過去
今朝嫌な夢を見てドキドキして目が覚めた。
大きな地震が来る夢。
震災後しばらくはよく見てたけど、
久しぶりにすごくリアルで身体が強張って緊張で目覚めた。

夢かどうか分からなかったので、
起きてすぐは放心状態だったが、
いつもと変わらない寝室の様子にホッとした。

さて。
最近「過去というもの」について考えた。
今が過ぎれば数分前も過去。
若気のいたりで酔いつぶれて迷惑をかけたことは
申し訳なくてなかったことにしたい嫌な過去。

転職して世間知らず、技術なしの私が失敗ばかりで
これでもかって上司から怒られたことも恥ずかしい過去。

失敗したこと、恥をかいたこと、
悲しかったこと、つらかったこと。
どれも忘れたいぐらいだけど、
不思議とふとした時に思い出す過去。
起こってしまったことは消すこともなかったことにもできない。

一方で、それを一つの経験ととらえると、
見方が変わることもある。
私は本来飽きっぽい性格で若い頃から
色々途中で諦めてしまったことの方が多い。

だから、特に結婚後30代になって始めたことは
最低10年、それが出来たらさらに10年と
とにかく10年を1単位に考えて続けようと思った。

一生懸命取り組む時もあれば、
興味が薄れる時があってもとにかく続ける。
もう、いいやーと、終わらせてしまうことは意外と簡単だ。
終わらせないことの方が私には難しい。

そうして過ごしてみると、
とりあえず努力してきたことが未来の成功につながるとは言えないが、
その努力してきたことが確実に過去に存在する。

過去を消せないように、過去に戻って努力したり
経験したりすることはできない。
今できる努力は過去になった時にちゃんと存在する。

これまであった自分の辛かったことも、
過去の出来事になった途端、乗り越えられた自分に気づく。
さらに言えば自分に起こった辛かったことを
気のおける友と笑い話に出来たらそれが私は一番いい。
不思議と気分がすごく楽になれる。

そう言う意味では話の次元がそもそも違うし、
どれだけ時間がたっても面白おかしく話すことはできないが、
震災のことは文章には書けても誰かと話し合う気にはなれない。
誰かの愛する家族が亡くなったこと。
その瞬間にあの場所にいたことの恐怖。
どれも自分の中で消化できない。

でも起こってしまったこと。
自分の中で抱えたまま一緒に過ごし、
時には夢でうなされるぐらいのことは
生きていたら仕方のないことだろう。

一方で私は比較的未来については
楽観的で楽しいことを想像するが、
時には大きな地震が来るんじゃないか、
病気の再発がないだろうかと不安がよぎることもある。

未来も過去も、そのことに自分の頭がしばられて、
今を過ごすことが一番やっかいだ。
今が過去になった時、いい過去や思い出であるように
やっぱり今を頑張らなくちゃと、奮起。

夕ごはん作りながらこんな取り留めもないことを
うだうだ考えている私です。
歳のせいだろうか…。
ま、性格だな。

明日がいい日でありますように。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/642-f8a9f3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ