スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熊本への支援
中学、高校と過ごした熊本の地。
大変な状況が続いています。

友人数名の無事をメールで確認し、現地の情報を時折聞いています。
当然のことながら、かなり厳しい状況のようです。

熊本市内にいる友人は気持ちを強く持って頑張ると言っていました。
遠くにいてなにも出来ない自分に泣けてきましたが、
できることを少しでもやっていこうと思います。

友人は高齢の両親と親戚と一緒にいるということで、
自宅が倒壊の恐れがあり、庭で車とテントの生活をしているそうです。
現状なんとか自炊しながら頑張っているようですが、
今後の心配として両親が高齢のため薬などがどうなるか心配しているようです。

市販の薬であれば私から送れるのですが、
調剤薬等の場合、今後の現地の対応がどうなるのか、
情報をできるだけ調べようと思っています。
まずはとりあえず、支援物資について情報を調べてみました。

現地は混乱しており、個別に支援物資を送っても
物資の仕分けなどで余計に手間がかかり迷惑になるのは
東日本大震災で経験しています。
ボランティアが入れる状況になるまでは、被災者は自分の生活だけで手いっぱいです。
そこで福岡市の対応を見つけました。

『WITH THE KYUSHU プロジェクト』
http://lineblog.me/takashima/archives/58480494.html

以下 HPより引用です。

※ご案内 4/21
下記情報は発信当時のものであり、随時変更されています。
HPにて最新情報をご確認いただきますようお願いします。


「この後日曜日13時から20時まで、大名小学校にて以下の物資のみ提供をお願いいたします。
大名小学校駐車場の使用は可能です。)
なお、まとまった数の物資をご提供いただける場合は、別途、市民局コミュ ニティ推進課 092-733-5161 にご相談ください。

ペットボトルの水(未開封でもちろん賞味期限内)受付終了
トイレットペーパー(ただし、すべて未使用・未開封のものに限らせていただきます。)受付終了
おむつ(子供用、大人用)受付終了
タオル(未使用、未開封のみ)受付終了
毛布(未使用、未開封のみ)受付終了
生理用品 受付終了

提供をお受けするのは以上の6種類のみです。現時点ではその他のものを提供されても引き取れません。
受け入れ時間
平成 28 年 4 月 17 日 13 時から 20 時
平成 28 年 4 月 18 日以降 10 時から 20 時

<問い合わせ先>
■大名小学校現地担当者 090-5948-0238,090-5948-0239
■市民局コミュニティ推進課 092-733-5161

月曜日以降は当面、朝10時から20時まで開設いたします。
大名小学校の教室を、ペットボトルの水の教室とか、子供用のオムツの教室という風に名前をつけることで、持ち込みの時点から仕分けを行って効率的に整理します。
当面は市民の皆さんからの支援物資はここで受けて、ここから被災地に物資を送ります。」


・・・ここまでHP引用です。

『WITH THE KYUSYU プロジェクト』
http://lineblog.me/takashima/

関心がある方はHPをご確認願います。


私は札幌で持っていけないので、郵送でも受け付けてくれることを電話で確認しました。
私はネットで注文し、上記指定の商品の発送をしました。
確認した郵送先は以下です。

〒810-0041
福岡市中央区大名2丁目6-11 旧大名小学校
宛先 福岡市役所市民局コミュニティ推進課 支援物資担当 宛
連絡先 090 5948 0238

必要な支援物資を現地のニーズを確認しながら
必要な支援を対応してくださるそうです。ありがたいことです。
以上が熊本への福岡市の支援『WITH THE KYUSHU プロジェクト』についてでした。

私も東日本大震災の時に経験しましたが、
どこで水や食料がもらえるのか、現地の細かい情報を知るのは
ラジオや避難場所での告知、または人伝えです。

私は携帯もネットも使えなかったので、余計にそうでしたが
今回はフリーwifiなども使えているとネットにはでていましたが、
現状はどの程度活用できているのかは、私は把握していませんが、
ネットがつながっても、実際に自分の住んでる場所の
ピンポイントの地域情報を探すのはとても困難です。
いくつか参考になる情報を友人に送りました。

◆熊本震災 支援情報まとめ
http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/

◆随時更新 熊本地震 炊き出し場所他
http://matome.naver.jp/odai/2146077896641202101

また私も経験しましたが、水をもらうのに1日長蛇の列を並び、
かろうじて開いていたスーパーで食料を購入するのににまた翌日1日並び、
心身ともに疲労している中でのこの作業はとても大変です。

そして、衛生面でお風呂に入れないこと、
トイレが流れず、不自由なこと。女性ならではの問題など、
1日1日困難なことも増えていきます。

必要な物資や支援は日に日に変わっていきます。
新しい情報が出たらまたお知らせしていこうと思っています。

友人が心配していたように高齢の方は持病の薬や
定期的な診察など若くて健康な方よりも不安が大きいと思います。
ニュースでは過酷な状況での狭心症などが出ているともありました。
医療面での対応は急務かと思いますが、
ネットでの情報を得るのはなかなか難しいですね。
公的機関の早急な対応を願うばかりです。

熊本の友人たちも私に連絡を取ることすら、
携帯の充電の問題や生活基盤の確保で追われていて
とてもできる状況ではないと思いますが、
このブログを見ている友人達、
応援してくれる人はたくさんいます。

つらく厳しい状況で心が弱くなります。
でも、なんとか強い心を持って下さい。

今度は私ができることをがんばります。
だから助けあってなんとか無事でいてください。

最後に今回の震災でお亡くなりになられた方への御冥福をお祈りしますと共に、
現在も困難な状況の中、御家族、またご友人を亡くして悲しみにくれている方々へ
心よりお悔み申し上げます。

※このブログはあくまでも個人のブログです。
情報については、誤情報やデマが心配なため
できるだけ公的に確認できるものを掲載しようと思っています。

よってコメント欄の内容はこちらの判断で受付の可否、
及び公表の有無を管理人が判断させていただきますので、
なにとぞご了承くださいませ。
ご協力の程よろしくお願いいたします。

管理人

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/678-70096f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。