積丹半島の夏 うに丼
泊原発稼働されちゃいましたね。

北海道内外から泊原発稼働反対の声や、安全チェックに疑問が残るという声、
泊原発付近の活断層調査を受けての安全対策見直しの声、
あきらかに疑問、不信感が残る大きな声があちこちから出ている中での
高橋はるみ知事のあの会見。

そういう反対の大きな声を無視して、原発稼働をしたいと
全国ネットで顔を出し会見することが、北海道に恥をかかせ、
ご自身が恥をかいたことに気づいていないんでしょう。
北海道民を危険にさらす判断をしておいて、知事の資格はないですな。

思ったんですが、今後原発のことを話し合う会議は、
全て福島原発敷地内で行って欲しいものです。
安全な場所でいくら話し合いをしても、無駄です。
せめてご自身で身を呈して、福島原発内から、稼働賛成、原発賛成を訴えてください。ぜひ。
ま、でも後は根気比べなので、これからも反対し続けますけどね。

それで話は変わりますが、、私ができることを色々考えた結果、
一番頑張れることは、今までやっていたように、
今住んでいる北海道の好きなところを、ブログで綴ることだな、と。
原発反対には直接力にはならないことはわかっているけれども、
私なりの泊原発反対の表明のようなものだな~と思いました。

北海道の良さを知って、北海道の自然の大切さを訴える方が、
私には合っている。
なので、これからも北海道あちこち、食べ歩き、遊び歩いてご紹介していきます。

早速手始めに。
先月積丹半島へ行った時の写真です。(まさに噂の泊原発がある半島です。)
積丹は函館時代にウニ丼を食べに行ったことがあり、今回が2回目でした。

前回は中村屋さんでしたが、今回は

「お食事処 みさき」さんへ。

確か10時前に着いたと思うのですが、やはり、すでに賑わってました。

2011みさき


じゃーん。赤ばふん生うに丼。
2011積丹

25食を超えると3500円だそうですが、数量に間に合ったようで3200円でした。
ちなみに赤ばふん生ウニは、6月中旬~8月末までとメニューにありました。

あまりの美味しさに、お醤油とワサビをつけるのを忘れて
しばらくそのまま食べてました。
とろけるんだけれども、身はほどほどにしっかりとしていて、
ほどよい塩気と甘み、そして旨味のなんとも言えない美味しさ。

見た目はそれほど多くないかなぁと思ったけれど、
前回の中村屋さんと同じく、途中でおなかいっぱいになり完食はできず、
残りは夫へ・・・。とにもかくにも美味しかったです。
まさにこれぞ積丹の夏という感じでした。

食後は、みさきさんから少し車を走らせ、

「神威岬」へ。

以前にも訪れたことがあったのですが、その時は、強風で扉が閉鎖されていて
岬の先端に行くことができなかったので、リベンジ。

開いてました!

神威岬6

女人禁制の地と書いてありますが、今は大丈夫。いざ岬の先端へ。
道はきちんと整備されていますが、階段あり、坂あり、未舗装ありで、
思いのほか距離もあって歩くので、歩きやすい靴の方がいいです。

朝、札幌から積丹に来る途中は雨が降っていたので、
どうなることやらと思っていたのですが、2度目の神威岬参りには、
ご縁があったようで、天気も回復。散策に最適な陽気になりました。

神威岬2

神威岬7

神威岬3

神威岬4

岬の先端に到着。
さすがに風が強い。神威岬の神様にしばし手を合わせる・・・。
祈ってばかりではだめかもしれないけれど、
手を合わせるの好きなんです、私。
神社仏閣、お地蔵さん、大木、夏山、雪山、海、晴れた空、心打つ景色、などなど・・・
思わず祈らずにはいられない。この一瞬に感謝。
四国回ってた時、心に響いた言葉って「念ずれば叶う」だったし。(れっきとした無宗教です。)

数年前積丹に初めて来たとき、海の青さに驚いたんです。
北海道にも青い海があるんだなぁ~って。まさに積丹ブルー。

神威岬1

積丹半島を散策して、思いのほか汗をかいたので、
温泉に入って帰ることにしました。外観の写真を撮るのを忘れました。

「岬の湯 しゃこたん」

高台にあるので人眼もなく、広い露天風呂からどど~んと海が見えて、景色は最高。
休憩室も広くて綺麗で、しばらくのんびりと一休み。

札幌に来て久しぶりの遠出で、満喫できた一日でした。


*********************************

  「お食事処 みさき」
  北海道積丹郡積丹町大字日司町236  0135-45-6547
  8:00~17:00 不定休 駐車場あり 20台
  ※期間中は基本的には無休。4月~11月中旬の期間限定営業です。
  

  「神威岬」
  ■北海道 積丹観光 Web site内  http://www.kanko-shakotan.jp/gaido.html


  「岬の湯 しゃこたん」
  ■北海道 積丹観光 Web site内 http://www.kanko-shakotan.jp/misakinoyu.html

 (注意:情報は、2011年7月に管理人が積丹を訪れ、2011年8月17日時点の情報を元にしています。
     ご了承のうえ、ご参考になさってください。)




  
コメント
>hirominさん
hirominさんが言うほど、そんなちゃんとした人間じゃないので、
恥ずかしいのですが、いつも褒め言葉頂いて、ありがとうございます。

友達の旦那さんの出来事は、災害のとらえ方の温度差を表す
一例かなと思ったので載せてみました。

hirominさんと同じように一緒に怒ってくれた人もいれば、
「そんなことあったんだぁ~笑」という感じで、なぜ私が泣いたのか
理解してない人もいて、五分五分でした。
距離なのか、その人自身なのか、どちらも言えますが、
たぶんその温度差が現実なんだと思います。

私自身が、震災後はしばらく、思いがけない言葉で傷ついたり、
落ち込んだりしていたので、そういうこともあるということも
わかってもらえたらなぁと思います。

積丹半島。
hirominさんにも思い出があったんですね~。
そういえば、モマジライブありますね。もちろん参加ですか?
---------- RaRa。. URL│2011/08/19. 16:46 [ 編集 ] -----

追加:
この岬の先端写真を見て あ~ここ行ったわって思い出しましたよ。
北海道の魅力じゃんじゃん紹介してくださいね。楽しみにしてますから。
---------- hiromin. URL│2011/08/18. 09:51 [ 編集 ] -----

おはようございます。長野に帰省してました。う~ん。北海道知事・・・あの方、経済産業省出身なんですね。だから?裏事情色々 想像してしまうけど・・・
何日か前のブログ読んでて いたたまれない心境になりましたよ。決して過剰反応ではなく どんな状況でも笑って許せない言葉ですよ。私なら今までの付き合いは出来ないかと・・・なんか家も家族も失ってないんだから、大変な人は沢山いるからって我慢しちゃう人が多いみたいですね。でも本当にどんな時も優しくて かける言葉も常にあったかくて なんて素敵なご主人でしょうか。そんな ご主人が無事だったってホットして号泣するの当然ですよ。あの状況で自分のことよりまず近所の方達の心配ばかり・・お二人とも いい人すぎるくらいいい人。(笑)あっ、それとすみません。追加コメント下さってたの今頃 気付いた私・・・何が不適切なコメントかポカ~ンですよ。(笑)常にRaRaさんは常識的で誠実で優しくて・・そんな数々のお言葉にいつも癒されてる私ですよ~
---------- hiromin. URL│2011/08/18. 09:47 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/370-afc28bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ