スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長旅が終わった
13日の夜出発し、20日の夕方函館へ無事戻ってきた。

ちなみに今回の日程は↓こうなりました。

13日】 函館 → 道の駅あぷた (走行距離 154K)


 夕方函館出発、暗くなったので道の駅あぷたにて移動終了、車中泊

14日】 道の駅あぷた → 帯広 → 釧路 (走行距離 424K)


 あぷたより釧路を目指す。支笏湖沿いの木々が美しい。
 お昼、帯広に立ち寄り、豚丼たむらにて豚丼を食べる。
 夕方、霧雨の中、釧路に到着。
 近場の温泉に入り、夜は公園駐車場で、またもや車中泊

15日】 釧路(和商市場・ノロッコ号)→ 厚岸 → 開陽台 (走行距離 148K)

  
 釧路の和商市場にて勝手丼を豪華に朝食。うまいー!
 しかも偶然「和商の日」とやらで、駐車場が無料開放。ラッキー! 
 やや雨降りの中、釧路湿原を走るノロッコ号に乗る。
 厚岸に移動し、昼食に牡蠣を食べまくる。これまたうまいー!
 中標津温泉に入り、開陽台で車中泊。
 外は大雨で真っ暗。晴れていれば、キャンプできたのに・・・

16日】 開陽台 → 野付半島 → 羅臼 → 知床 (走行距離 191K)


 雨はやんだが曇り空。開陽台から改めて景色を眺める。
 ミルクロードを走る。遠くまですんごい直線道路。
 
 野付半島を往復ドライブし、羅臼に向かう。
 羅臼のまるみ食堂で昼食。
 
 知床横断道路を通り、知床へ向かう。
 途中知床峠で、濃霧になり前が見えない。
 そこで、ヒグマの親子(親1、子2)と遭遇!!!
 慌てて、車をバックさせ通り過ぎるのを見守る。無事でした。
 知床五湖へ行くが、熊により閉鎖中。残念。
 オシンコシンの滝を見学。キャンプ場へ行き、テント泊。

17日】 知床観光(知床観光船、フレペの滝、知床峠) (走行距離 39K)


 昨夜夜中にまた霧がたちこめ、小雨も降っていた。
 夜中にトイレに行こうとしたら、テントの周りにシカ!シカ!シカ!
 真っ暗な中、黙って草食べてるとびっくりするよ~。
   
 観光船の前に、オロンコの岩に登る。相変わらず霧だらけ。
 知床観光船に乗るも、霧で半分は見えなかった・・・残念。
 けれど、途中でイルカの群れが船の横を泳いでいった!
 知床五湖は今日も熊にて閉鎖中。よって、フレペの滝に行く。
   
 突然快晴になり、すごい見晴らし!これぞ知床!
 近場の温泉に入り、昨夜と同じキャンプ場で、テント泊。

18日】 知床 → 網走 → サロマ湖 (走行距離 141K)


 昨夜は、お天気がよく夜中にテントから出てみると、満点の星空
 空にこんなにぎっしりの星を見たのはいつぶりだろう。
 
 朝、知床を出て、サロマ湖を目指す。
 途中、網走でしじみラーメンを食べる。相変わらずの曇り空。
 サロマ湖畔のワッカ原生花園に到着。
 疲れて駐車場で昼寝。元気があれば、サイクリングしたかった・・・

 今日の宿へ向かう。
 今回唯一の宿、「船長の家」到着。久々に布団に寝れる。
 食事も大量で、部屋も快適。折り返し地点の骨休め。

19日】 サロマ湖 → 美幌峠 → 屈斜路湖(砂湯)→ 摩周湖 → 阿寒湖 
→ 道の駅樹海ロード日高 (走行距離 426K)

  
 サロマ湖から、美幌峠を目指す。朝から曇りだったのが、
 突然快晴!美幌峠から見渡す景色の素晴らしいこと!
 
 その後、屈斜路湖へ行く。湖の砂浜を掘ると湯が出てくる。
 足湯をしたり、おやつを買ったりして一休み。
   
 摩周湖へ向かう。これまた素晴らしい風景にうっとり。
 摩周湖からは阿寒湖へ向かう。旦那がマリモを買った。
 そこからめちゃくちゃ走り進んで、本日走行420キロ。 
 道の駅樹海ロード日高にて、近場で風呂に入り車中泊。

20日】 道の駅樹海ロード日高 → 苫小牧 → 
   道の駅フォーレスト大滝276 → 道の駅とようら → 函館 (走行距離 363K) 


 当初もう一日ゆっくり見て回りながら函館に戻る予定が、
 旦那が体調不良を訴えるため、今日中に函館を目指す。
   
 途中苫小牧に立ち寄り、行きつけのアウトドアショップにて買物。
 ここから函館まで5時間。旦那は助手席で辛そうだ。
 
 途中、道の駅フォーレスト大滝276にてお昼ご飯。
 きのこ盛りだくさんの丼、きのこ汁を食べる。
   
 続いて道の駅とようらにてイチゴや野菜を購入。
 とようらのイチゴは今が時期で、直売所もたくさん出ていた。
 夕方、自宅に到着。今日一日、一人で8時間近く走った。
 旦那は帰るなり、熱が出てダウン。私は元気。

と、総走行距離約1900キロ。ひたすら運転していた気がする・・・。
そもそも宿泊が1泊だけだったのが、ちょっと体力的にきつかった。
腰は痛いし、疲れが取れない・・・。

けれど、知床の自然や、北海道の美味しいものをたらふく食べ、
毎日24時間満喫した旅でした。運転は疲れるけど、窓から見える
景色は、まさに北海道の夏を感じ、飽きることがなかった。
北海道に来てもうすぐ一年。まだまだ魅力が尽きない北海道だ!



※各場所の詳細は、少しずつ「気ままにつつうらうら」の方に
写真と共にUPしていくつもりです。ちなみに、mixiには道中日記を
UPしていますので、そちらも良かったらどうぞ。
(名前M☆Y ニックネームRaRaです)
      

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/140-4f41190a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。