念ずれば叶う
昨日片袖をつけたセーター。
今日はもう片方もつけて、袖と脇も綴じた。

すると、とりあえず着てみれる形になったので、
試しに袖を通してみた。

サイズは図りながら編んだのだが、
着てみると二の腕がムチムチしている。
窮屈ではないが、余裕があるとは言えない。

年末年始から右肩上がりの体重が恨めしい。
この白いセーターを着こなすには、
何がなんでも後○キロ痩せなければ。
いつもなら、袖を編み直すところだが、
今回はセーターに身体を合わせようと
セーターを眺めながら決意したのである。

さて。
私の気分は私の内面で上がったり
下がったりするのだが、
今日は下がっている方だろう。

こんな時は弱気な気持ちが出てくる。
今日は旦那が夜勤で一人の夜。

気持ちが上がってる時は、
寝るまでの時間、
これもあれもとすることが
次々に浮かんで
あっと言う間に時間がすぎる。

今日は下がっている。
もし、今地震が起きたらどうしよう。
明日旦那に無事に会えるだろうか。
…などといらぬ妄想にかられて、
時間がジリジリ過ぎてゆく。

震災のお土産だろう。
まあ、時々こんな調子。

寝て起きたら妄想もおさまっているので、
深刻に考えてはいない。
それに万が一地震が起きても、
何をするかのシミュレーションは
いつも頭の中にある。

私の妄想好きは子供の頃かららしい。
第一子、初孫で生まれた私は、
弟達が生まれるまでの3年間、
大人の中に子供一人でいた。

それでも、一人でほっておいても、
一人でしゃべり、一人で遊び、
一人で歌い、一人で楽しんでいたそうだ。

おそらく空想して遊んでいたのだろう。

学生の頃はその空想は
悪いことばかりを想像することが
多かった。失敗するとか、
嫌な結果になるだろうとか。
とにかく最悪の事態をいつも想定していた。

大人になり、少しの間お遍路巡りをした。
その時、「念ずれば必ず叶う」という
石碑に書かれた力強い文字に出会った。

それから、考え方が少し変わった。
念ずるってことは、悪いこともいいことも
想像力が強いほど、念じてることになりはしないかと。

どうせ叶うならいいことが叶う方が
いいに決まっている。
だから、悪いことを想像し始めたら、
その対処方法を考えるか、
もしくはハッピーエンドになるように想像する。

ちなみに、いいことは
いつかはわからないが、
生きてるうちに必ず叶うと
思い込んでる節がある。

今日は悪い方に考えがちな思考なので、
対応策を考えつつ、
ハッピーエンドを想像しようと思い
こんな内容のブログになった次第である。

あ、後。
白いセーターが似合うほど
痩せた自分を想像しよう。

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/501-a0d9340b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ