スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チョコと映画
昨日は久しぶりに旦那とお出かけ。
お目当ては、2つ。

ひとつ目は、サロンデュショコラ。
札幌丸井今井に行き、
チョコ好きな旦那に直接
バレンタイン用のリクエストを賜る。

その前に一通りチェック中に、
美味しそうなもの発見。





カカオのほろ苦クレープ生地に、
これまたほろ苦チョコアイスと
酸味と甘みのフランボワーズソース
そして生クリームの三位一体。

旨いっ。
甘さ控え目、大人クレープ。
結構ボリュームありで、旦那と半分こで
ちょうどいい量だった。
ごち。

腹ごしらえも済み、旦那の
リクエストを受けてチョコを購入。
買ったその場で、「好きです」と
言って手渡ししたら、大ウケしてた。
はい、バレンタイン終了。

それでは本日のふたつ目。
旦那が見たいと言って、
私は予備知識ゼロで映画館へ。

ディノスシネマ。
映画は、インド映画の「ミルカ」
実在の400mメダリスト走者のお話。

最近インド映画は気になる映画が
ちょこちょこあるが、
この映画も面白かった。

出演するキャラクターが
主役はもちろん脇役までどの人も
キャラが魅力的で、
時々出てくるみんなで盛り上がりながら
踊るシーンは笑いあり。

一方で、生い立ちに関わる
インドとパキスタンの歴史背景や、
幼少期の生きるための苦労は
色々な思いがした。

「人間が悪いんじゃない、
時代が悪かったんだ」と旧友に
言われる言葉がある。
歴史的な背景や理由は異なるが、
残念ながら、時事的なこともあり、
一部のシーンは今見るには
正直複雑な気持ちになり、
重すぎる内容かもしれない。

生きることは、苦労でもあり幸でもある。
映画を観た感想である。

インド映画はその昔、
踊るマハラジャとか映像的に
ダンスシーンがあるイメージはあったが、
普段からあんな風に陽気なんだろうか。
おじちゃん達も嬉しいとすぐに
踊り出してほんと可愛いかった。

153分なので最近の映画にしては
そこそこ長時間だが
最後まで集中して見た映画だった。

それに、主役の彼女役の女優さんは
すごい美人だったなぁ。と、
旦那と共通の感想。

その後、食事をして帰り道。
時計塔が素敵な夜でしたとさ。





  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/594-fd99816b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。