函館の図書館
福岡の総合図書館も大好きだったけど、
函館の図書館って福岡をさらに上回って最高だ。
中央図書館は、以前にも書いたように建物はきれいだし、
館内の読書スペースはソファも快適だし、ブックカートとかもあって
使いやすいし、自分で機械を使って簡単に貸し出しの手続きできるし。
福岡では、貸し出し手続きに並んで待ってた時「自分でできれば
いいのに・・・」と何度思ったことか。

さらに、最近始まった優れもののサービスがある。
ネットで本の予約、検索、貸し出し状況確認がぱぱっとできちゃう。
まさに、痒いところの手が届くとはこのことである。
ちなみに、予約した本は近所の図書館を指定しておくと、
近所の図書館に在庫が無くても、函館市内の他の図書館から
届けられて、指定の図書館に本が準備された時点でメールで
お知らせが届く。すげぇ楽。

図書館で背表紙を見ながらぷらぷら適当に探すのが好きだけど、
「この本読みたい!」と思ったときに、家でネット予約しておけば
あとは図書館に取りに行くだけだから、読みたい本が確実に
読める点で本当に素晴らしいシステムである。
こういう有意義なことに税金使ってくれると、納税も捨てたもん
じゃないねぇと思えるもんだ。

ま、という訳で、ここ最近夫婦して一日2冊ペースで本を
読みまくっている次第である。そんで、「すげぇ面白いから
読んでみぃ」と旦那に勧められて、本当に面白かった本。

『ためらいもイエス』山崎マキコ
29歳誕生日間近の仕事バリバリキャリア志向、
一方で、恋愛は超ド下手な女性の話。
日常のささいなことをきっかけに少しずつ彼女が
変化し、成長していく様子は共感する部分があった。
後、彼女と後輩との会話のやり取りがコミカルでウケた。
後味すっきりの私好みの本だった。

いつものごとく読みながら声を出して笑っていたので、
隣の部屋にいた旦那が「笑ってるの・・・?」と
不気味そうに様子を見に来た。そういえば、旦那も昼間
この本を読んでいるときソファで笑い転げていたっけ・・・。
きっと同じところで笑っていたのだろう。
お互いに無言で頷き、暗黙の了解としたのであった。

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/56-8ab3638e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ