地震の瞬間
東日本大地震の後、
翌日自宅に戻ってから、
起こったことを書き残していました。

そのメモを見ながら、
地震の日以降の出来事を振り返ります。

2011年3月11日  14時46分

私は宮城県岩沼市の自宅アパートの3階にいて、主人は仙台空港近くの職場に勤務中。

私は出かける準備をしながら、ストーブを消し、リビングのドアノブを握った瞬間。

最初小さな揺れ。
地震だと思い、ジッと身構える。

地震はだんだん大きく左右に振れ始める。

キャスターの付いたテレビ台とリビングテーブルが揺れで自分の方に迫って来る。

中腰になり、テレビ台とリビングテーブルを抑えつつ、立つバランスをとる。

まだまだ揺れは続く。
台所の様子は見えないが、物がガチャガチャと落ちる音がする。

部屋の窓は、全て閉めていたが、鍵をかけていなかったため、全ての窓が揺れで全開になり、冷たい風が部屋に吹きこんでくる。

この時は恐怖を感じる暇がない。ただ「大きな地震が来た。」わかるのはそれだけ。

揺れに耐えながら、揺れがおさまった後の行動を頭の中で確認する。

ガス、ストーブは消した。

今必要な所持品は何か。
持って出るものは、携帯、財布の入った小さなバック。外は寒い、上着とマフラー。

場所を頭の中で確認。
携帯は目の前。
財布の入ったバックは隣の部屋。上着とマフラーも隣の部屋のラック。

全て持って、玄関脇に掛けてある家の鍵をとり、外に出て鍵をかける。

一瞬の出来事だけど、すぐに行動できるよう、頭の中でイメージを繰り返し確認。

揺れが長い。
中腰で踏ん張るのがやっと。
どこまで大きくなるのか。

揺れが止まった。

部屋の状態を確認する余裕はない。イメージした通りに荷物を掻き集め、鍵をかけ、一階まで急いで階段を駆け下りる。

ここまで地震発生から、たぶん10分かかっていない出来事。

この地震の2日前に震度5の地震が起こっていた。

宮城に引越してから、宮城沖地震への警告を日頃から聞いていた。

震度5の地震後、次は大きな地震が来るかもしれない、できれば来ないようにとなんとなく心の準備ができていたので、思いのほか冷静に対処できた。

東日本大地震が最初に来た地震だったなら、パニックだったかもしれないと後で思った。





(2011年3月11日  地震の瞬間  ……終)


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/356-3b583d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ