英会話ができない私
先日ニセコでスノボをした後、日帰り温泉に立ち寄った。
温泉で疲れを癒した後、車に戻ろうと入口に向かうと、
入口ドアから大きな外国人の男性が入ってきた。

目が合ったとたん英語で私に話しかけてきた。
どうやら行きたい場所があるらしい。
私は地元ではないので、温泉のフロントの人に、
「この方が○○に行きたいみたいなんですが...」と
言うと、フロントの女性は地図を広げて場所を探し始めた。

私は相手が何と言っているのかは、たぶんだいたいわかるが、
それに英語で返すことができないことに気づく。
「。。。。。」
私よりも数倍英語が上手な旦那にパス!

旦那は
「そこまでどうやって行くつもりか?」
「目的地の具体的な番地などはわかるか?」
「タクシーを呼ぶか?」
等など、スムーズにコミュニケーションをしている。

タクシーを呼んだ。
だが、タクシーの運転手は、番地を言われても
どこの家だかわからないという。

ちなみに男性が行きたい場所には友人夫婦がいて、
旦那か奥さんかどちらかが日本人だそうな。(どっちだったか忘れた)

詳しい場所がわからないのでは、運転手さんが困るというので、
親切にも温泉の人が、友人の携帯番号に電話してくれた。
温泉の人 ⇒ タクシーの運転手 ⇒ 旦那と
次々に電話がバトンタッチされる。
どうやら相手は外国人の方しか家にいなかったようで
ほとんど英語だったようだ。
土地勘のない旦那が、タクシー運転手と電話先の友人との
通訳になって、家の場所を探す。

男性の持っていたメモ帳に地図を描きつつ、
電話でのやり取りに必死になっている最中、
ふと見ると当の外国人男性は私達を写真に撮っている。
気づいた私はおもわず、笑顔でピース!
きっと後で友達に説明するのだろう。
「この人たちが親切にしてくれたよ~」(想像)

結局すったもんだのやり取りで、だいたいの場所がわかった。
後は男性が以前一度その家に行ったことがあったらしく、
近くまで行けばたぶんわかると言う。(それを早く言って)

男性は
「親切にしてくれてありがとう。スキーを楽しんでね~」(英語)
と言って、笑顔でタクシーに乗り込んで行った。
とりあえず、良かった良かった。

私達の車に戻り、旦那に「お疲れ様」と言うと、
「ま、なんとかなって良かったよ」
「でもね...あの人ドルしか持ってないんだって。
それを言うとまたややっこしくなりそうだったから、言わなかった」だって。

最後の最後でそんなオチがあったとは!
たぶん友人が円を持っているだろうという予想をした私達は、
運転手さんが無事に運賃を払ってもらえたことを祈ってます。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/185-8bd5608f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ