パン作り 再開
やっと少しずつ色々しなければ、
という気分が出て来たので、
とりあえずパンを焼く。

いつもの黒ゴマチーズ食パン。



最近は、粉250gの内訳が、
強力粉100g、全粒粉100g、大豆粉50gで
作っている。

大豆粉は、味にはあまり影響はなく、
薄力粉を入れたようなふんわり感がでる。

焼くと言っても、ほぼHBまかせなので、
残りの時間は相変わらず居眠り。
まだまだキョーレツな睡魔継続中。

まあ、でも身体を壊して寝込む前に
健康体で、眠たいから寝るのは
いいことじゃないか!と開き直り。
どーどーと昼寝しております。

さて。
今回の母の看病と祖母の介護で気付いたこと。

朝早い祖母は4時過ぎにはゴソゴソし始める。
私も遅くとも5時には起きて、
一緒にお茶を飲み、おしゃべり。
朝食を用意し、片付けたら、洗濯、掃除。
終わったら、祖母とお茶しながらおしゃべり。

12時前には病院に行くための
バスに乗らなければならないので、
少し休んだら、お昼ご飯を作り、
夜ご飯の下準備をして、
ばたばたとご飯を食べて片付けたら病院へ。

病院では、医師との説明などがあると、
医師待ちで4時過ぎまで
ひたすら待つこともしばしば。

夕方はヘルパーさんが、
祖母の分はご飯を準備してくれるが、
私が遅くなるとそわそわして、
玄関の外で待っていたりするので、
明日の買い物を済ませてとにかく急いで帰る。

自分のご飯の用意をして、
ご飯を食べ片付けたら、
お茶を飲みながら、母の様子を祖母に話す。

寝る準備をして、祖母が眠り、
お風呂に入ると気付けば10時過ぎ。
なんとなく、気分が高ぶっているので、
寝れないが、疲れて何もする気がしない。
やっと寝れるのが1時近く。
そして、翌朝4時過ぎまた同じ一日が始まる。

祖母はデイサービスに行く日もあったし、
夕方はヘルパーさんが来て
食事の用意もしてくれていたが、
なぜか自分の時間がほとんどなかった。

子育てに追われる友人達が自分の時間がないと言う
気持ちがようやく少しわかったような…。

そんな気持ちの余裕がない私の愚痴を
延々と付き合ってくれた友人。

子育てでみんな私に愚痴など言ったことないのに、
私と言えば、頼ってばかりでしょーもない。

今回は親戚にも支えられたが、
精神的な支えは友であった。

今までえらそーに、
自分の時間を作って楽しんだらいいよ~なんて、
助言してた自分が恥ずかしい。

大変な時は愚痴ぐらいでるし、
ない時間は作れないよね~と
今なら言えるようになりました。

友にも感謝。


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/514-5d220ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ