家族
昨日から今日にかけて外は大荒れだった札幌。
朝出勤する旦那のことが心配になるほどの雪、風だったが、
旦那は無事に職場へ着き、午後には少し穏やかになった。

私は、昨夜突然腹痛に襲われトイレに急行。
沖縄からの食べ過ぎか、疲れがたまっていたのか、
はたまたどこぞで流行りの風邪をもらったか…
ベッドに戻りお腹を抱えて横になって考える。

いつもはどうしたらいいかわからず、
とりあえず黙って見てる旦那だが、
さすがに対処策を覚えてくれたようだ。

私が胃腸を悪くする時は湯たんぽでお腹を温め、
お白湯を少しずつ飲む。ウィルス性の腸炎とかではない限り、
たいていはこれで痛みが和らぐことが多い。

うずくまってる私に
「湯たんぽとお白湯持ってくるから寝てていいよ。」と
準備を始める。
お湯を沸かすのにも立ち上がれない腹痛だったので、本当に助かった。
「明日の朝まだ具合が悪かったら、朝食もお弁当もいらないからね。」
と、湯たんぽとお白湯を置いて行く。
すっかり頼りになる旦那になったのね。旦那に感謝。

案の定1時間ぐらいしたら痛みが治まってきた。
今朝は普通に起きれたので、いつも通り準備をして旦那を送り出す。
さすがに調子は悪いので食べる物を控え、
家からは一歩も出ずに湯たんぽ抱えて休む。
痛みはないけど、湯たんぽ当てると気分が和らぐ。
なので外の景色をほとんど見てないので、
外の状況がわからず、夕方ニュースでみてびっくり。
あちこちすごい吹雪で大変なことに。

ゆっくりしていたので久しぶりに母に電話してみる。
母は元気な様子だったが、
祖母の認知症がひどくなっていて少し参っていた。
祖母は施設にいるので、昼間に母が施設に通って様子を見ている。

被害妄想が激しいようで、
お金を娘達に取られたのでお金がなくて困っているとか、
私の母に駅に置き去りにされたので駅で野宿したとか。
とにかく娘達にいかにひどいことをされているか、という話を
施設の他の入居者さんやスタッフに泣いたり怒鳴ったりして
話すそうだ。「この子が!この子が!」と。

祖母はすでに一人では歩けないし、
施設からの外出は施設の車でスタッフと一緒の時か、
親族が集まって祖母をお昼ご飯を食べに連れて行く時ぐらいだ。
お金も数年前から手元にあっても自分のお金じゃないと
部屋中にばらまくので、ある程度施設に預けていて、
残りは母達が必要な時に渡している。
だから全て完全な妄想の中。

祖母の様子を見に通っている母としては、
行くたびに怒鳴られなじられて少し疲れているようだった。
母が精神的に参って寝込んでしまっては大変なので、
適度に気分転換をして、行かなきゃという強い責任感は持たずに、
認知症の祖母を聞き流せるくらいの余裕を持って行くように、
そのためには少し休んでもいいんだよ、とせめてものアドバイス。
祖母の施設のスタッフさんからも同じように言われたそうだ。
他人はなんとかなるけど、本当にしんどいのは家族ですから。と。

被害妄想の認知症状について調べた。
ある目をとめた言葉があった、
「若い頃頼り甲斐があってしっかりした人ほど、
認知症になると被害妄想が出て攻撃的になる。」と。

祖母はずっと一人で生きてきた。
強く頑固で意固地で面倒見がよい。

92歳でいよいよ誰かに頼らなければならない時に施設にいる。
大好きな自宅にも住めないし、一緒に住む家族もいない。
いつか誰か子供達が戻ってきてくれると心の中では
期待していた分、裏切られ見捨てられた気がするのだろうか。

子供や孫達も祖母のために自分のできる範囲のことは
みんな気にかけてやってはいるが、祖母の期待には程遠いはずだ。
もともとどちらかと言えば温厚ではなく、
攻撃的な性格だったので祖母の主治医からは、
認知症になると自制心が効かず素のままになるんですよ。
と、母は言われたそうだ。

私が会いに行くとどちらかと言うとぼんやりとして、
その時の症状でコロコロ変わるのだが、
攻撃的になるより甘えた感じになる。

どうやら娘達にだけ辛く当たり散らすようだ。
それも認知症の症状らしいが。

みんな子供の頃に祖母に世話になった。
けれど大きくなると自分に家族ができ祖母の世話だけをすることが
難しいのが実情だ。しかも認知症はかなり進行している。
認知症がただの物忘れだったらみんな受け入れられるが、
攻撃的で被害妄想はお互いにしんどい。

旦那が湯たんぽを用意してくれて安心できたように
認知症の祖母にも大丈夫だよと安心できる何かを
渡すことができたらいいのに、と母の電話を切って考えた。









【Cocoonist/コクーニスト公式通販】おしゃれでかわいいアイテム♪

収納用品のアイリスプラザ

年会費永年無料の楽天カード


やる気
やる気と言っても私のやる気ではなく旦那の方。

少し前から欲しくなった商品があったようで、
最初は、こんなのがあるんだよーと商品紹介の第1段階。
私は、へぇそうなんだ…と相槌を打つ。

数日すると今度は、この商品って
すごく美味しくパンが焼けるんだよーと商品説明に入る。
第2段階。
クロワッサンもフランスパンもパリッと焼けるし、
ピザトーストも冷凍したパンもちゃんと中まで焼けるんだよー。
すごく美味しそうなんだよねー。
へぇ、すごいね。とまた相槌を返す。

さらに数日後、パソコンの画面を見せて、
なんで美味しく焼けるかという構造的説明に入り、
芸能人を例に出し、誰々さんもいいって言ってるんだよねー。
と、さらなるアピールポイントで押しまくる。
はい、第3段階。

まぁ、最初から欲しがってるのはわかってたし、
必要なら買ってもいいとは思ってたけど、
一時的な興味で買えるほど安くはなかったので、
一応確認の意味でしばらく様子を見ていた。

私も旦那の様子を見ながら、これは買ったら今よりも
朝食作りや自分で簡単な食事作りにやる気が出るかもしれないなと
判断。珈琲は淹れてくれるようになったが、
積極的に調理をしようという興味がほぼない旦那。

やる気を起こすためにもここはOK出そうと、
欲しかったら、誕生日だし買ってもいいよ。とGOサイン。

数日後、家に届いた。



▶︎バルミューダ オーブントースター

いやー、正直高い。
けれど、タバコも吸わず酒もたまにで、特に買い集めている物もなく、
ギャンブルなんて一切しないし、洋服も買わない旦那。
自分から調理に興味を持つ機会になるなら損はなかろう。

結果。
実際お休みの日の朝食のパン係に積極的参加。
お昼に自らパンを買って来て焼いてアツアツを出してくれて、
珈琲も淹れてくれて、洗い物まで全て旦那任せ。

使い始めの最初は焼きすぎて加減が把握できてなかったが、
最近は慣れてきて、外はパリッと中はふんわりで
噂通り美味しくパンがやけている。
私はトースターの実力に半信半疑だったが、
何度か食べているとやっぱり違うかもしれないと思ってきた。
買った甲斐があったってもんだ。

実際焼いた方がパンが美味しくなっているので、
美味しいパンと珈琲をありがとう。と、毎回しつこく感謝する。

美味しく焼けたねー。
買って良かったねー。
私は幸せだー。

旦那はますますやる気なる。

ただし、私は一切触れない。
なぜなら使うたびに旦那は全ての部品を取り出して洗って乾かしている。
常にピカピカ。一枚でもパンを焼いたら使用後は洗う。
だから私の下手くそな掃除の仕方では我慢ならないので、
無言の触るなオーラが出ている。

まぁ、食事の用意して掃除までしてくれるのだから、
私が使えなくとも別に構わない。
実際、一人でお昼にパンを焼きたい時は、
うちの魚焼きグリルは水なしタイプなので
パンを焼くことができるからグリルを使う。

それに今までの経験からおそらく半年過ぎたら
旦那のピカピカ熱も少し冷める。
その頃から私も普通に使えるようになるだろうと読んでいる。

何よりせっかくのやる気を損なわず、
自分もできるんだと実感して継続することが大切だ。
高いか安いかは、このやる気の継続期間次第だ。

ピカピカのトースター君、くれぐれもがんばっておくれ。












🔹ポンパレモール

🔹フレッツ光の新規加入で最大68000円キャッシュバック!

🔹【シーラボ】エンリッチリフトセット0円でお試し!<送料無料>



お気に入りの洋食屋さん
今月は沖縄旅で出費がかさんだので、外食は控え目に。
こうなると写真見て、そろそろここ行きたいなぁ、
でもやっぱりここもいいよなぁー、
などといつか外食解禁になる日を楽しみに待つばかり。

久しぶりに洋食屋さんかな、
とお気に入りで何度も行ったお店を3軒ご紹介。


まずは、バスセンターやサッポロファクトリーに近い
「マーシュ亭」さん。

カレーが食べたくなったらマーシュ亭の海軍カレー。
旦那はいつもボリューミーなカツカレー。
どれも店主のこだわりが感じられるお料理が多いのだが
マーシュ亭のカレーは時々無性に食べたくなる味。
気取らないオーソドックスなカレーなんだけど、
マーシュ亭じゃなきゃ食べられない。

ごはんの量が多いので私はいつも少なめで注文。
何度も行ってるのに、出てきたらすぐ食べてるんだねー
探してもカレーの写真がない…。
唯一私がロースカツを注文して、
旦那がカレーで奥にカレーが写っている写真あり。



マーシュ亭さんのカツはサクサクに揚がってて、
本当に美味しい。
しかも分厚いのに柔らかいのだ。
他の料理も美味しいけど、
カレーが食べたくて食べたくて行くので
つい他のが注文できず。
お昼はすぐに満席になるのでご注意を。


食べログのマーシュ亭↓
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1045637/


お次は、地下鉄菊水駅近くのお店。
「ビストロ プティットレジョン」さん。

お店の方が本当に親切でとにかく居心地がいいお店。
お料理は前菜、サラダ、メイン、デザートの
どれも一つ一つが納得のお味。
初めて行った時一口スープをすすり美味しさに驚き。
サラダも程よい味付けに野菜のシャキシャキ感に旦那は感動。
普通の料理が技術でここまで美味しくなるんだねー。
写真はこの日肉が食べたかった私達夫婦の肉肉しいチョイス。





北海道にきて美味しいラム料理があるので、すっかり私もラム好きに。
美味しいお店って、付け合せのグリル野菜までぬかりなく旨い。
駐車場がないんで、通う頻度は多くはないけど、
美味しいものが食べたくなったら行くお店。
メインの煮込み料理やお腹いっぱいでも食べたい
デザートもどれも好き。


食べログのビストロプティットレジョン↓
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010301/1007338/


最後は、大通りのハンズ近くのお店。
「新洋食KAZU」さん。

記念日だったりお祝いの夜に利用するのが多いけど、
ランチはこの内容でこのお値段でいいんですかーってぐらいCP高い。

まずなんでも美味しいけど…夜ならラム系は外せない。
タタキに、グリル、ラムづくしでも全部美味しく食べられる。
後はグラタン。牡蠣の料理。牡蠣のグラタンなら尚最高。
後はランチにも通じるけどデミグラスソースの料理。
お肉にかかってても美味しいけど、
一番わかりやすいなぁーと思ったのが、オムライス。
優しい味なのにコクと旨みで料理をあっという間に完食させてしまう。
オムライスって普段あまり食べないけど
KAZUさんのは時々食べたくなる味。

…って、やっぱりオムライスの写真は見当たらず。
美味しい料理の前では一切待てができない私。
これはデミがかかってるKAZUさん風チキン南蛮。




これはある時のディナーコースの一部。





もちろんKAZUさんも付け合せの野菜一つ一つまで美味しい。
ちなみにデザートも盛り合わせなどはめちゃくちゃ美味しい。


食べログの新洋食KAZU↓
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1034594/


はぁー、こんど外食できる時はどこに行こうかなぁー。
と、大きめの独り言をつぶやいておく。
すると旦那がそろそろあそこに行こうか?と言ってくれる。

今回は出費が大きかったからすぐにはOKでないだろうけど、
コツコツ刷り込みでつぶやいておくことにしよう。
想像するだけで楽し。



過去
今朝嫌な夢を見てドキドキして目が覚めた。
大きな地震が来る夢。
震災後しばらくはよく見てたけど、
久しぶりにすごくリアルで身体が強張って緊張で目覚めた。

夢かどうか分からなかったので、
起きてすぐは放心状態だったが、
いつもと変わらない寝室の様子にホッとした。

さて。
最近「過去というもの」について考えた。
今が過ぎれば数分前も過去。
若気のいたりで酔いつぶれて迷惑をかけたことは
申し訳なくてなかったことにしたい嫌な過去。

転職して世間知らず、技術なしの私が失敗ばかりで
これでもかって上司から怒られたことも恥ずかしい過去。

失敗したこと、恥をかいたこと、
悲しかったこと、つらかったこと。
どれも忘れたいぐらいだけど、
不思議とふとした時に思い出す過去。
起こってしまったことは消すこともなかったことにもできない。

一方で、それを一つの経験ととらえると、
見方が変わることもある。
私は本来飽きっぽい性格で若い頃から
色々途中で諦めてしまったことの方が多い。

だから、特に結婚後30代になって始めたことは
最低10年、それが出来たらさらに10年と
とにかく10年を1単位に考えて続けようと思った。

一生懸命取り組む時もあれば、
興味が薄れる時があってもとにかく続ける。
もう、いいやーと、終わらせてしまうことは意外と簡単だ。
終わらせないことの方が私には難しい。

そうして過ごしてみると、
とりあえず努力してきたことが未来の成功につながるとは言えないが、
その努力してきたことが確実に過去に存在する。

過去を消せないように、過去に戻って努力したり
経験したりすることはできない。
今できる努力は過去になった時にちゃんと存在する。

これまであった自分の辛かったことも、
過去の出来事になった途端、乗り越えられた自分に気づく。
さらに言えば自分に起こった辛かったことを
気のおける友と笑い話に出来たらそれが私は一番いい。
不思議と気分がすごく楽になれる。

そう言う意味では話の次元がそもそも違うし、
どれだけ時間がたっても面白おかしく話すことはできないが、
震災のことは文章には書けても誰かと話し合う気にはなれない。
誰かの愛する家族が亡くなったこと。
その瞬間にあの場所にいたことの恐怖。
どれも自分の中で消化できない。

でも起こってしまったこと。
自分の中で抱えたまま一緒に過ごし、
時には夢でうなされるぐらいのことは
生きていたら仕方のないことだろう。

一方で私は比較的未来については
楽観的で楽しいことを想像するが、
時には大きな地震が来るんじゃないか、
病気の再発がないだろうかと不安がよぎることもある。

未来も過去も、そのことに自分の頭がしばられて、
今を過ごすことが一番やっかいだ。
今が過去になった時、いい過去や思い出であるように
やっぱり今を頑張らなくちゃと、奮起。

夕ごはん作りながらこんな取り留めもないことを
うだうだ考えている私です。
歳のせいだろうか…。
ま、性格だな。

明日がいい日でありますように。




沖縄土産と帽子完成
今朝の札幌はマイナス10度。
ゴミ捨てに行ったらさすがに寒かった。

夜、旦那が遅い帰りの時は駅まで車で迎えに行くのだが、
外はブラックアイスバーン状態だったらしく、
危ないから迎えに来なくていいとの連絡。
吹雪のホワイトアウト、
夜のブラックアイスバーン、
とにかく細心の注意が必要だ。

さて。
沖縄旅で買ってきたお土産。
結構喜ばれた物があったし、自分で食べたのも美味しかった。



雪塩黒糖。
黒糖ものは色々あって迷ったが、
小包装になってて塩入りにした。
黒糖の甘さにほんのり塩味が美味しかった。

塩チーズくっきー。
もともとチーズクッキーが好きなので、
きっと美味しいだろうと思って自分が食べたくて買った。
みんなにも美味しいとかなり好評だった。

塩黒糖とともにこの2つは県庁前のリウボウ地下1階の食品売り場で購入。
いわゆるお土産屋さんに売ってるかは不明。
ちなみにリウボウはお茶とか水が意外と安かった。
こんなちまちましたところで何気に節約したりする。

カカオ90ちんすこうショコラ。
大人向けのほろ苦い味がやみつき。
旦那が行く前から絶対買うと言っていたお菓子。
好き嫌いが分かれそうだなと思ったが、
大人のみんなには評判が良かった。
国際通りなら、わしたショップにあった。
あとは那覇空港にはANA側もJAL側も数軒置いてる店があった。



お土産も喜んでもらえたし、ファイターズの選手と握手した話も
思いっきり話せたし、はーあ、満足。

ついでに行き帰りの飛行機で編んでた帽子も出来上がった。



これは課題作で編んだけど結構かわいかった。
とじ針は沖縄に持って行かなかったので、
家に戻ってすぐにトップをとじて、
紐とボンボン付けたら完成。

棒針のノット模様が編んだことなかったので
初めて編んでみたけど、それ以外は簡単でした。
実質2日で出来たからね。

後は課題2つ。早く終わって自分の春セーター編みたい。
そのセーターも終わったら、タティングレースを編んでみようかと。
ちょっと興味がわいたので、今図書館で本を予約中。
なんでも編めるようになりたい。

まだまだ寒い札幌。編み物の季節真っ只中だ。



沖縄旅 うまいモノと宿 2016 続き
今日も吹雪の札幌。
外が寒いと家の中の暖かさが快適で家にいるのが楽しい。
はあ、快適だなぁーと伸びをすると、
旦那からは、北海道だろうが沖縄だろうが、
はたまた地上だろうが、空の上だろうが、
編み物してるといつでもどこでもご機嫌だし、
基本的にいつも快適そうにしてるから場所は関係ないよね。
と、笑われた。

たぶんそう。
お気づきか、旦那さん。

さて。
沖縄旅の続き。

書き忘れてたけど、2日目の昼。
名護球場で午前中の練習見た後だったので、
とりあえず球場から歩いて行ける沖縄そばの店へ。
「宮里そば」

券売機で券を買っておばちゃんに渡す。
ソーキそばと三枚肉そば。





お肉はどちらも甘辛な味付け。
久しぶりかと思ったけど、札幌でお気に入りの沖縄そばのお店が
あって時々行ってるから、思いの外久しぶり感がなかった。
普通に美味しかった。
食べたらすぐに球場に戻って午後の練習を観た。
近くて便利。


食べログの宮里そば↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470201/47000154/


2日目、3日目の宿は
本部町の「星のテラスもとぶ山里」



とにかくひたすら山を登ったところにあるホテルなので、
1日目の那覇と違い本当に静か。
ホテルに着く時はいつもキャンプ観戦後で、
疲れ果てて部屋の写真を撮り忘れた。

参考までにじゃらんの星のテラスもとぶ山里→


お部屋はジャグジー付きなので雨に濡れて冷えた身体には天国。
旦那はいつも10時ぐらいには寝るので、
私はいつものようにiPad miniを防水袋に入れて、
ジャグジーでゆっくりお風呂に入って海外ドラマ見てた。
Wi-Fiは言ったら貸してくれる。
朝食も美味しかった。

初日と2日目。





食材はなるべく本部町近郊の物を使っているそうで、
パンは近所にある八重岳ベーカリーの天然酵母の黒パン。アツアツで。
ソーセージやベーコンはアグー豚。
ジャムは自家製でりんごとタンカンのジャムだった。
どれも美味しくてお腹いっぱい。
お天気が良かったら星空や、朝日が大きな窓から楽しめただろうが、
あいにく雨や曇り。
2日目の朝だけちらりと朝日だった。



那覇の喧騒とのギャップに最初は静かすぎて落ち着かなかったけど、
慣れてくると自然だらけだし、静かさがほっとしてやみつきに。
よく寝れた。

初日の夜、偶然月に1度のライヴの日で、
沖縄民謡やオリジナルの唄をリラックスして楽しんだ。
少し前に記事のタイトルにしたチムドンドンという言葉は、
唄に出てきた言葉だったのだ。種明かし。
今回の沖縄旅に音の思い出が加わった。
素敵なサービスでした。


お次は。
旅行で言うと3日目の夜ごはん。星のテラス2日目の夜。
国頭で雨の中の紅白戦を観たので
くたくただったので、ホテルから歩いて行けるお店へ。
「花人逢」



こちらは予約不可。待つしかない。
ピザのお店。人気だとは聞いていたがすごい待ちの人だかり。
疲れて並ぶ気になれずテイクアウトにした。
待ってる間にお店の周りを見る。







いい眺めだけど、やっぱり曇り。

ピザを買ってホテルでオリオンビールを買って部屋で乾杯。
ビールがよく冷えててうまい!



どちらかと言うとアメリカンタイプのピザで、
食べ応えあるもちもちした生地。
出来立てといえど歩いて持って帰る時間あるし
アツアツの味がわからないが、私達がナポリタイプのピザが好きなので、
好みによるだろう。普通に美味しかった。
待ち時間少なくテイクアウトできるのもホテルが近いから。
みんな遠くから山を登ってきて並んで食べるから、ラッキーなことだ。

食べログの花人逢↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47000232/


そして、4日目の昼。
オープン戦だったので、本部町のホテルを出発し途中のパン屋で
お昼を調達しに立ち寄る。
「パンドカイト」



こちらも朝から混雑しててショーケースの写真を
お願いするタイミングなし。
どれも美味しそうだった。

野球見ながら食べたパン。



選手は目の前。




全粒粉のベーコンチーズエピと、ポテトのタルティーヌ。
どっちもパン生地に旨味があって美味しかった!
ここもまた来なくちゃ。

食べログのパンドカイト↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470201/47002576/


調べたお店は全部で30軒ぐらいはあったけど、
球場に足止めになるとどうしてもテイクアウト優先になったから、
今回行けなかったところはまたいつか。
まぁ、そんなに食べれる訳ないとは思ってたけどね。
と言うことで、沖縄旅で満喫したお店と宿であった。

今回はちゃんと続きを書き終えたぞー!
yeay♫




















沖縄旅 うまいモノと宿 2016
昨日の帰り道、まぶしいくらいのまんまるなお月様が出ていた。
今日は朝から吹雪。
こんな日は旅の後片付けをのんびりとする。

さて。
今回の沖縄旅で訪れた美味しいお店。
それと良かった宿。
忘れないうちにupしとこ。

まずは1日目の夜
那覇に宿泊。
行ったのはすでにブログにも書いた 「旬菜処 びいどろ」さん。



沖縄料理のお店で旬の沖縄の食材が楽しめた。
お店の方も気さくで親切。
前回書いた料理以外にも、
ソーキの燻製、もずくのぼろぼろじゅーしー、
アグー豚の豚トロ塩焼き、ジーマミ豆腐のアイスと
どれも美味しかった。全体的に一皿の量は
二人分でちょうどいいくらいなので、何種類も食べれちゃう。
日曜日に那覇に戻ってくる予定だったので、
再訪したかったがあいにく定休日。
那覇を訪れたらまた行きたいお店。
席数は少ないので予約が確実かも。

食べログの「旬菜処 びいどろ」↓
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47002122/


1日目の宿が那覇県庁前駅近くの「アルモントホテル那覇・県庁前

新しいホテルで綺麗でお部屋も広かった。







部屋とは別に男女それぞれ大浴場もある。
あと朝食が種類が結構あった。









タコライスを自分で作れるって沖縄ならではかも。
このホテルのパジャマがアロハ柄で私がそれを着たら、
沖縄限定キティみたいだと旦那が大爆笑。
普段黒、紺、グレーの無地しか着ないからかなり面白かったらしい。
写真撮らせてって言ったけど、ずっとネタにされそうだからお断り。
思い出し笑いは沖縄にいる間ずっとしてたけど。
何より新しいので設備はよくて、テレビもでっかかったなー。
居心地いいホテルでした。

楽天トラベル「アルモントホテル那覇県庁前」↓
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/149360/149360.html?cid=tr_af_1632


2日目は那覇を出て、名護の球場から本部町のホテルへ移動。
2日目の夜は完全予約のお店「ちゃんやー」
メニューのオーダーも済ませておかなければならない。
この日はとりあえずアグー豚のしゃぶしゃぶ。





しゃぶしゃぶの前に、前菜で海ぶどう、ミミガー、もずく、
ソーミンチャンプルーが少量で出てくる。
車で来たのでドリンクは本部町アセロラフレッシュ。
これが本物のアセロラなのかと初めての味にびっくり。
いちごのようなぶどうのような、まあ、アセロラなんだけど、
酸っぱさは控えめですっきりとした甘さ。
しゃぶしゃぶはアグー豚のお肉と沖縄野菜、沖縄豆腐。
それにごはんとアーサー汁が付く。

どれも説明したら長くなるので、とにかく全部うまい。
お肉の前に青パパイヤの千切りを先に山盛り入れるんだけど、
パパイヤの酵素でお肉がさらに美味しくなるとか。
パパイヤ自体も美味しくてお肉なしでもりもり食べてたけど。

お店も沖縄の古民家で味がある。あいにくの雨でお店の様子が
暗くて撮れなかったけど、雰囲気も落ち着く。
ここも次は陶板焼きを食べに行かなくちゃ。
完全予約、事前注文にご注意を。
あと、お店にたどり着くまでがめちゃくちゃ狭い道なので、
でかい車は大変。ご注意。

ちゃんやーHP ↓
http://www.chanyaa.com

3日目の昼。
こちらもすでに書いたパン屋さん「Coo クー」
この程よいふんわり感はトングでパンを掴んだ瞬間に、
「これ好き!」と思ったパン。







夕方帰り道に店の前を再び通ったら、車がぎっしり止まってた。
やっぱり人気のお店のようだ。

食べログの「Coo クー」↓
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47013728/


今回の旅は事前調べがばっちりだったので、1回で書き切れないな。
続きはまた次回に。




またいつか
いよいよ沖縄を発つ日が来てしまった。
ようやく暑いのか寒いのかわからない気温にも慣れ、
陽射しが出てきて沖縄の雰囲気が
もっと楽しめそうになってきたところだった。
楽しい時間はあっと言う間。
せっかくなので朝の国際通りをぶらぶら。



荷物を持ってモノレールからのこの景色も最後だなと撮り納め。



空港に着きチェックインを済ませると、
旦那が沖縄に住んでいた頃に通ったというお店が空港に
あるというので、立ち寄りたいと切望。



A&Wでルートビアとポテトを食べて満足の様子。
ルートビアは私には不思議な味だが、
はまると無性に飲みたくなるらしい。

これで心残りもなく飛行機に乗り込む。



寂しいなぁと思いつつ、飛行機に乗ったら編み物に集中。
帰りは那覇ー中部セントレアー千歳の乗り継ぎだったので、
中部ー千歳間はAirDoだったら、飲み物のコップがかわいかった。



夕方無事に家に到着。
外の気温はマイナス2度。
沖縄帰りだからすごく寒いかと思ったが、
不思議とそれほど寒さを感じず、
いつもの感じだなとすぐに慣れた。
家に着いてほっ。

今回の沖縄旅。
南国の木々や空、海。
ビタミンミネラルいっぱいの食べ物とパワーをもらえる人。
そして、唄と音。
いろんな感覚で楽しめた旅だった。

そして何より気さくで優しいファイターズの選手達。
たくさんのファンサービスをしてもらい
選手のパワーを分けてもらった分、
今シーズンの選手の力に少しでもなれるように
札幌ドームで応援するぞ。

特に握手をしてくれた選手たちには力を入れて応援しよう。
そういえば21日に最後に握手してもらったのは
木田GM補佐だった…いずれにせよ、
ファイターズがますます好きになった沖縄キャンプ旅であった。

来年もまた沖縄行けたらいいな。




青い空
今朝、沖縄に来て初めての朝日。



やっと1日晴れの予報。今日は名護の球場でロッテとのオープン戦。
沖縄らしい青い空と青い海。



…どうやら青い海は写真を撮り忘れたらしい。
球場に着いて慌ただしく移動していたからと、
この子に目が止まり、海の写真を忘れたから。



沖縄入りしてから毎日どこかしらで猫に会う。
幸運の女神のような印象になっているので、
きっと今日はファイターズの勝利かも。

今日は外野の自由席。
開演前に外野席の列に並んで待つ。
隣のおばさま方は昨年も来て今年2回目だそう。
ファイターズの選手話で盛り上がる。
初日に3人の選手に握手してもらった話をしたら、
ファイターズは選手のファンサービスが特に手厚いらしい。
他球団ではあまり近づくことができずに遠くから見るだけ、
と言うところもあるそう。

キャンプが初めてだったので、
どこの球団でも同じ対応だと思っていたのでびっくり。
ファイターズ選手の優しさに改めて感謝。

名護の球場は狭いので、外野だと練習する選手との距離が近い。
試合開始前のキャッチボールの練習をしていた松本選手に
お客さんが「松本さん、松本さん」と声をかけた。
キャッチボールしながら松本選手は「はーい」と返事を返してくれる。
周りのいたお客さんみんながそのやりとりを見て笑いが起きる。
松本選手、なんて気さくで優しいこと。



そして試合はファイターズの勝利。
久しぶりに応援歌を歌い、手を叩き、かっとばせーと叫んだ。
あぁ、面白かった。
早く札幌ドームでまた応援したいという気分になった。

さて。
今日はめちゃくちゃ晴れていた。
沖縄の晴れをなめていた。
私も旦那も顔と首と手の甲が真っ赤。
急激な日焼けである。
鼻の頭が皮がむけなきゃいいんだけど。
もっと日焼け対策を万全にしときゃ良かった。

まぁでもおかげで楽しい野球観戦ができたからよしとしよう。
そういえばあちこちで桜を見かけるが、こちらも満開のようだった。



コスモス。今咲くんだね~不思議。
いよいよ明日札幌に帰る。
雪の街が待っている。
やっと沖縄の気候に慣れ始めたところだったけど、
また寒いところに慣れなければ。




雨の球場
晴れて晴れて、との願いも叶わず
曇り、雨、曇り、雨を繰り返した今日の国頭球場。

宿泊した名護から午後の紅白試合に間に合うよう出発。

途中チェックしていたパン屋さんでお昼ごはんを調達。



cooさん。素敵なお店。





イートインもできるよう。



どれも美味しそう。
こちらに決定。
黒糖くるみ、チーズクッペ、シナモンロール。



国頭球場の駐車場に着くなり土砂降りの雨なったので
車の中でのランチ。この美味しいパンのおかげで
雨でも気分は上々。

さて。
球場へ歩いて行くと選手達が並んでいるところ。



バックネット側スタンドと内野側の席はもうすでに満員。
今日は外野の芝生から見ることにした。



試合は始まったものの途中度々土砂降りで傘が必要。
選手達が滑ったり、身体を冷やして怪我をしないかヒヤヒヤ。
ライト側にいたので、石川慎吾選手が一番近くに見えてた。

石川選手がヒットを打った打席の後、守備に戻ってくると
「石川選手!ナイスバッティング!」と大きな声をかけた。
気づいてくれたようで、こちらを見て帽子のつばを掴んで
挨拶してくれた。

石川選手の次の打席、なんと今度はホームラン。
もちろんまた守備に着く時、声をかける。
「石川選手!ナイスホームラン‼︎」
拍手と一緒に声をかけたら、
私の周りにいた人達からも祝福の拍手。
外野に向かって石川選手も挨拶を返してくれた。
応援するって楽しい。
国頭球場まで来て雨に濡れながら応援したけど楽しくて来て良かった。

身体が冷え切っていたので、試合の途中で退席。
外に出たところで今日一番会いたかった人が目の前に!



BBー!







開会式の時に見かけたから会えないかなぁーと思ってて、
偶然会えてびっくり。ちょうど車に戻るところだったみたい。
ここでもBBに握手してもらった。
BBの手はゴワゴワで力強かった。当たり前か。
昨日から4人目の握手でまたまたパワーもらった。

今日も大満足のファイターズキャンプであった。



チムドンドン
朝レンタカーを借りて渋滞の那覇市内を抜け高速で名護を目指した。
ナビはあっても混雑しまくっている通勤時間帯。
那覇市内に土地勘がないので、今日は私は助手席で楽ちんの日。

天気は時々ポツポツの雨模様。
1時間以上かかって目的の許田インター。



どうやら晴れてきた。
許田から名護のファイターズの臨時駐車場を目指す。
途中から海が見えてきた。海岸線を走る。



臨時駐車場に着くと係りの人が誘導してくれて駐車。
キャンプがあっている球場までバスが出てるので、
駐車場の中で待っていたバスに乗る。
駐車場もバスも無料だった。

球場までは数分。ファイターズの昇りがたくさん見えてくる。



天気はなんとか曇り。
バスを降りて球場へ少し歩く。



おぉ。ファイターズだ!
しかも大谷選手だ。



あちこちで次々と色んな練習が行われるので、歩いて回る。
ものすごい人だかりができてる時はたいていそこに大谷選手がいる。

選手が近い。
目の前。

中田選手はすごいごっつい。
大谷選手は顔が小さい。
増井投手はテレビや札幌ドームでは細く見えるけど、がっちりしてる。

とにかく普段札幌ドームで遠ーくから見ている選手が
次々に目の前に現れて、走ったり、投げたり、売ったり、
キャンプって面白い!ってワクワクしっぱなし。

ほら、目の前を大谷選手とメンドーサ投手も通るし。
私の目にはこう見えるの巻。



こんな風に選手が練習場所を移動する時に
思いがけないチャンスが来る。

なんと私。
大谷選手、
増井投手、
白村投手の3選手に
握手してもらっちゃったー!!
うきゃー!

がっちりした手の人もいれば、繊細な手の人もいて、
この手でマウンドから投げてるんだなぁと思うと感激。

大谷選手は、すごい忙しそうでほんの一瞬しかタイミングはなかったけど、
手を出したらさっと握手してくれて、
増井投手は、実物がめちゃくちゃカッコよくて、
すごくさりげなく優しい感じで握手してくれて、
白村投手は、みんなにずっとサインを書いてあげてて、
サインをもらってくれたお客さんにありがとうございますって
お礼を言うほどの好青年で、手を出したら笑顔で握手してくれた。

よーし、今年の応援は特にこの3人に力を入れよう。
でも一番は増井投手だったな。いやーかっこいいこと。

私が握手して、うきゃうきゃしてるのを少し離れたところから
眺めている旦那は大ウケしてた。
でも増井投手は旦那もマジでかっこいいねーて言ってた。

すごい一生懸命練習して、インタビュー答えて、
時間ない中でさらにファンサービスにも応じる選手達に
感謝感激した初日であった。

で、今日の題名のチムドンドンは沖縄弁で
「胸がドキドキ、ワクワクした」ってことだと、
さっき偶然教えてもらった。

まさにチムドンドンしまくった1日である。
ファイターズ最高ー!




12年ぶり沖縄
いよいよ旅立つ日になりました。
朝、雪道をキャリーを転がしながら
バス停に歩いて行き高速バスで新千歳空港へ。

飛行機に乗って羽田経由で那覇へ。



飛行機の中では、お決まりの編み物。



お風呂や水の中以外ならどこでも編むね、と
旦那に笑われつつも、もくもくと編む。
課題作品があと3つ残ってるから、
早く終わらせて自分のを編みたい!

はい。沖縄。



乗り継ぎだったので家を7時半にでて、
那覇のホテルに着いたのが17時。さすがに座り疲れた。

ホテルのチェックインを済ませ、
すぐにごはんに行きましょう。
お店が18時からだったので、
お店周りを時間潰しのお散歩。

桜!



さらに満開の桜!



ここでもまたニャンコに遭遇。



写真撮らせてねー、と話しかけたらじっとポーズ。
いいことありそう。ありがと、ニャンコ。

あちこちのシーサーが目にとまる。





厄除けになりそう。

はい、お店オープン。



沖縄郷土料理をアレンジしたようなこじんまりとした
居酒屋。とっても感じがいいお店の方々。

すぐに飲んじゃいました。オリオンビール。



ちなみにこの料理はクレソンのチャンプルーで豆腐入り
他にももずくと島らっきょの天ぷら。
島野菜のサラダ。沖縄はトウモロコシが出始めたそう。





この後泡盛とお料理もたくさん頂き大満足。
初日に美味しくて素敵なお店に巡り会えて幸せ。

明日は名護に移動だー。










夕食の時に朝録画しておいた朝ドラを夫婦で見る。
最近のストーリーの展開で、女性が学ぶことが簡単ではない時代は
はるか昔のことではなかったんだな、と気付く。

一方で女性は学ばなくていい、とか
会社に正社員で男性と同じように働かなくていい、という考え方は
20年前の私が学生の時にもはっきりと
その価値観が存在していたことを思い出した。

高校3年になった時、私は大学に行くと決めていた。
そもそも小学生の時から早く自立してバリバリ働きたかった。
それはすぐに就職するということではなく、
一人で働いて生きていけるように、
大学を卒業して出世できるような会社に
総合職として勤めるというイメージだった。

だが、当時思いがけなく突きつけられた現実は、
我が家には弟一人分しか大学進学することができないという
経済事情だった。
そのままストレートに、弟は(男だから)大学が必要だが、
私はできれば就職して欲しいが、せめて短大と親に言われた。

父親が我が子のために必死で働き尚且つ節約し、
それでも無理だと言われたら、私も少しは考えたかもしれない。

父は問題が多い人だった。
常に自分が一番で、何かを子供のために譲るという事を
絶対にしない人だった。むしろ私達が我慢するよう言われるくらいだ。
だからこそ私は父の世話にならずに、
一人できちんと生きていける大人になりたかった。

だから、私の人生に大学は絶対不可欠だと思っていたので、
何がなんでも大学に行くと言い張った。
結局、親と祖母からの援助もあり、大学に入学し無事卒業した。
自分で奨学金などで大学に行った訳ではないので
偉そうなこと言えないが、自分勝手な父親の都合で
私の人生設計を潰されてなるものか、
という固い決意だったことは間違いない。

さらに遡れば、中学3年の時も高校受験を控え、
先生は私の偏差値では到底希望高校に受かった人がいないので、
一つ下げろとしつこく諭された。
ここでも絶対嫌だと言い張った。
落ちても構わないので、希望の高校しか受験しないと言った。
横で聞いていた母は、この子は決めたら聞かないので、
好きなようにさせてください。構いませんから、と
呆れ顏で答えた。結果、先生の予想を裏切り希望高校に合格。
行きたかった高校に進学した。

話は元に戻り、大学の時。父が就職先をコネで勧めてきた。
しかもうちの子は大学まで出ている(卒業できる)からと、アピールしたらしい。
絶対に父の口利きでは就職しないと決めていたので、
全て頑として断り続けた。

就職活動中、総合職で出世を望んでいた私は面接の時、
どのような仕事ができて、その仕事の成果を
どのように評価してもらえるのか、とことごとく質問した。
返ってくる答えは、女性だからどうせ結婚するまでの数年で何ができるの。
と、私が的外れな質問をしているように笑われた。
何社も何社も。
今思えば、当時でも女性が活躍できる職場もあったと思うが、
会社選びが間違っていたんだろう。

会社というのは女性をお茶汲みとしてしか見ないならば、
女性でもキャリアを積める職場を目指そうと思った。
だって、私は結婚せずに独身でバリバリ働きたいのだから。

よくよく冷静になると私は事務仕事が苦手だった。
以前から接客は好きだったので、
アパレル会社の販売職を受けてみることにした。
私は洋服に余り興味がなく、実際に働いてみておしゃれな人や
洋服が好きな人達の中にいるのは気が引けることが多かったが、
仕事としてキャリアを積んで、独身でも長く働ける仕事だと、
確信していた。

面接官はのちに私の直接の上司となる女性だった。
頑張ったら、その先の評価はありますか。と同じ質問をした。
答えは、店長やマネージャーなどの昇級は頑張り次第で可能です。
と、初めて私が求めていた答えだった。
この会社に無事合格をもらった。

父には勧めた会社の方が立派なのに、
大学まで出して販売かよ、と見下されたが、
自分で見つけ自分にあった会社に出会えたことの
喜びの方が大きく父の苦愚痴など気にもしなかった。

ちなみにのちのち店長を思いがけなく任されることになるが、
出世したいと面接で言っておきながら、
実際に働いて自分が周りに比べて至らないことが多すぎて、
理想と現実のギャップに押しつぶされそうになっていくことになる。
ま、それは置いといて。

結局私は周りの援助があったことは確かで、
希望は叶ったり叶わなかったりしたけれど、
自分で決めて自分がしたいと思ったことをしてきたので悔いはなかった。
頑固だったんだなぁ、と今更気付く。

今は当時思い描いていた未来とは全く違うが、
その都度選んで来た道が今になったんだから、それもまたよし。
自分で選んだってことが、きっと私にとっては大切だったんだろう。

今は性別というよりは、個のスキルの差が如実に評価される
時代になったので、それはある意味とても厳しい。
たぶんどんな時代にも何かしら障害や困難なことはある。

今の自分は将来どんな自分になりたいのか。
43歳でも専業主婦でも自分の意思は持っておきたいと思うのである。
しかしながら、年とってからの頑固は厄介なので、
我を通すのはほどほどにしとこう。



秋の思い出 ~旭川 常盤公園 ~
もうすぐ沖縄行きが近づいているので、
なんとなく気分がそわそわ。

天気予報では滞在中に雨の日があって、
雨が降ると練習試合が見れなくなりそうで嫌な予感。
ただし、私は生粋の晴れ女。
だいたい数日前に雨でも前日曇り、当日晴れ!
なんてことがよくある。
晴れ女パワーで沖縄を楽しめますように!

さてさて。
旅と言えば、昨年9月に行った旭川旅。
美瑛や上野ファームさんを書いたけど、
個人的に楽しかった場所がもう一つ。

旭川市 常盤公園

公園だけど、千鳥ヶ池という結構大きな池や、
上川神社頓宮に図書館と、私好みの散歩や休憩ができる場所満載。

今はもちろん雪景色でしょう。
これは9月の写真ですから。お間違いなく。





あいにくラベンダーは終わってしまった。



カモも並んで日向ぼっこ。





神社で旅の安全祈願を。

そして、さらにぷらぷら散歩してると、
あらま、背中隠れてませんけど。





周り込んでみる。鳥が猫の視線の先にいて、じっと見てる。
あなたも私に見られてますよ。



やっと顔が見れた。相変わらず鳥に集中してるし。
かわいい顔してんなぁ、と思って結構な時間じっくり見てたら、
近所の方らしき女性が、この公園には4匹の猫が住んでいて、
みんなで可愛がってあげているそうだ。
ちなみにこの猫が4匹の中で一番人気の猫らしい。

確かに私の熱視線にも動じてないもんね。慣れてんのか。
北海道で野良猫とか野良犬っているけど、
ほとんどあまり見かけなくて、
たいていが飼い猫を離していることが多い。

だからこんな初めて来た場所でこんなかわいい子が
ひょいと顔を出してくれて嬉しいこと。

実はこの時、些細なことで旦那と喧嘩して、
旦那は図書館に、私は一人で公園を散歩しにと別行動をとっていた。
猫に会う前に神社にお参りに行き、
旅の安全祈願と一緒に、
旦那と喧嘩して腹立つ~と神様に愚痴っていた。

そうは言っても、まだ旅の途中で、
私が折れないと仲直りできないから、
ここで神様にぶっちゃけて水に流すことにしますので、
何卒よきように、と手を合わせた。

その後この猫ちゃんとの出会い。
旦那は私より猫好き。
急いで図書館に行き、かわいい猫がいたよ、と旦那を誘って猫の元へ。
いたいた。かわいいよね~と二人でまたしばらく眺めた。

今思えば神様さすがの素早い行動!
あっという間に私達を仲直りさせちゃった。
ふふふ。

旭川の常盤公園。
思いがけなく印象深い公園になった。
のんびりしたい時におすすめである。


常盤公園 http://www.asahikawa-park.or.jp/park/synthesis/tokiwa.html





贅沢三昧
今朝は夜勤明けの旦那と大通ビッセで待ち合わせ。

朝食はきのとやさんのKINOTOYA Cafeで。
モーニングクロワッサンセット。
以前クーポンもらったので、
それを使って通常550円が100円引きで450円也。
確か最初お菓子を買ったらもらった。
多分何か買えばくれるようだ。
1度使ってもその時にまた次の新しいクーポンくれるので、
エンドレスで450円。期限はあったので、
今回はちょうど今日が期限だった。

サラダ、半熟ゆで卵、クロワッサン、ドリンク。



今回来たのが2回目で、
今日はゆで卵が出来たてのとろとろで美味しかった。
殻をカットした半熟ゆで卵の食べ方って
映画でよく見るヨーロッパ風だ。
クロワッサンもサクサクだし、このお値段はお得。

腹ごしらえして10時の開店を待ち、
ビッセ2階の徳光珈琲で豆を購入。

後は赤レンガテラスに行き、ランチを調達。


ブーランジェリー coron



いつの間にかテーブル席が店の前に出来てた。
珈琲やソフトクリームも売ってるから、
すぐに食べられていいアイデア。

さすがに雪まつり終わりバレンタイン終わりなので、
いつもよりお客さんがいない。

ダメ元で聞いてみたら
お店のショーケースの撮影OKってことで
他にお客さんがいないのをいいことに
バシバシ写真撮った。

お店の雰囲気も好きだしどれも美味しいから、
ついつい一つの商品に寄らずに
全体像で写真撮ってしまったから、
商品には遠くて失礼。













まだ10時過ぎぐらいだったので、
並んでない商品もいくつかあったけど、
いつきてもどれも美味しそうで迷う。

ちなみにcoronで2000円以上買うと
赤レンガテラス地下駐車場の2時間の駐車券もらえるので、
用事が短い時はここの駐車場を利用する。
地下駐車場なんで台数も限られてるしね。
2時間だと駐車場代が30分200円で800円かかるので、これまたお得。

他のお店ももらえるところあったと思うけど、
車で来る時に他を利用したことがないので
詳しくは赤レンガテラスのHPでご確認あれ。
確かもらえない店もあったので。
なんか大通近辺のお得情報みたくなってるな。
情報がざっくりで不親切なんだけど。

それで自宅に帰り、我が家でcoronランチ。



上から時計周りに、リンゴとカシューナッツ入り、チキンサンド
オレンジピールとレモンの風味のメロンパン、チョコとクランベリーのパヴェ

メロンパンは名前がややこしいけど、
普段メロンパン食べない私がオレンジピールには弱く、
つい買ってしまった。
さすがに一人で全部食べたらまずいので、
旦那は旦那で自分の食べたいパンを買ってたけど、
リンゴのパンと、チキンサンドは旦那と半分こ。

なんだろ、この噛み締めるほど旨いパン。
お値段がお高いからね~余計にありがたく頂けるよ。
メロンパンは確かにレモンの香りと
オレンジピールの風味がして美味しかった。
あぁ、贅沢な一日だ。


きのとや http://www.kinotoya.com

coron http://www.coron-pan.com

赤レンガテラスHP トップがこちら アクセス情報を確認のこと。




チョコレート
今日はバレンタインデー。
我が家のバレンタインはとっくに終わっていたので、
今日は何もなく普通の日。

昨日歯医者に行った帰り道、
買い物に寄ろうかと、新さっぽろ駅の地下を通った。
すると、ものすごい人だかり。
そこはロイズのお店だった。
さすがチョコレート店。
少し前に商品展開が新しくなって選びやすくなってるし、
バレンタイン限定商品も多数。
本命からギリまで選べる品揃えだ。

そういう我が家も実は、
バレンタインは2回に分かれていた。
先日のサロンドショコラが第2弾で、
第1弾はロイズだった。
チョコレートのお店だが、
一部郊外店はパンが併設されている。
ちょうどパンを買いに旦那と立ち寄った時に
チョコレートコーナーに一人偵察に行っていた旦那から、
ねぇねぇ、これ食べたいなぁとねだられ、
んじゃ第1弾ってことで。と言って買った。










グラハムチョコクッキーとコニャックレーズンの板チョコ。

グラハムチョコクッキーは普通。
思ったよりロイズ感はなかった。

しかし、このコニャックレーズン。









普段板チョコシリーズはこういう感じ。



パッケージがいい意味で地味でシンプルなんだが、
コニャックレーズンはこの赤いパッケージが印象的。
旦那はチョコを食べてしまった後もこのパッケージを
眺めては、かわいいなぁとしきりに言っていた。

味も甘さ控え目でこれでもかってくらい
レーズンが入ってるから、板チョコ食べてる感じより、
レーズン感がすごくて予想以上に美味しかった。
中身のチョコレートの写真は忘れたので、
パッケージだけで失礼。

と思ったら、後日消えちゃうかもしれないけど、
今はオンラインショップに写真あったので、
みたい方はどうぞ。 ⇒ http://www.royce.com/goods/detail/?o_no=1046

板チョコシリーズは値段もお手頃だし、
百貨店とかで大量に買ってる人を見たことがあって、
職場や友達に配るんだろうなぁ~美味しいのかなぁ~って
いつも思ってた。

このコニャックレーズンだったらまた買いたい。
ただ板チョコは封を開けると保存が難しいことは確か。
食べる時に手も汚れるしね。
そういうことを気にしない人、
もしくは開けたら一気に食べちゃう人向きか。
バレンタイン当日は何もなかったけど、
2度もチョコをもらったうちの旦那であった。




歯医者
今日は朝のニュースを見たら日中の最高気温が6度だという。
午後に歯医者へ出掛けようと準備をしていた。
いつもは車で行くが今日は地下鉄。

6度か~暑いなぁ。
ダウンだと暑すぎるかもしれないけど、
帰りが気温が下がるしなぁ。
結局行きはダウンの前を開けて着て、
地下鉄では脱いで手に持っていた。
他の人も「今日は暑いね」と話しているのを聞いた。

ふと。6度を暖かいもしくは暑いと感じる私は
すっかり北国体質になったんだと実感しておかしかった。
九州で6度だと家族はみんな寒いと言いそうだ。

それにしても、数日前にどっかり雪が降ったので、
急な暖かさに雪が溶けて道はじゅちゃじゅちゃで最悪。
屋根の雪もドサドサ崩れ落ちてきていたので、
軒下は歩かないように注意。
明日はまた急激に寒くなるらしく、
このめちゃくちゃな道が凍るとこれまた厄介。
今年は変な冬で困ったもんだ。

さて。
今日は歯医者。
最初に行った理由は、20年前に銀歯を被せたところが痛み、
どうやら中が痛んで化膿したらしく、
銀歯を取って歯の根っこの治療を3ヶ月ほど行い、
ようやく新しい銀歯を被せた。

歯茎や虫歯のチェックもしてもらい、歯のクリーニング。
歯周病はなく、虫歯が2本。
前回1本虫歯の治療がおわったので、
今日が最後の1本の治療。
上の一番奥、親知らずの虫歯だ。

空気を虫歯の歯にかけるとちょっとしみた。
これだと治療には痛みが出るから麻酔しましょうと言われた。
汗がどっと出る。注射嫌いだけど痛いのはもっと嫌。仕方ない。
リラックスして~力抜いてね~と言われるが汗が止まらない。
なんとか麻酔終了。
おかげで治療は痛みはなかったが、どっと疲れた。

今後痛みが続くようだったり、
虫歯がまたできたら抜かなきゃならないかもしれないから、
その時は相談しましょう。だと。
永久歯を抜いたことがないので、抜歯を想像したら血の気が引く。
歯磨きを頑張るしかない。

普通に歯磨きや歯間ブラシはしていたが、
今の歯医者に行き始め、時々治療内容と歯みがきの状況を
書いた紙を渡されていた。

赤ペン先生のように、

まだ磨き残しがあります。もっと頑張りましょう。

と5回書かれた。
毎回きちんと磨いているつもりなのに、
毎回落第点をもらうダメな生徒の気分。

6回目にしてやっと

綺麗に磨けています。これからも頑張ってください。

と合格のコメント。まぁ、嬉しいこと。
この磨き方で大丈夫なんだと
43歳にして正しい歯みがきのやり方を知る。

そもそもうちの親は歯磨きをうるさく言わなかった。
先日テレビで予防歯科と言う内容を見た。
治癒に重きをおくのではなく、いかに歯の健康な状態を保つかと言う
取り組みをしている歯科の話だった。

我が家の家系は祖母も母も父もみんなある年齢から
入れ歯だったので、そんなもんだろうと思っていた。
老人になっても自分の歯。
きちんと歯みがきをし、定期的に歯科で歯石を取ったり
メンテナンスをすれば自分の歯を保つことが可能なんだと
目からうろこ。

そのテレビの予防歯科では歯が生え始める赤ちゃんの時から
歯医者に通って歯のチェックをしているので、
子供達は歯医者が痛いことをするところだというイメージを持ってない。
虫歯になって初めて治療に訪れる子供とは大違いである。

幸いにも私は今のところ永久歯は全部あるし、
歯周病もない。けれど、親の意識がもっとしっかりあって、
子供の頃から正しい歯みがきの習慣づけをしてくれてたら、
もっと楽だったろうなと思う。
親の高い意識と子供への指導の大切さを感じた。
まあ、この年になれば大人になってからの
自己責任には違いないのだが。

とにかく私は今後抜歯は何としても絶対に避けたいので、
6回目でやっともらった合格点の磨き方でせっせと歯を磨きし、
定期的に歯医者でチェックを欠かさぬようにしよう。
歯みがきは大事だ。



ながら
普段何でも「ながら」作業が多い。

編み物してる時は、たいていDVDや無料動画で海外ドラマを見てる。
なるべく字幕で見たいが、つい編み物に集中し始めると、
音しか聞いてなくて途中でストーリーがわからなくなり、
戻って見直すということがよくあるが、
編み物してるだけ、海外ドラマを見てるだけ、という
時間がもったいなくてとりあえず、ながらになる。

後、このブログ更新。
どうやったら日常のルーティンに組み込めるか考えた結果、
一番いい時間帯をみつけた。
風呂に入りながら。
いつもは家事の片付けが終わり、
iPad miniを防水袋入れ、お風呂でdlifeアプリで
海外ドラマを見るのが大好きな癒しの時間だった。
このドラマ視聴時間をブログ更新タイムに置き換えた。
今のところ成功。長風呂好きのなせる技。

こう考えると、単に海外ドラマを見たいが、
時間がもったいないから他のことと
同時進行にしてるだけのような気がしなくもない。

今日は編み物の書類提出期限で、朝から家事を早々と済ませ、
書類作りに励みながら、
さすがに編み物メインでやらなきゃ間に合わないので、
吹き替えで海外ドラマを見、というか聞き、
さらにパンを焼くべくホームベーカリーを回す。

しかも今日こそはせめて型に入れて2次発酵と焼きは
自分でやろうと思っていたので、
ホームベーカリーの時間を気にしつつ、
目と手は編み物の書類書き、
耳は海外ドラマを聞く、3つ同時のながら。

成形する時の生地のもちもち感。
2次発酵でぷっくり生地が膨らんでいく様子。
焼きでさらに膨らみ、少しづつ生地に焼き色がついていく様子。
焼ける時の香ばしいパンの香り。

そんな余裕はないのについつい楽しくて、
書類書きと海外ドラマを作業の都度一時停止し、
パン焼きを楽しむ。

それで、久しぶりでちゃんと焼けるか心配だったが、
パンが焼けた。



この粉を自分で焼くのは初めてだったので、
一か八かだったが、見た目は成功したっぽい。

…と思ったら、もともとかなりふんわりした生地なので、
焼きが甘かったのか、焼き上がり後パンケースにショックを
与えてもパンが出てこない。

なんとか出してみたものの、側面がボロボロ。。



そもそもパンケースを久しぶりに使ったので、
空焼きして使えば良かったかも。
後は、焼きの温度と時間。
初めての粉はある意味実験なので、
とりあえずふっくらと焼けただけよしとしよう。

ちなみに使っているこの粉は最近見つけた食パンミックス。
こちら。



価格も手頃で北海道原料が気に入ったので購入してみた。
イーストはオマケで付いてくるサフを使用。
この粉は本当によく膨らむ。
ホームベーカリーで焼いてもパンパンだが、
ケースで発酵させたらこんもりと生地が盛り上がり楽なこと。
焼いた生地の食感も中はふんわり、外はカリッとする。
しばらく使ってみようかと。

今度はパンがするっとケースから出るようにしっかり焼こう。

メインの書類書きも終わり無事提出。
作品も早く仕上げようと唯一眠気がこない編み物を
連日毎夜1時半ぐらいまで起きて編んでいたが、
こちらはダメだしが出て編みなおし。ほぼ全てほどきの作業。
頑張った意味がなかったが、作品の提出期限はまだ先なので、
昼間に編めば間に合うだろう。
ひとまず自分にお疲れさん。

最近編み物のことで頭がいっぱいで、知らず知らずのうちに
旦那との会話も減っていたらしい。
今日は余裕があったので、なんだか久しぶりに色々話した気分。
気持ちの余裕は大事だねー。

それでもやっぱり、ながら作業は私にとっては効率よしである。







負けず嫌い
数年前からボウリングを始めた。
雪だろうが雨だろうが、天気に左右されない屋内スポーツ。
マイシューズ、マイボウル、手首を固定するリスタイ。
そしてボウルを運ぶキャリーと一揃え。
リスタイはプロの方のようなメカテクターではなく、
もう少し控えめなやつ。

一時期は1回10ゲームぐらい投げてたけど、
最近は行く頻度も少し減ったし、1回5ゲームが定番。
それでも定期的に練習はしている。

アベレージ180が目標だったが、5ゲームアベレージで
最近は170台後半~調子が良ければ190台。
なんとなく目標に近づいてきた。

先日のこと。
ボウリング場に行き、申し込みを済ませレーンに行くと
隣は高校生か大学生ぐらいの若者達で賑わっていた。

隣が同じようなマイボウラーの人だと、
お互いにマナーがわかっているので、スムーズに投げられるが、
グループで盛り上がっている場合、
こちらの集中力をかなり必要とする。
この日は集中力の鍛錬だと思え、と自分に言い聞かせ、
隣を気にせずに自分のペースを作る。

1ゲーム目が終わり186。
隣の学生グループが、小声で「プロに負けるな」と
ひそひそ話している。
「プロ」と言う言い方は明らかに小馬鹿にしたような感じ。
おばさんが何マジでやってんだよ、とでも思ったか。

えーえー。何事もマジでやるタイプですから。
まぁ、私の学生時代にもボウリングはお遊びだったから、
若者には真剣にやる楽しさはわかるまい、と別に気にせず。

ところが集中力が持続できず2ゲーム目はスコアは伸びず。

私が3ゲーム目の時、グループの一番上手な男のパフォーマンスが
明らかに激しくなった。ストライクを取る度に大声を上げ、
飛び上がって喜びまくり。どうやらラストゲームのようだ。

ラスト10フレをストライク3つのパンチアウトで締めくくり、
これは勝ったぞーとみんなで盛り上がっている。
スコアは187だった。横目でチェック。

ふんふん。なるほどねー。

スイッチ、かちゃり。
おばさん、だてにマジで練習してんじゃないんだよ。
後半怒涛のストライク連発。

はい。こちら。



6連続ストライクで225。
勝ったのは私の方ですが何か。
表情には一切出さず涼しい顔して、
心の中でガッツポーズ&小躍り。

このゲームだけハイスコア。
案外負けず嫌いな一面もあったりする。
にんまり。




お気に入りのサンドイッチ
今日は、日中買い物に出た際に行き帰りは
ほとんど雪は降っていなかったが、
スーパーで買い物を済ませ車に戻ると、
車が雪だらけで真っ白になっててびっくり。
我が家は普段屋根付き駐車場なので、
今シーズンはまだ雪下ろしをしたことがなかった。
せっせと雪を降ろして帰宅。
きっと集中的な雪雲がどっと通り過ぎたんだろうが、
あまりの短時間のの出来事に摩訶不思議な気分だった。

さて。
以前からよく行くベーグルのお店でふわもち邸について
書いたことはあるが、ここがサンドイッチのお店を出した。
本家ふわもち邸より種類は少ないが、
ベーグルもドーナツも買える。

お休みのランチに買いに行くことが多い。
最近は、オープン当初より客足も落ち着いたので、
売り切れもなくなり、ゆっくり買えるようになった。

お店は、「ふわもちさん。」





ベーグルコーナーはお客さんがいて写真撮れず。

このお休みの日もサンドイッチをランチに。



普段旦那のお弁当サンドイッチを作るので、
お店のサンドイッチの具の組み合わせは
私のサンド作りののヒントになる。
ふわもちさん。のサンドイッチは、
食パンサンドと、ベーグルサンドがある。
具が多くてボリューム満点。
パンは柔らかく甘みがある。

他のお店ではあまり注文しないけど、
ここのタマゴが入ったサンドは必ず買う。
後はアボカド入りも美味しい。

お店の横にあるカフェスペースには行ったことがないので、
いつか立ち寄ってみるとしよう。
まぁ、ほとんどが旦那から「買ってきて~」と
ねだられることばかりだが。

外で食べたものは、私の栄養となると同時に
レシピの引き出しに入る知識となるのである。
…と、お休みの日ぐらいは、
旦那には遠回しに外食をオススメするのであった。

ちなみに2月17日はお休みだそうな。
ふわもちさん。が入っているサンピアザが定休日。
以前この定休日を知らずに買いに行き、
がっかりして帰った経験あり。ご注意を。



久しぶりに甲状腺のこと
最近よく行く医者と言えば、歯医者。
昨年の9月に銀歯を被せていた場所が痛みがでて、
歯医者に行った。

札幌に来る前までは定期的に歯医者に行っていたのだが、
転勤して新しい歯医者を探すとなると、
どこに行こうか迷っているうちにほったらかし。
痛みがでて、強制的に歯医者へ。

治療に通うこと半年、あちこちチェックもして
治療もようやく今月終わりそうだ。

そもそも注射が嫌いだ。
今3ヶ月に1度甲状腺の定期健診で毎回血液検査があるが、
なんとかそれは慣れて来た。

さて。
昨年の7月のこと。
もうすぐ甲状腺がんの摘出手術をして1年経つので、
CTか、PET検査を受けて全身のスクリーニングを
次の定期健診に受けてはどうだろうか。と主治医からの提案。

どちらも医療被曝は仕方ない検査なので、
本当に必要な検査なのか、と主治医に質問し、
次の健診に返事することにした。
術後1、2年は特に気をつけた方がいいと、主治医の意見。

CTにしても、PET検査にしてもがんを
見つけられるサイズには限度がある。
病院指定の検査なので保険がきくとはいえ
PET検査は費用もかかる。
本当に必要なら受けるが、被曝も含めたリスクに対して
それ相応のメリットがあるのか色々調べても
自分では明確に判断できなかった。

そうこうしているうちに8月。
毎年恒例の人間ドックの時期になった。
前の年がちょうど甲状腺の手術を控えていたことと、
CTなどの検査を受けた後だったので、
人間ドックは受けなかった。
だからなんとなく2年間を空けるのが心配で
昨年は人間ドックを受けた。

すると、それまでのう胞があり要観察だった右の乳房に
新たな要検査項目がついていた。
それからこれも数年毎に引っかかる胆管にも要検査。
11年前に初めて胆管拡張で引っかかった時、CTを受け、
問題は見当たらないので、体質かもしれないと言われた。
その後も何もない時もあれば、やや拡張気味と出る時もあるが、
数年続くということはなかったので、様子を見ていた。

それがこのタイミングで乳房と胆管のダブルで要検査。
どれほどの精度があるかはわからないが、
何かあれば写るものがあるかもしれないと、
PET検査を受ける決心をした。

10月に予約を入れPET検査を受けた。
特に乳房はがんかもしれないと
かなり覚悟していたが、結果は何もなし。
どこにも異常はないよ。とにこやかな主治医。
がちがちに緊張して座っていたので、一気に気が抜けた。
少しほっとしたが、今年早いうちにきちんと乳腺外科を受診し、
見てもらおうと思っている。
影響が少ないと言え、甲状腺がんもがんに違いない。
過度に神経質にならないようにしているが、
慢心もいけない。何事もほどほどに慎重さを持って。


さてさて。
PET検査を受けてみて、何もなかったから思うことだが、
本当に必要だったかどうかはいまだにわからない。
今後身体にどう影響するかはわからないし。
ただ、今回の検査は記録としてきちんと残る。
転勤があることは主治医もわかっているので、
転院する時は全部のデータを渡すからね。と言われているので、
もしかしたら何かの役にたつかもしれない。
もしかしないほうがいいけどね。

ただ、PET検査で思わぬことがわかった。
PET検査は椅子に座り静脈から注射で液体を入れた後、
しばらく安静にしてその後検査台で検査、という流れになる。
注射の時間は2分くらいだったか。

注射が終わり、安静室に移りますと言われ立ち上がり、
数歩歩いたところで気分が悪くなり目の前が真っ暗になって、
意識がなくなって倒れた。

気付いたら安静室で寝かされ、医師の診察を受けていた。
血圧と脈拍がかなり下がっていたらしい。
横に寝てしばらくしたら、調子は戻ってきた。
医師の説明によると、注射した液体には血圧を下げるような作用はない
ので、症状から見て迷走神経反射失神だろうと言われた。

迷走神経反射失神?

突然気を失ったことがこれまであるかと聞かれ、
最初は小学生の時高熱を出し解熱剤の注射をしたら倒れた。
他にも極度に疲れていた時や寝不足の時、
婦人科健診の体がん検査を受けたら痛かった時、
意識を失う度合いは軽いものから
全く意識がないものと差はあったが、
これまで確かに何度か同じ経験がある。

詳しく説明できないが、私の理解したところによると、
過度のストレスや緊張がある時、長時間立っている時などに、
何らかのショックが加わることで、
自律神経がパニックをおこし急激に血圧が下がり失神するらしい。
今回は私の嫌いな注射がひきがねだったようだ。
迷走神経反射失神の場合、病気ではなく体質のようなものなので
仕方がないが、立っている時にこの失神は起こるので、
注射の時は看護師に事前に伝え、
急に立ち上がらないように気をつけてと言われた。

意識が戻ってしばらく看護師さんが血圧と脈拍を測ってくれて
いたが、血圧が低い…と心配そうにしていた。
普段自宅で自分で血圧をいつも測っているので、
上が90、下が60を切り、脈拍も60ぐらいなので、
それを伝えると、そうでしょう~やっぱりそうなのね~と言い、
だったら正常値に戻ってます。と安心顏。
自分の血圧知ってて良かった。

安静時間は1時間だったので、
それまでには回復して無事に検査を受け、
検査後は普通に自分で家に帰った。

そうか、私は迷走神経反射失神なんだとすごくすっきりした。
これまで何度か病院で倒れた時も、理由はわからないと言われた。
脳に原因があるのだろうかと心配したこともあった。

そしてふと思い出した。
全身ひどい蕁麻疹が出た時、高熱と痛みで数日寝込み、
そのピークの夜中にトイレに行く途中で意識がなくなった。
後日皮膚科で話したらアナフィラキシーだろうと言われたが、
おそらくあれも迷走神経反射失神だったかもしれない。
私は注射と同じくらいぶつぶつが苦手だ。
全身蕁麻疹で腫れ上がった自分を見てショックだったのは間違いない。
ま、いまではわからないけど。
でも迷走神経反射失神ならすごく納得。

話があちこちに逸れたが、甲状腺の術後の状態としては、
がんが見つかった左側を摘出し、右は残したので、
術前より甲状腺ホルモンの数値は下がってはいるが
適正範囲で体調にも変化はない。

首の傷跡はこうなった。



白く筋が入ったようになっている。
術後1年半が経とうとしているが、
傷の辺りの引きつりを少し感じる時がある。その程度だ。
大きな不自由さはない。
ブログでわかるようにばっちり元気に楽しい毎日。

で、思わぬところで迷走神経反射失神だとわかった私。
歯医者なんて、音から麻酔から苦手そのもの。
問診票に「迷走神経反射失神体質です」とばっちり書いた。
それを見た歯科医が、注射とか緊張するでしょう~と言い、
針や器具は見えないようにしますね。
それと、これからなにをするかも詳しく説明しながら進めるので、
緊張したら教えてくださいね~と今までにない超丁寧な対応。

あぁ、なんと便利な言葉だろう。
今までも倒れたことありますか~と聞かれても
ありますが…原因は不明で…で
終わっていたもどかしさが一気に解消。

おかげで今の歯医者には不安がなく、
無事に治療を受けられたのである。
これから初診の病院には
「私、迷走神経反射失神です!」とばしっと表明することにしよう。

元気に笑って過ごせる毎日に感謝。



我が家のキャンプ
今日は朝からスーパーボウル2016をテレビ観戦。
アメフトは旦那が好きで数年前はレギュラーシーズンから
じっくり見てたけど、試合時間が何せ長い。
よって、レギュラーシーズンは見てなかったが、
カンファレンスチャンピオンシップと
スーパーボウルだけ見てた。見ると面白い。
個人的にはブロンコスを応援してたので、優勝してイエーイ。
でもアメフトって見ると本当に目が離せなくて何もできない。
しかもスーパーボウルは4時間の長丁場。

いかんいかん。
私には編み物と旅の事前調べという宿題が山積みではないか。
スーパーボウルを見ながらパソコンを広げ、沖縄のお店をせっせと調べ…

あ!

ばれましたが、そう、私達の次の行き先は沖縄。
只今アリゾナにキャンプに行っているファイターズが
名護にキャンプインするのに合わせて、我が家も沖縄へ。

旦那は昨年からファイターズのファンクラブ会員。
キャンプだと選手を近くで見れるからと、
今シーズンのニセコ行きを全て諦め、我が家は沖縄へ行くのである。

沖縄は結婚前に一緒に旅行した時以来だから、13年ぶりか。
時々チェックしてる沖縄の陶芸工房さんのブログを見たら
桜がちらほら咲いているそうだ。
雪だらけの北海道から桜咲く沖縄へ。

沖縄には旦那との旅行の他にも独身時代に仕事でよく行ってたが、
ほぼ那覇市内。あとは観光で、美ら海水族館とか首里城とか。

今回の旅は初日と最終日は那覇市内滞在だが、
その他は球場がある名護に滞在。
えーえー、調べましたよ。
私の準備がやっとできたので、
明日の夜は我が家の初沖縄キャンプインの打ち合わせ会議。
どこで何を食べるかが最大議題である。

でも調べて見ると、行ってみたい景勝地とか何カ所か見つけて、
俄然沖縄旅行が楽しみになった。
美味しそうなお店も色々あるしねー。

…って、私もちゃんとファイターズを応援してる人。
ミーハーと言われようが、大谷選手は間近で見てみたい。
レプリカユニフォームも持ってるから、
サインねだってみたりして…いやいやさすがにお恥ずかしい43歳。
黙って眺めておくとしよう。

スーパーボウル見てた時間で沖縄調べはついたので、
後は編み物の方を金曜日提出に間に合うように終わらせねばー。
こっちのほうがダンゼン大変。
なんか夏休みが終わりの頃に焦って宿題してる気分。

徹夜したくても12時過ぎたら勝手に眠たくなるから
とうてい無理な話だった。仕方ない昼間頑張るぞ。

アメリカ人のアメフト熱にはさすがに負けるけど、
我が家は今年もファイターズ熱烈応援中!






秋の思い出 ~ 美瑛 青の池と白ひげの滝 ~
今日は日中ずっと吹雪いてた。
買い物がなかったので、家でひたすら書類作り。
編み物の課題提出の期限が今週金曜日。
来週の旅行の準備もまだ手をつけてない。
今回の旅は旦那が往復のチケットや宿をとってくれたので
私は気楽にお呼ばれする気でいたら、
どこのお店に行くかすり合わせたいから、
調べておくようにとの宿題。
あぁー、久しぶりに徹夜でもしないと間に合わないかも 泣

どっちも所詮遊びごとだろ、と言われればそれまでだが、
どっちもやらなければならないので、てんやわんや。

さて。
昨年秋の旭川旅での続き。
旭川から朝早くに出発し、美瑛の観光地を巡ることに。

美瑛からさらに白金温泉に向かう。
まずは青の池。

駐車場から遊歩道を少し歩く


右手にチラ見え。



この日はあいにく曇りだったので、青さがぼんやり。
晴れてたらもっと青いのだろう。

ここは人気の観光スポットなので、混みだしたら青の池渋滞と
言われるほど、局地的な大渋滞になるらしい。
さすがに朝8時ぐらいだったのでがらーんとして、のんびり見れた。

次は白金温泉へ。
目的は滝。



白ひげの滝。
橋の上から眺める。結構な高さ。



ほんのり青さがわかるだろうか。
こっちが上流で、先ほどの青の池につながっている。
こちらもまだ混雑する前だったからゆっくり見て終了。

そして、こっちが本命といっても過言ではないランチタイム。
美瑛に以前来た時に気に入ったお店。

歩人 (ほびっと)

自家製ソーセージのお店。
盛り合わせを二人でシェアし、あとおすすめはヨーグルトと、かりっとと言う、
ソーセージの具をフランスパンに乗せて焼いたもの。





写真は2枚だけど注文は1皿。シェアで二人でも十分な量





ここもすぐに満席になるお店。
ソーセージはその時にある数種類から出てきて、
スタッフの方が一つ一つ説明してくれるのだが、
最後の一つぐらいしか覚えられない…
しかも今見たら一つもわからない…
とにかくどれも美味しかった。

行ったのが9月だったので、ラベンダーも終わっていて、
景色的には夏の方が綺麗だっただけど、
美味しいものはいつでも美味しい。

ここでもお持ち帰りのソーセージを買ったが、ホテルの冷蔵庫が
小さかったので、札幌に戻る日に合わせて自宅に郵送しといた。
おかげで、家に帰って荷物が届くのが楽しみになった。

美瑛観光満喫の1日であった。
9月の様子です、お間違いなく。
北海道はどこでも夏営業と冬営業は異なることが多いので、
行くなら確認必須である。


美瑛 青の池他美瑛観光情報

歩人 http://www.hobbito.com






秋の思い出 ~美瑛 カフェ ゴーシュ ~
うちの旦那は普段お弁当を持って行くのだが、
週に1回お昼用の弁当と夜用の弁当を2つ持って行く。
そうなると、御飯とおかずを詰めた弁当箱を
2つ持って行くのは大変だと言うので
お昼用はサンドイッチと何かしらの野菜スープを
スープジャーに入れておき、
夜用は通常のお弁当を用意する。

それでその日は必ずサンドイッチ用のパンが必要になる。
しばらくパン屋さんのパンを買ってサボってたけど、
最近また自分で食パンを焼く事にした。
と言っても、ホームベーカリー任せ。
ノンオイルで作るので一番シンプルなパンなら
強力粉とイーストさえあれば、後は砂糖、塩、水だけなので、
余計な添加物を入れなくて済むのがいいところ。

しかし先日、アムチョコさんで愉屋さんの天然酵母ぱんを
食べて気づかされた。やっぱり手抜きは味に出る。
愉屋さんのぱんは、きちんと手をかけてます、という味だった。
ホームベーカリーで焼いた自分家のパンを食べる度に、
これではいかん、と反省しつつも何かと忙しさにかまけて、
今日は仕方ない…とホームベーカリーに材料をセットする有様。

パンに限らず、掃除や普段の食事も
ついついどこかしら楽をしようとする自分がいる。
専業主婦を肩書きとする以上、家事に手間をかけずに
どこに手間をかけるんだ…と以前どこかで聞いた言葉。
愛情と手間は惜しむべからず。

さて。
昨日書いた上野ファームさんは手間を惜しまないから、
あのような素敵なお庭になる。
もう一つ、旭川の旅で同じように丁寧な仕事だなぁと
感じたお店があった。

美瑛のgosh

噂はかなり前から聞いていたので、行くのが待ち遠しかった。
旭川から美瑛は割と近いのだ。

札幌を出発し直行で向かったので、まだ混雑する前にお店に着いた。
行ったのは昨年の9月の様子なので、今はきっと雪だらけかと。





駐車場の前に庭のような畑のようなスペースがあり
葡萄棚には葡萄やベリーが実をつけていた。



お店に入るとテイクアウト用のパンが並んでる。
どれも美味しそう。

goshさんの珈琲は深煎り。お料理と一緒に注文。
初めて来たのになぜかとても居心地がいいお店。
私達は室内のテーブルにしたが、屋外にテラスがあり、
外でも食べられるようだった。

注文は旦那がキーマカレー、私が豚肉の赤ワイン煮。





食後に珈琲とデザートはシェアで。





どれも美味しかった。パンもやっぱり予想通り美味しかったので、
夜用に食べようと持ち帰りで購入。旭川のホテルでビールのおつまみに。
美味しすぎて写真撮ってなかったようだった。
あっという間になくなったもんな。

お店の人が手すきの間、珈琲豆をハンドピッキングしていた。
パンからも丁寧さは伝わったように、
美味しい珈琲はやっぱりそれなりの理由があるんだ。

それから数日旭川、美瑛を遊び回り、旭川から札幌に戻る日。
またもや開店を狙ってgoshに立ち寄った。
数日後の再来だったからかお店の方もちょっと覚えてた素振りだった。
美味しかったので、また来ました。

旦那は前回最後まで迷ってたサンドイッチ、
私はフランスパンに生ハムのせのやつ。





私のはパンが見えないほど具沢山でどうやって食べようか迷ったが、
まぁ、付き合いたてのカップルじゃあるまいし、
ザクザク切ってかぶりつき。熟年夫婦のなせる技。
いやはやこれも美味しかった。
珈琲も深煎りなのにほんのり甘みとコクを感じる美味しさ。
すっかりgoshさんのとりこ。

前回はパンを少ししか買わずに後悔したので、
家で食べる分に、あれこれ買って帰った。
同じく美瑛の歩人(ほびっと)さんで買ったソーセージと一緒に
翌日のランチになりました。



ちなみにgoshさんのキーマカレーのジャガイモが
固形ではなく、マッシュしたポテトだった。
それがいたく気に入ったので、我が家でもキーマカレーはgosh風に
マッシュポテトになった。真似っこ。

あぁ、またあのパンが食べたい…。
手間は味に出るのである。


Gosh (ゴーシュ) http://www.gosh-coffee.com/cafe.html




秋の思い出 ~ 上野ファーム 旭川 ~
夕方のローカルテレビでは、雪まつり特集のオンパレード。
プロジェクションマッピングは今年も綺麗だったなぁ。
テレビでみても綺麗なので、実物の迫力はいかほどか。
タイミングよく行けたらいいなぁ。

さて、行きたく行きたくてやっと行けた念願の場所。

旭川の上野ファーム

時は昨年の9月のお話です。
イングリッシュガーデンが楽しめるお庭なんだけど…
いつも時期はずれな情報で相すいません。
そう、冬季はガーデンは休園中です。
ガーデンが楽しめるのは4月から10月なので、
詳しくはHP見て下さいな。

ベニシアさんのテレビ番組を見て知ってから、
ずーっと行きたかった。





園内は色々なテーマのお庭があって、どこもかしこも素敵。
季節によってもお花が変わるから、
このお庭の風景とはある意味一期一会。
じっくり楽しんで見て回る。

この場所は小道がクロスになっていて、
高さの違う花が絶妙な配色で左右対に配置されていた。
イングリッシュガーデンの知識はないけど、
イングリッシュガーデン、と言うイメージにぴったりの庭。
紫色の中に、小さな白や黄色、薄紫がアクセントになってた。
ブルーのベンチもかわいい。

偶然上野さんがお客さんの相手をされているところに遭遇。
テレビで見た通り可愛らしい方だった。









お次はローズがメインのお庭だったが、咲き終わりの時期だった。
それもまた味わい深い。









このお庭を抜けると、小高い丘へ行ける。





お庭の中が外国にいるみたいなので、
この風景を見ると、旭川だなーと現実的に。

最後は入り口付近のお庭。









初めて見るような黒っぽいブルーや紫の花。
全体的にスモーキーな色合いで、シックなお庭。
まさに絵本の中にいるようだった。

今、写真見ても癒される。
旭川に住んでたら年間パスポート買って通い詰めるだろうな。
こんな本格的なお庭は初めてだった。
考えられ、丹精込めて手を入れられた、愛情を感じるお庭。
見た人に何か感じるものがあって当然だ。

写真が全体的にぶれてるので、実際の良さはもう何倍もいい。
今年はどんなお庭になるんだろうか。
今年もまた行きたいな。


上野ファーム http://www.uenofarm.net




くつ下編み
もうすぐ雪まつり。
先日大通に行った際に、大通ビッセの窓から雪像作りの様子が見えていた。
出来上がった状態ではなく、作っている途中や、
雪まつりが終わって大胆に雪像が崩されていく様子を目にするのは、
札幌在住ならでは。
といっても、やっぱり完成しライトアップされた雪像が綺麗。
今日は暖かかったが、雪まつり期間が雪像が溶けない程度に
散策日和になるといいねぇ。

さてさて。
最近くつ下について質問され、自分の知識の浅さを実感。
編み図通りには編めるけれど、人に説明するとなると、
どういう風にサイズを決めるのか、
かかとのデザインはどう決めるのかなど、自分で⁇がたくさんでてきた。

最近編み物教室の方はアーガイルのベストに取り掛かっているが、
図面を引くところからやってるので、初めての取り組みだと諦めつつ、
自分はまだ何もできないんだなぁと感じることばかり。
教室は先生に習うとして、くつ下は色々本を読んで見ようと、
図書館予約。

まず届いた2冊。


つま先から編む かんたん、かわいいくつ下
(Handmade Life Series)


思ったより作品数も多くて、解説もカラー写真で詳しかった。
知りたかったかかとやつま先の解説もあったし。
私はつま先から編むくつ下は1回しか編んでない。
2、3つ編んでみたいデザインがあったので、じっくり読んでみよう。

もう一つは、


ラトビアの手編み靴下:
受け継がれる伝統の編み込み模様


これは編みたいというよりくつ下から文化を感じる本。
先祖代々伝わる柄、民族衣装、お祭やお祝いごとの衣装の一つ。
手編みのくつ下が素晴らしい文化に感じる。
編み物の文化って素敵だなぁと改めて思った1冊。
ラトビアにまつわる説明も多いが、編み図もあるし、
時間がある時に珈琲飲みながらゆっくり読みたい本。

まだ予約中の本があるので、とりあえずこの2冊を眺めて待つことにしよう。

それと、ブログにチョコレートのことを書いたので
友達がおすすめの本を紹介してくれた。


チョコレートの手引

チョコレートはただ食べるだけじゃなく、
さらに奥深く知ることができるようだ。
この著者の経歴が面白いなぁと興味を持った次第。

さてさて。
編み物で編み針と毛糸じゃなく、
電卓や縮尺定規を使って疲労気味の頭。
何事も1日にしてならずだけど、
知る、やってみる、覚える、慣れる。
はぁ、道のりはまだまだ遠い。

それにしてもくつ下編むのは楽しい。















チョコレート
珍しくオンタイムな話題を。
今朝は、夜勤明けの旦那を迎えに行き、そのまま大通りへ。

目的はチョコレートとチョコレートに合う珈琲。
まずは珈琲から。ビッセの徳光珈琲で朝の珈琲タイム。



期間限定のバレンタインブレンドは
まさにチョコにぴったりだったので、リピート。
自宅用の豆も買って、お次はチョコレート。

丸井今井のサロンドショコラ会場へ。

今回話題になっていたやつをまずゲット。



家に帰って食べるので
チョコレートチャンクピザを1スライス、テイクアウトで。
私と旦那、それぞれ会場をチェックし再集合。
旦那にどのチョコがいいか聞いたら、昨年と同じチョコのリクエスト。

イギリスのウィリーズカカオのタブレットチョコを2つ。
ペルビアン・ゴールド チュルカナス70とジンジャー・ライム。
昨年食べて、また食べたいなぁーと思ってた。



ビーントゥバーのお店にしては、1枚700円代とお得なチョコレート。
他の店のタブレットチョコを見比べたら、だいたい2000円前後。
ここのはグラムは少ないけど、その分買いやすい。
パッケージがいかにもバレンタインって感じじゃなく、
シンプルだから恋する乙女には地味に見えるかもなぁ。
味と価格のバランス重視の私らには、ぴったりのチョコレート。
また出店してくれてて良かった。

色々見てたら高額なチョコレートが普通に置いてある。
ちっこい一粒がだいたい500円は当然のような値段。
ボックスなら、8000円とか。
世の中は景気がいいんだろうか。
とてもじゃないが高くて買えないね…と言いつつ会場を去る。

チョコレートは販売だけじゃなく、その場で食べれるスイーツも
色々あって、どれも美味しそうだった。人はどんどんやってくる。
本当にお祭りだなこりゃ。

さて。
私達はランチへ。久しぶりのお店。

手作りハンバーグ工房 Toshi





空いてる方が珍しいくらい待って当たり前のお店。
よって、開店前からスタンバイ。

さあ、オープン。
まずはボリューム満点なサラダから。
肉汁ならぬ野菜汁が滴るようなみずみずしさ。
シャキシャキでどれも甘みがある。



お次はいよいよハンバーグ。
食べたかったのよねー、これ。



山わさびハンバーグ180g。
山わさびは別皿で来るので、
自分でハンバーグの上にどっさり乗せてソースをジャー。
アツアツジュージュー。

山わさびの存在は北海道に来てから知ってたけど、
その美味しさに気づいたのは昨年のこと。
あのツンとした辛味がお肉に合うこと。
山わさびはお豆腐に乗せても、ごはんに乗せても、
相乗効果で美味しくなる。
山わさびやみつき。

このハンバーグもやっぱり美味しかったー。
ハンバーグだけじゃなく、付け合わせのグリルした野菜も
甘みと素材の旨さがばっちり出てる。
シェフが野菜にこだわってるだけのことはある。
大満足のランチであった。

家に帰って、しばらく後。おやつの時間。
旦那が淹れてくれた徳光珈琲のバレンタインブレンドに、
チョコレートチャンクピザを温め直して。



マシュマロがサクふわトロリ。
生地が分厚いかな、と思ったけど食べてみたら
マシュマロとチョコレートとのバランスで、ちょうど良い。
まぁ、さすがに甘いので、旦那と半分こ。
珈琲が旨い。

チョコレート好きな旦那には浮かれ踊るバレンタインウィーク。
まだ行って見たいお店がある。
誘惑の多い危険なお祭りである。



夏の思い出~天狗山 シマリス公園~
通常冬になるとニセコでの滞在を心待ちにしてる頃。
今年はいつも泊まっていたペンションに空きがなく、
他を探そうにも、探してみると思いの外旅費がかさむ…。
お気に入りのペンションがリーズナブルだったからね。

ならばと今季はスノボは全てあきらめ、
その分の旅費でドーンと遠くへ行く予定。
旅 その1とか、予告したりすると、
またブログ更新が停滞するかもしれないので、
またその時になったら現地更新でお送りしたいと思う次第。

さてさて。
またずいぶんと回想録入ってるが、昨年の7月に訪れた場所。

小樽 天狗山 シマリス公園

その見るからに興味をそそられる公園は、
天狗山山頂にあるんだが、
下からはロープウェイで登って来れるし、
一応車でも山頂まで行ける。



ちなみにそろそろお気づきの方もおられるかも知れないが、
冬に行ってないから正確にはどの程度かはわからないが、
今ごろは、めっぽう雪景色に違いない。

シマリス公園も夏しかやってない。
今は冬眠中にて、あしからず。



入園料とかなく、係りの人もおらず、ただ柵に囲まれた扉の中へ。
入り口にガチャガチャのカプセルに入ったひまわりの種が置いてある。
これが餌。確か100円ぐらいだったと思うが、
購入し、さぁ、シマリスやどこだいと探す。



しばらくじっとしてたらひょっこり出てきた。





手の中の餌を狙っている様子。
こっちは初めてでどうしたらいいか戸惑っていたが、
シマリスは慣れたもの。



近寄ってきてひまわりの種にかぶりつき。



膝の上に飛び乗られ、慌てる旦那。



1匹だけじゃなくてあちこちの巣穴から次々に出てくるが、
必ず1匹ずつしか餌をもらいに来ない。
たまたまなのかわからないが、他のリスのお食事中は
別のリスは遠巻きに見てるし、
食べてるリスは近づかれると他のリスを威嚇する。
生存競争か。

ほっぺの餌袋にせっせとため込む。



そして手のひらに出したひまわりの種をあっと言う間に殻だけに
すると、もうおまえに用はないとばかりに立ち去ってしまう。
つれない奴だ。ならば、こっちにも作戦だ。



ひまわりの種、まだもってるよーって振りして
手のひらを半開きにしてのリスとの攻防戦。
たまに往生際が悪く、本当にもうないのかと、
疑り深い奴もいる。手のひらに頭をぐいぐい押し込む。
もうないよーとネタばらし。
背中もお尻も隙だらけですよ、あなた。



北海道に来てから、札幌の円山や、帯広の神社、はたまた道路で
幾度と野生 のリスに出くわしたが、全てエゾリスだった。
黒くて冬眠しない方のリス。
当然野生のリスには近づけないので、
このシマリス公園は面白かったー。

コツは餌を小出しにすること。
奴らはあればあるだけ餌袋にため込む。ほっぺ満タン。
少しずつ色んなリスに餌をあげると1カプセルでも
けっこうゆっくり楽しめた。

後は、草むらなので蚊に刺された。
足元は虫除けスプレーしとくと万全。
山頂展望台にトイレがあるので、手をちゃんと洗って終了。
柵の中とは言え、野放しの動物ですからね。

帰りに手稲のポルキリさんに寄ってカレーを食べてランチタイム。



ココナッツチキンカレー。
私はココナッツが苦手なんだけどここのは美味しい。
手稲方面に来たら再訪決定。

毎度毎度、時期がずれた情報で申し訳ない。
くれぐれもシマリス公園については、夏にしか開いてないので、
あくまでも予習ってことでご理解あれ。






秋の思い出~心の里定山~
昨年ブログサボってる間の出来事。
季節は紅葉がうっすらと色付き始めた頃のこと。

以前一人で偵察に行き、とっても気に入ったので、
しばらくぶりに今度は旦那と一緒に行った。

心の里定山

焼き菓子、ドリンク付時間制限なしの足湯が楽しめる
定山渓温泉の端にある大人の空間。
旦那は本を持ち、私はもちろん編み物 持って。

fc2blog_20160201231027552.jpg


入り口で靴を脱いで。

fc2blog_2016020123140660a.jpg

fc2blog_20160201231440c46.jpg

和室もあり。

fc2blog_20160201231526c27.jpg


焼き菓子とドリンクコーナー。セルフになってるので、自分で。
常スタッフの方が補充してくれてるので、お好きなだけどうぞ。

fc2blog_201602012316243e7.jpg

fc2blog_20160201231647656.jpg

焼き菓子を皿に取り、ドリンクを持って、外の足湯へ。

fc2blog_201602012321208e7.jpg

落ち着いたら辺りの景色を。

fc2blog_20160201232213aee.jpg





足湯のスペースはここに。



今はきっと一面の雪景色だろう。
私が以前冬に行った時はここは使えなくて、軒下の足湯だけだった。
紅葉が楽しめる時期の参考まで。

さて、ポカポカしてきたら、部屋のなかへ。
ちなみに足湯を楽しむために、タオルや靴下、虫除けスプレー、
ひざ掛け、麦わら帽子、ちゃんちゃんこなど、
季節に応じたグッズが用意されているのでご安心あれ。
派手かわいいちゃんちゃんこ。



さてどこに座ろうか。





ここに決まり。



おかわりの焼き菓子とドリンクを用意。



編む態勢バッチリ。



静かなピアノの曲がいい音色で流れ、ソファの後ろからは、
ピアノの音色に合わせるように本物の鈴虫が輪唱してる。
ちょうど鳴く時期だったらしい。
こんなに綺麗な音色の鈴虫は初めてだった。
きっと、ピアノの音の影響じゃないかしら。

思わず旦那が、家でも鈴虫飼いたい、と、
子供のようなことをいうので、
いやいや、命の限られた虫であることを忘れるな。
音色に騙されてはいけない。
ここで楽しめばよい。と、諭した。

結局滞在時間3時間近く。
編み物はかどるはかどる。
編み物して、お菓子食べて、お茶飲んで、
どれだけいてもいいなんて。あー、天国。

旦那もかなり気に入った様子。
年末の森の謌に泊まった時に、お昼にここにくるか迷って
結局行ったことなかったホテルミリオーネの
ラウンジカフェに行ったのだ。

とにかく長居したければ、ここは最適。
定山渓はとにかく癒される場所である。
ただし今は雪景色ですからね~。

これは年末に森の謌で撮った写真だけど、
きっとこんな感じかな。



今年も行きたい癒しの場所である。



心の里定山 http://www.kokorono-sato.jp




  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ