散歩とスコーン
のんびりまったりな休日。
図書館まで旦那と散歩。





さて。図書館が済んだらランチの調達。

最近夕方に行くと売り切れ御免になってて
買えなかったマムスコーンさん。
開店前に店前で待機。



久しぶりに旦那と一緒だったから、
旦那があれもこれもと大量買い。
余ったら明日の朝ごはんにでもいいしね。

添えるサラダは何がいいか旦那に聞くとポテサラのリクエスト。
家に帰ってポテサラ作ったら、
台所を旦那とチェンジ。
徳光珈琲の父の日ブレンドを淹れてもらう。

待ってる間に購入したスコーンをとりあえず全部皿に出してみた。



覚えてないのもあるが、
一応右上の白いスコーンから時計回りに。

いちごミルク。 かかってる白いのはホワイトチョコ。
次が、シナモンくるみ。
3番目のこれが、バジルと黒胡椒だったかな…。
何かのハーブだった。失念。甘くないスコーン。
次が、アールグレイとオレンジピール。
ブルーベリー。
バナナ。
レモンピールとココナッツ。
カカオと何かのナッツ。こちらも失念。

ポテサラ添えて。
あ、旦那の淹れた美味しい珈琲も一緒に。



美味しくて、シアワセなランチ。

豆乳と菜種油で作ったスコーンだからか、
もたれないし、思いの外食べれちゃうんだけど。
マムスコーンさんのスコーンは食べ応えあるからね。
残りは明日の朝ごはんに。それもまた楽しみ。

何度行っても最高に好きなスコーンである。


◎マムスコーン
https://www.facebook.com/momscone/








【一休.com】2人合わせて15,000円以内で予約可能!


気になるイベントj
最近朝起きて夜寝るまでがあっと言う間。
そして1週間も瞬く間に過ぎて行き、
きっとこうやって1年が過ぎてしまうのだろう。
年をとると時間が過ぎるのが早いと聞くがばっちり実感中。

さて、いつもチェックしているブログを見ていたら
気になるイベントを発見。毎度、札幌ネタです。

『space1-15 スペースイチイチゴ 朝市 夏祭り』

6/4土曜日、7/2土曜日
あさいち:10:00~12:00(各ショップ同時オープン)
8/7日曜日
夏祭り

イベント詳細のお知らせはこちらから↓
http://www.space1-15.com/event/?p=4223

space1-15 (スペースイチイチゴ)は以前に
キッチントロイカにランチを食べに行って知った。
ちょっとアンティーク(古い)な雰囲気のマンションに
色んなお店が入っている。
マンションなので、一見廊下は普通の住宅っぽくて
中に入ると当たり前だけどお店になってる。
1階のインターホンで部屋番号を押して、
入り口のオートロックを開けてもらい建物に入ると言う、
不思議な場所だった。

キッチントロイカさんは、パンがとっても美味しかった記憶が。
場所がなかなか普段行かないところなので、
その時以来行っていないが、
その後チェックするお店が次々とspace1-15にあって、
行きたい行きたいとブログを眺めていた。

ちなみにチェックしているお店は、

401 キッチントロイカ
パンやマフィンをまた買いたい。
お店紹介 http://www.space1-15.com/shoplist/215.html
ブログ http://toroika401.blogspot.jp


207 yurarika 「 ハギレ市」
オリジナルの手作り小物やパターンの販売、
ソーイング教室なども行っている。
ソーイング教室行きたい…。
お店紹介 http://www.space1-15.com/shoplist/750.html
FB https://www.facebook.com/yurarika/
ブログ ゆらりか通信 http://diary.yurarika.com


306 点と線模様製作所
「佐藤みちことten to senの年に一度のセール」
素敵な刺繍の生地からできる小物が好きで、
行きたい行きたいと思っていたところ。
札幌が拠点と知らなかったので、びっくり。
お店の雰囲気は謎のまま…。
お店紹介 http://www.space1-15.com/shoplist/893.html
点と線模様製作所 http://www.tentosen.info



503 カプセルモンスター
焼き菓子のお店。
こちらも偶然ネットで見つけて、
なんだかただならぬこだわりを感じて
気になってたお店。FBで今日はこれがあります、
みたいな情報見ると、いつか行きたいと眺めていた。
お店紹介 http://www.space1-15.com/shoplist/211.html
サイト http://www.capsulemonster.net/HP/CAPSULE_MONSTER.html

偶然か必然かそれぞれチェックしてた気になるお店が
全てspace1-15に入ってた。

このイベントに行けば色んな念願が叶う。
面白そうだ。

space1-15 HPはこちらからどうぞ↓
http://www.space1-15.com




今月は川下公園のライラックにしばしお付き合いを。






川下公園 ライラックの続き
今日も暑かった札幌。
けれど、風は心地よく日陰や室内では暑さを感じない。
湿度の問題か。朝晩は気温が下がるからか。
とにかく日中だけ少し暑さを感じる北海道。
さすが、北海道のいいところ。

さて。先日5月21日の川下公園の続き。
全てライラックだけれど、種類は豊富。
色、形、一つ一つじっくり楽しめる。

君はおしとやかだね。
君は華やかだね。
君はかわいいね。

花ごとに感想を思いながら写真を撮る。











本当はね、みんなそれぞれ名前があるから、
すっ飛ばしちゃいけないと思いつつ、
あまりにも種類が多すぎてその場で
看板を確認しただけで、記憶せず。

でも、今回のベスト オブ 川下公園はこれだ!ってのだけ
名前もチェック。

栄えある1位はこの方。





とても難しい名前である。
覚えられない。
略してクラさんとでも。

クラさんはひときわ華やかな雰囲気を漂わせていた。







クラさんは、とにかく美人なライラックであった。

明後日から雨の予報。
ライラックに栄養を与える程度に優しい雨が降ったらいいな。



▶︎川下公園
http://www.sapporo-park.or.jp/kawasimo/







春のお散歩 川下公園
先日図書館のライラックが咲いていたので、
川下公園もそろそろ咲いたかしらと、
仕事休みの旦那と一緒に行ってみた。

全体的に言うと5分から6分咲きってところか。
まだまだ蕾んでる花がたくさんあるが、
ここ数日とても暑いので、
見逃すと一気に咲き揃ってしまうかも。









ライラックは香りの存在感がすごい。
きっと私の北海道の春の記憶に残ること間違いなし。
たくさん素敵なライラックの写真を撮って
今回はお気に入りが結構あるので、
今後少しずつご紹介。

ライラックを見て回ったら、
今度は旦那の要望に付き合う番。
グローブ着けて芝生の広場でキャッチボール。
なんか知らないけど、
キャッチボールが楽しいらしい。
私が意外と旦那と互角で投げ会えるからのよう。結構遠投でマジ投げ。
ライラックとキャッチボールでお互い満足。

お昼は久しぶりのツキサップじんぎすかんクラブ。
最近ラムが人気の中で、こちらは生のマトンを使用。
美味しく食べるコツは焼きすぎないこと。
ここのマトンはコクがあって、本当に美味しい。





テラス席からは素敵な庭の眺めで開放的。



私達は涼しく日焼けしない室内で。
でも、車なしで来てビールとジンギスカン食べるなら
こんな晴れた日のテラスは最高だろうな。

帰り道、八紘学園の農産物直売所に立ち寄る。
まだまだ野菜の品数は出揃ってないけど、
人気ぶりは相変わらず。
野菜を買って、旦那は牛乳を私はソフトクリームで一息。



買った野菜は夕方の食卓へと。



アスパラ。今年初のアスパラ。
春らしい夕食になった。
朝から夕飯まで春を味わう1日であった。



▶︎川下公園
http://www.sapporo-park.or.jp/kawasimo/

▶︎ツキサップじんぎすかんクラブ
http://www.tjc1953.com/sp/

▶︎八紘学園 農産物直売所
http://ameblo.jp/o-ne-san/








春のお散歩 豊平公園
いいお天気が続き、ポカポカ陽気。
図書館に行ったら、いい香りが漂う。
ライラックが咲いてる。



本当にいい香り。



ちょっと足を伸ばして、豊平公園までお散歩に。



すっかり久しぶり。
木漏れ日と、風と小鳥のさえずりと、
広場でレジャーシート広げてくつろぐ家族の笑い声。



近所の桜はソメイヨシノが終わり八重桜に咲き変わったけれど、
この公園の桜はどこもほぼ散った後。
藤棚もまだ3分咲きぐらいで、バラはまだまだ。
今はチューリップ満開。









じーっとチューリップ見てたらこんなアングルが気になった。



↑こちらは「ファンアイク」



↑こちらは「パラーダ」



↑こちらは「フラッシュポイント」



↑こちらは「銀盃」



↑最後にこちらは「乙女桜」

どのチューリップもみんな、
元気一杯咲いてます!って顔してるように見えた。

さあて、散歩の続き。
この路は落ち葉で絨毯みたくなっていてふかふか。
ハンカチの木は今年は花をつけるかしらね。
まだ見当たらず。





緑のセンターではハーブ、花、野菜と苗の販売が盛りだくさん。



外に出たらツツジの盛り。





さらに歩いて行くと木陰にニリンソウ。



白樺の花粉もなんのその、小道を歩く。



何も考えず、ゆっくりとした呼吸で歩く。
緑と花に元気もらって癒された。

お天気の日は外を歩くといい気分だ。



▶︎ 豊平公園の情報はこちらからどうぞ








心緩び ココロユルビ
先日図書館に行った際に久しぶりに背表紙を見て
思わず手に取った本があった。

美人の日本語 [ 山下景子 ]
価格:648円(税込、送料無料)



初めて読む著者で全く何も知らずに読み始める。
題名から予想したのは、自己啓発的な本か、
マナー本的な感じかと思ったら全然違った。

4月1日からスタートし、毎日1語365日の言葉の解説が続く。
言葉の由来であったり、使い方や、
その言葉にまつわるいろいろなエピソードなどなど、
言葉によって解説の内容は異なり、
全体的にエッセイのように軽やかに進む。

山歩きが趣味だった頃、木や草花の名前、
その特性などを知ると、不思議とその木や草花に
それまでなんの感情も持たなかったのが、
名前が分かったとたん自己紹介が終わった感じがして、
急に知り合いのような親しみを覚えていた。

どこか別の場所でまた出会ったとしたら、
あら、あなた、こんなところにもいたんですね、と
再会したような気持ちになる。

今回この本を読んで、同じ気持ちを味わった。
知ってたけど、なんとも思っていなかった言葉が、
突然意味合いを持って印象的に感じたり、
初めて会った言葉には、自己紹介された気分。

読めば読むほど、気持ちが不思議と落ち着いてきた。

私の何もしたくない時の現実逃避方法は、
海外ドラマのサスペンスものをひたすら見流すこと。
どんなに悲惨な事件が起きても、
フィクションであることがわかっているので、
ただただストーリーを眺めていられるし、
ストーリーに没頭している間は、何も考えなくて済む。

けれど、だいたいが殺人事件とかなので、心は緩まない。
この本は読んでるとどんどんリラックスしてくる本だった。

それで著者の山下景子さんの本を片っ端しから
図書館予約して、今、また2冊目を読んでいる。
これまた違った観点で面白いのでまたこの次にでも。

山下景子さんがどのような経歴か調べていないのだが、
とにかく知識が深くそして柔軟な発想であると感じた。
言葉って楽しくてそして癒される。

時に相手を傷つけたり、誤解を生んだり、使い方次第で
変わっちゃうけど、どうせなら自然に
相手を癒すような言葉を発せたら素敵だ。

ただ今、山下景子さんブーム到来である。

さてさて。
景色でも心は癒される。

今日の札幌、白石のサイクリングロードのこころーど。





花びらが重そうな桜。目一杯咲いていた。






心を落ち着けて、身体も休めて、また日々を頑張ろう。









バースデーランチ
先日、バースデーランチに定山渓に行ってきた。
道路の雪は溶けてたけど、日陰のあちこちに残雪がちらほら。
桜も場所によっては満開のところもあったけど、
ホテル前はまだ1分咲きぐらいか。



昨年末以来の森の謌。





ロビーの展示も桜。



雪がない景色を見るのは初めてなので新鮮。
ランチと日帰り温泉付きで事前予約。
食事は入れ替え制で11時15分スタートと13時スタート。
温泉は11時から15時まで。
11時15分からいざ食事へGO。







みんな一斉に料理をとるので、前菜とスイーツしか写真撮れず。
食べる方もなんか焦ってしまうビュッフェ形式。
こちらも最後のスイーツのみで。



どうしても作り置きして置いてあるので、
もっとアツアツならもっと美味しいだろうになぁと思うが、
ビュッフェの限界か。
よって前菜とスイーツが一番美味しく食べられた。
まぁ、温泉も入れたし、
普段と違うことするワクワク感があって楽しかった。

今後も機会があったら定山渓のあちこちの日帰り温泉とランチを
巡ってみたいものである。

まぁ、なんだかんだ言って
夜ごはんはサラダだけで済んだほど
ビュッフェでお腹いっぱい食べましたとさ。
めでたしめでたし。

あいにくの天気とすでに期間を過ぎていて
見れなかった定山渓の鯉のぼり。
いつものさっぽろ観光写真ギャラリーより。


さっぽろ観光ギャラリーはこちら










母の日
今日は母の日。
お昼のサンドイッチを買いに出かけたら、
通りすがりにお花屋さん。

素敵な花。
鉢植え、寄せ植え、花束、アレンジメント。
お客さんが次から次へとレジに向かい大混雑。

サンドイッチ屋さんの周りにはケーキ屋さんが並んでいる。
母の日用のケーキがこれまたどのお店も
レジ待ちの人だかり。

結婚してから母の日にプレゼントを贈ることはあっても、
手土産を持って顔を見に行くことなどない、
親不孝娘なもんで、世の中はこんなにも
母への愛情と感謝に溢れているんだと、驚くばかり。

みんな楽しそうにケーキやお花を選んでいた。
お母さんの存在ってすごい。
みんな素敵な時間を過ごしたことだろう。

さて。
欲しいものを買っていいよ、とは言ってくれる旦那だが、
花や演出など一切しない現実的な人。
ザ昭和の男だ。

なもんで、お花屋さんで幸せな雰囲気にあやかって、
自分へのプレゼント。ハッピーバースデー to 私。



カーネーションの鉢植え。
これから咲くであろう蕾を見るとワクワクする。
自分で自分を祝う44歳。

哀れか?

強がりか?

いえいえ。不思議と嬉しい気持ち。
誰かに何かをしてもらうことより、
自分でできちゃう嬉しさ。
なんか、このふてぶてしさが44歳だな、って感じ。

でも、何万もするバラの花束とかじゃなくて、
2000円程度の鉢植えってところが、私らしくて笑える。

そしてみんなに感謝。

一人一人との出会いが44歳の今の私にしてくれた。

そして、その一人一人の誕生は、産んでくれた母のおかげ。

私の母にも、みんなのお母さんにも感謝の日だ。



勘と勉強
満開の桜。



あちこち見に行こうかと思いながら、
なんだか気分が乗らない今年の春。

5月病か。

と言っても、趣味は着々と。
編み物に、ボウリング。

ボウリングと言えば、先月初めてプロレッスンを受けた。
旦那と一緒に二人で1時間。

自己流で始めたボウリングなので、
見たままおかしいところや、改善点をばしばし言って下さいね。
と、プロにお願い。

私は自分で投球スピードが遅くて、回転が弱く、
だらーっと流れるように投げていると思っていた。

ちなみにいいなぁと思っていた女子プロボウラーは
地元北海道の寺下プロ。
実際に投げているところもボウリング場で
何度か見たことがあって、フォームの安定感と
ビシッと振り切るところが印象的だった。

で、私の投げ方をレッスンプロにチェックしてもらったら、
後ろ重心のクロスタイプだと言われた。

それが何かはわからないが、とりあえずそうらしい。

まずは私の投球としては、スピードがあって、
回転がかかっていて、パワーがあると言われた。
自分の印象と真逆でびっくり。

これなら、通常アベレージは180は行くでしょう?と
言われたが、最近スランプでアベレージは
160台しか行かない。毎回5ゲーム投げるが、
下が140台で上が180台のばらばらだからだ。

細かい姿勢とか、少し気になるところを言われたが、
今のところ大幅に悪いところはなく、
むしろしっかりキレイに投げられていると、褒められる。

私のような後ろ重心のクロスタイプで、
目指すプロのタイプは松永プロなんだと。
パワーでバーンとピンを弾き飛ばす。
うーん、全く想像してなかった。
意外すぎて、自分の投球とイメージが結びつかない。
ちなみに寺下プロはタイプが全然違うらしい。

まぁ、でもプロのアドバイスなんで、今後は参考に。
…て言うか、松永プロが凄すぎて
真似するところがどこなのか全くわからんが。
あくまでイメージってことで。

それにしても、この投げ方でなんでアベレージ180行かないの?
と、プロに不思議がられる。

スペアはちゃんと取れる?とプロが言ったとたん、
旦那がすかさず、「うちの奥さん、すべて勘なんで勉強しないんですよ」
と、告げ愚痴。

確かに、旦那から何度もボウリングには理論があるから
知識を勉強しろと、雑誌を渡されたり、ネットの情報を
教えられたが、無視していたのは事実。

旦那はそれまでの自分の働きかけを無視し続けた私の行いを
やっと自分の言い分を理解してくれる人にであったと
大喜びであれもこれもとプロにしゃべるしゃべる。

結果、プロからのアドバイスは、
理論をちゃんと旦那に習って勉強しろ、だった。
その話をした後は、プロも投げ方じゃなくて、
次のピンはどの立ち位置からどのスパットを
狙うのかと、投げる前や投げた後に聞いてくる。

はい、間違い。
はい、逆。
不正解ばかりのダメ生徒ぶり。

今の投球でスペアが確実に取れたら180は取れるし、
それができたら次はストライクの確率を上げて行く練習になるから、
まずは勉強!だってさ。

ボウリングのレッスン受けて投げ方の注意じゃなくて、
勉強とは。できの悪い生徒が勉強サボって怒られたみたいだった。
優等生の旦那にチクられたせいでさぁ。

まぁ、それが現実なら勉強するしかないでしょう。
はいはい。

でも、やっぱりプロの目は参考になった。
練習と、勉強してまた半年後にレッスン受ける予定。

私のレベルアップは、ボウリングの知識の勉強か。
やれやれ。



  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ