入院準備
先日、新しくできた赤レンガテラスの
前をちらりと素通り。







どこもかしこも大行列で、
店には入らなかったが、
木陰で一休みできる歩道は
札幌市民が好みそうなスペース。
落ち着いたらまた行こう。

さて。
入院準備はだいたいできた。
荷物を整理してキャリーケースに入れ、
手術関係の同意書などの記入を済ませ、
家の掃除も時間がかかるところは
ほぼ終わった。

次に手術同意書の内容を見直す。
ちなみに私が先生に質問したことへの
回答はこんな感じ。長いよ~。

①手術の後遺症は?

手術は、甲状腺には上下に1本ずつの
動脈と真ん中に静脈がつながっている。
その3本を甲状腺から切り離して、
左側の甲状腺を剥がしとる。

甲状腺の近くには
半回神経が通っているので、
少しでも傷が付くと、
声がかすれる場合がある。
一時的なものから、一生そのままの
場合もある。

今回は摘出が左側だけ
なので、あまり心配はないが、
がんがどこまで浸潤しているかは
切開しないとわからないので、
神経を傷つけないことは前提だが、
がんを残しては意味がないので、
きちんと取れる方法を優先する。

まれに、気管に巻き込んで
浸潤している場合があり、
その場合は気管ごと切除することもある。
その場合声はしゃがれる。

(これを聞いて。
なんだよ、放ったらかしてたら、
浸潤が広がって切除する部分が
広範囲になることがあるじゃんか~。
と、思った次第。)

②副甲状腺は一緒にとるのか?

甲状腺をとると、一時的にホルモンが
不足して、のみ薬で補うことになるが、
甲状腺を取る時に、副甲状腺も一緒に
とれることもある。
右側が残っていれば、カルシウム不足に
なるといった機能の低下はないと思うが、
あれば、こちらものみ薬で補う。
後は甲状腺の下の脂肪も念のため
一緒にとる。

③手術後の傷はどうなっているのか?

退院の時、テープでしっかりと覆っている。
傷はくっついたり、離れたりを繰り返して、
少しずつ良くなっていくので、
テープをしっかりと貼って、
紫外線に当てないようにすること。
傷は半年後ぐらいが一番首の引きつりを
感じるかもしれない。
それまではあまり無理をしないように。

④おそらくケロイド体質でテープにもまけやすいが?

今日からのみ薬を出すので、
しばらく飲み続けるように。
手術前から飲むと効果がある。
テープにまけると皮膚がかぶれるのは
良くないし、傷にばい菌が入るのも
良くないので、テープを剥がしてよい。
普段は紫外線に当てないように気をつけること。

(薬を普段飲んでいないので、胃が荒れたりしませんか?)

軽い薬なので、大丈夫です。

(リザベンを朝昼晩食後1カプセル服薬中、副作用は今のところなし。)

⑤他に手術のリスクは?

まれに縫合した血管が塞がらず、
血がのど元に溜まってくることがある。
その場合、気管に入り呼吸障害に
なったら、気管切開をする。
もしくは、創部をもう一度開けて、
再手術することもある。

だから、術後すぐは急に強い力を
首に与えないように気をつける。
数日後にそのような症状が
起こることはほとんどない。

後は手術は2、3時間で、足には
ポンプをつけているが、まれに
エコノミー症候群になる人がいる。

(エコノミー症候群になるとどうなるんですか?)

それなりに処置はするが、死に至る。

(知らなかった~驚き)

…てな感じで、以上が先生とのやり取り。
その後、待合室で看護師さんから、
入院時の説明と、私の病歴、
付き添いについて、
などなど再度詳しく問診があり、
質問はないですか?と丁寧な対応。

聞きたいことは全て聞けた。
不測の事態はちょびっとは
起こりえることもあるぐらいに思って、
無事に終わるイメージを浮かべる。

ふと、ナイスな考えが閃いた。

術後、起き上がれるようになったら、
私のお気に入りのお店のプリンを
旦那の淹れた珈琲と一緒に差し入れ
して欲しいと、旦那に頼んだ。

旦那はもちろんOKの返事。

よし。
手術直前に頭に浮かぶことは
術後大好きなプリンを食べること。
プリンを食べずして、
私が死ぬ訳がない。
何があっても生き返る自信あり。

我ながらいい案だ。
食い意地の張った私ならでは。
プリン♪プリン♪

あ、その前に手術だった。




【お願いと注意】
※医師とのやり取りは、あくまでも今回の私の質問に対してのものです。症状や、手術の内容によって個々に説明が違う場合もありますので、あくまでも参考程度にお考え下さい。同じ病気を患われていらっしゃる場合、必ずご自身の主治医にご確認頂き、直接医師から説明をお受け下さい。その点ご了承の上、よろしくお願いします。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/568-632e9525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ