脱水症状?
先日は大根狩りに行きました!そのレポはまた次回にでも。
今日は、胃がん検診を受けてきました。
ちなみに30歳から毎年、年に1度は人間ドックを受けています。

指示通り前日の夜8時には食事を済ませ、
夜から検査が済むまで水分も一滴もとらずに検査へ。
それで午前中バリウム検査を終え、紙コップ3杯ほどの水で下剤を飲んで帰宅。
いつもは効きすぎるといけないと思い、1錠しか飲まないのだが、
最近便秘気味なので、今回は係りの方の指示通りに2錠服用。

数時間後、トイレに駆け込むこと数回。やっぱりちょっと効きすぎたか・・・と
思いつつ、なんだか頭痛と体がだるくなってきたので、
ソファで横になり、1時間ほど寝て目覚めると、口の中がカラッカラに。
だるさも先ほどと変わらず、なんだか少し熱っぽい感じが。
熱をはかると、37.2度。下剤の副作用なのかな・・・と思いつつ、
ネットで調べてみたら、どうやら脱水症状ぽい。(あくまで私の想像です)

家に帰ってからもお茶を飲んだりしていたんだけど、
確かにお腹ピーピーになってるし・・・と思いつつ、
試に少しづつお茶や水を飲み続けていたら、だるさが消え、熱をはかると、36.8度に。

そう言えば、数年前函館で人間ドックを受けた時にも
同じようなことがあった!と思い当たる。

その時も同じようにもちろん前日から水分を取っていなかった。
朝からの検査を受け、9時には一通りの検査を終えたが、
婦人科検診だけは、一般外来の場所へ移動が必要だったので、
下剤を飲むとトイレの心配があったのと、検査はすぐに終わるだろうと思って
下剤は家で飲もうと思い、水分を取らずに、急いで婦人科検診へ移動。

ところが、どういうシステムなのか(函館で初めて行った病院だった)
思いのほか待ち時間が長い。。。。呼ばれたのが11時半で、
その間に水分を取ればよかったが、近くに自販機が見当たらなかったので、
すぐに呼ばれると思い、水分も食べ物も一切取らずに、ひたすら待っていた(アホな私)。

婦人科検診を終えたとたん、めまいがして息が荒くなり、意識が遠くなって倒れた。
看護婦さんも「どうしたのかしらね~」といいつつ、空いているベッドに寝かせてくれ
脈拍、熱をはかると、37度を超えていた。「ちょっと熱があるわね、少し休んで行ってね~」
と言って、まだ待っている外来患者の対応へ向かい、私はとりあえず寝ておく。

しばらくして、また看護婦さんが様子を見に来たので、「のどがカラカラだから水を下さい」
と言うと、「このへんに飲める水道水がないのよね~」と言われつつ、一応水を持ってきてくれた。
「味は保証できないけど・・・・」と言われるが、水分ならなんでもいいと思っている状態なので、
とりあえずその水を飲み干し(今思えばなんの水だったんだ・・・)、また寝る。

少し体調が戻ったので、検査後の説明を聞きに医師のところへ。
「どうしたのかね~、大丈夫?」と軽い調子で聞かれ、ちょっと不信感がわいたが
まだ気分がすぐれないので、とりあえず帰宅。

その後微熱&倦怠感が続くこと3日間。
その時は婦人科検診の際に発見されたポリープを取ったから、その影響だったのかしら~と
思って今まで過ごしていたが、(ここで今日の話に戻る)今日の症状と同じだ・・・
おそらく脱水症状だったと思われる(これまた私の想像)。

前日の夜から水分を取らず、朝から人間ドックを受け、正午ごろ病院で倒れてから
さらに4時間ぐらいベッドで寝ていて、その間に取った水分がよくわからないコップ1杯の水だけ。
脱水症状はひどくなると結構大変なことになると知り(今日、ネットで)、
病院で倒れたのに、危うく重症化するところだったと改めて、自分の無知さと、
病院の方の対応にいまさら?(はてな)と思った次第です。
看護婦さんにお金渡して、飲み物買って来てもらえばよかったけど、
意識がとぎれとぎれで、ぼーっとしていて、そこまで考えが及ばなかったのです・・・・

来年からバリウム検査を受けた後は、錠剤は1錠で、
水分補給に気をつけようと思った一日でした。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/286-8fb8e057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ