秘密の合図
年明けてすぐに私のスノボ道具の買い替えをしようと
お店に行ったり、ネットで調べたり。

結局、お店で見たやつがネットと比べて、
価格的にも一番お得だったので、早速買いに行くことに。

しかし、こういう高額買物の時は、値段交渉が肝なのです。
店頭ではボードは20%オフになっていたが、
ブーツとバインディングは定価。できるだけネットの最安値以下にしたい。

どういう風にすれば店員さんが気持ちよく値下げしてくれるか。
交渉には順番と言うものが大切で、
風呂に入りながら、一人で作戦をあれこれ立てる。

そもそも価格交渉を入念にし始めたのは、車を買ったときから。
車の場合は価格を下げるのも大事だが、下げ止まったら、
そこからどれだけサービスやオプション品を付けてもらえるかが勝負だ。
しかも、お互い気持ちよく!

けれど担当者を目の前にして、なかなか口に出してはあれこれ相談しにくい。
そこで事前に希望価格、希望オプションなどを旦那と話し合っておいて、
担当者との間で「ここで決めるか」
「もう少し粘ってみるか」を判断するために合図を作った。

12010701

テーブルの上で手を組み、担当者には見えないようにして
↑の指なら「よし!これで交渉しよう!」という合図。

12010702

↑この指なら「まだまだ粘れそうだから、もう少し押してみよう」と。

担当者との交渉中、何度かこの合図をお互い確認しあいながら、車を購入。
おかげで2台買った車はどちらも、かなり割引+サービス付きで納得の買い物に。
(こんなことしてる人他にいるのだろうか・・・)

さて、そこで今回のスノボ一式値切り作戦。よし、作戦は立てた!これで行こう!

(その1⇒その2⇒その3)と、段階を踏んだ値切り方を考え、
こういう順序で私は値切るので、よろしく!と一応旦那に確認メールを送る。

旦那も了解。いざお店へ。
私はちょっと確認しておきたいことがあったので、旦那が先にボード売場へ。
私が到着すると、旦那が「話しておいたよ」と。

「????」

えっと・・・アナタ、値段交渉苦手で、いつもその役は私ですよね?

私「ボードの割引がもっとできるか(交渉その1)聞いた?」
旦那「あ・・・・してない」

店員さん「3点(ボード、ブーツ、バインディング)ご希望ですよね?」

雰囲気からいって、全く交渉せずに3点欲しいと言ったようだ・・・・
風呂に長々と入りながら(その1)から(その3)まで
入念な計画を立てたのは何だったんだ。

一瞬頭の隅がプチっと切れそうになりながら、平静を装う。
旦那はしまったとばかりに、商品見てます風を装いその場から立ち去る。

こうなったら作戦変更するしかない。
あの手この手、押しては引き、引いては押し。
最終的に私の希望の割引価格になり、さらにノベルティまで付けてくれることになった。
これなら満足とご購入。

値段が決まった頃、どこかに行っていた旦那が戻ってきて、
「台無しにしたかと思ったよ・・・」と、自分の失態は理解している様子。

結果的に最安値で買えたし、買ってくれるのは旦那なので、
わかっているならよろしい・・・とばかりに、無言の返事でお咎めせず。

全体的には定価の35%オフ。価格で言うと定価より約65000円値引き+おまけ付きでした。
今回は我が家の秘密の合図を使うことはなかったが、
次回から「私にまかせて何もしないで」合図をさらに作ろうかしら。やれやれ。



  
コメント
>ひろりんさん
自分では気づいていなかったのですが、旦那曰く、
交渉するときの私は、かなり「感じがいい」そうです 笑

今回も「おまけ付けて」なんて一言も言ってないんですが、
店員さんが「これ以上安くできないので、代わりに・・・」と言われて。
ある意味特技になってきているかもしれません 笑
---------- RaRa。. URL│2012/01/13. 16:24 [ 編集 ] -----

すごい!!
私には値段交渉は出来ないからすっごくうらやましいです!
少し見習いたいと思います。
---------- ひろりん. URL│2012/01/13. 14:10 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/389-e1ff82d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ