熊本地震 その後を調べる
突然被災地となり、被災者となってしまった戸惑い。
そして、変わり果てた日常の中で、
生活の立て直しに向け手探りな日々。

地震が起きてから、緊張と疲労は続き、
ストレス、怒り、諦め、そしてありがたみ、
人によって感情は異なり、
立ち直れるスピード、前を向ける活力も人それぞれ。

ショックのあまり無気力になり、頑張れない人もいれば、
こんなときこそと奮起できる人もいる。

頑張れる人も、頑張れない人も、
自分のペースでいいはず。

ただ、頑張れる人こそ、自分の無理に気付かず
身体を酷使してしまうので、自分は大丈夫と思っても、
どうか身体を休める時間だけはしっかりとって、
休んだ後でまたその力を発揮して欲しいと願う。

さて。
支援物資などは必要としているところへの分配方法に
まだまだ対策が行き届いていないように見えるが、
ひとまず大元への供給ができ、物資募集が収まったよう。

食料などは期限もあるし、ライフラインが動き出すと、
非常用の食料ではなく、日々普通に食べていたものが食べたくなる。
当たり前の日常生活を送りたいと思う。

被災者と言っても、各々状況は様々。
細かいニーズに対応するには、地域の自治機能が
働いていないと、個別対応ではなかなか行き届かない。
日ごろからのご近所の関係が活かされる。

まずは住む場所がない方、病気の方、介護の必要がある方など
自分の力だけではどうにもならない方々への
支援を早急に対策して欲しい。
避難生活はただでさえストレスだらけ。
避難先で命を落とさないようにと願う。

自分が被災者になると、外の人よりも、
全体的な被害状況の把握ができない。
忙しいし、自分のことで精一杯だし、
同じ熊本県内であっても、自分の周りのこと以外は
わからないことが多いと思う。

そこで参考になりそうな情報を探してみた。

まずは、今回の熊本地震についての概要や被害状況。

◆NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/liveblog/kumamoto/

熊本と大分のニュースの最新情報が随時更新されています。

◆朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/topics/word/熊本で震度7.html

熊本地震についての特集記事。
被害状況や生活に必要な情報のリンク先が多数掲載。
調べたいことが探しやすいです。

◆ウェザーニュース 熊本地震特設サイト
http://weathernews.jp/s/topics/201604/150005/

今後雨や台風などの情報は常に警戒が必要です。
事前にしっかりと情報の収集を。

◆国土交通省 国土地理院 平成28年熊本地震 概要
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/H27-kumamoto-earthquake-index.html

早急に必要な情報ではないけれど、
活断層の場所や現状がわかりやすい。
自分の地域の情報収集の一つとして。

◆熊本市ホームページ
http://www.city.kumamoto.jp/

日々変わる支援状況。支援する側もされる側も、
今必要とされることを見てから動くのに役立ちます。

◆阿蘇市ホームページ
http://www.city.aso.kumamoto.jp

益城町と並んで被害が大きかった場所。
被害状況や、今後の支援に必要な情報が
わかりやすいホームページです。

◆熊本国税局 被災者への税制措置について
https://www.nta.go.jp/kumamoto/topics/saigai/pdf/joho05.pdf

被災者はこれから色々な国の支援があります。
国の支援は基本的に自分から申請しなければなりません。
自分はどんな支援を受けられるのか確認が必要です。


次に、義援金、民間支援やボランティア情報など、
支援する側の情報です。

◎熊本県 義援金募集
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

色々な方法で支援する先はあります。
義援金は分配されるまで時間がかかるので、
自治体の直接の募集が活用されやすいのではないかと思ってます。

◎マイレージからの支援

ANA
https://www.ana.co.jp/amc/news/info/201604/mileage-donation/

JAL
https://www.jal.co.jp/jalmile/use/charity/kmjeq2016/

私もマイレージは残っているので、便利な支援だなと思いました。
各会社によって、使えるマイレージの金額、支援先などが異なるため、
関心がある方は、各社のHPでご確認下さい。

◎熊本県社会福祉協議会 災害ボランティア情報
http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/kinkyu/pub/default.asp?c_id=23

熊本県内の各自治体のボランティアセンターの状況がわかります。
とても見やすくまとまっていて、わかりやすいHPです。



今回の地震で被害に合われたみなさんに、
何かのお役に立てたら幸いです。
心よりお見舞い申し上げます。

1日でも早く生活再建の支援が行き届き、
少しでも希望が持てますようにと、願っています。



桜とマルシェと映画
ここ数日ようやく朝の暖房を入れなくても
過ごせるようになってきた札幌。

今日はいいお天気で窓を開けると風が暖かく感じられて、
外を歩こうという気分にさせられた。

まだ開花宣言を聞いた覚えがないが、今年初の桜の木を発見。
どうやらここは日当たりがいいらしい。







こぶしの花もちらほら。



周りでここまで咲いている桜は他に見当たらないので、
これからあちこちの桜が咲くのが楽しみ。

少し足を伸ばして、チェックしていたマルシェ・ドゥ・グルニエが
行われている森彦さんのプランテーションを覗いてみた。

FBで連日の盛況ぶりは見ていたが、今日も最終日とあって、
賑わっていた。



見たかったヒンメリの飾りを販売している
ブースを見つけて、ヒンメリの実物を見れた。
予想してたよりもさらにずっと素敵で可愛かった。
早速図書館でヒンメリの本を予約した。
ヒンメリ、もっと知りたくなった。

手作りの木工品やアクセサリー、小物など、
所狭しとブースは並び、お客さんが多いので
立ち止まってじっくり見るのが難しくて、
流れに乗りながら、一通り見て回る。

食い意地派の私としては、
パンや焼き菓子、いつも行くマムスコーンさんなど、
食べ物を特にチェック。

ヒンメリを販売していたお店で気になったマフィンを
お土産に購入。



マルシェ・ドゥ・グルニエに今日行くかも、と
旦那に朝言ってあったので、仕事から帰ってくるなり、
「で、お土産は何?」の催促。

クリームチーズとベリーのマフィンを美味そうに食べてた。

そういえば。
先日のお休みに久しぶりに映画を見た。

『クーパー家の晩餐会』



映画見た後だと、『晩餐会』って言葉と映画が
いまいちぴったり来てない気がするけど…

以前見た『シェフ 三つ星 フードトラック始めました』の
フードコーディネーターさんが
お料理に参加しているという内容にそそられた。
やっぱりここでも食い意地派。

特に何てことはないストーリーで、
ちょっと表現は飛躍するけど、言うなれば、
昔母親がよく見てたドラマ、渡鬼のように、
家族はそれぞれいろんな問題を抱えて、
それを家族に悟られまいと取り繕うけど、
結局は家族に自分の惨めなありのままをさらけ出さざるをえない。

渡鬼をぐっとオシャレにした感じか。
お父さんが太ってるから印象がダブるのかな。
キャラクターが、おじいちゃん、お父さん、お母さん、
兄姉妹、孫たちと年代が多彩だからかな。
何れにしてもかなり勝手な解釈であることは間違いない。

そして、最後に自分は問題とどう向き合うか、
家族はどう受け止めてくれるのかってお話。

シェフ 三つ星の方もそうだったけど、
出来上がったお料理にフォーカスするだけじゃなくて、
ストーリーの中に自然にキッチンで料理を作りながら
ストーリーが展開して行く。
そのキッチンの映像が、もっと見ていたい!
って思ったけど、意外と短くて残念。

クリスマスの設定なので、全体的にゆったりとした風景とBGMに、
キャラクター一人一人が生き生きと見える映画だった。
時々くすっとした笑いもあるし。

それで、なんかなぜだかわかんないけど、気付いたら
途中で自分の意識とは関係なしに涙が出てた。
人と人との思いが通じ合う瞬間とか、
自分をさらけ出して受け入れられる瞬間って泣けるのか?
って、自分でも意味不明。
とにかく好きな映画だった。

最近情緒がやや不安定だったから、
共感して泣くのは、ある意味いいことと思おう。

さぁ、明日もまずは朝からお弁当作り。
みんな毎日頑張ってる。
だから、私も色々頑張らなきゃ。



片付ける前に
熊本の友人達は、週末になり仕事が休みになっても、
ゆっくり休む暇なく、家の片付けに追われることだろうと思います。

今後、被害にあった家などの補償などで必要になってくるのが、
自治体が発行するり災証明書です。

詳しく丁寧に紹介されている記事があったので、
参考になると思います。

◆『東京はなれてまったりと』
http://sayurice.hatenadiary.com/entry/2016/04/18/133045

▲こちらのブログはとにかく熊本の情報が豊富で
まとめ方も見やすく参考になることばかりです。
ありがたいです。


▼こちらは法務関係の会社のHPですが、簡潔にまとまってます。

◆あさくらリーガルパートナーズ
https://a-l-p.jp/rigai/


私は東日本大震災の時に車が津波で流されたので、
当時住んでいた自治体にり災証明書をもらいに行きました。

被害にあった車の廃車処分の書類作成に必要だったのと、
新しい車の買い替え時にいくつかの税制優遇措置があり、
購入時にも提出しました。
また、主人の転勤した新しい職場でも、
り災証明書を出して欲しいと言われ提出したと思います。

り災証明書の詳しい手続きについては各自治体のHPや
問い合わせ先で確認できます。
とにかく必要だったのが、被害状況の写真です。

津波にあった車を流された場所に、
当時私が見に行くことができなかったので、
ディーラーさんと一緒に見に行った主人が私に見せようと
携帯で撮った写真が役に立ちました。

自宅のパソコンでプリントアウトして写真を
市役所に持って行ったと記憶しています。

まだまだ各自治体が混乱していて、
手続きがスムーズにできているのかどうか、
現地の状況はわかりませんが、まずは瓦礫を片付ける前に、
もしくは片付け途中でも壊れている状態など、
ご自身の被害の状況を写真に撮っておくことをお勧めします。

疲労やストレス、今後の不安と心や身体が重くなることばかり
でしょうが、一息ついて休めるときは休んで、
また少し前を向く力を持って欲しいと願っています。



感謝の気持ち
熊本の友人達とのやりとりでみんな言うことが感謝。

家族や子供達の笑顔に感謝、
助け合える周りの方々への感謝、
各地からの支援への感謝、
朝陽が昇り新しい1日を迎えることができることに感謝。
今日も無事に1日が終わったことへの感謝。

私も5年経った今でも同じ気持ちです。
これは5年前の震災の話です。

地震が起こった日、旦那は仕事先。
津波が自宅近辺には来ないとわかったところで
一旦みんな自宅に引き上げ、
一人で家の玄関でじっと座っていた私に
自分の家でみんなと一緒にいようと
声をかけてくださったご近所さん。

携帯が使えず旦那と連絡がつかない中、
私が無事で一緒にいることを旦那側に伝え、
また旦那も無事であると私に教えてくれた
旦那同士が同じ職場の奥様。

夜になり、避難所となっていた小学校に情報を
聞きに行こうと思い、一人で歩いていたら、
女性一人で停電の街中を歩くのは危ないからと
行き帰り一緒について来てくださった見知らぬご近所の男性。

同じアパートの敷地内の車の中で避難されていたので、
一人で車の中で大丈夫ですか?と尋ねると、
部屋には女性や子供さんばかりでしょうから、
男性の自分は行かないほうがいいと思います。
大丈夫です。と配慮のあるお言葉。

地震発生から3日目、
一部のスーパーが営業を始めるものの、
停電でレジが使えないので、入店した一人一人に付き添い、
購入したものを電卓で計算して
買い物をサポートしてくださった女性。
ご自身の家はまだめちゃくちゃだと言っておられた。

地震から数日後、電気が来て携帯は通じるようになったが、
当時我が家から80キロ離れた原発で事故が起こり不安な日々。
私の地元に一旦帰ることに決めたものの、
交通機関の情報をなかなか探せないでいたら、
手分けして、東北から九州まで動いている
交通機関を急いで調べて連絡してくれた九州の友人達。

いざ家を出ようと思うと
自宅から動いていた仙台の地下鉄までは
車ではないといけない距離。
ガソリンスタンドがガソリンがなく
開いてなかったので、タクシーも使えない。
盗難されるのを覚悟で、自転車で行こうかと考えていたら、
地下鉄まで自分送るからと言ってくれたご近所さん。

依然として原発事故の様子はわからず
今後どうなるかもわからない時に
貴重なガソリンを使わせてしまっては申し訳ない。
だが、大丈夫だから乗ってと言われ、結局送ってもらった。
うちにあった食料と今後ガソリンが手に入る時のために
気持ちばかりのお金を渡そうと思ったが、
お金はどうしても受け取ってもらえず、
食料だけでありがたいと逆に感謝された。

飛行機の予約が取れにくくなっている中で、
私達のチケットを急いで取ってくれた親戚。

心配してネットで安否を探し続けてくれた友人達。
一時的に避難してお世話になった九州の親戚宅。

地震が起こった時、すでに札幌への引っ越しが
決まっていたので、トラックの準備が出来次第、
九州から自宅に戻り、余震が続く中で
引っ越しの作業をしてくれた引っ越し業者さん達。

道路が波打ち、大きな余震も続く中で
トラックを運転して札幌まで荷物を運んでくれた運転手さん。

津波に流され廃車になる車の処分を
迅速に手伝ってくれたディーラーの方。

心配して手紙や品物などお見舞いをくれた友人や親戚。

直接的にサポートしてくれた方々だけでもこんなにたくさんいて、
行政支援や間接的なサポートもいれると、
どれだけお世話になったことだろう。

当時の状況を乗り越えられたのはみなさんのおかげだと
本当に感謝の言葉しかない。
5年前、私は助けてもらうばかりの側だった。

今さらながら、みんなに感謝、ありがとう。

そしていつも私の側で私を一番守ってくれている主人。
特に何をする訳ではないが、側にいてくれているのは、
何より心強い。

自分一人だと思うと、とてつもなく不安になる。
声を掛け合うことで互いが救われた気持ちになれる。

困っていたら助けを求め、
助けを求められたら、自分にできることをする。

不安なことだらけの毎日を乗り切るにはやっぱり人と人。
避難生活は我慢することばかり。
助けてと、声を上げる勇気を持って欲しい。
何も言わなければ、気づいてもらえない。
声を出せば、きっと誰かが気づいてくれる。

助けてもらったら、ありがとうの言葉を伝えるだけで、
こちらこそお礼を言ってもらってありがとうと
自分が役に立てたことを嬉しく思えるのだから。

余裕のない状況ではすぐに気づけなくても、
感謝の気持ちはいつかどこかで連鎖すると思っている私である。



熊本への支援 その6
熊本の状況を改めて目にすると、
ライフラインが正常になりつつあるものの、
まだ断水で不自由な生活をされているところもあり。

家が倒壊した、もしくは倒壊の恐れありで、
荷物を持ち出せないまま避難所で
避難生活をされている方もあり。

また避難所によっては物資が届かず、
食べることにことさえ困っているところもあり。

ところどころでは支援の良い情報も耳にする中で、
やはりまだまだ混乱の最中で、困っている方々が
たくさんいらっしゃる現状。

熊本が中心の情報の中で、大分も被害が大きいとか、
メディアが入ってないけれど、支援が行き届いてない
というところが九州各地にあるよう。

普通に送れていた生活が突如一変し、
この先どうしたらいいか不安に思っている方々に
生活再建への支援が行き届くことを願ってます。

支援というところで、
先日義援金等の使われ方の違いについて
調べてブログに書いたのですが、
( ◆熊本への支援 その4)

今回各自治体が募集している義援金は
その自治体によって、使用目的は異なるようです。
市町村の復興財源だったり、被災者へのお見舞い金であったり、
目的を決めて募集を募ったところもあれば、
現段階では詳細を決めずに募集しているところもあるようです。

そもそも市町村への義援金であれば、これだけ被害が大きいと
被災者へ直接であれ、間接的であれ、
地域の再建に助かることに違いはないので、
少額の募金の私があれこれ言うことではなかったなぁと、
また一人で反省し、恥ずかしく思ってました。

身近な友人達の窮状を聞いて、
また自分の記憶が思い起こされて、何かしなければという
焦りばかりが先に立ち、冷静さを欠いていたように思います。

誤解や、誤った情報がないように努めたのですが、
本来、過ぎ去ったイベントを思い出したように書いたり、
ざっくりとしたお店情報を不親切に紹介していたりと、
とても本気で役立つブログではないので、
友人達のためになんとかしなきゃと言う思いだけで、
自分のできる範囲以上のことを書いて、
やっぱり中途半端だったな、と思ってます。
つい言い訳めいた事を書いていますが。

改めて、人に役立つ情報を提供するのは難しいです。
今後も、友人達やこのブログを見てくださっている方が、
せめて、ふっと笑えるようなことがあればいいな
という思いは変わらないので、
引き続き今回の地震にあった方々に自分でできる形で応援し、
ブログを書いていこうと思っています。

これから夏にかけて台風の時期がやってくる九州。
どうか、新たな被害を広げないように
国や行政と企業とで急いで対処して欲しいと願ってます。











とても余裕などない状況下ですが、
少しでも笑顔で支え、笑顔で返せる
癒される支援が増えますように。



熊本への支援 その5
メールのやり取りをしていた熊本市内の友人の一人から
電話をもらいました。落ち着いた様子の声が聞けて嬉しかった。

友人は職場の仕事が再開しているので、
毎日仕事に出かけているとのこと。
水や電気は来ていて、家族や知り合いと協力して
生活しているので、なんとか生活はできている様子。

家は天井や床が外れ、倒壊の恐れもあるので、
長時間の滞在はできないので、
必要な時に気をつけながら入っている状況。

道路はあちこちで液状化現象が起きており
波打っているところも多く危険なので、
通勤の往復は通常の2倍の時間がかかっている。

水は出るが、お風呂には入れないので、
タオルなどで身体を拭いている。

映像を見るのが怖くてテレビは見れないし、
SNSは情報が錯綜しているので今は一切見ていないし、
一日中忙しく、ネットで調べている余裕はないので、
情報は知り合いからの口伝えがほとんどの様子。

車中泊とテントでの寝泊まりが続いているが、
自分はまだ恵まれている方だと。
このような状況で、弱音を吐かない友人が心配でもあり、
一方で前向きに捉えている友人が誇らしく思えました。

今、気掛かりなのは、最近自分も含めて、
周りのみんなが身体の浮腫みが出てきているので、
エコノミークラス症候群について調べて欲しいとのこと。

なので取り急ぎ、エコノミークラス症候群について調べてみました。

(※注意
私は単なる主婦で医学の知識もなく、
調べる時間がなく困っている友人達が
見やすいように調べたことをまとめているだけので、
くれぐれも以下の内容だけで安易に判断せずに、
病院なり、医師の元できちんとした説明を受けて下さい。
その点をご了承の上、ご覧くださますよう
くれぐれもよろしくお願いいたします。)


調べた内容によると、エコノミークラス症候群は、
長時間窮屈な姿勢を続けていたり、
水分不足、運動不足、トイレに行かないなどの
下半身の血行不良により静脈に血栓ができる。

血栓ができた状態で、急に血流が流れて血栓が剥がれてしまい、
血栓が移動した先で血管を詰まらせる。
足の途中の血管に詰まると足の痺れや浮腫み、痛み、
皮膚が変色し赤くなるなどの症状がおこり、
肺に流れてしまうと息を吸う時に
胸の痛み、圧迫感、息苦しさ、不快感などが起こり、
血栓が大きいと呼吸困難や血圧低下、意識障害を起こし、
突然倒れて亡くなることもある。

小さな血栓であれば血管を詰まらせることなく、
血管内を通過し、無症状でだんだん小さくなるものもある。

色々調べたところ、エコノミークラス症候群が起きるのは、
血栓ができて剥がれるまで必ずしもすぐということではなく、
数時間後から、1~2週間後、また1~2ヶ月後と
症状が出る期間は意外と長いようだ。

最初の地震発生から約1週間ほどになるので、
普段と違う慣れない生活で血流が悪くなり、
このような症状がでてもおかしくないように思う。

水分補給や、トイレなどはこまめに意識していると言っていたが、
十分な休息が取れないことや、余震が続くストレス下の状況も、
血行不良を引き起こすのではないかと思う。(←これはあくまで私の考え。)

対策は色々あるが、まずは上の症状が気になるようであれば
病院で見てもらう方がいいと思う。
一応循環器科や血液内科があれば専門なので、一番良いようだが、
胸が苦しいとか、息苦しさを伝えて避難場所などで
適切な病院を探してもらうようお願いできないだろうかと思う。

血栓ができている状態で、運動やマッサージをすると、
剥がれていない血栓を剥がしてしまい
逆効果になることもあるようなので、
なんらかの症状がある時はくれぐれも注意して欲しい。

それで血栓ができないようにするには、
水分補給、トイレを我慢しない、
歩くこと、足首を回したり、足の指をグーパーしたり、
膝から下のふくらはぎ側を
足首から膝に向かって、下から上へマッサージしたり、
大きく深呼吸して、身体を伸ばしストレッチをしたり
足を高くしてゆったりとした姿勢で寝るなどと、
下半身の血行を良くすることが効果的なようだ。

ちなみに私はいつも飛行機移動の時、ロングドライブになる時、
また東日本大震災の時も、普段から履いている
スキンズの着圧タイツを念のため洋服の下に着て利用している。
洋服などでの下半身の締め付けは逆効果のこともあるので、
慣れないことはせずに、できることで予防して欲しい。


<私が参考にしたエコノミークラス症候群関連のリンク先>

◆ドクターの診察室 Dr. 馬場が答えます!
http://www.newsdigest.de/newsde/column/doctor/6666-994.html

◆エコノミークラス症候群の初期症状は?原因や予防対策と治療法!
http://hitmee.info/ekonimi-kurasishoukougun-shokishoujou-3146

◆“エコノミー症候群”予防に「水分摂取・足体操」
http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000072980.html

◆ガッテン流イナバウアー
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20110420/index.html#item4

◆心配される”エコノミークラス症候群”ポイント&対策まとめ
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mamoruichikawa/20160417-00056722/


上記の内容についてはご自身の判断のもと、
慣れないことをして無理をしないようにして
怪我のないように行うよう、くれぐれもご注意下さい。









友達の元気な声が聞けて嬉しい。
どうか今少しでも休息して
また明日1日を乗り越えて欲しいと願う。



熊本への支援 その4
熊本の別の友人から無事のメールをもらいました。
みんなが無事でいてくれること、
頑張っていると言ってくれること、
私の方が励まされる思いです。

避難所通いの生活は大変だけれど、
揺れ続けている地震への恐怖の方がつらいようです。
大人達でさえ恐怖を感じているなら、
子供達はどれほどのストレスかと思うといたたまれません。

物資の支援と同時に今後は色々な形で子供達、そして大人達にも
ほっとできる気持ちの休息を与えられるような
支援の力が届けられたらいいなぁと思います。

私も色々考えても、やはり募金という形が
一番の支援に感じているので、
微力ですが支援しようと思っています。

そこでどこにお金を送ったら一番自分の支援の気持ちに
つながるだろうと、調べてみました。

過去の色々な災害の時にも募金したことはありますが、
大きくは、義援金、支援金、ふるさと納税と言うのが
今回目に付きました。

義援金は、熊本県庁のHPや日本赤十字などにありますが、
被災者に直接お見舞い金として分配されるようです。
支援金は、NPOなど、被災者の支援を行う団体の活動資金など、
基本的には使い道はその支援団体が決めるようです。
ふるさと納税は、その市町村の財源として公共施設の整備や
地域振興のために使われるようです。

※訂正追記4/21
再度調べたところ、今回各自治体が募集している義援金は
その自治体によって、使用目的は異なるようです。
市町村の復興財源だったり、被災者へのお見舞い金であったり、
目的を決めて募集を募ったところもあれば、
現段階では詳細を決めずに募集しているところもあるようです。
詳しくは各自治体のHPにてご確認願います。
追加訂正させていただきます。大変失礼致しました。


これだけ大きな災害になると、どこもお金が必要だと思います。
私も過去の大きな災害で募金した時に、
いくつかのボランティア団体に寄付したことがあるのですが、
団体によって、お礼のメールと一緒に寄付の収支明細を
送ってくださるところもあれば、
結局どんな活動をしたのかもわからず、
きちんと被災者のために使われていたらいいけどなぁと
不安に思ったことがあります。

ほとんどのボランティアや、支援団体が善意で行ってくれていると
思いますが、自分の募金がどう使われるのか知った上で
募金先を選ぼうと思ってます。

ちなみに、義援金やふるさと納税は支援した金額によって
税金の控除の対象になっていたり、
ふるさと納税はお礼などが届く場合もあります。
今回は事態が事態なので、今回はお礼はなしとか、
自分から辞退するというのも聞きます。
関心がある方は、国税庁HPや各自治体のHPで
調べてご覧になるといいかと思います。

さて。物資の支援については、以前ブログに書いた
福岡市の支援は募集内容が変更なっていました。
必要な物資は日に日に変わるので、
こちらも関心がある方はHPでご確認下さい。

『WITH THE KYUSYU プロジェクト』
http://lineblog.me/takashima/

佐賀市のHPも支援物資の受け入れ状況報告が出ていました。
『支援物資受入状況(平成27年4月20日(水)現在)』
https://www.city.saga.lg.jp/main/?emp=161

今後は問題になっている避難場所ごとの支援の格差が気になります。
避難場所の状況把握に、避難人数や不足物資など、
避難場所の状況を取りまとめた代表者が
連絡が取れるフリーダイヤルの専用ダイヤルを作って、
テレビ、ネット、停電している場所でも聞けるラジオなど
あらゆる媒体で投げかけたらとりあえず電話ができる状況のところでは、
連絡がついて避難場所の把握できそうな気がしますが…。
私でも考えつくことなので、すでに準備されていることでしょう。

誰からも支援の手が届かずに困っていらっしゃる方々が
早く解消されて欲しいと思います。

熊本のコンビニなどの営業が再開されたとの記事をみました。
大変な状況でも、色んな方々が頑張って支援されているので、
私もできることを応援しようと思います。









みんな頑張らざるをえない状況で
頑張りすぎてることと思います。
日々の生活の中に家族と笑いあえる時間を
少しでも持てるよう祈ってます。

熊本への支援 その3
熊本市内の別の友人からのメールで、
家が無事だったため、水や電気もきていて、
生活ができているとのこと。

あちこちからの支援で感謝していると言っていました。
無事に頑張っている様子が聞けて、本当に嬉しかった。
これからも油断せずに家族みんなが無事でいて欲しいです。

数名の友人からの情報だけでも被災した状況下は様々で、
その分ニーズも違うんだと改めて思いました。

物資の支援や医療支援、また、今後に向けた
近隣県の住宅支援なども、
主婦の私が調べてもわかるほどに、
色々な専門の方々が連携して動いている様子が伝わってきて、
支援が徐々に被災者に近づいているんだなと、
直接何もできない私にはありがたく、頼もしく感じています。

よって、私が各近隣都市にメールしたのは、
余計なことだったな、とまたまた反省。
忙しい上にお返事まで下さったところもあって、
手間をかけただけになってしまった。
表面にでていなくとも、ちゃんとしかるべき人達が
しかるべきことをしてくれていると、
信じて待つべきでした。あー、失敗。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

物資の支援も現状、企業や市町村単位で
大量に提供を始めているので、
今後も必要なので募集中というもの以外は、
個人で物資を送るよりはやっぱり募金という形が
これから私にできることかなと思ってます。

応援したい気持ちが空回りして
迷惑にならないようにしなきゃと
自分のできることを再確認してるところです。

大きな災害があると支援したい人達がたくさんいて本当に感動しますが、
受ける側の特に行政の方々の方が圧倒的に数が少なく、
いつも業務が停滞していることが報じられます。

現地の行政の方々も同じ被災者で、ご自分やご自分の家族を後回しにして
ご自分の仕事に励んでおられることかと思います。

私のように御門違いのお願いメールをだすのではなく、
頑張ってくださっている色々な方々に
感謝して応援したいと思ってます。






1日でも早い地震の終息と、
みんなの無事を願ってます。


熊本への支援 その2
福岡市の熊本への物資の輸送が始まったようです。
現地に負担をかけず、速やかに物資を渡せるこの試みはありがたいです。

「WITH THE KYUSYU プロジェクト」
http://lineblog.me/takashima/archives/58548542.html

私も札幌から送ると時間がかかると思ったので、
ネット注文して届けるようにしましたが、
明日福岡に届けられるとの連絡がありました。
思ったよりも早く着きそうで良かったです。

個人の送り方については、
私も物資をボランティア団体に送ったことはありましたが、
自分で送ったことがなかったので、
今回無知であったと反省しています。

送った後で気づきこちらのブログが参考になりました。

「被災地へ支援物資を送りたいと思ったら読む記事」
http://hisaimama.hatenablog.com/entry/SendingDisasterRelief

物資をごちゃまぜに送ると仕分けに時間がかかります。
箱の中が何であるか、外から分かれば
仕分けも楽で素早く被災者へ届きます。
箱が重く大きいと動かせる人が限られます。
何でもまとめて送ればいい、というのではなく、
受け取る側がすぐに被災者へ渡せる状態にする配慮が
被災者へ物資を渡す時間と労力を短縮できます。

今回私は水と生理用品を送りましたが、
水はケースなのでそのまま仕分けできます。

生理用品もショップの方でまとめて
1個口にしてくださったようで、そのまま渡せるようです。

ちなみに生理用品はナプキンとパンティライナーを
まとめて送りました。お風呂に入れず、
下着の替えもない状況だと聞いています。
パンティライナーはそんな時に便利なのです。

一方で物資が届くようになると、
ゴミ問題がこれからどんどん深刻になります。
飲料類、食べ物の袋類、使用済みの色々な物。
トイレが使えないとなおさらです。

そもそも大きな災害があるとゴミ処理場も止まります。
しばらくゴミを捨てることができずためておかねばならないので
衛生面が厳しくなります。

今後、医療支援などの処方薬とゴミ処理の問題を
早急に対策が必要になってくると思います。
そのうちビニール袋も足りなくなるのではないでしょうか。

何かしたいけど、どうしたら少しでも多くの人の手助けが
できるかと考えて、とりあえず、住んでいる札幌市と
熊本近隣の福岡県内もしくは佐賀県内の市に物資の支援を
お願いするメールを出してみました。

また、福岡市のような取り組みを近隣の市で協力して、
今後、食料支援の拠点、医療支援の拠点、ボランティアの受け入れ拠点など、
何かしらできることがあれば、検討して欲しいという内容です。

実際は何かされているかはわかりませんが、
HPには乗っていないところばかりだったので、
何かされていたら、公表していただけると全国の支援したい方が
支援しやすくなると思います。
できる範囲の支援をしていただけるように願うばかりです。

ボランティアの態勢が整うまでは、
個人が動くと数が多すぎてかえって迷惑になります。
自衛隊などの救援車や物資運搬の車が渋滞に巻き込まれている
というニュースもみました。

熊本に入る人も熊本から出る人もみんな車移動しているのです。
なので、避難所の駐車スペースが足りないというニュースもみました。
東日本大震災の時はほとんどの人が車が流されたので、
私の周りでも車を持っている人が珍しかったので、
今回の熊本地震と大きく違う点です。

出来るだけスムーズに物資輸送が進むことを願ってます。


そして、早速佐賀市の取り組みを教えてもらいました。

「佐賀県内9市合同で熊本県内3市へ支援物資を輸送します」
https://www.city.saga.lg.jp/main/?emp=138

早速、平成28年4月18日(月)15時30分 輸送車が出たそうです。
熊本県と九州各県がきちんと協議した上で、
支援する担当を決めて配分が行われているそうです。
素早い対応に頭が下がります。

佐賀市でも支援物資の受け入れをしています。

「熊本地震の被災者への支援物資を受け付けます」
https://www.city.saga.lg.jp/main/?emp=140

以下、上記のHPの引用です。

『「佐賀市熊本地震被災者支援対策本部」を本日設置し、
次のとおり対応を決定しました。

支援物資の受付
受付品目
保存食、飲料水、おむつ(乳幼児用のみ)、
粉ミルク、生理用品、歯ブラシ、トイレットペーパー


※物資が足りているため4/21 19時で一旦募集を終了との
案内が出ています。
関心がある方は最新情報をHPにてご確認下さい。



※できるだけ品目ごとにまとめて持ち込みをお願いします。
※上記以外の支援物資は受け付けできません。

受付場所
市役所大和支所 旧大和健康管理センター(支所の西隣の建物)

受付期間
平成28年4月19日(火)~4月30日(土)
※状況に応じて延長する場合あり
平日・土日祝日 9:00~19:00

このページに関するお問い合わせ
コールセンター
電話:0952-40-7019」』
…ここまで引用です。

関心がある方は、注意事項をHPでご確認の上、
電話等でお問い合わせ下さい。


さて、今回食料の不足が問題になっています。
物資輸送が進めば少し解消されると予想しますが、
私の時は食料の備蓄が十分にあり、同じアパートの人たちで
食料を出し合ったり、アパートを離れる人は、
持っている食料を残っている人達に渡して出ていたので、
数日は食料や飲料水には困りませんでした。

自分がもし被災者になった時のことを考えて
今から準備しておくことも大切です。
今回の熊本地震は直下型で非常持出袋すら持って出る余裕は
なかったことが予想されますが、
そもそも準備していなければ、全て配給に頼らざるをえません。

私も食料はあっても近所の子供達に
優先して食べてもらいたかったし、
不思議と恐怖と緊張でお腹は空かなかったので、
いらないと断っていました。
けれど、食べないと体力が持たないから食べて、
とお心遣いを頂き、炊き出しのおにぎりを食べました。

自分が少しでも食料に余裕があれば、周りを助けることもできます。
まずはご自身の災害準備を今一度考えて頂ければと思います。





どうか熊本のみんな無事でいて下さい。
みんなと無事に顔を合わせられる日がきますように。



熊本への支援
中学、高校と過ごした熊本の地。
大変な状況が続いています。

友人数名の無事をメールで確認し、現地の情報を時折聞いています。
当然のことながら、かなり厳しい状況のようです。

熊本市内にいる友人は気持ちを強く持って頑張ると言っていました。
遠くにいてなにも出来ない自分に泣けてきましたが、
できることを少しでもやっていこうと思います。

友人は高齢の両親と親戚と一緒にいるということで、
自宅が倒壊の恐れがあり、庭で車とテントの生活をしているそうです。
現状なんとか自炊しながら頑張っているようですが、
今後の心配として両親が高齢のため薬などがどうなるか心配しているようです。

市販の薬であれば私から送れるのですが、
調剤薬等の場合、今後の現地の対応がどうなるのか、
情報をできるだけ調べようと思っています。
まずはとりあえず、支援物資について情報を調べてみました。

現地は混乱しており、個別に支援物資を送っても
物資の仕分けなどで余計に手間がかかり迷惑になるのは
東日本大震災で経験しています。
ボランティアが入れる状況になるまでは、被災者は自分の生活だけで手いっぱいです。
そこで福岡市の対応を見つけました。

『WITH THE KYUSHU プロジェクト』
http://lineblog.me/takashima/archives/58480494.html

以下 HPより引用です。

※ご案内 4/21
下記情報は発信当時のものであり、随時変更されています。
HPにて最新情報をご確認いただきますようお願いします。


「この後日曜日13時から20時まで、大名小学校にて以下の物資のみ提供をお願いいたします。
大名小学校駐車場の使用は可能です。)
なお、まとまった数の物資をご提供いただける場合は、別途、市民局コミュ ニティ推進課 092-733-5161 にご相談ください。

ペットボトルの水(未開封でもちろん賞味期限内)受付終了
トイレットペーパー(ただし、すべて未使用・未開封のものに限らせていただきます。)受付終了
おむつ(子供用、大人用)受付終了
タオル(未使用、未開封のみ)受付終了
毛布(未使用、未開封のみ)受付終了
生理用品 受付終了

提供をお受けするのは以上の6種類のみです。現時点ではその他のものを提供されても引き取れません。
受け入れ時間
平成 28 年 4 月 17 日 13 時から 20 時
平成 28 年 4 月 18 日以降 10 時から 20 時

<問い合わせ先>
■大名小学校現地担当者 090-5948-0238,090-5948-0239
■市民局コミュニティ推進課 092-733-5161

月曜日以降は当面、朝10時から20時まで開設いたします。
大名小学校の教室を、ペットボトルの水の教室とか、子供用のオムツの教室という風に名前をつけることで、持ち込みの時点から仕分けを行って効率的に整理します。
当面は市民の皆さんからの支援物資はここで受けて、ここから被災地に物資を送ります。」


・・・ここまでHP引用です。

『WITH THE KYUSYU プロジェクト』
http://lineblog.me/takashima/

関心がある方はHPをご確認願います。


私は札幌で持っていけないので、郵送でも受け付けてくれることを電話で確認しました。
私はネットで注文し、上記指定の商品の発送をしました。
確認した郵送先は以下です。

〒810-0041
福岡市中央区大名2丁目6-11 旧大名小学校
宛先 福岡市役所市民局コミュニティ推進課 支援物資担当 宛
連絡先 090 5948 0238

必要な支援物資を現地のニーズを確認しながら
必要な支援を対応してくださるそうです。ありがたいことです。
以上が熊本への福岡市の支援『WITH THE KYUSHU プロジェクト』についてでした。

私も東日本大震災の時に経験しましたが、
どこで水や食料がもらえるのか、現地の細かい情報を知るのは
ラジオや避難場所での告知、または人伝えです。

私は携帯もネットも使えなかったので、余計にそうでしたが
今回はフリーwifiなども使えているとネットにはでていましたが、
現状はどの程度活用できているのかは、私は把握していませんが、
ネットがつながっても、実際に自分の住んでる場所の
ピンポイントの地域情報を探すのはとても困難です。
いくつか参考になる情報を友人に送りました。

◆熊本震災 支援情報まとめ
http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/

◆随時更新 熊本地震 炊き出し場所他
http://matome.naver.jp/odai/2146077896641202101

また私も経験しましたが、水をもらうのに1日長蛇の列を並び、
かろうじて開いていたスーパーで食料を購入するのににまた翌日1日並び、
心身ともに疲労している中でのこの作業はとても大変です。

そして、衛生面でお風呂に入れないこと、
トイレが流れず、不自由なこと。女性ならではの問題など、
1日1日困難なことも増えていきます。

必要な物資や支援は日に日に変わっていきます。
新しい情報が出たらまたお知らせしていこうと思っています。

友人が心配していたように高齢の方は持病の薬や
定期的な診察など若くて健康な方よりも不安が大きいと思います。
ニュースでは過酷な状況での狭心症などが出ているともありました。
医療面での対応は急務かと思いますが、
ネットでの情報を得るのはなかなか難しいですね。
公的機関の早急な対応を願うばかりです。

熊本の友人たちも私に連絡を取ることすら、
携帯の充電の問題や生活基盤の確保で追われていて
とてもできる状況ではないと思いますが、
このブログを見ている友人達、
応援してくれる人はたくさんいます。

つらく厳しい状況で心が弱くなります。
でも、なんとか強い心を持って下さい。

今度は私ができることをがんばります。
だから助けあってなんとか無事でいてください。

最後に今回の震災でお亡くなりになられた方への御冥福をお祈りしますと共に、
現在も困難な状況の中、御家族、またご友人を亡くして悲しみにくれている方々へ
心よりお悔み申し上げます。

※このブログはあくまでも個人のブログです。
情報については、誤情報やデマが心配なため
できるだけ公的に確認できるものを掲載しようと思っています。

よってコメント欄の内容はこちらの判断で受付の可否、
及び公表の有無を管理人が判断させていただきますので、
なにとぞご了承くださいませ。
ご協力の程よろしくお願いいたします。

管理人

次に編むもの
今日は朝は日差しが出てたので、
天気予報の雪もちらちらと降る程度かと思ってたら、
スーパーの駐車場に停めていた車が真っ白になり、
雪下ろししないといけないほど降った。
しかも重たいべちゃべちゃの雪。
写真だと雪がわかりにくいけど、白い点が雪。



あーびっくりした。
この時はまだ道路は積もってなかったけど、
数分後にあっという間に真っ白になってた。
すぐに溶けちゃうけどね。
まだ車は冬タイヤ履いてたけど、
靴をスニーカーでいったもんだから、
滑りそうになった。危ない危ない。

さて。
最近コツコツとタティングレースを練習中だが、
そろそろ通常編み物も再開。

今度編むのはモヘアのセーター。
作品はこちらから。
この号の毛糸だまは内容が充実してていつも眺めてる。



ひとまず、ゲージを編んでみる。



糸はハマナカ アルパカモヘアフィーヌのグラデーション。
こちらのモヘアは割と透け感が出る編み地になる。
今回はクロバーの付け替え輪針で。

朝の段階では、まだ何が何やらって感じ。

夜にまた少し編んでこんな感じに。



今回の作品は色んな縄編みが入ってる。
ここまで編めば、グラデーションと編み地が少しわかる。
とりあえず基本のゲージと同じだったので、
さっそく本編みに取り掛かるとしよう。

それにしても今日は晴れたと思ったら、吹雪いて、
吹雪いてると思ったら、青空が見えてと変わりやすい天気だった。
冬と春のせめぎ合いだったようだ。
あー寒い1日だった。












久しぶりの円山 森彦
風は冷たいがお天気は春空。
久しぶりに円山の森彦へ行ってきた。

入り口のネコヤナギがすこーぉしぷっくり。



マルシェ・ドゥ・グルニエのパンフも出てたので、
じっくり眺める。



以前食べて美味しかったクロックムッシュがなくなって、
近くにある人気パン屋 円麦さんとのコラボメニューになってた。
あー、クロックムッシュもう一回食べておけば良かった。
でも、今回も美味しそう。

後、写真じゃ見えずらいけど、
マスカルポーネチーズとなんか(忘れた)が乗った
珈琲ゼリーが気になる…





私はいつもマイルドブレンド。
1階で珈琲を淹れ、2階の席に持って来てくれるのだが、
1階で珈琲を淹れていると、
2階まで豆の香りがぷわわーんと漂ってくる。

2階はあっという間に珈琲の香りで満たされる。





のんびり過ごす至福の時間。

それにしてもマルシェ・ドゥ・グルニエは
気になるパンや焼き菓子が盛りだくさん。

楽しみ楽しみ。



詳しくは下記のFBや森彦HPをどうぞ。

▼ Marché de GRENIER Vol.09 FB
https://m.facebook.com/Marche.de.grenier/

▼森彦HP
http://morihiko-coffee.com









初めての味噌作り
やっと注文していた保存容器が届いた。
ちょうど旦那もいたので、早速味噌作り開始。
味噌が出来上がりが5キロなので、
野田琺瑯のラウンドストッカー21cm、7Lタイプにした。
5キロの米がちょうど入ると書いてあったので、
万が一味噌作りが今回だけだったとしても、
米の保存につかえるかと思って。



一緒に買ったのは、仕込んだ味噌が食べれるようになって
冷蔵庫に保存しとく用のケース。
と言っても、3ヶ月以上先の話なんだが気が早く、
ついでに一緒に注文。

さぁ、材料を全て準備して作業開始。
ちなみに説明書通りにやってみたが、
なにぶん初めてのことで、味噌作りを慣れてる方のようには
参考にならないのでご注意くださいませ。



味噌の材料は以前にも書いたカネダイのおみその学校。
(>>>おみその学校 http://www.k-miso.co.jp

保存容器は蓋から全て洗って乾かし、
25度のいも焼酎で拭いて殺菌済み。
いよいよ材料の麹とすり潰された大豆と分量のお白湯を混ぜる。
念のため、ビニール手袋をして作業開始。

ところが。
入れようと思ったうちで一番大きな鍋には材料が全て入りきらなかった。
仕方なく、半分をまずざっくり混ぜて、
パン用の人工大理石のペストリーボードの上にざっと混ぜたものを
ひっくり返して、台の上で旦那が混ぜる。

こういうやつ↓



旦那が台の上で材料を混ぜている間に、私はもう半分を鍋の中で
ざっくりと混ぜて、再び旦那が混ぜてるところに投入。
混ぜている間は、2人とも必死で写真を撮る暇もない。
台所は麹や大豆が飛び散りまくりでちょっとした惨事。

これはとてつもなく大きなボウルか鍋があれば
なんてことなかったが、2回に分けたことであたふた。
せめてペストリーボードがあって助かった。

そして材料が混ざったら、保存容器に入れるが、
旦那がおにぎりサイズの玉を作って容器に叩き入れ、
私はそのいれた材料を上から慣らして、
分量が偏らないように、旦那が投げ付けるスペースを
旦那に向けるため容器の向きをこまめに変える。
投げて、慣らして、容器を回す。
投げて、慣らして、容器を回す。リピート。リピート…

餅つきのように息が合ってきたところで全て収まり終了。



容器の6分目ぐらいだろうか。思ったより余裕がある。
さぁ、これが徐々にどんな風に熟成されていくのかお楽しみ。
上に再び焼酎を降りかけて、ラップをぴっちり敷く。



そして、付属のガーゼに焼酎を染み込ませて軽く絞って敷く。
ガーゼの上に塩を振る。



内蓋をしてさらに琺瑯の蓋をして、
仕込みの日にちを書いたシールを貼り付けたら終了。
後片付けに追われて完成写真撮るの忘れた。

作り方はあくまでも説明書通りやっただけなので、
他にどうゆうやり方があるのか知らないので参考までにどうぞ。

普通は味噌を仕込んだら数ヶ月後に天地返しで
材料を混ぜるらしいんだが、こちらの味噌キットは麹の量が多いため、
天地返しはしなくてもいいらしい。
実際に何度もこの味噌キットで作った人は混ぜたことないって。

カビが生えてないかどうかは一応確認するみたいだが、基本放置。
素晴らしい。

このキットは大豆がすり潰されて入ってて、
それでも混ぜるのに四苦八苦したのに、
大豆をあれだけの分量を茹でてすり潰すとなると、
どれだけ大変だったか。
超初心者の味噌作りには便利なキットだこと。

殺菌用のいも焼酎が思ったよりめちゃくちゃ余ったから、
夜勤で旦那が出かけた後に、
一人お湯割でちびちび。
いも焼酎はやっぱりお湯割だ。うまっ。

味噌が美味しく出来たらいいな、楽しみだ。









背中に張り紙
今日、スーパーで買い物をしていた時のこと。
野菜売り場で何かないかしら~と棚を物色していた。

突然横から、「うちの息子、ほうれん草嫌いなんですよー。」と、
声が聞こえた。声の感じが近かったので横を向くと
少し離れてはいたが、私を見て話している。

「うちの息子、ほうれん草嫌いなんですよ。」
なぜか、リピート。絶対、私に話しかけている。
「あ、そうなんですね…」とりあえずあいづち。

話しかけてきたご婦人はおそらく80歳近いだろう。
…という事は、息子の年は…

「うちの息子ね、56歳なんだけど、ほうれん草が嫌いでね。」
三度リピート。しかも想像通り息子もしっかりおじさん。

「ほうれん草が嫌いだから、何の野菜炒めにしたらいいかしら?」
突然の献立相談にとまどいながらも、
「何かと一緒に炒めるんですか?
それともそれだけで炒めるんですか?」とりあえずヒアリング。

「それだけで炒めるの。だってもう一品はこのニラと卵の炒め物だから。」
と、カゴの中の今日特売になってたニラを自慢げに指差す。
だって、と言われても知らんがな。
と心で思いつつ、無言で戸惑っていたら、
「ニラと卵の炒め物美味しいのよー!」と、
私がニラと卵の炒め物を知らなかったかように受けとったようだ。

「そうですね」ととりあえず合わせてたら、
「だから、もう一品はほうれん草じゃない何の野菜がいいと思う?」と
本題のご相談。

とりあえず目の前にあった小松菜を指して、
「小松菜は息子さんは食べれますか?」と一応提案。
「(無言)」。この反応、たぶん青もの野菜全般が苦手なんだ。
「うちの息子嫌いなものが多くて、面倒くさいのよねー。」
やっぱり小松菜は却下らしい。

炒め物じゃなきゃダメなのか、和え物とか、
煮野菜ではダメなんだろうかなどと必死に考えるが、
嫌いなものが多い56歳の息子さんなのに見ず知らずの私が
息子さんが美味しいと食べるものがわかるはずもない。

探しながら途方に暮れてると、おもむろにご婦人が
「確か、野菜がミックスされて袋に入ったのがあったわよね?」
「あります!あります!あっちの棚にありますよ!」
解決策の光が見えたようで、私も必死に場所を教える。

ご婦人は私の指し示した棚に向かっていき、
その場にいた本物の店員さんに何やら話しかけていた。
「うちの息子、ほうれん草が嫌いでね」から
また始まったのかは、定かではない。

その話を帰宅した旦那に話した。
突然私に駆け寄ってきて、背中をじっくりと眺め、
「『何でも遠慮なくご相談ください』って
背中に紙を貼って歩いてないよね?」
と、大爆笑。

貼ってません。

56歳の息子さんは、ご婦人のミックス野菜炒めを
美味しく食べてくれただろうか。

やれやれ。






ヘアサロン&スタイリスト検索サイト 
☆ Hot Pepper Beauty


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…
クチコミで選ばれた人気宿ランキング




パンを買いに行く
今日は昼間眠かったー。
眠くて眠くて、体が泥のようだった。
春の陽気に誘われまくりである。

さて先日のこと。
行こう行こうと思ってチェックしてたけど、
ことごとく臨時休業にぶち当たり
うそーっと行って店の前でUターンして
帰るしかなかったパン屋さんにようやく行けた。

パン屋 種々

一応店内でも食べれるみたいだけど、
初見はテイクアウトで。



開店間もなかったのでパンはぎっしり出揃ってた。





クロワッサンはフランス小麦だが他は北海道産の
小麦を使ってます。と書いてあった。

色々美味しそうなパンを旦那と一緒に選ぶ。
パンを持ち帰り、旦那の淹れた珈琲と一緒にランチタイム。









どれも見た目に反して軽くてフワフワのパン生地だった。
我が家ではどちらかと言うと、かみごたえのあるパンを
購入することが多いので、拍子抜けするくらいのフワフワだった。

我が家ではロイズのポテトフランスのような
ずっしりとしたかみごたえのあるパンを
「武力が強い」と形容する。

ちなみにこんなパン。



すんごく噛むのに力がいる。顎の鍛錬かと思うほど。
それが美味しいんだけど。

ちなみにロイズのポテトフランスは2人の判定では、三千人将級だ。
何を言ってるかわからないと思うが、マンガのキングダム流例えだ。
関係ないけど、キングダム面白い。

そこで今回の種々さんのパンは武力でいうなら、百人将。
優しい風合いのパンだった。武力でいうなら弱い。
百人将が優しいとかそう言う意味ではなく、
例えは我が家での適当な会話遊びなのでお気になさらず。

種々さんのパンの話に戻ろう
ソーセージが挟まったパンは中にチリコンカンが入ってて
美味しかった。他のパンも気になったのでまたのぞいてみよう。



▼パン屋 種々 FB
https://www.facebook.com/パン屋-種々月寒-308584809344452/


今日も札幌観光写真ライブラリーをチェック。
どうも動物が気になる。
今日はさとらんどで撮られたこちら。

春待ち顔の羊さんでした。

※写真は本日も札幌観光写真ライブラリーより。





人とのつながり
前回徳光珈琲に行った際にテーブルの上に気になるモノが。
小さな冊子に小さな文字が埋め尽くされている。
自由にどうぞとあったので、
いくつかあった中から選んで3つの冊子を持ち帰った。

誰が、何のために。
はてな、はてなが頭に浮かび、
と、同時に興味しんしん。

冊子を読んで見たら読んだ本のこと、見た映画のこと、
日常のこと、そんなことが書いてあった。

どうやら個人で出しているフリーペーパーらしい。
デジタル時代になんと紙のフリーペーパーを作り、
切手を送ると届けられるようになっているようだ。

裏を見ると名前があったので、ネット検索。
その方は中標津に住むイラストレーターさんだった。

ブログがあったので遡ってみたが、
どうしてこの冊子を作っているのかは謎のまま。

引き続き名前で検索すると、
ポストカードの紹介の中で、
この方の紙へのこだわりが出ていた。

やっぱり。
冊子を手にとった瞬間、持って帰らなきゃと
思わせる何かがあった。

以前としてわからないことだらけのフリーペーパーだが、
こういう方法での人とのつながり方ってすごいな、って
改めて思った。

私は東日本大震災以来、人との関わりかたは
以前よりずいぶんと臆病に、そして慎重になった。

自分がよく知らない人から無神経に傷つけられたくないし、
自分も知らず知らずのうちに誰かを傷つけたくない。

以前からの友人達なら、もし傷つけてしまったのなら
ごめんなさい、そういうつもりじゃなかったの。
と、説明と謝罪ができる安心感がある。

だから普段おしゃべりをする人達はいても、
プライベートに踏み込まないし、
積極的に交友関係を持とうと思わなくなった。

SNSをしてと友人達に言われるが、
あまり知らない人から教えてと気軽に言われた時に、
教えたくないとは言えないし、
やってるのにやってないからと嘘をつくのも嫌なので、
SNSはやってない。
古典的に連絡手段はメールだけ。
変なところで頑固で友人は笑っているが。

それで。
今回ふと手にしたフリーペーパーが、
知らない人とのつながりが楽しいものなんだ、
ってなぜだか思えた。

オリジナリティを持ったクリエイティブな人を
もともと尊敬してるので、そのせいもあるとは思うが。

デジタル時代にアナログな紙の小さな冊子。
気分を温かくしてほぐしてくれた出逢いに感謝。

謎だらけだけど気になるひとだ。





「プールの匂い」 福田元美さん。








菊水のビストロとマルシェ・ドゥ・グルニエ
今日は散歩がてら旦那と歩いてランチにお出かけ。
お店はビストロ プティット レジョン (BISTROT PETITE REGION)。

前菜とメインが選べるランチセットにして、追加でデザートも。
まずは前菜から、旦那は豚ハムのサラダ、私は人参のポタージュ。





サラダは旦那がいつも注文していて、
美味しい美味しいと大絶賛するので
今度はサラダにしようーと思ってお店に来るのだが、
ポタージュの文字を見たらやっぱりスープにしてしまう。

なめらかで優しくて絶対自分には出せない味。
今日も旦那はサラダがうまい!と言い、
私もスープがうまい!と張り合う。
要はどっちも美味しいのだ。
このランチは前菜から1品選ぶようになっているが、
追加料金で前菜から2つ選べて
スープとサラダの両方食べられたらいいのにねー。
と言うのが2人の希望。次回聞いてみよう。

メインは旦那が豚肉のグリル、私が本日の魚料理で鯛のポアレ。





お互いそれぞれ美味しかった。
シンプルな食材なのにこのお値段でこの味のクオリティー。
作り手の技術が食材を美味しくするんだなぁと
つくづく感じるお店。

最後はデザートのショコラケーキとイルフロッタント。
イルフロッタントはメレンゲのスフレが
カスタードソースに浮いたものだった。
どういうスイーツかわからなくて、温かいスフレを想像していたが、
カスタードソースはひんやり冷たくバニラアイスが液体に
なったようなものにメレンゲが浮いていて、
キャラメルとナッツがアクセントなっていた。
メレンゲスフレはふわっとしていて
カスタードソースが美味しかった。



ランチセットは前菜、メイン、パン、と食後にエスプレッソ付き。
追加したデザートと一緒にエスプレッソが合うこと。

12時過ぎには席は満席。
美味しい料理とスタッフの方々が
とても丁寧な対応なのもいつものことで素敵なお店だ。

しっかり歩いて散歩できたし楽しい時間だった。

▼ビストロ プティット レジョン (BISTROT PETITE REGION)
HP http://petite-region.com
食べログのビストロ プティット レジョン ↓
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010301/1007338/


さて。
私達が通う徳光珈琲のように珈琲豆を販売していたり、
森彦さんのようなカフェなどで珈琲教室が行われているのをよく見る。

それと、よく行くアムチョコさんのカフェのように、
ハンドメイドのワークショップを開いたり、
ハンドメイド雑貨の販売イベントなどをしているカフェも
チェックしているだけでも結構ある。

だいたいそういうイベントごとは、
そのお店を普段からチェックしていないと、
見落としがちで、終わった後で気付くことが多い。

今回、なんとそんな私にしては珍しく
イベントの事前情報をゲット。

「春のPlantationマーケット Marché de GRENIER Vol.09 」

■開催日程
4月22日(金) 15:00~22:00
4月23日(土) 11:00~19:00
4月24日(日) 11:00~18:00

森彦さん系列カフェで菊水にある
プランテーションで開催されるイベント。
以前vol.3ぐらいの時に情報に気づいた時は、
すでに終わっていて見逃したが今回は間に合った。
しかもvol.9だなんて、知らなかった。

FBと森彦さんのHPにマルシェ出店のお店紹介や、
ワークショップの情報が出ていて、
興味があるものがたくさんありすぎて、食い入るように眺めた。
偶然最近知ったヒンメリというハンドメイドオブジェもあったり。
うきゃー♫(嬉しすぎる悲鳴)

詳しくは下記のFBや森彦HPをどうぞ。

▼ Marché de GRENIER Vol.09 FB
https://m.facebook.com/Marche.de.grenier/

▼森彦HP
http://morihiko-coffee.com

あと、アムチョコさんもいろんなイベントされてるけど、
今月は12thアニバーサリー月間でイベントてんこ盛りなので、
アムチョコさんのHPもどうぞ。

▼アムチョコ HP
http://amuchoco.com

気になるカフェ、行ってみたいイベント目白押しの札幌である。




※写真は本日も札幌観光写真ライブラリーより円山公園
札幌観光ライブラリーは使用注意があるので、ご確認願います。
最近サイトが見やすくなって、札幌の風景を楽しめます。
エゾリスがかわいいと思ったけど…リアルすぎてちょっとコワイか…



ヘアサロン&スタイリスト検索サイト 
☆ Hot Pepper Beauty


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…
クチコミで選ばれた人気宿ランキング


北海道産のアルコール
今日もいいお天気だった。
歩いて出かけたかったけど、荷物が多かったので仕方なく車で。

味噌作りのセットが届いたので取りに行った。



有限会社カネダイのおみその学校というもの。
福岡なんだねー、初耳だった。
今回初挑戦なので合わせ味噌の5キロを買ってみた。
今週末作るぞーと意気込んでいたのに
肝心の容器が届いてない…。
配送が遅れたらしく早くて届くのが来週月曜日。

一応麹菌の関係で、夏場は届いてから7日以内、
真冬で14日以内に仕込むように書いてあったから、
来週月曜日ならなんとか間に合いそうかな。
旦那も一緒にしようと思ってたけど、
仕事だから仕方ない、1人でやってみるか。残念。

それにしてもこのセット、味噌作り初挑戦にはありがたいセットだ。
豆の準備はいらないし、混ぜるだけだし、ガーゼとかもついてるし。
あとは本当にちゃんとお味噌できたら、の話なんだが。
まぁ、何事もやってみよう。

さて。
明日休日の旦那。仕事の前日はお酒は飲まないようにしてるので、
休み前日や休み中が晩酌日。
旦那もコレステロール問題があるので
なるべくアルコールの買い置きはしないようにしているが
たまにはいいかと、明日休み用にアルコールを補充。



チューハイは小樽の北海道麦酒醸造の2つ。
アルコール3%と軽いチューハイ。

りんごのほっぺチューハイは、
りんごのほっぺと言うストレートのりんごジュースを使っていて、
そのジュース自体美味しい。ストレートのジュースなのでお値段はそれなり。
でも濃縮還元じゃない果汁ジュースでスーパーに置いてあるのは珍しいし、
余市のりんごで作られたジュースなので、旦那が風邪引いて
りんごジュースが飲みたいという時の必需品。
チューハイじゃなくて、ジュースのほう。
チューハイはアルコール度数低いから飲みやすい。

ぶどうのめぐみチューハイは、りんごのほっぺよりも
後に出てきた商品だから、今回初めて買ってみた。
こちらも余市のナイアガラを使ったチューハイ。
どんな味か楽しみ。

ビールは我が家はサッポロクラッシック。
夏の終わりに出る富良野ビンテージは欠かさないが、
今回、春の薫りというまたもや期間限定の文字を見て
思わず買ってしまった。

つくづく北海道限定って色々あるなぁ。

それにしても早く味噌容器届かないかなぁー。
この週末に向けたやる気を持て余している次第である。







ヘアサロン&スタイリスト検索サイト 
☆ Hot Pepper Beauty


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…
クチコミで選ばれた人気宿ランキング


  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ