海外ドラマ
楽しみにしている海外ドラマの一つ


ウォーキング・デッド↓
(楽天よりポスター)




シーズン8が始まって、Huluで流れるのを待ってた。
楽しみで楽しみで、見るのがもったいなくて
あえて他のドラマを見てたりしたが、やっと見た。


シリーズ最大の敵、ニーガン。


今シーズンも相変わらず極悪非道。


かれこれ数シーズン、本当に辛いことばかりで
もうそろそろ本来のウォーカーだけとの
シンプルなサバイバルに戻ってもいいんじゃないか…


と思ってしまうくらい辛い。
どーなっちゃうのかなー、とシーズン8の続きを待つ。


さて。
海外ドラマを見続けると、
不思議なことに最初はなんでもない主人公の男性が
途中からやたらいい男に見えてくる。


まずは、NCISのギブス


なんですかねー、あのあめとむちの絶妙さ。
基本ストイックで無口なのに、アビーへの優しさとか。
年上のロマンスグレーの魅力。しぶい。


次は、NCIS LAのサムとディークス


サムは、見るからに頼り甲斐もあるし、優しいマッチョ。
ディークスは、ヘラヘラしてるけど1番人間味がある。
ルックス的にカレンが一番好みだったけど、
見てるうちに、サムとディークスがいい男に見えてきた。


あと、メンタリストのパトリック・ジェーン


かなり後半のシーズンまで、
なんとなく好きではないタイプできていたけれど、
色々と展開が変わるある出来事以降、
なんだかいい男に見えてきた



そしてつい最近、はたと思ったのが、
もしかして見ているドラマの主人公達の中で
条件的に1番いい男なのかもしれない。


キャッスルのリチャード・キャッスル


経済力、頭脳明晰、子煩悩、
手料理や朝ごはんも作ってくれるマメさ
冷静で大人の男、紳士


旦那にするなら最高の条件にあてはまる
…けど、見た目が好みじゃないのが残念


(↑どの目線で言ってんだってことは重々承知の助)


まあ、ドラマをどんな楽しみ方をするかは人それぞれなんでね。


ウォーキング・デッドは、ダリルかな。
バイク乗る姿、かっこいい。
ストーリーが辛すぎていい男とか考えてる暇がないけど。


海外ドラマ。
息抜きに最高。


















…………………………………………………………………………………………

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Huluチケット 【1ヶ月分 2枚セット】
価格:2014円(税込、送料無料) (2018/1/23時点)












年頭所感
本来年明けてすぐにあるべき年頭所感
やっとまとまった

とりあえず1月中だからセーフってことで


2018年は


自分のするべきことをちゃんとやる


2017年はとにかく目に付くもの、興味が沸いたことを
手当たり次第にチャレンジした年だった
結果は求めずとにかく行動あるのみ
久しぶりに自分の中の引き出しを大量に増やした気がする


本来、なんでもこなせるほど器用な人間ではないので
改めて自分がするべきことに集中して
昨年増やした引き出しを見直して
本当に大切な引き出しの充実を図るとしよう


サブテーマは


リベンジ


主に3つ

編み物、ダイエット、英語


編み物
人が集まらなかったワークショップは、人が集まるようにしたい
どうやったら楽しんでもらえるか、もっと考えなくちゃ


ダイエット
昨年夏ごろ甲状腺機能が落ちてだるさが続き、
自分を労わるあまりに →太った
今年こそは体力をつけて、目標の体型になれるよう頑張るぞ


英語
昨年台湾に2度行って、自分の英会話のできなさにもどかしくて
今年また行く予定なので、前回よりは喋れるようになりたい


台北の雑貨屋さんを巡るのが好きなのに
自分が英語が話せないから親切丁寧な店員さんなのに
会話が続かない…
悔しいーと何度思ったことか


台北の雑貨屋さん↓





レトロオサレなスタバ↓





ワークショップは昨年のリベンジだが
ダイエットと英会話は何度挫折したことか


だからの リベンジ


でもね


ワークショップで人の前に出るってことは、
自信がある自分でいたいし
↑ダイエット


海外の作品も今年はもっと編みたいし
↑英語


全てはどこか編み物につながると言う仕組み


そして、自分と旦那ちゃんの健康管理
それは自分がするべきことの大前提だから
目標ではなく義務ってことで


感謝と謙虚さ、素直さも大前提


大前提多いな…


とにかく、迷わず進むべし


2018年の年頭所感 終わり。



円山 森彦
久しぶりに円山の森彦へ。






お店の前の蔦に雪が積もっていて
よーく見たら結晶が見える


嬉しい発見









外は寒いけど、お店の中はあったかくて珈琲のいい香り








そして、温かいおしること、いつものマイルドブレンド





あー 幸せなひとときでした


さぁ、明日からまた頑張るぞ




◇森彦 http://www.morihico.com/shop/morihico/



アンセル・エルゴートの映画

昨年観た映画「Baby Driver(ベイビー・ドライバー)」
(楽天のDVDより)↓




で気になった俳優さん


アンセル・エルゴート


ベイビーフェイスにこなれた雰囲気
中性的ぽいけど男の色気がある
久しぶりに速チェックしてしまった


映画自体も音楽と映像のリンクが面白くて
サントラも素敵な映画だった。


で。


アンセル・エルゴートで検索ヒットした映画が
「きっと星のせいじゃない」だったので、年末に観てみた
(同じく楽天のDVDより)↓







主演の女子がシェイリーン・ウッドリー(ヘイゼル・グレイス・ランカスター)
恋人役が、アンセル・エルゴート (オーガスタス・ウォーターズ)


アンセル・エルゴート目当てだったが、
シェイリーン・ウッドリーの演技力とストーリーに感動。


以下ネタバレするのでご注意を。


癌患者の高校生二人が癌患者のサポートの会で知り合う。
二人とも治療は一旦落ち着いており、
再発しないことを祈りながら、日々を過ごしている。


ヘイゼルは子供の頃に甲状腺癌が見つかり、肺に転移したため、
抗ガン剤治療のおかげで癌は落ち着いているが、
酸素ボンベを携帯していないと呼吸が困難になる。


…私はそもそも見る前はストーリーを全く知らなかったので、
いきなり私と同じ甲状腺癌が出てきてどーんと重たい気持ちになった。


映画のヘイゼルは、がんが見つかった時ステージⅣ、
私はステージⅠで全く違うのだが、
どうしても自分の未来を見ている気分になってしまい、
今まで感じたことがない不思議な気持ちで映画を見ることになった。


映画に戻ろう。


同じ癌という病を患う二人。
(オーガスタスは甲状腺癌ではない、別の癌。映画でどうぞ)


ヘイゼルは自分の未来が思い描けず、淡々と日々の生活をこなす
一方オーガスタスは、今を楽しもうとヘイゼルを変えていく


映画の中で何度か出てきて印象に残った言葉


「綺麗事じゃないよ」


病気の主人公を映画にするとありがちな美しいストーリーだけじゃない
若くて癌と向き合うことになった苦悩やジレンマも描かれている。
結構その部分は面白おかしく描かれているので、
クスッと笑える。でもやっぱり何度も泣ける。


ラストは爽やかに終わるので、結果論で言えば綺麗な結末だが、
癌と言う最悪の状況でも、人を愛する幸せは確かにある、
それが生きている証なんだと号泣する映画だった。


映画みて泣くのはしょっちゅうだが、久しぶりに死ぬほど泣いて、
エンドロール終わっても余韻で泣き続け、
途中泣きすぎて見てないところもあったので、
またしばらくしてもう一度観てみよう。


アンセル・エルゴートも、ベイビードライバーと全く違う役で
やっぱり魅了的な俳優さんだな、と再認識。


うちの主人にもみて欲しくて勧めておいたら後日一人で観て
同じく号泣していた。
映画についての感想を全く言わなかったので、
ちょっと私の病気を想像させてしまい辛かったのかも。


私がつい共感し過ぎてしまったけれど、
ストーリーや音楽、二人が旅に出るオランダの街並みなどの映像もいい。
恋愛ものとしては初々しい青春映画ぽいとこはあるけど、
笑って泣けて色々考えて、でもどこか温かさを感じるいい映画でした。


観終わったら大好きな人をハグしたくなるかも。


今年も素敵な映画を色々見たいな。




2017から2018へ
ご無沙汰してます。
年賀状に更新が途絶えているとのコメントが…

元気です!

健康診断、3ヶ月毎の定期検診、1年に1度のPET検査。
受けてます!そして毎回太鼓判を押してもらい、

元気です!

では、2017年何をしていたのか。
ここで突然の振り返り。


2017年は新しい出逢いがたくさんの年でした。


台湾に今年初めて行き、5月、11月とリピートするしまつ。
来年も継続して台湾行くよー。←どハマり






そして、ワークショップや教室への参加。

こぎん刺し。
石畳み編み。
ぱん教室。
あと、手芸会とかも参加させてもらい、
素敵な皆さんと楽しく刺激になる出逢いがたくさん。
今年も、そしてこれからずっと繋がっていたいご縁ばかり。

12月最後のぱん教室↓




そしてそして。
なんと自分でも編み物のワークショップを開催してしまった。
友達とアイデア出して準備して。楽しくて楽しくて。
…けどね。まだお客さん集められず。

2017がまさしく0(ゼロ)のスタートになったので、
今年こそはなんとか1にするべく楽しく頑張るばい。


色んなことが2017年に出逢って始まって。
2018年に繋がって行くんだなーと思っとります。


けどね。

2017年最後の最後はお別れでした。
おばあちゃんが天国へ行ってしまった。
94歳!頑張った!
(喪中ハガキ間に合わなくてすみません。寒中見舞い出すから待っててね。)


知らせを受けて新千歳空港から福岡空港へ向かう機内の中で、
突然涙がポロポロ出続けちゃって。
CAさんに気付かれないようにそっと目を押さえて怪しい私。


でも、本当に安らかだった。
若い時に死に別れたおじいちゃんにずっと逢いたがってたから、
良かったね、ありがとうね、って頭や頬をなでながらお別れしました。


生前おばあちゃんが、おじいちゃんに天国で会っても、
おじいちゃんは50代で私は90歳のおばあちゃんだから
気づいてもらえないって心配してたから、
12月に入っておばあちゃんが長くないと聞いた時、
すぐに近所の神社にお参りに行き、
おばあちゃんが苦しまず安心して天国に行けるようにと、
おじいちゃんよりも若い時のおばあちゃんにして会わせて下さいって
お願いをした。


願いが通じたのかどうだか。
亡くなる前日、私の夢に現れたおばあちゃんは私が見たこともない
ぴちぴちの若いおばあちゃんだった。
もう行かなきゃ…って消えちゃったけど、
きっと神様にお願いが通じたことを知らせに来てくれたんじゃないかな。
きっとそうだ。


寂しいけど、私には大切にしたい人がたくさんいて、
私を大切にしてくれる人もたくさんいる。
だから、大丈夫。


小さい時からずっとお参りする時は
「おじいちゃん」って呼びかけてたけど、
今度からは「おじいちゃんとおばあちゃん」って
二人を拝むことはちょっと心強い。


一番大きなありがとうと、一番大きなさようなら。


そんな2017年でした。


2018年!


今年も健康で、そして色んな関わりの一つ一つを
大切に育て楽しむ1年にしようと思います。


皆さんにも幸多き1年になりますように。


気まぐれなブログですがよろしくお願いします!




↓年末の締めはアトリエモリヒコでした。







  

photo by hemitonium.
Template by ICENE

Powered by FC2ブログ