懐かしい便り
先日突然、大学生時代にお世話になったバイト先の店長から菓子折りが届いた。
バイトをしていたのはもう17年ほど前のこと。
ちなみにケーキ屋さん。
私には初めてのアルバイトだった。

お母さんみたいな存在の店長で、2年間勤めたバイトを辞めた後、
同じ系列店の和菓子屋さんで働いていた店長に偶然何度も再会し、
その都度、「卒業して就職しました」「転職しました」「結婚しました」と
節目節目で報告し、函館に引っ越すことも伝えていた。
特に継続して連絡を取っていたわけでもないので、
こうやって考えてみると不思議な縁である。

「貴方を思い出し懐かしくなったので」

とメッセージが添えられ、私がアルバイトしていたお店のお菓子が届いた。
17年前に菓子折りの包装の練習をしていた包装紙は当時のままだった。

ほんの数行のメッセージだったが、心がじんわりと温かくなった。
お礼のお手紙に最近撮った写真を同封して送った。

人と思い出、人とのつながりって本当に温かい。
誰かを懐かしく思った時、そんな風に筆を取れるって素敵だと思った。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/228-ded24e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ