命のパワー
毎週欠かさずみているNHKの「プロフェッショナル」(木曜22時)。
毎回、日本人にこんなにすごい人がいるのかと、とにかく驚き、
そして、「日本人も捨てたもんじゃないな」と、自分とは何の
関係もないにもかかわらず、勝手に誇りに思っている。

昨日のゲストは、専門看護士の女性だった。
重症の患者さん達の命を助けようと考え行動する、
その志の強さがとても印象的だった。

そして私には、あるとても大事なことを気づかせてくれた。
「生きることを、最後の最後まで諦めてはいけない」

実は最近知人が、胃がんであることがわかった。
とてもお世話になった人で、あまりにも突然の知らせだった。
そのことを聞いたとき、信じられない、受け入れられないという
思いの反面、心のどこかでその人の「死」を受け入れる気持ちの
準備をしていた。「どうにもならない、助からない」と思って
しまっていた。

でも、昨日のテレビを見て、人間って「生きたい」って気持ちを
すごいパワーに変えていけるんだということを知った。
知人の治療がこれからどうなるのか、まだ決まっていない。
でも、昨日の看護士さんやお医者さんのように、
一生懸命に、今ある命をつなごうとしてくれる人がいて、
本人が「生きたい」という思いがある限り、周りは絶対に
諦めてはいけないんだと思った。

そして、私は何もしてあげられないけれど、「生きる」ことを
励まし続けてあげたいと思った。

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/103-9a4312b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ