スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


片付ける前に
熊本の友人達は、週末になり仕事が休みになっても、
ゆっくり休む暇なく、家の片付けに追われることだろうと思います。

今後、被害にあった家などの補償などで必要になってくるのが、
自治体が発行するり災証明書です。

詳しく丁寧に紹介されている記事があったので、
参考になると思います。

◆『東京はなれてまったりと』
http://sayurice.hatenadiary.com/entry/2016/04/18/133045

▲こちらのブログはとにかく熊本の情報が豊富で
まとめ方も見やすく参考になることばかりです。
ありがたいです。


▼こちらは法務関係の会社のHPですが、簡潔にまとまってます。

◆あさくらリーガルパートナーズ
https://a-l-p.jp/rigai/


私は東日本大震災の時に車が津波で流されたので、
当時住んでいた自治体にり災証明書をもらいに行きました。

被害にあった車の廃車処分の書類作成に必要だったのと、
新しい車の買い替え時にいくつかの税制優遇措置があり、
購入時にも提出しました。
また、主人の転勤した新しい職場でも、
り災証明書を出して欲しいと言われ提出したと思います。

り災証明書の詳しい手続きについては各自治体のHPや
問い合わせ先で確認できます。
とにかく必要だったのが、被害状況の写真です。

津波にあった車を流された場所に、
当時私が見に行くことができなかったので、
ディーラーさんと一緒に見に行った主人が私に見せようと
携帯で撮った写真が役に立ちました。

自宅のパソコンでプリントアウトして写真を
市役所に持って行ったと記憶しています。

まだまだ各自治体が混乱していて、
手続きがスムーズにできているのかどうか、
現地の状況はわかりませんが、まずは瓦礫を片付ける前に、
もしくは片付け途中でも壊れている状態など、
ご自身の被害の状況を写真に撮っておくことをお勧めします。

疲労やストレス、今後の不安と心や身体が重くなることばかり
でしょうが、一息ついて休めるときは休んで、
また少し前を向く力を持って欲しいと願っています。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/685-e2e5da3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。