ゼログラビティ見たよ
今日は、『ゼログラビティ』を見に行った。
3D映画だったので、眼鏡をかけるんだった。
私は眼鏡なので、眼鏡オン眼鏡。
コンタクトをして行けばよかった~。
ちょっと失敗。

テレビの予告CMとかでやってたが、
宇宙空間で起きる出来事で、
宇宙飛行士の話なんだよね。

で。
色んなものが自分に向かって飛んでくるような
映像があるんだけど、3Dなので
お決まりのようについ反射的によけてしまった。

台詞はとても少なく、映像でうったえるような
内容だったが、その少ない台詞は
はっと息をのむような印象的な言葉が多かった。

それで、メイキングによるとこの映画は
生きるってことと、
人と人とのつながりがテーマらしい。

なるほど。

それと次々に起こる色々なハプニングは、
ままならない人生を表していると言う。
この「ままならない人生」という言葉で
全てがすとんとおさまった感じがした。

生きていると、ふいに思いもよらない困難や、
自分の力ではどうにもままならないことが起こる。
一度だけならまだしも何度も。

悲しみや苦しみに飲みこまれそうになり、
もう限界ギブアップと言いたくなる。

けれど、不思議と
もうだめだ~と思った後でも、
乗り越えられる力がどこからともなく現れる。
生きようと思える力。

その力は、自分の中にあるだけでは引き出されない。
愛する人や、大切に思える人、
もしくは故郷のような場所、
そんなところから、
なにかしらの生きる引力が働くのかな~。

それにしても、この映画、
宇宙空間、そして宇宙から見る地球が
それはそれは綺麗だった。
自分が宇宙にいる気分になれたくらい。

人一人の存在に比べたら、
地球は大きく、そして光り輝き、
宇宙空間はさらに壮大だ。

けれど、この映画では人が持ってる底力は
地球にも宇宙にも負けてない
パワーを放っているという印象を受けた。

さてさて。
この映画、主演はサンドラブロック、
ショートカットで引き締まった体がかっこいい。

12月に蕁麻疹になって美容室に行きそこね、
伸びっぱなしになっている私の髪形。
ボブにするか、どうしようかと迷っていたが、
サンドラブロックを見てたら、
短く切りたくなってきた。

色んな感情とともに涙しながら見た映画だったが、
最後に思ったのは、
「早く髪切りに行こ」であった。

それと、映画が終わって旦那と交わした言葉は
「宇宙には行きたくないね」であった。
宇宙って怖い。

映像が綺麗なので、映画館がおすすめだが、
DVDが出たらもう一度みたい映画である。

 
  ★ ゼログラビティ HP






  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/491-3dca744d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ