スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5作目はスヌードを編む
残暑残暑と思っていたら、急に寒くなってきた。

ここ1週間くらい暑いような寒いような身体がぼんやりしてて、
そんな時には頭もぼんやり。集中力がなかった。
数日ジム行ったり、自転車乗ったりしてたら、頭もすっきり。
やっぱり身体動かすと思考も働くようになる!
こんな時期は、体調管理に気をつけなければ。

ジムと言えば。身長体重体脂肪など、乗れば全て測ってくれる測定機で
トレーニング前に毎回乗って測っているのだが、今回身長が165.1センチ!

自称165cmを通していたのだが、ここ数年164.5~164.7センチ止まりで
若干身長詐称だった。それが、ちゃんと165.1cm!やほう。
これで堂々と「165cmです!」と言えるではないか。
あと数ミリが後ろめたかったここ数年・・・・。
これからも背筋を伸ばして165cm維持だ。

さて、編み物教室5作目もちゃくちゃくと編み進んでおります。
今回はスヌードを作成中。
糸は、ハマナカソノモノアルパカウール(並太)で、
本に掲載されている指定糸を使用。

ちなみに本はこれ。



靴下→靴下→帽子→バッグと来て、
そろそろ洋服を編んでみたいとも思ったけれど、
どうやら私は手がきついらしく、毎回ゲージが予定よりも小さくなり
出来上がり寸法が本の通りにならないことに気づいた。

それで、今回はゲージ通りに、しかも模様編みなので、
模様を均一に編む練習としてスヌードを選択。
今のところ、ゲージ通りのサイズで進んでいてめちゃ順調♫
模様編みがゲージ通り編めれば、ニットの成功も近いのではなかろうか。
編み始めて2週間で完成260段のうち160段まで来た。

2012092501

ただし、この糸が毛がつくことと言ったら。
編み終わって片付けようとすると、
猫か犬でも飼っているんじゃないかというくらい
洋服やらあちこちに毛が付きまくるので、
編み物と一緒にコロコロを用意しなくてはならない・・・泣

毛糸は色とか肌触りとかは考えていたけど、
毛がつくことをすっかり忘れていた。
毛糸の説明書きには「毛がめちゃくちゃ付きます!」なんて書いてないもんなぁ。
実際にやってみて気付くことは多いものだ。

まぁ、今後の糸選びの参考になった。これがセーターじゃなくて良かった。
それにしても糸の色が白っぽいので、
黒い洋服の上に重ねて付けるのは、かなり厳しいだろうなぁ。
ネットで「糸をつかないようにする」~風な感じで検索中だけれど、
今のところまだ解決策は見当たらず。

とりあえず、編み編み、コロコロ、編み編み、コロコロしながら仕上げることにしよう。

先日いつものエーデルワイスファームカフェにランチに行ったら、
こちらも秋の景色で、花はところどころしか咲いてなかったけれど、
そんな中にも、ちらほらかわいい花達がいた。

雪で埋もれてしまうまで、花を楽しめるのも後少しかな。

2012092502

2012092503



[関連記事]

 ・4作目 エコアンダリアでマルシェバッグ
 ・3作目 エコアンダリア帽子 完成
 ・3作目 帽子作成開始
 ・2作目 靴下完成
 ・2作目 靴下 開始
 ・初靴下 完成
 ・編物教室 No.1靴下






スポンサーサイト
恐れるべきものは恐怖そのもの
今朝は窓を開けると空気が寒くて、しばらくしたら閉めちゃいました。
秋の気配確実。
さて、なんとも唐突な題名ですが。
先日いつもBSで見ているカリスマドッグトレーナーのシーザーミランが
犬恐怖症の人を克服させる回の最後に言った言葉なんですが。

ことわざっぽかったので、調べたら有名な言葉だった。
相変わらず無知な私。
1929年世界大恐慌時代のアメリカで、
当時のフランクリン・ルーズベルト大統領が
国民に向かって言った言葉なんだそうな。へぇ、なるほど。

ちなみカリスマドッグトレーナー。
シーザーミランが、毎回やっかいな飼い犬を見事にしつけなおすんだけど、
毎度毎度出てくる犬のダメっぷりやら、最後にはおりこうさんになっている
このビフォーアフターぶりが楽しくてみてる番組。
それで、話は戻って。

「恐れるべきものは恐怖そのもの」って言葉。

「恐怖そのもの」って、=自分の中にある怖いイメージや記憶に対する恐怖「心」かと。

小さいころから怖いものって沢山あるんだけど、
結構大人になるまで怖くて、気づいたら克服してたものが、着ぐるみの人。
イベントだったり、某テーマパークとか、私には最悪だった。
なんでかわからないけど、見ただけで恐怖心がすごかった。
記憶にないけど、小さいころになんか怖かったのかな。
ふと冷静になって考えたら、あんなもの危害を加えるわけでもなく、
なにも怖いはずはない。まさに恐怖「心」だけが私の中にあった典型かと。

大人になって怖くなったものは、夜の外出。
ひったくりなのか痴漢なのか(気づいて対処して無事)に遭ってしまい、
それ以来、無意識に恐怖「心」が芽生える。
だから外が暗くなったら、一人で外出はいまだにほとんどしないけど、
数年前に比べたらかなり大丈夫になった。
ひどい時は、夜=恐怖ってぐらい、外が暗くなると家の中でも怖かった。
夜そのものが怖い訳じゃないんだよねぇ~。自分の恐怖心が怖いのかと。
でもでも、ひったくりや痴漢は、自分は絶対大丈夫ってことはないので、
女性の夜の一人歩きは本当に本当に注意が必要。
気をつけるに越したことはない!

で。
シーザーミランは、子供のころに犬に噛まれてトラウマを抱えたおじさんの
犬恐怖症を見事取り去って解決する。
「怖いのは目の前の犬じゃない、あなたの記憶にある恐怖心だけだ」って。

ルーズベルトは国民を鎮めるために言った言葉だけど、
実際は、「恐れるもの」は「恐怖心そのもの」だけじゃない。
本当に恐れないといけないものもある。
それで私が思ったのが、怖いものに対してきちんと対策が必要なものと、
単に自分の過去の経験から恐怖心だけのものは分けたほうがいいんだと。

たとえば、地震。
怖いけど、東日本大震災の記憶からの恐怖「心」と地震を怖がるのは別のこと。
地震を怖がるなら事前にできる対策をする必要がある。
そうすれば漠然と怖いということは少し解消される。
実際にまた地震がきたらもちろん怖いけど。

他にも色々あると思うけど、やっかいなのがやっぱり放射能。
匂いもなく、目にも見えず、大量被ばくでないかぎり、
すぐには顕著な異変を感じることができない。じわじわ身体を蝕んでいく。
それも、一般的な誰でもなるような病名で現れる。

だから放射能の影響をないことにしたい人達にとっては、「安全神話」を掲げやすい。
放射能のせいにしたら大損する人達が世の中には思ったよりたくさんいるらしい。
放射能は医療で検査などに使われているじゃないかとか言うけど、
日本は医療被ばくが他国に比べて多いらしい。
医療被ばくと言えど、やはり被ばくは被ばく。
しっかり生涯被ばく量を記録、管理していこうという国もあるそうだ。
原発事故が起こってみて、本来本当に必要な検査で使うことが
望ましいんじゃないかと最近の私は思ってる。

だから、「早期発見は健康のため」という医療説にまんまと踊らされ
20代後半から熱心に人間ドックを毎年受け、
せっせっと医療被ばくしていたのはなんだったんだと
原発事故後しばし思っていたが、事故が起こってしまった今、
結局自分のこれからの身体の変化を知る為にも、
人間ドックをうけることになってしまうという、あきれた矛盾。
これも一種の「病気になるかも」という恐怖「心」のなせる愚かさか。

遺伝子を傷つけられることに対処できる人間はいない。
遺伝子は受け継がれていくもの。
その遺伝子が傷ついたまま、繰り返されていく。
そのリスクは、今の自分の生涯が何かの病気で終わるだけのことではないと思う。
きっともっと重大な問題。
だから放射能は安全ではないし、対策が必要な方の恐怖だと思う。

あ。話が飛んでさらに長くなるけど・・・。
漫画の「宇宙兄弟」(超面白いのだ)で、弟がパニック障害を患ってしまうんだけど、
まさに恐怖「心」の方の恐怖の例だな。
そんな弟に兄が、自分を客観的な視点で見るようにというアドバイスをする。
確かに恐怖「心」には、適切な方法だなと漫画ながら激しく共感したシーン。
しかも超ウケる場面。おすすめ漫画。

それで。
「本当に恐れるべきものには事前の対処を、恐怖「心」には客観的視点を」
ルーズベルトさん、今の私ならそう思うよ。

久々に長々と書いてしまった。
お詫びに、最後はおだやかな風景をどうぞ。
モエレ沼公園にて。





201209モエレ沼2

201209モエレ沼1





4作目 エコアンダリアでマルシェバッグ
4作目のバッグ。完成まで約1ヶ月でした。
図案は、こちらの本↓23ページの作品より。




今回はやり直し1回だけ。奇跡的!
本の作品はブルーの1色で編んであったのを、ツートンにしようと思い、
全体の下約3分の1を黒にして他をグリーンに。

私の手がきつかったらしく、出来上がりは本のサイズより
縦横ともに6センチほど小さくなっちゃったので、
出来上がり段数にそのままの目数で6段編み増しして
高さは本のサイズ通りに合わせた。

それでできたのがこちら。

2012090601

もう夏も終わっちゃうから、活躍するのは来夏かな。
さて、次の5作目はスヌードの予定。

編む作品は、こちらの本から↓





そろそろ秋冬物作りですなぁ。


[関連記事]

 ・3作目 エコアンダリア帽子 完成
 ・3作目 帽子作成開始
 ・2作目 靴下完成
 ・2作目 靴下 開始
 ・初靴下 完成
 ・編物教室 No.1靴下

 

*************************************

 (作品 覚書) 002 エコアンダリア 帽子

 毛糸:ハマナカ エコアンダリア 40g玉巻き レーヨン100% 
 色番:30番 ブラック、68番 レトロカラーグリーン
 かぎ針:6号



洞爺湖&ニセコ  2泊3日 後編
8月下旬、2泊3日洞爺湖&ニセコ旅の続き。
1日目は、ランチを挟んで洞爺湖を半周サイクリング後、仲洞爺湖キャンプ場で1泊。
朝もやの洞爺湖もすがすがしい。

2012090222


のんびりと片づけを済ませ、のんびりとニセコへ向けて出発。
今日は雲がかかってて羊蹄山が見えなくて残念。
留寿都方面からみる羊蹄山も好きなんだけどな~。

お昼前、ニセコに到着しランチ。

「いし豆」

2012090225

2012090223

2012090224

初訪問のお店。お蕎麦の量がたっぷり。とりごぼう蕎麦にしたので、
つゆが温かかったので、次はざるにしてみようかな。おいしかった。
そして締めの蕎麦湯はすごいとろみで、蕎麦湯好きな旦那は
かなりお気に入りのお店になったよう。

満腹になったところで、本日のキャンプ場へ。

「ニセコ野営場」

2012090226

2012090228

2012090227

2012090229


羊蹄山は見えないけど、このキャンプ場からはアンヌプリがよく見える。
テントの準備が終わったら、お隣の温泉へ。
昼間で誰もいない。貸切温泉。

「ニセコ五色温泉」

2012090230

2012090231

2012090232

このキャンプ場は山の上にあるからか、夕方から翌朝まで
霧なのか雲の中なのか、とにかくテントの外側が
びしょびしょになるほどのすごい湿気。

前日は月明かりが綺麗だった夜も、この日は雲の中にいるみたいに
視界が悪く、風も強かったので寒くて外でのんびりすることもなく、
テントに入り、さっさと寝袋で就寝。

翌朝テントを畳んでいたら、あちこちに虫やでかい蜘蛛がついてる。
やはり山の中のキャンプ場は何かと野性的だ。

テントを片付けたら、朝風呂。
前日入った五色温泉に朝からまた入湯。
髪の毛ぼさぼさだったからどうしようかと思ってたけど、
のんびり化粧&セットができて良かった。
夏季は8時から温泉開いてます。
朝も誰もいない温泉。またもや貸切でした。

さて、温泉入ってのんびり休憩した後、
そろそろお昼を食べようとニセコの街に降りると曇ってはいるが、霧はない。
やっぱりあのキャンプ場が雲の中だったようだ。
お昼は 何度も来たことがある高橋牧場のバイキングレストラン。

「PRATIVO(プラティーボ)」

2012090233

2012090234

お天気だと羊蹄山を見るビューポイントなんだけど、
あいにく雲りでこんな感じ。すっきり晴れたところが見たいっ。

さて、料理。
メインを選んで、それ以外はバイキング。
料理がくるまでバイキングで好きなものをチョイス。
隣の若き女子二人組が美味しい美味しいとハイテンションで
何度もお代りに席を立っている。さすが若人よ!
私は一皿で十分な40歳だよ。
相変わらずどれもシンプルな味付けで素材が生かされてて美味しい。

2012090235

食べてる途中でメインもやってきた。
私は茄子とモッツァレラチーズのトマトソースパスタ
旦那はトラウトサーモンのポワレ
最後はデザートで締め。
お天気だと室内からの眺めもいいんだけどね。

2012090236

2012090237

2012090238

2012090239

夏に来たのは初めてだったけど、やっぱり人気ある。
開店後あっという間に席がどんどん埋まっていった。
外に出ると、冬季には雪に埋まっていた場所がこじんまりとしたガーデンになってた。

2012090240

2012090241

2012090242


満腹満腹。帰り道、ニセコビュープラザに向かう途中、
ニセコ大橋付近になると道のあちこちに、
ハロウィンに使われるオレンジのかぼちゃがあちこちに置いてある。
ニセコに何度も来てるけど、初めて見た。
ニセコビュープラザに着くと、さっきのかぼちゃがここにも。

2012090243

2012090244

野菜を買い込んで札幌へ。
無事、自宅到着。
早速買ってきたトウモロコシを湯でる。
今年は、恵み、恵みゴールドを食べたけど、
今回買ったのはサニーショコラ。甘くて、実はやわらかい。

2012090245

2012090246

北海道に来てから、いろんな種類のトウモロコシが朝もぎで売ってるので、
この時期はよく食べる。かなり大きなサイズなのに、1本80円だった。安いよな~。

残暑はあとどれくらいだろうか。
秋が来たらすぐ冬になってしまう北海道。
ぎりぎり夏の味わえるこのタイミングの洞爺湖&ニセコ旅。楽しかった。


 [関連記事]

 ・洞爺湖&ニセコ  2泊3日 前編
 ・2012 ニセコ ランチ編 [2012/03/29up]
 ・2012 ニセコ 雪山編 [2012/03/28up]
 

 
**********************************

 いし豆
 北海道虻田郡真狩村字社206-8  0136-45-3691
 
 ニセコ野営場
 (HP)ニセコ町 http://www.town.niseko.lg.jp/kanko/park/

 ニセコ五色温泉
 大浴場の女湯は外の展望所みたいな場所から見えちゃうので、私は今回は
 からまつの湯を利用。大浴場より新しく、人目も気にならないので、のんびり入れた。
 (HP)ニセコ五色温泉 http://goshiki-onsen.com/

 PRATIVO(プラティーボ)
 (HP)プラティーボ http://www.milk-kobo.com/prativo/

 ニセコビュープラザ
 (HP)道の駅ニセコビュープラザ直売所 http://vpla.snow.ne.jp/transinfo/modules/portal/portal.php



※ブログの内容は、2012年8月末の情報です。情報が異なっている場合もありますので、
  詳しい内容は、現在の情報をご確認ください。





洞爺湖&ニセコ  2泊3日 前編
8月下旬、2泊3日で洞爺湖&ニセコに行ってきました。
今回も自転車積んで、テントを持ってGO。

今回の旅の参考にしたのがいつものこちらの本。



洞爺湖は何度もその横道を通っていたのに、
一度も訪れたことがなかった場所。
本を見て洞爺湖の回りがサイクリングできることを知り、
これは行ってみたい!と今回の目的地に決定。

札幌を朝出発し、中山峠を通って2時間後。洞爺湖の水の駅へ到着。
車を降りて建物の奥へ行くと、洞爺湖登場。

2012090201

2012090202

自転車を組み立てて、水の駅横の道を出発。
道は公園を抜けるだけで、すぐに車道に合流。
車通りの少ない道なので、のんびりと車道をサイクリング開始。

2012090205

2012090206

2012090207

2012090209

2012090208

湖の水が透明でなんとも綺麗。
10キロほど走ると230号線に合流。
大きな道で車も多い。歩道があって一安心。

しばらく行くと歩道がなくなって、車道も狭く、車、トラックがんがん。
危ない・・・・と思ったら、湖畔沿いの遊歩道&自転車道を発見。
湖畔通りというらしい。そっちの道へ入る。


20120902010

20120902011

左側の石ごろごろの道が歩道、右側の白い道が自転車。
でも、この石ごろごろの歩道はベビーカーとか車いすとかが大変そう。
だから、歩きやすい自転車道の方を歩いている人が多いので、気をつけてゆっくり走る。
湖畔の奥に雲がかかった羊蹄山が見えてる。
ここからも羊蹄山が見えるんだなぁ。
歩道がもっと歩きやすく、自転車も走りやすい道になったら、
もっと快適な遊歩道だろうなぁ。

20120902012

2012090213

湖畔通りを抜け、230号線沿いの歩道を走り、
洞爺湖温泉街を抜けてしばらく行くと、目的地のカフェに到着。
水の駅出発から1時間20分。距離16キロちょっと。

「Cafe Jalibu (カフェ ジャリブ)」

2012090217

2012090216

レトロな雰囲気の店内で、ランチを頂く。
私はジャークチキンのワンプレートランチ、旦那はジャークチキンバーガー。
チキンは柔らかくてスパイシーで美味しかった。

2012090215

2012090214

さて、ここからまた水の駅へ同じ道を戻る。
帰り路、行きに気づかなかった有名なオブジェを発見。

2012090218

ジャリブ出発から1時間後、水の駅へ到着。
汗だく、疲労困憊。もう、へとへとだ。
自転車を片付けて、今日の宿泊地のキャンプ場へ移動。

「仲洞爺キャンプ場」

2012090219

2012090220

2012090221

テントを張って、準備が終わったら、湖畔に椅子を置いてしばし休憩。
餌をやる人がいるのか、2羽の白鳥が近づいてくる。
仲よさそうなのでカップル白鳥かな。

ハイシーズンには混雑していたらしいが、
夏休みが終わった北海道の今の時期は人もまばら。

それにしても、今日一日いいお天気だった。
湖畔は静かで穏やか。
一日の終わりがこんな素敵な夕焼け。
そして、日が暮れるとこんどはぽっかりとお月さまもでてきた。
湖面に映る月明かり。

虫やテント泊は未だに慣れなくて苦手なアウトドアだけど、
こんな景色をゆっくり見れるのは、やっぱりアウトドアならでは。
幸せな一時に感謝。

明日はニセコへ移動だ。
では続きはまた。


**********************************

 洞爺湖 周辺の見どころ
 (HP)支笏洞爺国立公園 洞爺湖ビジターセンター http://www.toyako-vc.jp/midokoro04.php/

 洞爺まちづくり観光協会
 (HP)水の駅 http://toya-kanko.jp/shisetsu/

 洞爺湖観光情報
 (HP)公園情報 http://www.town.toyako.hokkaido.jp/01_kanko/09_park.jsp

 Cafe Jalibu (カフェ ジャリブ)
 有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉74  0142-73-3005
 営業時間 11:30~8時とか9時とか 定休日 毎週木曜+不定休
 (HP)小道具雑貨・喫茶 ジャリブ http://cafejalibu.exblog.jp/

 仲洞爺キャンプ場
 (HP)仲洞爺キャンプ場 http://www.town.sobetsu.lg.jp/kanko/outdoor/naka_toya/naka_toya.html

 来夢人(きむんど)の家
 仲洞爺キャンプ場に隣接。
 (HP)来夢人(きむんど)の家 http://www.town.sobetsu.lg.jp/kanko/onsen/kimund_ie/kimund_ie.html


 ※ブログの内容は、2012年8月末の情報です。情報が異なっている場合もありますので、
  詳しい内容は、現在の情報をご確認ください。







  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。