スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またまたニセコ
今晩から今シーズン4度目のニセコへ行ってきます。
今回もペンションを予約しています。
前回と違うペンションなので、どんなペンションか楽しみです。

とはいっても、毎度毎度の素泊まり。
うちのダンナは、交通費と宿泊費にお金をかけない人です。
確かに、こうしょっちゅうあっちこっち行ってるので、
いいところに泊まっていたらお金が大変。

お風呂は近場の温泉に行き、食事はリサーチしたお店に食べに行くので
確かに宿は寝るだけと言えばそうなんですが、
しかしながら、最初っからダンナと同じ価値観ではなかった私。

付き合い始めた当初は、旅費と宿泊先を
「安ければいい」という基準しかもたず、とんでもないところを予約する
ダンナに多少抵抗していたもんです。

だって、旅費はまだしも、宿泊先も旅の楽しみのひとつなのが女心ってもんです。

ダンナの究極が、「キャンプと車中泊」。
キャンプ場は探せば無料の場所もあり、宿泊代はタダ!!
もともとアウトドア好きなダンナには一石二鳥どころかそれ以上の喜びです。

テントの中とは言え、外で寝ることがありえないと思っていたので、
だまされだまされ、アウトドアに付き合っているうちに
「部屋と布団さえあれば十分」と、どんな安宿にも
すっかり適応能力を身に付けてしまいました。

寝袋とかアウトドア用品は十分にそろえているので、
車中泊も快適と感じ、「安くてお得」とまで思うようになってしまいました。

それに、一度本当にとんでもない宿に泊まって以来、
そこよりひどい場所は今までないので、
「あれよりまし」といつも思えるようになったのです。
日ごろ、私よりも神経質にきれい好きなダンナなのに、
宿の不衛生さは平気なところが不思議でなりません。

「昔はいいところに泊まりたいって言ってたのに、たくましくなったね~」と
ダンナはほくそえんでいます。
とはいえども、北海道の冬はさすがに家の中でなければならず、
格安の素泊まりペンションを予約した次第です。

ニセコは、富裕層の外国人が集う場所。
周りを見渡せば、バブリーな世界が広がっているのです。
同じ場所で同じようにウインタースポーツを楽しんでいても、
大きく違うもんですゎ。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/195-0641b171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。