入院生活 暇つぶし編
そろそろ退院も近づいてきた。
術後の体調は順調。
看護師さんの朝晩の問診も
すご~く簡単になってきて、
なんで自分が入院しているのかが
わからなくなってきたほど元気。

今朝、私の病室の前で
看護師さんと今日手術の患者さんの
やり取りが聞こえてきた。
どうやら手術が心配で胃が痛いらしい。

手術前は水分も禁止なので、
薬が出せないから、横になって
ゆっくりしてて~となだめている。

そうか。
手術前は神経質になって
具合が悪くなる人もいるよなぁ~と
今さら気づいた。

手術当日。私は朝から珈琲飲みたくて、
許可がでたらルンルンで
珈琲を買いに行き、後は寝っ転がって
ひたすら本を読んでいた。
そう言えば、看護師さんが何度も、
午後からなので待ち時間が長いが
大丈夫かと様子を見に来ていたなぁ。
なるほどそう言う訳だったか。

はーい、大丈夫で~すよ~!

と、毎回緊張感も不安もない返事。

結構ずいぶん前からやたらと
心配したり不安になったりするが、
それは不安材料を調べまくったり、
聞いたりして解消し、
直前になったらこの図太さ。

旦那からも、励ましに行ったつもりが、
毎回私が大爆笑するほど元気で、
どっちが励まされてるのか
わからなかった、と言われた。

どっか、のーてんきな性格が
よろしいようで。

さて。
入院生活はとにかく時間があると
わかっていたので、それなりに準備。



初日に編み物してダーラナホースを
紹介したが、後は図書館で
本をしっかり借りて来ていた。

術後、右手の甲に点滴針を
付けたままだったので、その間は
編み物ができず、ひたすら本を読んだ。

図書館で適当に目についた背表紙で
選んだ本だったが、不思議と
なんでこのタイミングで出会ったんだ~
と言うような本ばかりで面白かった。
ほぼ、一日一冊ペースで読破。

点滴針が取れたら、すぐ編み物再開。
編み物教室の先生とメールの
やり取りをしてたら、あまりに
早く編み物してて驚かれた。

入院中の作品達。



参考本はこちら。



今年のクリスマス飾りに使えるかな。
まだ綿を入れてない状態なので、
綿を入れたらもっとかわいいかも。

こんなに一日遊んでるだけの患者。
いいかげん、そろそろ退院だよな~。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/572-e5ff2cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ