方言
以前会社の上司で東京の人に「ららは標準語風にしゃべってる
つもりだろうけど、なまってるよね」と笑われた。
おっと、まさにその標準語のつもりだっただけにびっくり。

確かに佐賀、大分、熊本、福岡で育った私は、
各地の方言を覚えてきた。例えば、大分だと
「真剣疲れた~」が最初わからなかった。
「真剣」=「本当に」とか「すごい」とか言う意味だと知った。
通常の「真面目に」という意味とはニュアンスが異なる。

佐賀では「そうなたぁ~」とかばあちゃんがよく言う。
「そうなんだ~」とか「そうだね~」とか言う意味。
ちなみに最後の「なたぁ~」は語尾が上がるイントネーションである。

熊本では、中学の時授業で先生が話している言葉が
最初全く意味不明だった。ノートに言葉をメモって後で
友人に「これなんて意味?」と聞いていた。
強烈に覚えているのは「あくしゃばりうち」である。
決していい言葉ではない。「とってもむかついた」という意味。
ちなみに「あくしゃ」「ばりうち」という区切り方をする。
先生が授業で使う言葉ではないと思うのだが・・・。

また、熊本の有名な話で、道を訪ねるとジェスチャー付きで
「ぎゃん行って、ぎゃん行って、ぎゃん行くたい」と言われる。
「あ~、ぎゃん行くとね」聞くほうも、聞いたほうも
全て「ぎゃん」のみで通じる。熊本弁を知らない人が
「『ぎゃん』って何のこと?」と不思議がっていた。
「ぎゃん行って」=「こう行って」という意味。
第3者が聞けばお互い「ぎゃん」しかしゃべってないように
聞こえるらしい。

方言と言えば、先日旦那がマリノアシティのモンベルへ行った際、
「ザックを下見していて、店員さんから言われた言葉が
わからなかったんだけど、どういう意味だったの?」と後で
聞いてきた。(旦那は関東出身)
全く始めて聞いた言葉らしく、その言葉がなんだったのかも
わからない。「なんだろ~?」と私が色々言葉をあげてみた。
結局、その言葉は「からって」だった。
店員さんが「ザックをからってみてください」と言ったそうだ。
「背負う」を「からって」とか「かるって」とかいう言い方をする。
福岡ではあまり聞かないから、たぶん佐賀寄りの方言だと
思うけど・・・定かではないが、私には理解できる言葉である。
旦那が、それ以来やたら「からって」をわざと使っている。
言葉を覚えた子供のように楽しそうに・・・・。

気付けば、北部九州の方言をマスターしており、
その上で方言を全て隠せていると思い込んでいたが・・・。
そう思っていたのは自分だけで、実はかなりなまっているらしい。
旅先の四国でおばちゃんに話し掛けられ、普通に標準語で
話していたつもりだったが、「九州の人でしょ」と突然
見抜かれた。会社の人だけでなく、他人に見抜かれるとは
なまりもかなりの重症である。しかも、見事にブレンドされて
いるのでどこの地方のなまりなのかも不明である。
今後はこの九州ブレンドに、北海道がミックスされることとなる。
果たして、私はどこまで、どんななまりになるのだろうか。
こうご期待・・・・。


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/34-fe3c3115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ