蔵山頂駅を出るとすぐに蔵王地蔵尊がありました。
安全をお願いして出発。この日のコースは、
地蔵山頂駅を出た後、熊野岳を通り、お釜まで行き、
毎度毎度の持参弁当で昼食休憩を取ってから、同じルートで戻ってくるという予定です。

蔵王トレッキング1

蔵王地蔵尊を発つとすぐに木道が続きます。
熊野岳までは地蔵山を通るコースと二手に分かれてのちに合流しますが、
行きは下の木道を通って行きました。

蔵王トレッキング2

途中木道が途切れる箇所もありますが、ワサ小屋跡の手前までは、
木道が続いていました。他に歩いている人がいなかったのもあり、
聞こえてくるのは鳥の声だけ。久々に生活音の全くない心地よい静寂の中を歩きます。

蔵王トレッキング3

蔵王トレッキング4

ワサ小屋跡近くに来ると石を敷き詰めた道や階段が続きます。
ここからは稜線に沿って歩くので、風が強く、体感温度がぐっと下がります。
前方に見える山の稜線が熊野岳山頂のようです。↓

蔵王トレッキング5

蔵王トレッキング6

地蔵山頂駅から熊野岳のある稜線まで、休憩を挟んで1時間15分で到着。
思っていたよりお釜までの距離が近かそうなので、
熊野岳山頂の蔵王山神社は帰りに寄ることにして、
まずはお釜を見るべく、稜線を降りて行きます。

お釜が見えました!

お釜

不思議な色です。青空と紅葉とエメラルドのお釜にうっとり。

蔵王山神社

お釜の景色を堪能した後は、熊野岳山頂に戻り、神社横で昼食休憩。

熊野岳1

熊野岳2

帰りは、神社の近くから岩場を下る近道コースを降りて行きます。
目印の○印がところどころの岩に書いてあります。
この日は天気に恵まれましたが、ガスがかかるとかなり視界が悪くなるらしく、
滑落事故の危険もあるようです。くれぐれもご注意を。

熊野岳3

無事に岩場を降り、行きのルートに戻ったら、
ワサ小屋跡から先は地蔵山を通るルートでロープウェイの駅まで戻ります。
地蔵山への登り下りは岩の階段で湿っているところもあり、
特にロープウェイ側からの階段は傾斜がきつく、足元が滑りやすいので、
革靴で登って来ている方はちょっと辛そうでした。階段も長いので、こちらもご注意を。
帰りも1時間ほどでロープウェイ駅に到着。

紅葉や他の山々を眺めながら、お釜までのトレッキングが楽しめました。
ロープウェイがあるので、山頂まで気軽に行けますが、
地蔵尊を離れると木道以外は足場が悪いのと、
地上よりも気温が低いので靴と上着には注意が必要です。
またこの時期は日没も早いので、散策の時間にもご注意を。

ロープウェイで地上に戻ったら、疲れを癒すべく蔵王温泉のホテルへGO!


(山形蔵王 紅葉狩り&お釜お釜トレッキング 1泊2日 その1 終わり。 その2に続く。)


*********************************

  私が参考にしたホームページ

  山形市観光協会 http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/
  ※トップページから、観光マップ → 蔵王温泉 → トレッキングマップが見れます。

  蔵王温泉観光協会 http://www.zao-spa.or.jp/

  山形観光情報総合サイト http://www.yamagatakanko.com/index.html
  ※トップページから → トレッキングガイド → 蔵王山 に情報あり。

  宮城県蔵王町観光協会  http://www.zao-machi.com/index.html
  ※蔵王エコーライン、お釜の情報が見れます。

  蔵王ロープウェイ http://www.zaoropeway.co.jp/

  蔵王中央ロープウェイ http://www.zaochuoropeway.co.jp/

  楽天トラベル 山形蔵王温泉 おすすめの宿  蔵王温泉の温泉旅館・ホテル一覧




名取の閖上で週末ランチ  美晴鮓
先週末、閖上にある 「美晴鮓」 に行ってきました。

11時過ぎにお店に着いた時は、駐車場も店内もまだ空きがありましたが、
お寿司を待っている間に、予約のお客さん達がどどっと来て、
12時ぐらいには出前の注文と相まって忙しそうになり、席もほぼ埋まっていました。

オットは特上にぎり、私は大漁寿司を注文。
食べたい気持ちが逸って、バタバタ写真撮ったので写真がいまいちでした。。。

美晴鮓1
↑特上にぎり ↓大漁寿司
美晴鮓2

閖上は赤貝が有名だそうですが、柔らかくて甘みがあっておいしかったです。
カニミソ、エビ、カニ、ホタテ、ウニと好きなネタばかで、全体的にどれもおいしくて、
大漁寿司はこれで2415円だったので、お得で大満足♪
ちなみに特上にぎりは3150円で、どちらにも魚のアラのお味噌汁が付いていました。

美晴鮓3

食事を終えて、美晴鮓からほど近く、以前から気になっていた
 海岸公園冒険広場 へ行ってみました。

ただの公園かと思っていたのですが、駐車場に入るところから待ちの列ができています。
車の出入りは頻繁だったので、それほど待たなくても入れましたが、
「なんでこんなところにこんなに人が・・・・」というほどの賑わいぶり。
何かイベントでもやっているのかしら?と思いつつ、公園を散策してみました。

海岸公園冒険広場1

海岸公園冒険広場2

海岸公園冒険広場7

色々な遊具もあるのですが、プレーパークと言う場所では
「「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに従来の公園とは違って、できるだけ禁止事項をなくし、
子どもたちが自由に楽しく過ごせる場」とあるように、木を切ったり、砂場で遊んだり、
歩道に落書きがいっぱいあったりと、なかなかユーモアのある公園になっています。

海岸公園冒険広場3

展望台に上ると、松林の先に海が見えます。
この松林に自転車道があると地図にあったので、その道を見てみたかったのです。
展望台を降りて、林の中に入っていきます。

海岸公園冒険広場4

海岸公園冒険広場5

どうやら、今は通れないようでした。。。
岩沼から閖上までサイクリングロードがあり、さらに閖上からこの公園まで
自転車で来れるかなぁと思っていただけに残念。ただ、仙台方面へは行けそうな感じなので、
また機会があれば、チェックしてみたいと思います。ちなみに道はこんな感じ↓

海岸公園冒険広場6

公園に戻り、公園に隣接している乗馬クラブをのぞいてみます。

乗馬クラブ2

ちょうど練習中だったので乗馬の様子とその後、馬場へ馬を連れていき手入れする様子も
すぐ側で見ることができました。

公園に戻るとバーベキューなどでディキャンプを楽しんでいる家族連れが
にぎわっていました。子供は公園内を自由に遊びまわり、大人はテントでのんびり。
最初はなんのイベントだろうかと思いましたが、
自由度が高いことがこの公園の人気の理由のようです。

日曜日はすぐ近くの閖上朝市も行われているので、朝から食材を調達して
ディキャンプを楽しむのもよさそうですね。

ちなみに以前、閖上朝市に行った時の写真がこちら↓

閖上朝市1

この水餃子がおいしかった!キムチは自分で好きなだけ取ってOKでした♪

閖上朝市2

閖上朝市3

閖上朝市を出て橋を渡り海の方へ行くと、こんなに広い海岸線もあります。

閖上海岸1

閖上海岸2

閖上海岸3

色々と楽しめる閖上です。


*********************************

  「美晴鮓」
  宮城県名取市閖上6-2-6  022-385-2713
  11:00~14:00 16:00~21:00
  定休日 水曜日
  宮城県寿司商生活衛生同業組合 http://www.miyagi-sushi.com/main.html
  ※トップページから → 店舗紹介 → 名取・岩沼 → 名取 → 美晴鮓 で詳細あり。

  「海岸公園冒険広場」
  開園時間 9時~17時  入園料 無料(デイキャンプ場のみ有料)
  休園日 毎週火曜日(ただし、その日が休日にあたる場合、その直後の休日でない日)
       及び、年末12月28日から年始1月4日
  駐車場 120台(無料)
  ホームページ http://www.bouken-asobiba-net.com/

  「閖上朝市」
  開催日 通年 毎週日曜日・祭日   時間 6:00~9:00 雨天決行
  会場 閖上(ゆりあげ)広浦駐車場
  名取市観光協会 http://www.kankou.natori.miyagi.jp/index2.html
  ※トップページから → 朝市案内 で詳細がわかります。



岩沼生活  キッチン つぁいと
今月は岩沼市のことを中心に書くつもりが、
週末のおでかけで、岩沼の話から脱線気味ですね・・・

岩沼でお気に入りのお店の一つが、 「キッチン つぁいと」 です。

外観からすごい気になって、旦那と足を運んだのは今年の3月ですが、
外食をしようか~という話になると、
オットの「焼肉 トップ」か(ここもめちゃくちゃおいしい)、
私の「つぁいと」でいつも競い合い、結局、家から近いので
オットの「焼肉 トップ」に、ここ最近押し切られていますが、
私は「つぁいと」に行きたい~!

3月に行った時の料理がこちら↓(一部ブレててすみません)

つぁいと2

つぁいと1

つぁいと3

つぁいと4

つぁいと5

ドイツソーセージに始まり、どの料理もおいしいこと。
そしてビールの種類も豊富なので、飲んでは食べ、食べては飲み。
極楽極まりないです。

料理も本格的でありながら、どこか家庭的で野菜もたくさん取れて
ボリュームもばっちり。メニューも種類が豊富なので、
食事としてしっかり食べることができます。

上から3番目のぶれてる写真は、ちょうど春先だったので、
春キャベツとハマグリの旬の料理でした。季節メニューも楽しみです。

お店の方も女性ばかりで、明るく元気があって、とても感じがよかったです。
歩いて行ける場所にこんな素敵なお店があって、
気兼ねなく飲めるのも、うれしい限り。
お店は、この前書いた「とんかつくろしお」(日記)のすぐ近くです。

次の機会こそ、焼肉トップ派のオットに勝って、「つぁいと」だ!


*********************************

  「キッチン つぁいと」
  宮城県岩沼市桜5-4-38  0223-23-7577
  17:30~23:00(日曜は~22:00) 月曜、第1日曜 定休日




二口渓谷自然歩道を歩く 秋保散策後編
秋保大滝を見て、たまき庵で腹ごしらえした後(秋保散策前編)、
通って来た62号線を二口方面へ進みます。

山が開けた場所に来ると遠くに磐司岩が見えてきました。
仙台市秋保ビジターセンターへ到着。

ここを訪れた理由は、二口渓谷自然歩道と言う散策路があると知り、
情報や地図などがないかを確かめるためです。
ビジターセンターからは大東岳への登山もできるため、
入山書の記入用紙も置いてありました。

地図は二口渓谷周辺案内マップを始め、
手書きのイラスト付き観光案内マップ等も置いてあり、
かわいくて思わず色々貰ってきました。

ビジターセンター

二口自然歩道地図1

今日歩く予定の自然歩道はこちら↓
二口自然歩道地図2
二口渓谷自然歩道2キロ、1時間30分とあります。

ビジターセンターからさらに車で少し進むと、
二口キャンプ場の手前に駐車場があったので、
車を止めて、クマ対策鈴、飲み物、上着などをザックに入れて、いざ出発。

二口自然歩道1

二口自然歩道2

駐車場横の階段を下りていくと、橋があり、すぐに川に出ました。
こちらも台風の影響か、水の勢いはありますが、とても澄んでいて綺麗な川です。

二口渓谷自然歩道2

川沿いを少し歩くと、右手に階段がありました。
岩が濡れていて足場が悪そうなので、オットを先に行かせ偵察。
上に上がると大丈夫と言うので、私も後に続きます。

二口渓谷自然歩道1

二口渓谷自然歩道3

姉滝を目指しあるきます。看板によれば、1.9キロですね。
だいたい0.5キロ間隔でこの看板が立っていて、距離の目安になります。

二口渓谷自然歩道4

二口渓谷自然歩道5

二口渓谷自然歩道6

二口渓谷自然歩道7

二口渓谷自然歩道8

二口渓谷自然歩道9

木々が生い茂っているので、歩道を歩きながら山の景観を望むことは
できませんが、その分、オットの趣味のコケがあちこちに。
度々立ち止まって、写真撮影になっていました。(↓オット撮影のコケ)

二口渓谷自然歩道10

正確な時間を見ていなかったのですが、
約1時間15分ほどで歩道の終点に着きました。

二口渓谷自然歩道13

二口渓谷自然歩道11

橋を下りて、滝の方へ行ってみます。

姉滝1

姉滝2

岩を渡って近くまで行ってみますが、
さすがに水が多くて、奥の滝まで行けません。諦めて遠くから眺めます。

姉滝3

姉滝4

姉滝5

帰りは行きに歩いた対岸を少し歩くと、車道に出たので、
駐車場まで砂利道を歩いて帰ります。
こちらからの道だと、渓谷沿いの歩道は少しで、姉滝まではかなり近いです。
ただ、滑りやすい道なので、足元は注意が必要です。

二口渓谷

砂利道1

砂利道2

上を見上げると山の紅葉はまだまだのようですが、
時々木々の間からはるか下の渓谷が見えます。

地図で見る限り、整備された歩道かなぁと思って行ってみたのですが、
二口渓谷自然歩道と名の通り、渓谷沿いに道があるので、
アップダウンあり、崖沿いの細道あり(だいたい柵がしてあります)と
変化にとんだ歩道で、かなり自然のままの部分も多かったです。
道迷いや、特に危険と感じるところはありませんでしたが、
道は山から湧き出た水で湿っていることが多いので、
靴などの装備はきちんとしないと、歩くのが厳しいと思います。
ちなみに、クマ出没注意の看板もありました。

帰りのラジオで「初冬」という言葉が聞こえてきましたが、
紅葉の具合を見るとまだまだ「初秋」の雰囲気の二口渓谷でした。

今回は磐司岩を見れる場所がなかったのと、
大東岳も場所によっては、私達が歩けるレベルの道があるようなので、
また訪れてみたいです。

 

 ■関連日記
 ・秋保大滝、たまき庵 再訪  秋保散策前編


*********************************

 「秋保ビジターセンター」
 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字本小屋16-1 TEL/022-399-2324
 開館 午前9時~午後4時30分、休館/火曜日、12月1日~3月31日
 ホームページ http://akiusato.jp/visitor/visitor_html/visitortop.html
 
 二口渓谷自然歩道について
 太白区ホームページ http://www.city.sendai.jp/taihaku/soumu/
 ※太白区ホームページ → 太白漫遊歩(太白区長おすすめ区内散策コースのご紹介)
 → 二口渓谷周辺 に情報が掲載されています。
 



秋保大滝、たまき庵 再訪  秋保散策前編
台風一過のお天気になった3連休。
そろそろお蕎麦が食べたくなったので、秋保へ行ってきました。
まずは、お店が開店するまでの間、秋保大滝を散策。

秋保大滝不動尊

秋保大滝不動尊1

ご神木らしきいちょうの大木も今年の3月に来た時に比べると
葉は青々と茂り、すでに実が落ち始めていました。(3月の日記

秋保大滝不動尊2

秋保大滝2

台風の影響か、水量が多く大滝も見ごたえがありました。
紅葉も少しだけ始まっているという感じです。

秋保大滝3

滝つぼへの通路は変わらず通行止めでした。

秋保大滝 出店
くるみ

秋保大滝不動尊を出たところにお土産屋さんが出ていて、
ぶらぶらしていたら、胡桃を発見。
食べるときは、5分~10分水に浸しておいて、
それをフライパンで空入りすると先端がすこし割れるので、
そこからナイフを入れたら簡単に開けられるとのこと。
何年でも置いておけるというので、試しに買ってみました。

家に帰っておじさんの言った通りにやってみたら、
予想以上に、本当に簡単に開きました。
カロリーが高そうなので、2粒だけ食べて、
残りを今後どうやって食べようか思案中です。

さて、11時開店かなぁと思ってお店を見ていたら、11時15分開店と札が掛かっています。
少し店の前で待って、 「そば処 たまき庵」 開店です。

私は、季節メニューの天然まいたけの天ざる、
オットはリピでカレーうどん、そして前回はまったそばがきです。

たまき庵

たまき庵1

たまき庵2

やっぱりそばがきが美味しかった!
天然のまいたけ天ぷらは、ぷりぷりとした食感でした。
次は、冬メニューの鴨そばが出たら、また来たいと思います。


 ■関連日記
 ・秋保大滝 (過去レポ) 前編
 ・秋保大滝 (過去レポ) 後編


(後編:二口渓谷自然歩道を歩くに続く)

*********************************

 「秋保大滝」
 宮城県太白区秋保町馬場字大滝 
 秋保大滝・・・・高さ55m、幅6m

 「そば処 たまき庵」
 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝8-1
 022-399-2120 不定休  11:00~15:00(なくなり次第終了) 駐車場有
 ホームページ http://www.tamakian.com/index.html



岩沼生活 金蛇水神社(かなへびすい)
家の近所にある竹駒神社は散歩道でもあり、ちょくちょく足を運ぶのですが、
少し離れた所に気になっていた神社があり、岩沼に来て1年経ってようやく訪れました。

金蛇水(かなへびすい)神社

余談ですが、私はねずみ年生まれなので(?)、
本来蛇はあまり得意ではないのですが、
今よりもう少し若かりし頃、道端で生きた蛇を見ると、
なぜかその日はとても金運がよく、お金を拾ったり
(最高3万。警察に届け、後日落し主不明でもらいました)、
1万円ぐらいと少額ですが宝くじが当たったり、というプチ金運が続き、
生きた蛇に出会ったら、今日は何かいいことがありそうだ!と
思っていました。(最近は蛇じたい見かけません。。。)

それで、この神社にも興味はものすごくあったものの、
名前の雰囲気から足が少し遠のいていたように思います。

駐車場から参道を歩き、正面鳥居へ。
鳥居をくぐると、立派な藤棚がありました。

『参拝のしおり』を引用すると
「樹齢300年を誇る境内の巨大な藤は、その昔、1本の株から9本の枝が分かれていたことから、
九竜の藤と呼ばれています。現在はその数はもっと多く、開花時の藤棚はあたかも壮大な滝の
流れかとまで言われるほどです。」


とあります。藤棚を見て立派だとは思いましたが、開花時は滝のようとは。。。
是非、この藤棚に藤が咲く様子を見てみたいです。

正面鳥居

金蛇水神社1

手水舎で清め、本殿へ向かいます。
金蛇水神社2

本殿

静かで清々しく、穏やかな本殿です。狛犬もりりしい。

金蛇水神社3

金蛇水神社は、商売繁盛、海上安全、金運円満の神として信仰された
大衆信仰の神社だそうですが、1千年という壮大な歴史を持つそうです。
主祭神は、水速女命(みずはやめのみこと)という水の女神が祀られています。

同じく境内に金蛇弁財天社がありますが、弁天様は財力と知恵をつかさどる
神様として知られている川の女神だそうです。
水と女神がこの神社のシンボルという訳ですね。
どうりでホームページを見ていたら、宮司さんのお名前が
女性なので珍しいなと思っていました。

金蛇水神社の由来は、『参拝のしおり』に書いてあったのを読むと
平安時代一条天皇の頃に、京都の小鍛冶宗近が天皇の刀を作ることを命じられ、
名水を探す旅にでます。この地に訪れた際、水神宮の水の清らかさにうたれ、
ここで刀作りにとりかかったところ、カエルに邪魔されるので、
雄雌一対となった金蛇を作り水中に投げ入れたら、
カエルがぴたりと静かになり、宝刀を作りあげることができたそうです。
そこで、感謝の気持ちに金蛇を水神宮に奉納して帰京したそうです。
以来、この雄雌一対の金蛇が御心体となっているそうです。

蛇と言う言葉だと、なんとなく邪悪な感じ(ハリーポッターの影響)か、
もしくはついついお金に関することのイメージが先にきてしまう私ですが、
古来、蛇や龍は、水の神様の化身とも言われるそうで、
由来を読むと、清らかな水のイメージが湧いてきました。

水害や干ばつによる不作、はたまた不漁は昔も今も
人の力だけでは、どうにも解決できないことですものね。
そうは言っても、私はついついお金に関することをお願いしちゃいましたけど。

藤棚も立派ですが、春には牡丹、つつじなど園内は花が咲き乱れるそうです。
次の春の金蛇水神社が楽しみです。


 ■関連記事
 ・藤棚と牡丹園 金蛇水神社 [2010/05/21]




*********************************

 金蛇水(かなへびすい)神社
  宮城県岩沼市三色吉字水神7 0223-22-2672
  ホームページ http://kanahebi.cdx.jp/index.html

  


ひさしぶりのリンデンバウム
先週の土曜日はひさしぶりに仙台に出て、

「Lindenbaum (リンデンバウム)」 でコーヒータイム。

まだ食べていなかったメニュー、「リンゴのせバニラアイス」を注文。
オットはリンデンバウムで一番好きなデビルスのケーキセット。

リンゴのせバニラアイス

リンゴはすこしコンポートした感じでほんのり温かく、その上にはシナモンパウダー、
そして下にはバニラビーンズがたっぷりのアイスがダブルで。

リンゴとシナモンって本当にいい組み合わせです。
さらにバニラアイスと一緒に食べると。。。。うまい!
チョコレートパフェも好きだけど、これもまたお気に入りになりました♪

そしてアイスやパフェにもコーヒーが付いているところがまたいいんです。

帰りにはお持ち帰りクッキーを、また買ってしまいました。。。。
日持ちは冷蔵庫で1週間だそうです。

クッキー1

うちでは、翌日にはすっかりなくなっていました。


  ■関連記事 
   ・お気に入りカフェ リンデンバウム (2009/7/24)


*********************************

「Lindenbaum (リンデンバウム)」

 宮城県仙台市青葉区一番町3-11-27 かねはち一番町ビル3F
 022-223-2200   火曜定休
 営業時間   平日12:00~21:00
          日曜・祝日 13:00~20:00
 店内完全禁煙です



秋晴れの太白山
日曜日の秋晴れを楽しもうと、太白区自然観察の森~太白山へ行きました。

駐車場
駐車場看板1
駐車所看板2
準備運動を済ませ、駐車場(無料)を9時15分に出発。

自然観察の森1
自然観察の森4
自然観察の森3

まずは、自然観察センターへ向かいます。
クマ注意の看板が出ていました。ちなみに、私達は北海道時代に山=クマ対策という印象が
あるので、山へ行く時はたいてい、でっかい鈴をザックに付けて歩いています。
北海道の時は、さらにクマよけスプレーも携帯していました。
北海道のヒグマは100キロ以上のテリトリーを移動していると聞いていますが、
本州のツキノワグマはどうなんでしょう~。

自然観察センター

さて、自然観察センターへ到着。
自然観察センターには綺麗なトイレがありました。館員の方へ挨拶し、お借りしました。
太白山に登るならと、散策路の説明と簡易地図をもらいました。

散策路はとても整備されていてわかりやすく、道迷いも少なそうですが、
館内に自然観察の森と太白山の立体模型図が置いてあるので、
事前に見ておくと全体のイメージがわかりやすいです。
ちなみに自然観察の森の散策路は、いくつかルートがありますが、
どれも太白山へ行く道へつながっています。

自然観察センター横
自<br />然観察の森5
自然観察センターの横の「であいの道」を進むことにします。(9時35分)

であいの道
自然観察の森6

木立の中は風が吹くと、葉っぱやどんぐりがばさばさと落ちてきて、
その音が心地よいのですが、自然観察の森は高速道路に近く、
車が往来する音が聞こえてくるのが少し残念です。
木々に遮られていた視界から突然の眺望。いい景色です。

自然観察の森7
目指す太白山も見えてきました。木々は、少しだけ紅葉しています。

自然散策路8

散策路の小さな花を楽しみながら、散策路の合流地点の案内看板へ到着。(10時10分)
看板から左へ道を進み、登山道へ向かいます。

太白山への看板1
太白山への看板アップ
↑看板拡大

狛犬

案内看板から左へ進み、Uターンする形で方向を変えると狛犬が現れました。
下の方を見ると鳥居が見えたので、どうやら参道の入り口のようです。

生出森八幡神社1
生出森八幡神社2

狛犬を過ぎると道の傾斜が徐々にきつくなります。
生出森八幡神社が見えてきました。お参りして行きます。

生出森八幡神社3

赤い鳥居には「山頂まで20分」とありましたが、
鳥居をくぐるなり、大きな岩が重なったさらに厳しい傾斜が続きます。

登山道1
↑この傾斜の厳しさが写真で伝わるでしょうか。。。。

鎖も渡してあるのですが、木々にくくりつけてあるので、あくまでも補助で。
三点歩行を基本として、垂直ではなくジグザグにゆっくりのぼって行きます。
岩場を登りきったところで、少し眺望が開けました。
木々の間から仙台大観音が見えます。今日一日怪我などしませんように。(合掌)
そしてさらに傾斜を登ります。

仙台大観音
登山道2

320.7m、太白山山頂に到着(10時55分)。貴船神社へお参りします。
下から山頂を見上げた時は、木々に遮られて眺望は望めないかなと思っていましたが、
適度に間引いてあるので、色々な角度で眺望が楽しめます。

山頂2
山頂3

ちょっと早いですが、仙台市内を眺めながら自前のおにぎり弁当で休憩。
汗だくの洋服が秋風で乾いていきます。
体を休めて、11時30分、山頂の鳥居を後にし下山します。

山頂眺望
山頂5

帰りは分岐の太白山周辺案内図(看板)までは行きと同じ道を戻り、
途中から「みはらしの道」で戻ることにしました。
道の名前の通り、しばらく歩くと眺望が開けました。
後ろには、先ほど上った太白山も見えています。

みはらしの道2
みはらしの道1
みはらしの道4

またしばらく歩くと、今度は仙台市内と反対方向に山の眺望が。
みはらしの道もなかなか楽しいです。しかし、こちらは行きの「であいの道」よりもさらに
高速道路に近いため、下に降りるにつれて車の往来の音がかなりはっきり聞こえます。

みはらしの道5

みはらしの道の終点は、行きに通った「自然観察の森」の石塔の横でした。
12時53分駐車場到着。途中写真も撮りながらゆっくりの散策で往復3時間でした。
自然が育つようにほどよく手入れされた森は、歩きやすく、とても楽しめました。
改めて仙台の自然の豊かさを体感しました。それに山へ行くといつも思うのですが、
五感が研ぎ澄まされる気がします。リラックスとほどよい集中力が山の魅力です。

いつも仙台へ向かう電車の車窓から眺めて、
おにぎりみたいな形が気になっていた太白山。
(太白山という名前を知らない時は、勝手におにぎり山と呼んでました 笑)
思いのほか早く訪れることができて、良かったです。これからは、紅葉が楽しみですね。


 2009年10月4日 太白山&自然観察の森散策

       9時15分:駐車場出発
       9時35分:観察センター出発 「であいの道」
      10時10分:太白山付近案内図(看板)前
      10時55分:太白山山頂 お昼休憩
      11時30分:山頂下山開始  「みはらしの道」
      12時53分:駐車場到着

*********************************

  「太白山自然観察の森」
  仙台市太白区茂庭字生出森東36-63 022-244-6115
  定休日 月曜(月曜日が休日の場合はその翌日)及び休日の翌日
  営業時間 9:00~16:30 (自然観察センター)
  ホームページ http://www.sendai-park.or.jp/web/index.html
  ※財団法人仙台市公園緑地協会HP「緑とくらそう杜のひろば」→「施設の利用案内」→
   「太白山自然観察の森」で、詳細がわかります。
   ホームページのTOPには、ガイドやイベント案内等も掲載されています。



岩沼生活 とんかつくろしお
今朝は午前中の貴重な晴れ間。ジョギングの足取りも軽やかでした。
道すがらトンボがたくさん飛んでいましたが、
なぜかどれも二匹がくっついて飛んでいました。
9割方がペアで、たま~に1匹で寂しく飛んでいるのが。。。
トンボもラブラブな秋の朝でした。

さて岩沼市について、今日はおすすめのお店です。
引っ越してくる前に函館でネットで調べていたら、岩沼市にはトンカツ屋さんが多い!
仙台も結構有名なトンカツ屋さんがありますよね~。

福岡だとチェーン店で有名なトンカツ屋が一般的だったので、
個人経営のトンカツ屋さんがこんなにあちこちあるのは、ちょっと新鮮です。
仙台は牛たんがメジャーですが、なにげにトンカツ文化が根付いている気がします。

それで、岩沼で私達が一番お気に入りのトンカツ屋さんが

「とんかつくろしお」 です。

くろしお1

衣はさっくっと、お肉は柔らかくジューシー。まさにトンカツの王道。
今まで食べたのがこちら↓

くろしお2

くろしお3

くろしお4

くろしお5

オットは熟成とろロースかつ膳(中)が毎回の定番ですが、
私は色々と食べてみたいので、オーダーをちょこちょこ変えてます。

そして、とんかつくろしおでお得なサービスが、マイはしを持参すると
「ドリンクバー」or「中ジョッキ」or「昔ながらの手作りプリン」の中から
希望の一品をサービスしてくれます!!

このプリンが大好きで大好きで。まさに昔ながらのプリンって味なんです。
いまどきの一口サイズではなく、ちゃんとたべごたえがある大きさなのもうれしい。
だから絶対マイはし持って行って、私は「プリン!で」と言います。
うちから歩いて行けるので、オットは時々ビールで。
ずっと続けて欲しいうれしいサービスです。

くろしお6

最近ダイエット中で油ものは食べてないので、食べたくなってきました。。。



*********************************

  「とんかつくろしお」
  宮城県岩沼市桜4丁目4-37 桜第2コーポ102
  0223-23-3900/0120-399640(フリーダイヤル)
  営業時間 平日 AM11:00~PM2:00  PM5:00~PM8:30(オーダーストップPM8:20)
  ※熟成肉品切れの場合は閉店の場合あり
  定休日 水曜日 (祝日の場合は休まず営業)
  ホームページ http://www.tonkatsukuroshio.com/
  ※ホームページに詳しいメニュー表があります。



岩沼生活 1周年
朝のジョギング中、あちらこちらからキンモクセイの香りがし、
庭先に植えられた柿やざくろが色づき始めていました。10月ですね。

ちょうど1年前、まさに10月1日の今日は、函館から岩沼市へ引っ越してきた日です。
仙台は福岡時代に出張で来たことはあったのですが、
函館とのギャップで人の多さと都会さに驚きました。

北海道にいたのは2年間だけでしたが、大好きな場所になっていたので、
後ろ髪をぐいぐい引かれる思いで引っ越しましたが、
1年経ってみると、宮城もすっかり気に入っています。
おそらく後2年ぐらいなのですが、「もうあと、2年しかないのか。。。」と
すでに寂しく思っているぐらいです。(どこに行っても楽しめる性格のようです 笑)

そんな訳でちょうど1年過ごしたところで、今月は
我が町岩沼市周辺を中心にブログを書いていこうかと思っています。

岩沼市は、仙台から南へ電車で30分ほどの場所にあります。
名取市と、はらこ飯で有名な亘理町の間です。
海と山に囲まれ、田畑が広がり、阿武隈川が流れています。

振り返れば、1年前引っ越し荷物が片付いたころ、
ふと最初に思い立って行ってみたのが、 「グリーンピア岩沼」 でした。

プールや体育館、ホテル、レストランと施設も整ってますが、
グリーンピア岩沼周辺が山になっていて、自然散策ができる場所なので、
一度チェックしておかなければと思っていたからです。

グリーンピア内をうろうろし、ホテルの脇の坂道を登ってみると展望台に出ます。

グリーンピア岩沼1

グリーンピア岩沼
(写真は2枚とも2008年10月撮影)

岩沼市が一望できるこの場所で「これから生活するのがここなんだなぁ」と
ぼんやり景色を眺めていたのを思い出します。

そういえば(今、思い出した)!福岡から函館に引っ越した時も、
函館市が一望できる五稜郭タワーにのぼって景色を眺めたんです!
毎回同じようなことをしているんですね~。

これからどんな生活が始まるのかなぁと大きな期待と
ちょっとの不安でスタートした岩沼生活が、1年前だと思うと、
あっという間という気もしますが、まだ1年しか経っていないのかという思いも。

最初に訪れて以来イベント等に行こうと思っていたのですが、
その都度予定が合わず、グリーンピア岩沼へ行く機会を逃していますが、
最初に上った展望台は、山の下の道路から見えるので、
買物に行く時は「最初にあそこから町を眺めたんだよな~」と
思っていつも眺めています。




*********************************

  「グリーンピア岩沼」
  宮城県岩沼市北長谷字切通1-1  0223-25-5122
  ホームページ http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/010900/greenpia/index.html





  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。