スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


素の自分
先日友達とのメールのやりとりでのこと。
旦那や子供の前で泣けるか?と言う話になった。

友達はメソメソしたお母ちゃんなんて見せたくないと言い、
こっそり布団の中で泣くことがあると言っていた。
彼女は本当に強くて優しいお母ちゃんだ。

一方で私。
私も大昔には我慢してた頃があったような気がするが、
最近は素の自分を出すのが早すぎてすぐ泣く。

まあ、辛くて泣くような出来事はたまにしかないが。
それにしても、わんわん泣くことは旦那の前が多い気がする。
旦那が黙ってうんうんと聞いてくれるから、楽だからだ。
わんわん泣いて吐き出すとすっきりする。
そこには恥ずかしさも気まずさもない。

最初からそうだった訳ではないが、
何度か辛くて泣くことがあり、
決定的は東日本大震災の後情緒不安定になった時、
当時世話になっていた叔母の目の前でさえ、
旦那にしがみついてわんわん泣いたことが決定的だろうな。
以来旦那の前で泣くことに抵抗はなくなった。

話は変わるが、先日バスで出かけた時のこと。
立っていたが、手すりだけでは少しふらつく。
あ、そうだ。と思い、
横に立っていた旦那の肘のところを
手すりと反対の手でしっかりと掴んだ。

もろ昭和人間の旦那は、人前で手をつないだり、
腕を組んだりするのに抵抗がある人だった。
恥ずかしいからやめてと、振り払われたことは度々。
だから腕を掴んで数分間、嫌がられるかな?と
様子を伺っていたが、何事もないようにされるがまま腕を出している。
バスを降りるまでずっとその腕を掴んでいた。

あぁ、そうだった。
私の病気がわかった日から、手をつなぐことも
振りはらわなくなったんだった。と、ふと気付いた。

私の気のせいかもしれないが、
私が泣いているのをなだめている時や、
腕を掴んだりして旦那を頼っている時は、
普段亭主関白ぶらない旦那が、
自分は頼られているんだと感じているように見えて、
少し男らしく見える。

話は最初の優しいお母ちゃんの友達に戻るが、
いつもお母ちゃんがメソメソしてたら嫌だけど、
時にはお母ちゃんだって辛くて泣く時だってあるんだよ、ってとこを
見せてもいいんじゃないの?と、返事した。

普段ひょろっとしてるうちの旦那が男らしく見えるぐらいなので、
友達の子供達や旦那さんも、お母ちゃんの一大事と
普段よりさらにお母ちゃんへの愛情が増すかもしれないし。
子供達が大きくなりすぎるとそれもまたウザがられて逆効果かしら。
でも本当に必要な時には素の自分を出してもいい気がするんだけど。

バスの中で腕を掴んでいる時、
あぁ、夫婦で良かったとなぜかほっとした。
こうやって自分を出すことに慣れて行くうちに、
時々見かける手をつないでお互いを支え合って歩くような
ご年配のご夫婦に近づいていくのかな、と思ったり。

何十年も離れて歩いてた夫婦が年とったからって
いきなり手を繋いで歩くはずないしね。
ま、何事も慣れですな。

でも、素の自分出しすぎて、寝起きの頭ぼさぼさでも
全く気にしてない自分もどうかと思うけど。
女は忘れたらいかんね。

ちなみにバスで出かけた先は、まずはお気に入りのお店。
飲茶はるのそら。東急ハンズのすぐ近く。
席数が少ないので、11時半頃はだいたい満席。

中華粥と飲茶、麺どれもおすすめ。
この日は麺ランチの五目あんかけ醤油ラーメンに。
中華粥や麺は週替わりで内容が変わる。
飲茶もアツアツで美味しいし、
何気に杏仁豆腐もかなりうまい。
いつ行っても期待通りのお味。



そして映画館へ行き、スターウォーズを観た。
実はスターウォーズをこれまであまり観たことがなく、
ストーリーの細部は後で旦那に説明してもらったが、
それでも映像は面白かった。
今年初めて観た映画デートの日であった。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/615-d751b4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。