スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3ヶ月ぶりの検診(甲状腺)
久しぶりの病院。
毎回採血あるから数日前から憂鬱になる。
仕方ないけど、注射やだ。

左側の甲状腺を手術で取ってからもう間も無く2年。
今でも首の手術痕は白く線が残り、傷跡が時々引き攣ったと言うか、
締め付けられてるような感じもするが、まぁ、慣れた。

術後からそれまで基準値内だった総コレステロール値が
急激に基準値を超えていたので、
偶然行った内科で、甲状腺ホルモンが減ると
コレステロールが増えることがあるから気をつけてと言われた。

主治医に相談したら、言うほどホルモンは減ってないから
食生活だよ、気をつけなさ~いとのご指摘。

3ヶ月前、次こそは頑張ってきます!と主治医に約束し、
本日その頑張った成果が…。

見事、40ぐらい下がって基準値内で合格!
思わず、やったー!と主治医に言ったら、
1回だけじゃダメだよ、継続、継続。
と、私のことがお見通しのダメ出し。

はい、引き続き頑張ります…。

前回、左側のリンパ節に気になる箇所がと言われていたのも、
なぜか今回は消えていたらしい。
前回リンパ節が腫れてたのかも?と言われたが、
その後毎日、リンパ節に健康になれと念じながら
マッサージした念が通じたのであろう。
そんなわけない。けど、効いたことにしとく。

9月か、10月に術後2年だからまたPET検査受けたがいいね、と
嫌な予告。迷走反射失神で倒れたし。注射よりやだ。

それに、前回のPET検査の時に実は試しに持っている
空間線量を図れるハンディ計測器で線量の数値を測ったのだ。

東日本大震災後に今後に備えて買っておいたもの。
ただ、機械の信ぴょう性がよく分からなかった。
と言うのも、ずっと同じ数値を表していて
何度測っても数値が変わらないからだ。

で、試す気持ちでその体温計のような機械をPET検査に
行く時にバッグに入れて持って行った。

失敗したのは検査前に数値を測らなかったこと。
検査後、すぐに自分の体の近くで計測。

結果は数値が高すぎて計測不能。
何度やっても同じ。あれ、壊れたか?と思った。
PET検査後は排出に24時間かかると言われているので、
1時間おきに自分の体から数cmの距離と
手をピンと伸ばして片手の距離と2通り測り続けた。

数時間後、計測できるギリギリの数値が出てきた。
数cmの距離の方が手を伸ばした数値より倍ぐらい高い。
うん、どうやら機械は壊れてないらしい。
結果、26時間後ぐらいにいつもの部屋と同じ数値に戻った。

念のため、病院からの帰りの地下鉄では
人、特に小さな子供がいない場所に出来るだけ離れて立ち、
帰宅してからも数値が正常値なるまで旦那とは離れた部屋で過ごした。

だって、なんか詳しく知らないけど怖いしさ。
こんなことする人あんまりいないだろうけど。

そんな訳で、思わず主治医にPET検査と予告され、
えーっ!またするのー!と
思いっきり嫌そうに思わず言ってしまった。

今は元気だけど、元の病気は油断しちゃダメなんだよ。と、
軽く窘められる。

そうですね…。と、取り敢えず言葉を濁す。

CTだったら身体には残らないからまだましなんだろうか、と
家に帰りながら考える。まぁ、次に相談して決めよう。

こんなに元気なのによぉ~ってうらめしい。
一度がんのハンコを押されたら、
ずっとそのハンコがつきまとう。

甲状腺がんは10年単位で再発、転移の可能性があるから、
油断大敵。歳とってからの甲状腺がんは悪性度高いしね。
右側の甲状腺残ってるし。

気長に付き合っていかねばならぬ。
何度も言うが今は風邪引いてる人の何倍も元気だ。

ま、今日はまずはコレステロールを見事下げた
自分の頑張りを褒めとくとしよう。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://goyanohi.blog58.fc2.com/tb.php/698-24b767c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。