毎朝の日課
朝起きて、顔を洗い、鏡を見る。
口を大きく開けたりすぼめたりを繰り返し、
最後に、にっこり笑う。
口角を上げ、目尻を下げる。笑顔よし!
で、私の一日が始まる。

前職で研修などと恐れ多い仕事に携わっていた私は、
仕事上、日々常に笑顔でいることを求められた。
しかも、ただ笑っていればいいと言う訳ではない。
そこには研修をする者としての技術的な笑顔である。
「技術的な笑顔」と言うとなんだか無機質に聞こえるが、
そうではない。

その昔、接客業に携わった経験上「仕事中は笑顔でいろ!」とは
「呼吸をしろ!」と同じぐらいの感覚で求められた。
しかし、「呼吸をする」と同じ感覚でいようとすると
無意識に笑顔はなくなる。もしくは、口は笑っているが、
目が鋭い!などと恐ろしい笑顔だ。不思議である。
つまり笑顔は、実のところ、意識して行わないとできなかった。
意識しずぎてもへんてこりんなことになるのだ。

これが対象があれば、簡単である。赤ちゃんや動物など見るだけで
自然と笑みがこぼれる。自分から積極的に相手に働きかける
「笑顔」が難しいのである。
これまで、自ら数々の研修を受け、逆に研修をするという立場も
経験した。「なぜ、接客業には"笑顔"が必要なのか?」

仕事を通して学んだ結果、笑顔が必要なのは、答えが
ちゃんとあったのだ。笑顔によって、相手をリラックスさせたり
親しみが湧いたり、場の雰囲気を和やかにしたり等等。
でも、私が一番実感したのは、自分の気持ちが切り替わることだ。
鏡を見て、笑顔を作ると不思議とだらだらモードが
消えていく感じがする。なんだかその日一日が楽しくなる気がする。
笑顔の効果って不思議だなと思う。

なるほど!私はこのことを知ってからというもの、
笑顔が自然に意識できるようになった。
接客業に笑顔が必要なのには、ちゃんと理由があるのだ。
そして、この『効果』を発揮するためには、不自然な笑顔では、
『効果』は出ないのだ。新入社員だった当初の私の「無理やり笑顔」
では、せっかくの笑顔も効果がなく、逆に恐がらせるだけである。
自然な笑顔とは、目も!口も!心も!全て笑顔でいることである。

「技術的な笑顔」とは、この『効果』がある笑顔である。
電話でも同じだ。不思議と顔が笑っていれば、声も笑う。
これを笑声(えごえ)と言う。電話の応対で「この人、暗っ」
と思う時、きっとこわーい顔して電話応対しているんだろうなと想像する。

仕事上の笑顔は今となっては、必要ないのだが、
この訓練が習慣付いた私は、いまだにやっている。
特に朝、「だる~っ ご飯作るのめんどくさ~」
などとフトドキなことを思う時、「笑顔、笑顔」
と鏡の前でにたにた笑っていると、自然と気持ちが切り替わるのだ。
まさに「笑顔の効果よ!あっぱれ!」(一種の自己催眠である・・)
しかも、年齢とともに顔の肉は、重力と仲良くなるばかり・・・。
今こそ真剣に!顔の体操として、笑顔作りに励む日々である。

(ご注意)これを読んで、朝、鏡で「笑顔を作った」あなた。
いきなり始めると回りの家族、泊まりに来た友達、彼氏からは、
かなりブキミな目で見られるので、一言言ってから始める事をお勧めします。




  
コメント
まさか・・・
自分で書いておきながら、本当にやってみる人がいるとは思わなかったが・・・もんず!さすが!おもろい!

しかももんずはもともと口角が上がっている素で笑い顔だから羨ましかぁ。ただし!もんずは、顔が美しい(褒めすぎ)だけに、きつい笑顔になりがちだから目はちゃんと笑うように!ニヤリ

subject欄に文字を入れると題名になるよん。次は題名も入れて挑戦してみよー!(初コメント頑張ったね、えらいよ☆)
---------- らら. URL│2006/05/14. 11:27 [ 編集 ] -----

思わず笑顔練習をしてしまった。しかも口角だけ上がって、目は笑ってない無気味な顔(--)しかし、ブログて面白いね!ららの近況も分かるし、私も刺激を受けって、読書を始めました。二週間前に借りた白夜行を読まんね~と思いながら、なかなか手が出なくてやっと読むきっかけが出来た。
---------- もんず. URL│2006/05/14. 11:18 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/5-5ff01d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ