スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松島大漁かき祭in磯島 2009
松島大漁かき祭in磯島(2009)に行ってきました。
9時開始ということで、混雑を避けるべく7時過ぎに岩沼を出発。
高速もすいすいで、8時に磯島の駐車場へ到着。

駐車場も、会場もまだ人がまばらですが、購入した牡蠣を焼くための
バーベキュー台がすでにスタンバイされているので、場所の確保をします。
炭もあらかじめ用意してあり、係りの方がバーナーで火をおこしてくれました。

松島牡蠣祭り1

初めて来たので、何が必要かわかっていなかったので、
牡蠣の殻を開けるナイフを含め道具を準備して来ていなかったのですが、
軍手2つとマイナスのドライバーが車の中にあったので、
とりあえずそれで対応することにしました。

牡蠣を網の上から運ぶためのバーベキュー用の火ばさみと、
食べる時に必要な軍手と、殻を開けるナイフのようなものは持参した方が便利です。
ちなみに会場には軍手と殻むき用のナイフがセットで300円で販売されていました。
慣れている感じの方々は、マイ椅子に皿、その他準備万端で来ているようでした。

さぁさぁ、開始前にオットと作戦会議。
試食用の焼き牡蠣、牡蠣汁、購入する殻付き牡蠣と、どれも少しずつ列ができ始めています。

購入する殻付き牡蠣は一袋1000円で、小だと35個~45個入り、
大だと20個前後入っているというので、大、小一袋づつ購入することにして、オットが列へ。
焼き牡蠣は自分達で購入したものがあるので、私は牡蠣汁の列に並ぶことにしました。

松島牡蠣祭り

松島牡蠣祭り

松島牡蠣祭り

松島牡蠣祭り

牡蠣汁の方が待ち人数が少なかったので、すぐにゲット。
朝から待っていたので、温かい牡蠣汁で体が温まります。

松島牡蠣祭り

お次は、購入した牡蠣を網の上にのせて焼いていきます。
少しすると蓋が少し開くので、そこから割り箸を差し込むと簡単に開きました。
ぷりぷりとした牡蠣が美味しい!
ポン酢なども持参している方がいましたが、そのままでも十分塩味がきいていました。

松島牡蠣まつり7

焼いては食べ、焼いては食べ・・・・
牡蠣めしも購入(スープ付500円)し、焼き牡蠣を食べながら、牡蠣めしも食べ・・・

松島牡蠣まつり8

かなりお腹いっぱいになったのですが、袋の中身は大小どちらの袋も
まだ半分以上残っています。残りはお持ち帰りってことで。
さらに生かき(500g1000円)も晩御飯のカキフライ用に購入。

生かきには保冷剤をつけてくれましたが、お持ち帰りを見越して、
クーラーボックスと保冷剤は持参して行きました。正解でした!
販売していた人によると殻付きのままなら、冷蔵庫で1週間はもつとのこと。

松島牡蠣まつり9

そしてその夜のこと。カキフライが大好きなオット。
せっかくなので、自分で作ってみれば~と促すと、さすがに好きなものには興味を示す性格が
功を奏し、事前に録画しておいたカキフライの料理番組を見せると、
初めてながら、せっせとカキフライを作ってくれました。食べ放題か!ってくらいのカキフライです。

カキフライ1

カキフライ2

朝から晩まで牡蠣を食べつくした一日でした。
蔵王の大根狩り同様、これは毎年恒例に参加したいイベントでした。

ちなみに、牡蠣まつり会場で食べ終わったのが、10時半だったので、
その後は松島を散策することに。それはまた後ほど。


続きは「松島 紅葉散策」でどうぞ。>>


 ■関連リンク
 ・電脳松島絵巻 松島観光協会 http://www.matsushima-kanko.com/


 ▼ 松島でも温泉が楽しめる >>
   

 ▼ まち楽・宮城 >>
   

 

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/292-f3d1e860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。