スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パン焼きあれこれ
先週の天気予報に比べると思ったほど
荒れた大雪ではないが、とにかく寒い。

特に朝起きた時。
今日は4時起きだったが、さすがに部屋がひんやり。
何時に起きようが、朝は起きたらまず
温かいお茶を1杯飲んでから、
ハロゲンヒーターの前で
20分~30分全身くまなくストレッチをする。

そして、床のモップを掛けてから
部屋全体の暖房を付ける。
身体と部屋の準備ができたら、
お弁当や朝食の準備に取り掛かる。

ストレッチはもう何年か続けているが、
寒い時期には身体をしっかり伸ばし、
温めてから動き始めるのが、自分的に良い感じがしている。

さて。
パン作りはあれこれ試しているが、
最近焼いてみたのが、こちら。

2014011101

参考にしたレシピはこちらから ↓

Cpicon HBで❤ヨーグルトパンⅠ by eterno

マーガリンは無塩バターで、砂糖は15gに変更して。
加水率が低めなので、もっちりした食感に焼き上がった。
酸味というほど感じはしないが、天然酵母を使ったような
風味に近い感じがして、美味しかった。


もうひとつがクリスマスに作ったツリーパンのレシピで
朝食用に成型したもの。

2014011102


参考にしたレシピは、こちら

Cpicon クリスマスリースパン by Beautemps

ちなみに、この記事にUP ⇒  ★年末年始の過ごし方

これ。見た目はすごく美味しそうだったのだが、
使った牛乳とバターが冷えすぎてて、
生地の伸びが悪く、ふんわり感が足りない失敗作だった。
見た目はよかったのになぁ。

後、写真は撮り忘れたのだが、
一番最近作った食パン。

参考レシピはこちら。

Cpicon HBで早焼きふんわり食パン by ★マリアム★

これは加水率が高めのふわふわパン。
ところが、うちのHBだと焼きが弱いのか、
捏ねが強すぎるのか、焼き上がってから
網の上でパンをケースから出して冷ましていると
あっという間にシワシワになってしまった。

確かにふんわりやわらかくて美味しいパンだったのに
今度は見た目がいまいち・・・・。
見た目が美味しそうで、味も美味しいというパンに
なかなか行きつかない。

しばらくは、このふんわり食パンのレシピを参考に
焼き時間の調節などを試してみようと思う。

ちなみにパンの強力粉は、パン作りを始めた時から
北海道産を使用している。
習いに通った教室が、
たまたま北海道産を扱っていたから。

福岡や、宮城にいるときは
通販で注文していたが、
道内にいるとスーパーで普通に道産強力粉が買える。

けれども、スーパーだと銘柄は少ないので、
ネットをチェックしていて、気になったものが。



香麦と春よ恋は使ったことあるが、
他にも色々あるんだねぇ。
以前からチェックしていたお店だったが、
送料がかかるので、躊躇していた。
これなら送料も込みで良さそう。

後は、あると便利なこれ。
レビューの評価が高いので、気になる・・・



それと最近すっかり、
道産かぼちゃを見かけなくなってしまったので、
量は少ないがお試しにいいかなぁと思っているのがこれ。
トマト食パンに続き、かぼちゃ食パンも作ってみたい。




購入して作ってみたら、またそのうちご報告。


さてさて。
最近やっとお風呂に入っても蕁麻疹はでなくなった。
何度か受けたアレルギー検査で陽性になったものはないので、
おそらく特定の食品に対しての
アレルギーではないと思うのだが、
先生が言うには、体調が悪い時に
身体が過敏に反応する体質だろうと。

さらに先生曰く、添加物でアレルギーが出る人もいるのよ~と。
だから蕁麻疹が出ている間は、いつも飲んでいた
サプリメントも念のため飲まないように言われていた。

と言う訳で、食べる頻度が多いものについては
なるべくなんの材料を使っているかがわかるものがいいかと
いう思いもあっての食パン作りである。

このご時世毎日ニュースになるような
食品についてのあれやこれやも多いので、
注意が必要で困ったもんだ。

まずは丈夫な身体作りで備えなければ。
ストレス発散の運動と、休養と、栄養。
ま、ぼちぼちと。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/487-a27017de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。