スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


背骨の曲がり具合
5月6月と、札幌で整体に行った。
特にどこが悪いって訳ではないんだけど、肩こり、首こりは、日常化してるし、
一度自分の体の状態をチェックしたかったのと、
ダンナが札幌で評判がいいらしいという整体を見つけたので、
行ってみることにした。

初めて行った時、「あなたの体の状態はこんな感じです」と言われ、
立たされた姿勢は、どんだけねじれてんだって、くらいねじれてた。

でも、本当にこの捻じ曲がった姿勢だと、どこを押されても痛くない。
逆に、自分ではまっすぐと思う姿勢にして、
先生が腕や、わき腹、腰、足とあちこち掴むと痛いのなんのって。
先生曰く、痛いということは、その部分が緊張状態だからだそうだ。
要するに無理な姿勢をしているということになる。

まっすぐな姿勢を保とうとしていることが、私の捻じ曲がった体には
負担をかけていることになる。
それにしても、自分の体のゆがみ具合には驚いた。

1回目終了後、大きな変化はなかったけど、
(1回ぐらいで治るねじれ加減ではない)
それまで股関節が時々、骨がずれてるような感覚が当たり前だったのが、
すっかり消えて、特に、最近はマシンでジョギングとかやってたので、
足の動きがスムーズなのが、めちゃめちゃよくわかった。

スノボする時に、体が固いのが気になっていたので、
日ごろもストレッチはちょこちょこやってるけど、
整体後のストレッチがやりやすいこと。
そんな体の変化を実感し、先月2回目を受診。

私はダンナと比べると、背中の中心あたりが丸くなっているので、
首をまっすぐな姿勢にしようとすること自体が、
首のこりにつながっていると言われたのは、前回。

そして今回もその背中の丸みについての話になった。
「背中の中心部分が丸い人は、胃腸が強いんですよね。。。」(先生)
「・・・・・・(?その続きがありそうだが)」(私)
「質より量を求める人なんですよね」(先生)

「(それって、私の小太りな体型みて言ってないかい?)」とは言えなかったが、
確かに、なんでも美味しく頂ける胃腸であることは間違いない。

それにしてもどうりで、なんだか言いにくそうな物言いだと思ったら、
「よく食べるでしょ?」って聞きたかったのかー!と笑い話になった。

そういえば、以前ウイルス性腸炎になった時も、お医者さんから
「奥さんは、日ごろしっかり栄養をとっているみたいなので、
 2、3日は食べるのを控えさせて大丈夫なので、
 あまり食べさせないで、胃を休ませてください」
ってダンナが説明されていたっけ。。。。血液検査もせずにね。

今度整体の先生の所に行ったら、食べ過ぎない体にしてほしいと要相談だ。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/224-1c4734fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。