『青い鳥』 重松清
最近は、読む本読む本活字を追うばかりで、
何にも感じることがない読書が続いていたが、久しぶりに心の残る本と出合った

青い鳥 青い鳥
重松 清 (2007/07)
新潮社

この商品の詳細を見る


8つの短編小説が綴ってある。
どの作品にも共通して登場する人物がいる。それが村内先生。
色々な中学校にほんの短期間だけ非常勤として勤めている。
村内先生は、国語の教師。だが、彼がしゃべるのを初めて聞く生徒は誰もが驚く。
なぜなら村内先生は、激しく言葉をつっかえながらしゃべるからだ。

聞き取る方はとても聞こえずらい。
けれど、村内先生の言葉はいつも「たいせつなこと」しか話さない。
いじめ、孤独、受験の不安、家庭の不安...
どこの中学にも心に不安を抱えた孤独な生徒がいる。
村内先生の「たいせつなこと」は、そういう孤独な生徒達の心にちゃんと届く。
そんな村内先生と生徒達の心が温かくなる話だ。



どのストーリーも生徒の孤独さ、辛さが伝わってくると
喉の奥がぐぐぐっと窮屈に感じ始める。
そしてその生徒がまるで自分になったかのような錯覚でいると
村内先生の言葉が心に入ってきて、締め付けられていた喉の奥が
ほわほわと緩んでくる。
「正しいこと」や「間違っていること」ではなく、『たいせつなこと』
中学校が舞台だが、大人が読んでも大切なことが書いてある本だったと思う。
重松清さんの作品は、いつも"じん"とされられるものがある。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/184-1219f566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ