熊本への支援 その3
熊本市内の別の友人からのメールで、
家が無事だったため、水や電気もきていて、
生活ができているとのこと。

あちこちからの支援で感謝していると言っていました。
無事に頑張っている様子が聞けて、本当に嬉しかった。
これからも油断せずに家族みんなが無事でいて欲しいです。

数名の友人からの情報だけでも被災した状況下は様々で、
その分ニーズも違うんだと改めて思いました。

物資の支援や医療支援、また、今後に向けた
近隣県の住宅支援なども、
主婦の私が調べてもわかるほどに、
色々な専門の方々が連携して動いている様子が伝わってきて、
支援が徐々に被災者に近づいているんだなと、
直接何もできない私にはありがたく、頼もしく感じています。

よって、私が各近隣都市にメールしたのは、
余計なことだったな、とまたまた反省。
忙しい上にお返事まで下さったところもあって、
手間をかけただけになってしまった。
表面にでていなくとも、ちゃんとしかるべき人達が
しかるべきことをしてくれていると、
信じて待つべきでした。あー、失敗。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

物資の支援も現状、企業や市町村単位で
大量に提供を始めているので、
今後も必要なので募集中というもの以外は、
個人で物資を送るよりはやっぱり募金という形が
これから私にできることかなと思ってます。

応援したい気持ちが空回りして
迷惑にならないようにしなきゃと
自分のできることを再確認してるところです。

大きな災害があると支援したい人達がたくさんいて本当に感動しますが、
受ける側の特に行政の方々の方が圧倒的に数が少なく、
いつも業務が停滞していることが報じられます。

現地の行政の方々も同じ被災者で、ご自分やご自分の家族を後回しにして
ご自分の仕事に励んでおられることかと思います。

私のように御門違いのお願いメールをだすのではなく、
頑張ってくださっている色々な方々に
感謝して応援したいと思ってます。






1日でも早い地震の終息と、
みんなの無事を願ってます。


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/680-f8f5cf6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ