スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熊本への支援 その2
福岡市の熊本への物資の輸送が始まったようです。
現地に負担をかけず、速やかに物資を渡せるこの試みはありがたいです。

「WITH THE KYUSYU プロジェクト」
http://lineblog.me/takashima/archives/58548542.html

私も札幌から送ると時間がかかると思ったので、
ネット注文して届けるようにしましたが、
明日福岡に届けられるとの連絡がありました。
思ったよりも早く着きそうで良かったです。

個人の送り方については、
私も物資をボランティア団体に送ったことはありましたが、
自分で送ったことがなかったので、
今回無知であったと反省しています。

送った後で気づきこちらのブログが参考になりました。

「被災地へ支援物資を送りたいと思ったら読む記事」
http://hisaimama.hatenablog.com/entry/SendingDisasterRelief

物資をごちゃまぜに送ると仕分けに時間がかかります。
箱の中が何であるか、外から分かれば
仕分けも楽で素早く被災者へ届きます。
箱が重く大きいと動かせる人が限られます。
何でもまとめて送ればいい、というのではなく、
受け取る側がすぐに被災者へ渡せる状態にする配慮が
被災者へ物資を渡す時間と労力を短縮できます。

今回私は水と生理用品を送りましたが、
水はケースなのでそのまま仕分けできます。

生理用品もショップの方でまとめて
1個口にしてくださったようで、そのまま渡せるようです。

ちなみに生理用品はナプキンとパンティライナーを
まとめて送りました。お風呂に入れず、
下着の替えもない状況だと聞いています。
パンティライナーはそんな時に便利なのです。

一方で物資が届くようになると、
ゴミ問題がこれからどんどん深刻になります。
飲料類、食べ物の袋類、使用済みの色々な物。
トイレが使えないとなおさらです。

そもそも大きな災害があるとゴミ処理場も止まります。
しばらくゴミを捨てることができずためておかねばならないので
衛生面が厳しくなります。

今後、医療支援などの処方薬とゴミ処理の問題を
早急に対策が必要になってくると思います。
そのうちビニール袋も足りなくなるのではないでしょうか。

何かしたいけど、どうしたら少しでも多くの人の手助けが
できるかと考えて、とりあえず、住んでいる札幌市と
熊本近隣の福岡県内もしくは佐賀県内の市に物資の支援を
お願いするメールを出してみました。

また、福岡市のような取り組みを近隣の市で協力して、
今後、食料支援の拠点、医療支援の拠点、ボランティアの受け入れ拠点など、
何かしらできることがあれば、検討して欲しいという内容です。

実際は何かされているかはわかりませんが、
HPには乗っていないところばかりだったので、
何かされていたら、公表していただけると全国の支援したい方が
支援しやすくなると思います。
できる範囲の支援をしていただけるように願うばかりです。

ボランティアの態勢が整うまでは、
個人が動くと数が多すぎてかえって迷惑になります。
自衛隊などの救援車や物資運搬の車が渋滞に巻き込まれている
というニュースもみました。

熊本に入る人も熊本から出る人もみんな車移動しているのです。
なので、避難所の駐車スペースが足りないというニュースもみました。
東日本大震災の時はほとんどの人が車が流されたので、
私の周りでも車を持っている人が珍しかったので、
今回の熊本地震と大きく違う点です。

出来るだけスムーズに物資輸送が進むことを願ってます。


そして、早速佐賀市の取り組みを教えてもらいました。

「佐賀県内9市合同で熊本県内3市へ支援物資を輸送します」
https://www.city.saga.lg.jp/main/?emp=138

早速、平成28年4月18日(月)15時30分 輸送車が出たそうです。
熊本県と九州各県がきちんと協議した上で、
支援する担当を決めて配分が行われているそうです。
素早い対応に頭が下がります。

佐賀市でも支援物資の受け入れをしています。

「熊本地震の被災者への支援物資を受け付けます」
https://www.city.saga.lg.jp/main/?emp=140

以下、上記のHPの引用です。

『「佐賀市熊本地震被災者支援対策本部」を本日設置し、
次のとおり対応を決定しました。

支援物資の受付
受付品目
保存食、飲料水、おむつ(乳幼児用のみ)、
粉ミルク、生理用品、歯ブラシ、トイレットペーパー


※物資が足りているため4/21 19時で一旦募集を終了との
案内が出ています。
関心がある方は最新情報をHPにてご確認下さい。



※できるだけ品目ごとにまとめて持ち込みをお願いします。
※上記以外の支援物資は受け付けできません。

受付場所
市役所大和支所 旧大和健康管理センター(支所の西隣の建物)

受付期間
平成28年4月19日(火)~4月30日(土)
※状況に応じて延長する場合あり
平日・土日祝日 9:00~19:00

このページに関するお問い合わせ
コールセンター
電話:0952-40-7019」』
…ここまで引用です。

関心がある方は、注意事項をHPでご確認の上、
電話等でお問い合わせ下さい。


さて、今回食料の不足が問題になっています。
物資輸送が進めば少し解消されると予想しますが、
私の時は食料の備蓄が十分にあり、同じアパートの人たちで
食料を出し合ったり、アパートを離れる人は、
持っている食料を残っている人達に渡して出ていたので、
数日は食料や飲料水には困りませんでした。

自分がもし被災者になった時のことを考えて
今から準備しておくことも大切です。
今回の熊本地震は直下型で非常持出袋すら持って出る余裕は
なかったことが予想されますが、
そもそも準備していなければ、全て配給に頼らざるをえません。

私も食料はあっても近所の子供達に
優先して食べてもらいたかったし、
不思議と恐怖と緊張でお腹は空かなかったので、
いらないと断っていました。
けれど、食べないと体力が持たないから食べて、
とお心遣いを頂き、炊き出しのおにぎりを食べました。

自分が少しでも食料に余裕があれば、周りを助けることもできます。
まずはご自身の災害準備を今一度考えて頂ければと思います。





どうか熊本のみんな無事でいて下さい。
みんなと無事に顔を合わせられる日がきますように。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/679-4f46b34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。