スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『クジラの彼』 有川浩
図書館戦争シリーズが面白かったので、図書館新刊棚に並んだ本から作者名を見て手に取った。

クジラの彼 クジラの彼
有川 浩 (2007/02)
角川書店

この商品の詳細を見る


作者ご本人があとがきにも触れているように、「ベタ甘」なラブストーリーの短編が6つ。
ただし、設定がとても面白く、陸海空軍の自衛隊に所属する自衛官が登場人物となっている。

恋愛モノは、こそばゆくなる(くすぐったくなる)私だが、これは面白かった。
たぶん、登場する男性のキャラとストーリーの展開が、
私が若かりし頃ならもろ共感しそうな話が多かったからだろう。
(35歳の今は理想など抱かず現実を知っている・・・)

とくに題名にもある「クジラの彼」の話は、遠距離恋愛失敗者の私からすると、
彼女の忍耐力には尊敬の念さえ覚える。本の中で「クジラの彼」とは、潜水艦乗りの彼のこと。
いったん仕事に出ると、連絡が取れないどころかどこにいるのかも機密事項でわからないという・・・・
絶対に私には勤まらない彼女像であった。
遠距離恋愛中の女性には希望が見えるHappyストーリーである。




   <面白かった図書館戦争シリーズ ↓>

図書館戦争 図書館戦争
有川 浩 (2006/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


図書館内乱 図書館内乱
有川 浩 (2006/09/11)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


図書館危機 図書館危機
有川 浩 (2007/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/176-56e4fa47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。