セカンドオピニオンその後
大学病院にセカンドオピニオンの
申込みを済ませ、待つこと数日、
大学病院から電話がかかってきた。

やはり医師は、画像データがないと
正確なオピニオンができないので、
主治医に画像データを依頼して欲しいとのこと。

そりゃ、そうですよね~(心の声)

さらに話の続きがあった。
画像データを依頼する際、当初の通り、
セカンドオピニオンを受ける方法と、
大学病院の担当医師の外来を
受診する方法のどちらでも希望可能です、と。


えっと…、それは転院して診察を受ける
と言うことでしょうか?

はい。そうです。


突然の流れに驚いた。
セカンドオピニオンはあくまでも参考で、
手術は主治医の元でするつもりでいたが、
この連絡を受ける数日前から、
現実的に転院を考えていた。

最初の病院は手術件数も多く、実績があり、
さらに家からも近いので、何かと便利。
そんな理由で選んだ。

主治医はそっけないと言えば
確かにそうだが、必要なことだけを短的に、
しかも専門用語を極力使わずに話を
してくれる方なので、
迷いがなく、プロフェッショナルな印象で、
医師に任せたい患者さんにしたら、
すごく頼りになるだろうなと思った。

ただ、私は難しいことだろうが、
なんでも知りたいタイプ。
乳頭がんがどんな性質で、
私のはどんな状態で、
何がどうなっているから、
手術が必要、必要じゃないのか。

聞けば答えてくれるのかもしれないが、
なぜか私は先生に聞けなかった。
外には延々と待つ患者さんがいる。
私の本当に必要かどうかわからない
知識を満たすために、先生の時間を
無駄にしてよいのかわからず、
遠慮してしまった。

おそらく、相性だろうと思った。
この程度のことを臆して聞けないなら、
手術に関して、または術後になって
もっと聞きたいことがあった時に
聞けずに後悔するだろうと思った。

他の病院に行けば、
理想の先生がいるとは限らないが、
主治医とのことで悩んでストレスを
感じる時間を過ごすぐらいなら、
やはり他の病院に行く方が気持ちが楽だと思った。

すぐに代わりの病院が見つかるか
わからない不安はあるが、
転院する方が私にはいい選択だと。

そんな決心をした翌日に
大学病院からの連絡。

大学病院には、転院を考えていたと伝え、
主治医に話をすることにした。

主治医はすぐに、

わかりました。
データも紹介状もすぐに用意しますよ。

と、あっさり了解してくれた。

実は、病院に行く前に
どうやって話をしたら話がこじれないか、
事前に話の内容をびっしりまとめて
頭に叩き込み医師に会いに行ったので、
あっさりしすぎてびっくり。

最後に私から。

先生にがんを見つけて頂き、
手術を勧められたので、
早く病気に向き合うことができました。
先生のおかげです。
ありがとうございました。

と、感謝の意を込めて頭を下げた。
医師は少し驚いたようにボソボソと

早く病院に行って治療して下さいね。

と言ってくれた。ほっ。

相性が合わなかったとは言え、
もし、がんを見過ごされたり、
大丈夫だから様子みましょう~と
言われていたら、
私はここまで真剣に行動しておらず、
知らないうちに、
がんは進行していたかもしれないのだから、
やはり先生に最初に診て頂いたことは
感謝すべきことだ。

相変わらず看護師さんは、

えっ?セカンドオピニオンなの?
転院?セカンドオピニオンは受けたの?

と、かなり混乱しながら、
私のデータを準備。
私との話の途中でも、
違う患者さんから話しかけられると、
私の話も中断してしまい、
ますます訳がわからない様子。

とりあえず。
私にデータを預けるのではなく、
病院間の地域連携室でやり取りするように
大学病院から言われたので、
すみませんが、そのようにお願いします。

と言って帰った。

看護師さんたちも悪気はない。
むしろ患者さんに早く対応しようと
一生懸命で、余裕がないのだろう。
本当に大変な仕事だ。

早速、大学病院に連絡して説明したら、
後はこちらでやりますと言ってくれたので、
お任せすることにした。

それで今日、大学病院での診察日の
連絡が入った。思ったより早かった。

来週だ。

最初の主治医には最低限の礼儀を持って
第一ステージを終えた。

次は大学病院での第二ステージだ。

一つ一つ考え、選択し、行動する。
すぐに手術をせずに迷い時間をかけることが、
結果的に良いのか悪いのか、
先にならないとわからないが、
とりあえず立ち止まらず前に進んでいることは確か。

大学病院の医師には
臆することなく、きちんと聞くように
頑張るぞ。

明後日は、まずは母の手術日。
今日から入院し、少しナーバスになっていた。
離れた札幌だが、成功を祈るのみ。
私も頑張るから(おかんには私のことは秘密)、
おかんも頑張れ~。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/545-b607c20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ