ロ・ウ・カ
以前からあった症状なのだけど、
最近ちょっと気になることが。

まばたきをするとたまに左目の端の方で光がきらっと光る。
痛くもかゆくもないが、きらっと光る。それが気になる。

気にし出したら、検索せずにおれない。
やはり同じような症状の人がいた。
大抵たいしたことないらしいけど、まれに網膜剥離になる人がいるらしい。
だから「眼科に行け」と書いてあった。

そう言われると行ったがいいかもと、
毎度毎度病院嫌いだが、悪化して痛い治療をするのがもっと嫌な私は眼科へ行った。

症状を説明した後、視力検査。
眼圧を調べるための風が目にひゅっと来るやつ。あれ何度やっても苦手。
その後、瞳孔を開く目薬さしてしばし待合室で待機。

その後、さらに色々検査へ。
たまにコンタクトも使っているので、目の細胞の検査というのもしてみた。
コンタクトを長く使っていると細胞が減ってくるらしい。

検査後、診察へ。
眼底カメラで見て、先生の説明が始まる・・・・

先生「人間40にもなると、10代20代と違って、あちこちに不具合がでてくるもんで・・・」

私「はぁ」

先生「検査の結果はどこにも異常はないので、ロウカですね」

私「・・・ロウカ・・・(・・・・老化!!)」 苦笑

先生「まれに網膜剥離などの病気が潜んでる場合もありますが、
   あなたの場合は、問題ないです!
   目の細胞も97%なので、むしろいい目をしてますよ~!」 笑

その後、「あなたは、いい目をしてる」をやたらと繰り返していたけれど、
「老化」の言葉にショック状態の私には慰めにしか聞こえない。

その後、看護婦さんが今後の症状の変化について説明してくれたのだが、
カルテをみるなり、

看護婦さん「あら40なの~。これから老化現象がでてくるのよね~」

私「(また老化・・・しかも40を強調してるし・・・)」

看護婦さん「(私がややショックを受けてるのを感じ取ったか)
      でも、先生がいい目をしてるって言ってたものね~。
      それに近視の人は、老眼になっても眼鏡を外せば見えるから得よね~。」

私「・・・・・(老眼・・・・)」

ダメ出しなのか、フォローなのかよくわからない説明が終わって説明終了。
全体的に親切丁寧で、スムーズな診察だったからよかった。
けど、単純に40と言う己の現実にぐさりときた出来事だった。

診察後、旦那にメールしたら、
「よかったね。そうゆうこと(老化)よくあるよ~(^-^)」という返信。
なんだか嬉しそうに見えるのは、自分の心の狭さか。

ま、病気がなくて何よりなんだけどね・・・・はぁ。

家に帰って気づいたけど、そもそもこの症状に
何かちゃんとした病名があったのだろうか?
「老化」という言葉でそれ以上詳しく聞くのを忘れたのであった。


さて。
ずっと放置してた楽天ブログの方をリニューアル完了。
それまでの日記はそのままにして、トップページを変更。
今後は映画、本のレビューを中心に書いていこうかなぁと。
早速、最近見た「ヒックとドラゴン」の感想など書いてみました。↓

 ☆楽天ブログ 「 poco a poco (ポコアポコ)

どちらもよろしくです。





3作目 帽子作成開始
そろそろ大丈夫かなぁと思って、
掛け布団を片付け、タオルケットだけにしたら
今朝は寒くて目が覚めた。やっぱりまだもう一枚必要だ。

さて、編み物。
靴下2足が終わり、次はどうするか。
北海道も夏シーズン、さすがに手が暑い。
ということで毛糸は少しお休みして、
エコアンダリアで帽子を作ることにした。

201207101

次の教室でスタートしようかと思ったけど、
かぎ針も基本的なことはできるので、ついつい編み始める。

201207102

毛糸と違う編み心地にやや戸惑い。
けれど棒針続きだったので、新鮮で楽しい。

しかも今回かぎ針を新調した。
今まで100均のを使っていたのだが、これからかぎ針編みも
教室でもっと色々編むことになるかもしれないし、
大切に一生使うつもりで(おおげさか)、少ないお小遣いながら、
今回ばかりは、長く使える良いものを買おうと思い、
以前から気になっていたクロバーのペンEタイプのセットを購入。
今は編みやすいかぎ針にカラフルでおしゃ~れなものもあるけど、
使用感重視だとこれが一番よさそうだった。

100均で買ったかぎ針は、編み物道具にごちゃごちゃ入れていたのと違い、
使うたびに袋から出し、使ったら袋に戻す。丁寧な扱い。
持ちやすくて軽くて編みやすい。
しかも折りたためば、機能的でコンパクト。教室へも持っていきやすい。
あぁ、買ってよかった。しみじみ。
なんだか宝物が一つ増えた感じ。

ちなみにペンEセットにはかぎ針とレース針の両タイプのセットがある。
レース針もそのうち欲しくなりそう。

【参考】☆[楽天市場] クロバーかぎ針ペンEセット 検索一覧 ☆

今回のエコアンダリアは5号~7号針サイズと書いてあったが、
編む帽子の指定針は7号だったので、7号使用。
わたくし、2号から10号まで揃っておりますので、どれでもOKですのよ。
おほほほほ。

編んでたらなんだか思いのほか、短期間でできそうな感じ。
あ、また次に編む作品決めなきゃいかんかも。

ちなみに図書館で借りた本。今回もかわいいのがたくさんでした。



毛糸は暑いと言いつつ、スヌード編んでもいいかもと思案中。
下の本はもう絶版になってて在庫が見当たらないんだけど、
複雑な編みこみで柄がめちゃかわいい。復刻版出してくれないかなぁ。
編みこみも練習したいから、いつかこの本からもどれか編みたい。

【送料無料】北欧のニットこものたち

【送料無料】北欧のニットこものたち
価格:1,260円(税込、送料別)



編み物してる時はとても機嫌がいいので、
最近旦那からよく「ご機嫌だな」と言われる。

まさに新しいかぎ針編みのセットを眺めてニタニタしている時だ。
相棒よ、これから長い付き合いになろうぞ。
(注意:実際にかぎ針に話しかけたりしませんのでご安心ください。)




2作目 靴下完成
一昨日、昨日と雨の日々はさすがの札幌も湿度が高くじめじめ。
風呂上りに今年初の扇風機を投入。
今朝は時間が経つにつれて太陽が顔を出し、
部屋の中の湿気も次第に乾いていき、午後にはまぶしいくらいの日差し。
やっと普段のさらっとした空気に完全復活。おしっ。

さてさて。2足目の靴下が完成。
今回は1ヶ月ぐらいかかってしまった。
文章だけの説明書から他の方のブログを参考にして編んだので
編み図がなく、自分で編み図を作った。
最初、説明書の小さい方のサイズで編んでいったら
思いのほか、ふくらはぎがパンパン。こりゃだめだ。

サイズを変更して編みなおして、編み図の数字を書き直さずに
頭の中で変換して編んでたら、気づくと要所要所で
小さい方のサイズで編んでるところがあって、はたと気づく。
結局ほどいてほどいて・・・はい、やり直しってことに。

これはいかんと、編み図をきちんと大きなサイズに作り変えて、
編み図通りに編んで行ったら、その後はスムーズに進んだ。
つくづくちゃんとした編み図って大事だなと実感。

教室で洋服を編んでる人が、自分サイズに製図しなおしているのを
見てて、柄編みだったりすると製図に結構時間がかかっている。
編む技術も必要だけど、製図って結構な割合で
編み物のできを左右するんだなと初めて気づいた。
他の方の編んでる様子もなにかと勉強になる。

そんなこんなで2足目は1ヶ月もかかった訳で。
2足目の今回は、踵は自分で編めたけど、つま先のメリヤスはぎは忘れてた~。
先生にもっかい聞いて再確認。たぶん次は自分だけで編めそう。

最後の仕事は先生も驚いていた糸始末。

2012070601

うじゃ~と出てる糸をせっせと始末して・・・うりゃ。

2012070602

で、完成~。

2012070603

履くとこう。

2012070604

つま先がちょっとカクッとなってるけど、ま、よかろ。
教室の他の生徒さんから「かわいくできたね~」となかなかいい反応。
へへへ。自分で作ったものを褒められると単純に嬉しい。

やっと終わった~という安堵感と、
一方で、終わってしまったというさみしさがあり、きっとこの感じが
次の作品、次の作品へとモチベーションを繋げていくんだろうなと
編み物好きな人の気持ちがちょっとわかったようなそんな感じ。

教室の他の生徒さんはほとんどが洋服を編んでいるので、
先生も「RaRa。さんも靴下以外の他のもの編んでみたら~」と言ってくれるが、
まだ洋服にはちょっと手が出ない・・・・。
けれど、さすがに毛糸を編んでるのが暑くなってきたことも事実。

どうしよう・・・・と悩んでいたら教室にかわいい帽子が見本で置いてあった。
で、3作目はエコ アンダリアで帽子をかぎ針で作ることに決定!

一方で家では、念願のopalをぼちぼち編み始めようかと。
糸はもうずいぶん前に買ってある。

2012070605

2012070606

いざ編み始めるとなると、やや緊張。なんの緊張なんだか。


*************************************

 (作品 覚書) 002 靴下

 毛糸:ベルクリヤーン カトレア(ウール50%ナイロン50%) 50g 各色1玉 
 色番:216(ベージュ)/ 291(マスタード)/ 284(グリーン)/ 284(ブルー)/ 264(パープル)
 棒針:2号(20cm)、5本針 
 その他:1本どりで作成





  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ