お守り
もう6月ですか。びっくり。

最近は前から編んでいるモヘアの
ケーブル模様のセーターを編みつつ、
今回初めて製図起こしからデザインを考えて
糸を選んで編む夏用のリネンセーターの同時進行中で、
ちょっとの隙があれば、海外ドラマの続きものを
iPadで次々に見ながら、手は編み続けると言う
訳の分からない多忙な日々。

気になる本もたくさん借りてきてるので、
お買い物ついでにカフェに寄って
待ってる間や食べながら読む始末。

うーん、これって暇とも言う。

そしてなかなか勝ちきれないファイターズももちろん応援。
テレビ見てる時間ないから画面だけで音消して、
ラジオ聴きながら編み物して、ファイターズが
いい攻撃になったら画面を見る。そして小躍り。

やっぱり訳の分からない忙しさ。

そんな全てが同時進行の私を見てウケてる旦那。
恐ろしく無駄がなーい!といつも大笑い。

さて。
そんなとぼけた夫婦ですが。
最近読んだ本に素敵な言葉があった。

楽天ブックス

本の内容は色々な書簡の中から文豪や小説家、芸術家などが
愛する人に贈った言葉が紹介され、この本の著者の
山下景子さんがその言葉の解説や日常では
どんな言葉として使えるか、と言う例文が添えられている。

まず思ったのは、書簡になっているので誰でも読める内容とはいえ、
本来は個人的に書いたラブレターのようなもので、
まさか書いた本人は愛する人にぶっちゃけて書いた気持ちを
みんなが読んでいると言う可笑しさ。

文章として美しいので、文学と見ればそうだが、
ちょっと生々しい感じもあって、
これって人に読まれると思って書いてないだろうなぁと
客観視して笑ってしまう。

まあ、でも古典でもなんでも惚れたはれたのテーマは
付き物なので、そう考えると現代ラブレターの
ノンフィクションも当たり前か。

それで。
小説家 宮本百合子さんが夫 顕治さんへ向けた言葉を
紹介した例で、山下景子さんがこう言い添えている。

『お互いが、お互いのお守り…。そんな関係が理想なのかもしれません。』

「大切な人に伝えたい 美しい日本語」山下景子著 より抜粋

夫婦関係の事を表しているが、
山下景子さんの表現にぐっときた。

私はいわゆる神社で売ってるお守りって
お礼返しにいけないと困るからあまり買わないけれど、
旅先で小さな置物とか連れて帰ろうと思ったら
お守りとして買うことがある。

何をしてくれるわけではないけど、
気分が落ち着くとか、なんとなく励まされるとか、
私にとってのお守りの役割は、そんな感じだろう。

そういえば旅に出るとき、
てるてる坊主をよく作って持っていくなぁ。
あれもお守りだな。

とにかく、存在が安心できるとか、励みになるとか、
はたまた、てるてる坊主を見たら、安全運転しろよ!と
戒められているように思えたり。

そんな存在をお守りと言うならば、
家族が互いに互いをお守りと思えることはまさに幸せ。

目指せ、お守り夫婦!

なんか意味がピンとこないけど、まあいいか。

色んな人の愛の言葉。
面白く、ほんわかできる本であった。















  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/697-3007ad6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ