スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桜とマルシェと映画
ここ数日ようやく朝の暖房を入れなくても
過ごせるようになってきた札幌。

今日はいいお天気で窓を開けると風が暖かく感じられて、
外を歩こうという気分にさせられた。

まだ開花宣言を聞いた覚えがないが、今年初の桜の木を発見。
どうやらここは日当たりがいいらしい。







こぶしの花もちらほら。



周りでここまで咲いている桜は他に見当たらないので、
これからあちこちの桜が咲くのが楽しみ。

少し足を伸ばして、チェックしていたマルシェ・ドゥ・グルニエが
行われている森彦さんのプランテーションを覗いてみた。

FBで連日の盛況ぶりは見ていたが、今日も最終日とあって、
賑わっていた。



見たかったヒンメリの飾りを販売している
ブースを見つけて、ヒンメリの実物を見れた。
予想してたよりもさらにずっと素敵で可愛かった。
早速図書館でヒンメリの本を予約した。
ヒンメリ、もっと知りたくなった。

手作りの木工品やアクセサリー、小物など、
所狭しとブースは並び、お客さんが多いので
立ち止まってじっくり見るのが難しくて、
流れに乗りながら、一通り見て回る。

食い意地派の私としては、
パンや焼き菓子、いつも行くマムスコーンさんなど、
食べ物を特にチェック。

ヒンメリを販売していたお店で気になったマフィンを
お土産に購入。



マルシェ・ドゥ・グルニエに今日行くかも、と
旦那に朝言ってあったので、仕事から帰ってくるなり、
「で、お土産は何?」の催促。

クリームチーズとベリーのマフィンを美味そうに食べてた。

そういえば。
先日のお休みに久しぶりに映画を見た。

『クーパー家の晩餐会』



映画見た後だと、『晩餐会』って言葉と映画が
いまいちぴったり来てない気がするけど…

以前見た『シェフ 三つ星 フードトラック始めました』の
フードコーディネーターさんが
お料理に参加しているという内容にそそられた。
やっぱりここでも食い意地派。

特に何てことはないストーリーで、
ちょっと表現は飛躍するけど、言うなれば、
昔母親がよく見てたドラマ、渡鬼のように、
家族はそれぞれいろんな問題を抱えて、
それを家族に悟られまいと取り繕うけど、
結局は家族に自分の惨めなありのままをさらけ出さざるをえない。

渡鬼をぐっとオシャレにした感じか。
お父さんが太ってるから印象がダブるのかな。
キャラクターが、おじいちゃん、お父さん、お母さん、
兄姉妹、孫たちと年代が多彩だからかな。
何れにしてもかなり勝手な解釈であることは間違いない。

そして、最後に自分は問題とどう向き合うか、
家族はどう受け止めてくれるのかってお話。

シェフ 三つ星の方もそうだったけど、
出来上がったお料理にフォーカスするだけじゃなくて、
ストーリーの中に自然にキッチンで料理を作りながら
ストーリーが展開して行く。
そのキッチンの映像が、もっと見ていたい!
って思ったけど、意外と短くて残念。

クリスマスの設定なので、全体的にゆったりとした風景とBGMに、
キャラクター一人一人が生き生きと見える映画だった。
時々くすっとした笑いもあるし。

それで、なんかなぜだかわかんないけど、気付いたら
途中で自分の意識とは関係なしに涙が出てた。
人と人との思いが通じ合う瞬間とか、
自分をさらけ出して受け入れられる瞬間って泣けるのか?
って、自分でも意味不明。
とにかく好きな映画だった。

最近情緒がやや不安定だったから、
共感して泣くのは、ある意味いいことと思おう。

さぁ、明日もまずは朝からお弁当作り。
みんな毎日頑張ってる。
だから、私も色々頑張らなきゃ。



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/686-80a9190b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。